アクセスカウンタ

驢馬の戯言

プロフィール

ブログ名
驢馬の戯言
ブログ紹介
ロバが旅にでたところで、馬になって帰ってくるわけではない。


年々歳々花相似たり
洛陽城東桃李の花
   飛び来たり飛び去って誰が家にか落つる
   洛陽の女児顔色を惜しみ
   行く行く落花に逢って長く嘆息す
   今年花落ちて顔色改まり
   明年花開くとき復た誰か在る
   己に見る松柏の摧かれて薪と為り
   更に聞く桑田の変じて海と成るを
   古人復た洛城の東に無し
   今人復た対す落花の風
   年々歳々花相似たり
   歳々年々人同じからず
   言を寄す全盛の紅顔子
   応に憐れむべし半死の白頭翁   (後略)
zoom RSS

1月20日

2018/01/20 08:39
画像1月20日(土曜日)
誕生花は「金鳳花」、
花言葉は「子供らしさ」。

  しあわせ日記 「小さな幸せを感じる」
 「小さな幸せに敏感でいたいですね」
(Christian Today)より、
 今は、大きな幸せを追い求めて、知らないうちに小さな幸せを
感じることを忘れていることはないですか。

 幸せは、頭で判断することではなく、素直な心で感じるものです。
ささやかな小さなことに幸せを感じることができれば、
その人は幸せな人だと思います。
 幸せに(暮らせるように)なるためには、
幸せを感じて生活できるようになることが必要でしょう。
 たくさんの幸せを感じられれば、それだけ幸せに過ごせる時間が増えます。
 そのためには、「小さな幸せ」を大切にすることが肝心です。

 「小さな幸せ」は誰のまわりにもたくさんあります。
 日々の生活の中で出合うちょっとした幸せ、
自分が何かをすれば容易に得られる幸せ、
自分がすでにもっている幸せ・・・。
 そういう「小さな幸せ」に気づき、
感じられるようになれるといいでしょう。

 何かいい感じがしたら、「いいなぁ」「よかった」「楽しい」
「うれしい」「きれいだなぁ」「ステキ」「気もちいい」
「美味しい」「やすらぐなぁ」「あーラクだ」「ありがたいなぁ」
などと素直に思えば、幸せな感じをより味わうことができます。
 そのことを「幸せだなぁ」と思えれば、心の中に幸福感が生まれます。
 幸せを感じるために大事なのは、“素直な心”かもしれません。

 小さな幸せから得られる幸福感は小さいかというと、
そうでもありません。
 小さな幸せからでも、確かな幸福感を感じられるようになれます。

 小さな幸せでも感じられれば、そのあと、気分よく過ごすことができます。
 気分がいいと、幸せを感じやすく、幸せになる考え方や
行動もしやすくなり、それだけ幸せに暮らしやすくなります。

 一つの幸せだけで幸せに暮らせるようになるのは難しいでしょう。
 小さな幸せを大切にできるようになって、
いろんな幸せをたくさん感じながら生活できるようになれたらいいのではないでしょうか。


  1月20日(土曜日) 「大寒」 
二十四節季の一つ。
文字通り、寒さが一番厳しい時期(寒の入り])。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せは〈大きさ〉より〈頻度〉

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」
と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、
「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。



【きょうの名言】

『恵まれた生活も結構だし、
恵まれない暮らしも結構、
何事も結構という気持が大切だと思います』

「松下幸之助「一日一話」」(PHP研究所)より


幸せのヒント 「何事も結構と思える心」

  恵まれない暮らしも、人生の中では「いい経験」かもしれません
   そういう生活が自分を鍛え、強くなれるかもしれません
   恵まれない思いを、心のバネやハングリー精神に変えて、
    頑張れるかもしれません
   恵まれない経験から、幸せを知ることができるかもしれません

 また、恵まれない暮らしの中にも、愉しみや喜びやささやかな幸せはあるのではないでしょうか。

 恵まれた生活をしている人が、幸せに暮らせないのはもったいないでしょう。
 恵まれていることを「結構」「幸せ」と思えることも大事なことです。

 「何事も結構」と、受けとめ、自分の幸せに結びつけていける心をもつことができたらいいのではないでしょうか。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せは〈大きさ〉より〈頻度〉

 『こころのレシピ』(クリストフ・アンドレ)より、
 〈小さな幸せ〉に気づき、それを味わうということです。日常生活のなかにひそむ〈甘美な瞬間〉を見逃さずに、きちんととらえるということです。

 〈幸せ〉については、〈大きさ〉より〈頻度〉のほうがはるかに重要な意味を持っています。つまり、たったひとつの〈大きな幸せ〉より、たくさんの〈小さな幸せ〉を体験したほうが、本当の〈幸せ〉を手に入れやすくなるのです。
 小さな幸せに気づけたら、その幸福感を十分に味わうことができるといいのでしょう。
 見つけた幸せについて想像力を働かせることで、幸福感をより高められるといいのではないでしょうか。

 大きな幸せであっても、幸福感は長く続くものではありません。また、大きな幸せはめったに得られないでしょう。
 小さな幸せなら日常生活のなかで度々感じられるようになれます。また、小さな幸せをつなぐことで幸福感をある程度の時間は持続することも可能だと思います。

 本当に幸せになるとは、日常的にいろんな幸せを感じて暮らせるようになることだと思います。
 そのためには、幸せの〈大きさ〉よりも〈頻度〉のほうが重要なのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月19日

2018/01/19 09:12
画像1月19日(金曜日)
誕生花は「松」、
花言葉は「不老長寿」。

【きょうのメッセージ】

『栄養・休養・運動、足りてる?』

ちゃんと栄養とってる?
大変な時、疲れる時こそ、しっかり食べよう

疲れがたまってない?
疲れきる前に休むことが大事

運動してる?
運動していい健康状態をキープしよう

自分なりの健康法をいろいろもてるといいでしょう


健康と幸不幸

『予防は治療にまさる』 
  エラスムス

食生活・運動・休む(睡眠)

『体にいいことを人生にプラスしよう』 
  斎藤茂太

心身の健康をキープする


  1月19日(金曜日) 「のど自慢の日」 
1946年(昭和21年)1月19日に、
NHKラジオで「のど自慢素人音楽会」が開始。

 きょうの幸福のヒントは、

自分なりの健康法をもつ

 健康なのは幸せなことです。

健康だと 気分も好好   心身の調子が悪いと ハオハオ

 気分が好いと幸せに暮らしやすく、気分が悪いと幸せに暮らしにくいでしょう。

 健康だからできることがたくさんあります。
 健康だから味わえる幸せもたくさんあります。

健康は好!好! 幸せだなぁ

 身体も好好、心も好好でいられるように心がけましょう。
 それでも、調子があまり好くない時には、
ハオハオとそれなりに暮らせるようになれたら、と思います。



【きょうの名言】

『友人や会社の同僚による嫉妬や中傷、
嫌がらせなどはよくあることです。
こんな状態のときこそ、
もっとも必要なのが鈍感力です』

渡辺淳一 「鈍感力」より


人からイヤなことをされても、何も感じないかのように
平然としていられるようになれたらいいのでしょう


幸せのヒント 「相手にしない、鈍感力?」


 『不当な非難は、しばしば偽装された賛辞であることを忘れてはならない。
  死んだ犬を蹴飛ばすものはいないことを思い出そう』
   D・カーネギー

嫌がらせに過剰反応してしまうのは、相手の“思うツボ”でしょう。

 『批評にたいしては、われわれは防御することも抵抗することもできない。
  われわれはそんなものは頓着せず、行動することが必要だ。
  そうすれば批評はしだいにこちらに頭をさげてくる』
   ゲーテ

 『中傷誹謗に対する最善の返答、
  それは黙々と自己の義務を守ること』 
  ワシントン

嫌がらせをするような人は「相手にしない」で、
 自分がすべきことをちゃんとしていればいいのでしょう。

 『幸福に暮らすことが最高の復讐である』 
  スペインのことわざ

 『さまざまな不快感をのみ込み、無視して、明るくおおらかに生きる、
  そんな鈍感力を身につけた人が、集団の中で勝ち残る』 
  渡辺淳一

ちょっとぐらい不快なことあっても(ある意味、鈍感に)、
 明るく、幸せに暮らせるようになれたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分なりの健康法をもつ

気分よく、幸福に暮らすためには、健康が大切です。
健康には、身体の健康と心の健康があります。
身体も心も、調子が悪いと、気分よく過ごすのは難しいでしょう。

体調が悪くなる原因はいろいろあります。
カゼなどの病気、疲労、睡眠不足、寝過ぎ、
 食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な生活・・・。
不用意に健康を損なわないような生活習慣、
 調子が悪くなったら早めに対処する習慣をつくることが重要だと思います。

健康管理には、栄養・休養・運動の3つが大事です。
それぞれにいろんな健康法があります。

心の健康管理にも、心の栄養・休養・運動が大事だと思います。

心の免疫力をアップして幸せに暮らそう!

健康状態は人それぞれですので、
 自分に合った健康法をもてればいいのでしょう。
気分よく、幸福に暮らすための
 自分なりの健康管理ができるようになれたら、と思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月18日

2018/01/18 08:41
画像1月18日(木曜日)
誕生花は「プリムラ(西洋桜草)」、
花言葉は「幼い恋」。

【きょうのメッセージ】

『本当に愛しているか?』

愛するもの(人・事・物)は、何(誰)ですか?

それ(その人)に関心をもち、美点に気づけますか?

それ(その人)の繁栄・成長・幸せを考え、
愛の行為を実践していますか?


自分にとって大切なもの、愛する人の選び方

『愛はまず他の人々に対する関心に始まり・・・』 
  R・コンクリン

関心は愛のバロメーター

『愛するものの新しい美点を発見する精神作用』 
  スタンダール

愛の基本「美点に目を向ける」

『いとしいと思うと、その成長、幸福が大切なものになる』 
  レオ・バスカリア

相手の繁栄を願う、相手の幸福と成長を願う

『一番大切なことのために、充分な時間とお金とエネルギーを使おう』 
  ブロディ

愛の行為を実践する

大切なものをもっと愛しましょう


  1月18日(木曜日) 「都バス記念日」 
1924年(大正13年)1月18日に、
東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業開始。

 きょうの幸福のヒントは、

愛する

人を愛するのは 好好  「愛してくれない」と、不幸になるのは ハオハオ

 自分から実践することで幸せになれる「愛とは、人を幸せにする」こと。
 「(幸せにしたい)人を幸せにすることが自分の幸せ」
と思える人は、幸せになりやすいでしょう。

愛する人といっしょの時は、好好 幸せを感じよう

愛する人に、好好な心で 接するように心がけよう

愛する人の幸せを考え 実践しよう

共に幸せになれる 夢や目標を見つけよう

互いの困難は 共に乗り越えよう

 人を愛する幸せを感じられるようになれたらいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『よき友人を得る唯一の方法は、
まず自分が人のよき友人になることである』

エマーソン (アメリカの思想家・詩人)


幸せのヒント 「よき友人?」

  自分にとって、「よき友人」とは、どういう人でしょうか?

  自分は、友達に対して、「よき友人」であるでしょうか?

 時には、こんなふうに考えてみるのもいいのではないでしょうか。
 「よき伴侶」「よき親」「よき子供」「よき上司」「よき仕事仲間」「よき隣人」・・・いろいろ応用できそうです。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 愛する

 愛する(人を幸せにする)ことは幸せになる方法の一つです。
 また、広い意味では「人」以外にも、いろんなものを愛することができます。
 たとえば、仕事を愛する、趣味を愛する、自然を愛する、小さなものを愛する、時間を愛する、言葉を愛する、孤独を愛する、自分を愛する、自分の人生を愛する・・・。
 そして、愛することで幸せになれることが肝心だと思います。

 「愛する」とは「大切にする」ことだと言えるでしょう。
 「愛」の基本の第一は、相手の美点に気づき、「いいなぁ」と思うこと。そのことによって、相手を好きになることです。
 愛することの第一歩は相手に関心をもつであり、関心は愛のバロメーターです(愛は知ることから)。

 愛の対象となるのは、自分のまわりのすべてのもの(事・人・物)です。
 自分のしている事にもっと関心を向け、そのいい所に気づき、好きになり、大切に行う。
 自分のまわりの人にもっと関心を向け、そのいい所に気づき、好きになり、大切にする。
 自分のまわりの環境にもっと関心を向け、そのいい所に気づき、好きになり、大切にする。

 自分の生活・人生の中にある一つ一つのもの(事・人・物)を愛して生きられるようになるといいでしょう。
 そして、何よりもまず大切なのは「自分を愛する」ことだと思います。
 自分を愛する中には、自分を育てることも含まれます。自分の感情・気分や考え方や言動を知り、それらを少しでも幸せなものに変えていけたらいいのだと思います。

 愛とは「今」経験することであり、愛することであらゆる行為に喜びや幸せがあると考えられるといいでしょう。
 そして、愛は技術であり、愛する能力によると考えられます。愛する能力は自分の努力しだいで向上させられるものだと思います。
 愛する努力を続け、愛する能力が向上するにつれて、幸せに暮らせるようになっていけたらいいでしょう。

 愛は継続するものです。愛する人がいれば、長い期間愛し続けることができ、その間に多くの幸せを感じることが可能です。愛する趣味がある人は、それを長い期間楽しむことができます。人生の中でも長い時間を費やす、仕事を心から愛している人は、幸せな人生を送ることができるでしょう。自然を愛する人は、生涯たくさんの幸せを感じることができるでしょう。
 愛するもの(事・人・物)があれば、それを大切にすることで自分が幸せになれることを実践し続けることができるのです。

 愛することを心の習慣にし、自分のまわりのすべてのもの(事・人・物)を愛することができるようになれたら、すごく幸せに暮らせるようになれるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月17日

2018/01/17 09:58
画像1月17日(水曜日)
誕生花は「デンドロビウム」、
花言葉は「我が儘な美人」。

【きょうのメッセージ】

『この事は考えないようにしよう』

「自分が考えさえしなければ何も問題はないのではないか?」
「考えても考えなくても大して変わらないのではないか?」
「時間がたてば自然に解消する問題ではないか?」
「1年たったら忘れてしまうような小さい問題ではないか?」
「予想される悪い結果になってもかまわないのではないか?」
「(今の自分には)どうしようもない問題なのではないか?」

このように自問してみて、答えが「YES」の場合には
「この事は考えないようにしよう」と決意することが大事

つい、考えてしまっても「この事を考えるのはやめよう」
「こんな事を考えるより、○○しよう」と、
考えを切り替えられるようになるといいでしょう


問題化しないために役立つ考え方

考えてもしかたがないことを考えるのはよそう

自然解消する問題もある

『困難なものごとは時が解決する』 
  イソップ

1年たったら忘れてしまうこと?

『一年もたてば、現在の悩みなど、くだらないものに見える』 
  S・ジョンソン

(恐れているものを)覚悟しよう
 
どうしようもないこと

『どうせ解決しない悩みなら、考えない』   
  中谷彰宏

心を切り替えるための幸せになる考え方

『悩まないことが悩みから脱却するための最善の方法』
   稲盛和夫

できるだけ問題化しない


  1月17日(水曜日) 「防災とボランティアの日」
 1995年(平成7年)1月17日午前5時46分、
 兵庫県南部地震が発生(阪神・淡路大震災)。

 きょうの幸福のヒントは、

問題化しないための幸せになる考え方

「ハオハオ」から始まる考えを「ハオハオ思考」と呼んでいます。

「ハオハオ、まぁいいか」のように、受け流す考え方。
「ハオハオ、このことを考えるのはよそう」のように、
否定的な考えをストップする考え方。
「ハオハオ、いいことを始めよう」のように、いいきっかけにする考え方。
「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」の3Hの考え方。
「ハオハオ、いいことじゃない(?)」という、ハオ好発想。

「ハオハオ」から始めよう!

 これらのように、「ハオハオ」はいい考え方をするきっかけになります。
「ハオハオ」は、自分の思考をコントロールするために役立つのです。




【きょうの名言】

『柳に風』

「すこしも逆らわずに巧みに受け流す」(広辞苑)


幸せのヒント 「しなやかな強さ」

  風が吹いたら、揺れてしまってもいい
   ビクともしない人になんてならなくてもいい
  風がやんだら、素早く立ち直ることができればいい

 「強くなりたい」という人は多いでしょう。でも、そんなに急には強くなれないし、そんなにすごく強くはなれないのではないでしょうか。
 悪い事があったら、心が揺れてしまってもいい。できるだけ軽く受け流して、ふだんの自分・本来の自分に素早く戻ることができればいいのではないでしょうか。そんな「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけることができたら、と思います。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 問題化しないための幸せになる考え方

 問題解決の第一の方法は、「問題化しない」ことです。
 簡単に言えば、その問題を考えない方法です。


│ 「問題化しない」ことの価値


 「問題化しない」メリットは、まずその事を問題化しないことにより、何もしなくても(考えなくても)よくなることです。
 問題化するとその解決ができない限り、悩ましい思いをすることになってしまいます。解決しようと思ってもうまくいかないと、イライラしたり、自分を責めたり、落ち込んだりして、悪循環に陥ってしまい、さらに悩み苦しんでしまうことにもなりがちです。
 問題化しなければ、悪循環に入ることもありません。

 また、その問題を考えていたはずの時間を他のことに使えるというメリットも大きいのです。問題を考えて悩ましい時間を減らし、その分、自分にとって何かいいことに時間を使ったほうがいいのではないでしょうか。


│ まず、決意する


 問題化しないために役立つ考え方をいくつか紹介します。
 「自分が考えさえしなければ何も問題はないのではないか?」
 「考えても考えなくても大して変わらないのではないか?」
 「時間がたてば自然に解消する問題ではないか?」
 「1年たったら忘れてしまうような小さい問題ではないか?」
 「(何もしない場合に)予想される悪い結果になっても
   かまわないのではないか?」
 「どうしようもない問題なのではないか?」
 このように自問してみて、答えが「YES」の場合には問題化しないでいいのではないでしょうか。

 たとえば、人間関係の問題の場合。

 問題化しないほうがいいと判断したら、「この事は考えないようにしよう」と決意することが大事です。


│ できるだけ考えないように心がける


 考えないようにしようと思っていても、ふとその事を考えてしまうことはあるでしょう。それはしかたがありません。
 そういう考えに気づいて、「この事を(これ以上)考えるのはよそう」と、その時の考えをストップできればいいのです。
 さらに、他のことに考えを切り替えることができればいいでしょう。

 たとえば、人間関係の問題では「いっしょにいない時には、イヤな人のことを考えるのはよそう」、続けて、「こんな人のことを考えるより好きな人のことを考えよう」「何かいいことを始めよう」などと考えられればいいのです。

 その事を考えれば考えるほど、自分の心の中で問題を大きくしてしまいます。
 考える時間を少なくすれば、それだけ問題を小さくできます。
 考えないようにできれば、それは心の中で問題ではなくなり、もう悩み苦しまなくてもすむのです。


│ もっとやりたいことがある


 問題化しないためのもう一つの考え方は、「こんなことを考えるより、他にやりたいこと(考えたいこと)があるのではないか?」と自問してみることです。
 何か思いつくことがあるのなら、問題化しないでやりたいことをやったほうがいいでしょう。

 自分のやりたいことや大切なものがある人は、それを大事に考え、そのために自分の時間とパワーを使ったほうがいいのではないでしょうか。

 問題化するかしないかは、その問題を「考える」か「考えない」か、の選択ではありません。
 「考える」か「考えないで、幸せになれることをする」か、の選択です。

 問題化しなければ、その事に費やす時間とパワーを他のことに使えるのです。
 それを、自分が幸せになるために使ったほうがいい、ということです。

 人生も、1日も、時間には限りがあります。
 悩む時間が長い人は、それだけ幸せになるために使う時間が減ってしまいます。悩むことに使うよりも、自分が幸せになることにできるだけ使ったほうがいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月16日

2018/01/16 09:42
画像1月16日(火曜日)
誕生花は「ヒヤシンス」、
花言葉は「勝負/貴方となら幸せ」。

【きょうのメッセージ】

『やりたいことを見つけよう』

「やりたいことがない」という人は、
「自分のやりたいことを見つけよう」と考え、
一所懸命に探してみてはどうでしょうか

大きなやりたいことは
すぐには見つからないかもしれませんが
小さなやりたいことならいろいろあるでしょう

小さなやりたいことをやりながら、
大きなやりたいことを探していきましょう


『人生最高の幸福はしたいことを見つけ、それに取り組むこと』 
J・マーフィー

幸せになるために、やりたいことをやろう!

『人間の困ったところは、何がしたいのか分からないことだ』 
ファーガソン

自分の夢が見つからない/やりたいことがない

『たいていの人は、やりたいことを見つける努力をほとんどしない』 
鷲田小彌太

やりたいことを見つける努力

大きなやりたいことを探すヒント、生きているうちにしたいこと

『やりたい時に、やりたいことができる、これ以上の幸せってないよね』 
所ジョージ

やりたいことのヒント



  1月16日(火曜日) 「禁酒の日」 
1920年(大正9年)1月16日に、アメリカで禁酒法が実施。
1933年(昭和8年)2月に廃止。

 きょうの幸福のヒントは、

やりたいことをやろう

 「やりたいことをやる」というのは、
いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、
それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『使ったところが強くなる
頭でもからだでも
その反対 使わぬところは』


相田みつを 「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」(文化出版局)より


幸せのヒント 「幸せになるために心身を働かす」

  使わないところは、弱くなる(退化する)
  そのまま使い続ければ、維持できる
  今よりも(強く/長く)使えば、強くなる
  より良く使う工夫を続ければ、上達する

 維持したいところは使ったほうがいい、強くしたいところは鍛えたほうがいいのでしょう。身体も、頭(心)も。
 ただ動かすのではなく、使う・働かす(目的をもって動かす)ことが大事なのではないでしょうか。

 幸せを感じる心も、使わなければ弱くなり、使えばそれだけ強くなる(感性が磨かれる/研ぎすまされる)ような気がします。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント やりたいことをやろう

 幸せになる考え方の一つに、「やりたいことをやろう」があります。
 「やりたいことをやろう」と言っても、「やりたいことがない」「やりたいことができない」という人もいるでしょう。

 「やりたいことがない」という人は、「自分のやりたいことを探そう」と考え、一所懸命に探せば、何か見つかるのではないでしょうか。

 「やりたいことができない」という人は、自分が思う一つのやりたいことができないのだと思います。
 やりたくても、今の自分にはできないことがあるのはしかたがありません。
今自分にできるやりたいことを探して、やることができたら、と思います。

 「やりたいことが見つからない」という人は、「やりたいことはすごいことじゃないといけない」と思っているのかもしれません。
 小さなやりたいことも探してみてはどうでしょうか。そうすれば、今できるやりたいことが見つかるのではないでしょうか。

 自分のやりたいことがある人は、ついイヤな事やイヤな人の考えてしまった時には、「こんな(人の)ことを考えるより、やりたいことについて考えよう(やりたいことをやろう)」と考えることができます。
 また、やりたいことを夢中になってやっている時には、イヤな事やイヤな人のことも忘れることができ、気分よく過ごしやすいでしょう。

 「今自分にできるやりたいことを探して、とりあえず一つやってみよう」と考え、一つでもやりたいことができれば、と思います。
 自分の生活の中に、やりたいことをやれる時間を少しでも増やすことができたらいいのではないでしょうか。

 人生には限りがあります。一日も限られた時間しかありません。
 「悩みや問題の解決に時間を費やすよりも、自分が幸せになれることに時間を使ったほうがいい」というのが、幸せになる考え方の基本の一つです。
“くよくよ”“イライラ”する時間や悩む時間を少しでも減らし、その分自分が幸せになれること(その一つが、「自分がやりたいこと」)をやれるようになれたらいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月15日

2018/01/15 09:00
画像1月15日(月曜日)
誕生花は「ファレノプシス(胡蝶蘭)<白>」、
花言葉は「清純」。


【きょうのメッセージ】

『目的をもって生きよう』


大事なことをやる際には、目的意識をもってやろう

たとえば、仕事、夢や目標、人づきあい、愛など。

時には、「この行為の目的は?」と考えてみよう

その前に、人生の目的があったほうがいいのかもしれません


目的意識を明確にする

仕事の目的、目標の目的、人づきあいの目的、愛する目的

この行為の目的は?

生活の目的

なんのために生きるのかわからない

人生の目的

人生の目的として「幸せ」




1月15日(月曜日) 「小正月」 
お正月の飾り物を焼く「どんど焼き」が各地で行われる。

 きょうの幸福のヒントは、

目的をもって生きる

     うー 寒い!         ハオハオ

 寒い時、「イヤだなー」と思うより、
「ハオハオ」と思ったほうが、ちょっとはラクです。
 この場合、「ハオハオ」は、
「冬に寒いのは当たり前/冬はこういうもの/しかたがない」
というような感じでしょうか。

 「寒い」と思った時に、私は「顔や手が冷たくても大丈夫。
(一時の事だから)身体が暖かければ大丈夫」と考えることがあります。

顔や手が冷たくても ハオハオ   身体はあったかい 好好

 手や顔や足などの寒さよりも、身体の温かさを感じるようにします。
 それができると、そんなに寒くなります。

 気が向いたら、お試しください。



【きょうの名言】

『世の中には幸福も不幸もない。
ただ、考え方でどうにでもなるのだ』

シェークスピア (イギリスの劇作家・詩人)


幸せのヒント 「幸不幸は考え方による」

  現実世界には、幸せも不幸もありません
  幸不幸は、人の心の中にあります
  その人がどう思うかによります
  それは、その人の考え方によるところが大きいでしょう

 不幸な時に、考え方だけで、幸せになれる人は少ないでしょう。
 特に不幸でない時には、考え方を変えることで、幸せと思える可能性がある人はけっこういるでしょう。
 同じ状況にいても、その人(の考え方)によって、心の中の感じ方(幸不幸)はけっこう違うのではないでしょうか。
 少しでも幸せになれる考え方を心がけることができたら、と思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せはたくさんある

「幸せは星の数ほどある」というフレーズを気に入ってよく使っています。
 星が数えきれないほど存在することは事実です。私たちが住む銀河だけでも4000億の星があるそうです。

 人生にはたくさんの幸せがあります。いろいろな幸せがあります。
 すべての人が持っている幸せがあります。この世に生まれてきた幸せ、今生きている幸せ、生活できる幸せなどです。
 生きていくうちに出会う幸せがたくさんあります。幸せな出来事、幸せな時間を過ごすこと、幸せな出会いなどです。
 幸せな状態もあります。生きがいのある幸せ、夢を持っている幸せ、愛のある幸せなどです。
 不幸でない幸せというのもあると思います。「過去の自分の不幸と比べたら今は幸せである」や「世の中の不幸な人に比べたら自分は幸せである」のように思うことがあります。

「幸せはたくさんある」と言ったら、「そんなの当たり前」と思う人も多いでしょう。
 でも、「○○がないと幸せになれない」と思い込んでいるかのように生活している人もいます。いい学校や会社に入れないと、出世・成功しないと、金持ちになれないと、いい人と出会えないと、結婚しないと、何かを手に入れないと、何かができないと、強くなれないと、・・・(幸せになれない)。

「幸せはたくさんある」と考えられる人は、一つの幸せが得られないからと言って不幸にならなくてもすむはずです。
 今自分がもっていない幸せがあっても、自分がもっている幸せがあることがわかるはずだし、自分には手に入れることができない幸せがあっても、自分が手に入れることができる幸せが他にあることがわかるはずなのですが・・・。(ちょっと意地悪でしょうか)
 頭でわかるのと心でわかるのは違うのかもしれません。また、その時の状況によっては「幸せはたくさんある」とはなかなか思えない時もあります。

 世の中にある幸せの中には、自分には得られない幸せもあります。でもそういうものを除いても自分の幸せ(の可能性)はたくさんあるのだと思います。
 たくさんある自分の幸せのうちのどれかを得れば、それなりの幸せを感じることはできます。すでに自分がもっているものを幸せだと思えればいいし、自分が何かをすれば容易に得られる幸せもあります。
 たくさんある幸せの中から自分で選べばいいのです。その時に大事なのは何かにとらわれない自由な心だと思います。自分の幸せを見つけられないのも、不幸を感じてしまうのも、何かにとらわれている場合が多いような気がします。

 私たちは宇宙の限界を知りません。
「幸せ」にも宇宙と同じように私たちにははかり知れない無限の可能性があると私は考えています。それは、人の心に無限の可能性があるということかもしれません。自分の心をうまく働かすことができれば、人はいろんな幸せを感じて生活できるのではないでしょうか。

「幸せがたくさんあると思える人は、それだけ幸せになりやすい」
 そう思うのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月14日

2018/01/14 08:22
画像1月14日(日曜日)
誕生花は「シクラメン」、
花言葉は「内気」。

  しあわせ日記 「幸せな自分になるためにやめるべきこと」
 「生産的で幸せな自分になるために今年やめるべき4つのこと」
  (ForbesJAPAN)より、
1.言い訳をする
2.現状への満足に浸る
3.有害な人と付き合う
4.何でもやり過ぎる
 言い訳はできるだけしないほうがいいでしょう。

 現状への満足に浸る時間があってもいいと思います。
 ただし、そればかりで幸せになる努力をやめてしまうのは、
自分のためによくないのではないでしょうか。

 人間関係を整理したほうがいい人もいるのでしょう。
 有害な相手との付き合いはやめられるといいでしょう。

 何事もやり過ぎないほうがいいのでしょう。
 「○○はいいこと、○○過ぎは・・・」です。
 たとえば、働くことも、学ぶことも、遊ぶことも、お金を使うことも、
節約も、運動も、休むことも、生活を楽しむこも・・・。

 他にもやめたほうがいいことがいろいろあるでしょう。
 「一つ一つ、少しずつ」減らしていけるといいのではないでしょうか。


  1月14日(日曜日) 「タロとジロの日」 
1959年(昭和34年)1月14日に、
南極に置き去りにされたカラフト犬・タロとジロの生存確認。

 きょうの幸福のヒントは、

やめる

人と自分を比べてしまう   ハオハオ そういうこともある

「比較」は 不幸になる考え方だよ    わかってるんだけど・・・

つい 比較してしまう   ハオハオ それはしかたがない

不幸になる考え方は 気づいた時にストップすればいい

 「比較は不幸になる考え方」です。
 「人はハオハオ、自分は好好」と思えるようになると
いいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『私には愛する歌があるから
信じたこの道を 私は行くだけ
すべては心の決めたままに』

ポール・アンカ 「マイウェイ」(訳詞・中島潤)より

幸せのヒント 「自分の道を信じ、愛する」

  信じる道がある人は、幸せでしょう
  その道が愛するものに関われる道なら、さらに幸せでしょう
  心の決めたままに生きられたら、幸せでしょう

 自分の生き方を否定的に考えたり、人の生き方を羨んだりしていても
しかたがありません。
 自分が決めた道を信じ、愛することが大切なのではないでしょうか。

 「自分の生き方はこれでいい」と考えられるように生きることができたら、
と思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント やめる

 やりたいことがあるけど、「忙しい」「時間がない」「お金がない」「そんな余裕はない」・・・ということがないでしょうか。
 本当にやりたいことなら、すぐに言い訳を考えるより、何とかやれるように考えたほうがいいでしょう。

 その方策の一つが何かをやめることです。
 今やっている何かをやめれば、やりたいことがもっとできるかもしれません。
たとえば、テレビを見る時間やゲームをやる時間を減らせば、
やれることもあるでしょう。
 何かをやめれば、そのために費やしていた時間や
エネルギーやお金に余裕が生まれます。
その余裕を本当にやりたいことに使うことができるのです。

 今やっていることの中で、やらなくても問題ないこと、
時間を減らせることが何かあるのではないでしょうか。
 本当にやりたいことがあるのなら、
睡眠時間を減らしてでもやりたい考えてもいいのです。
逆に、もっと寝たい(睡眠時間を増やす)ために、
今やっている何かをやめるということもあっていいのです。
 本当にやりたいことを始めるためにやめようと決意できるといいでしょう。

 何か一つのものを望むのをやめることで大きな余裕をつくれる場合もあるでしょう。
たとえば、出世、収入、人間関係、住む場所、便利さ、趣味・・・。
 そのためには、何かをあきらめることが必要でしょう。

 幸せになるため、不幸にならないためにやめたほうがいいことは、
他にもいろいろあるでしょう。
・仕事をイヤイヤするのはやめたほうがいい
・言い訳はしないほうがいい
・不平不満・愚痴を言わないほうがいい
・状況や他人のせいにするのをやめたほうがいい
・自分を責めるのはやめたほうがいい
・「自分はダメ(な人間)」と思うのはやめたほうがいい
・妬むのはやめたほうがいい
・(悪口は)まともに相手をするのはよそう
・人の悪口は言わないほうがいい、うわさ話をしない
・人をバカにしないほうがいい
・人を悪く考えないほうがいい
・憎むのはやめよう。自分の健康と幸せのために
・下手に考えるのはやめたほうがいい
・“くよくよ”“イライラ”しない
・過去にとらわれない
・先のことを心配しすぎない
・不幸になる考え方(比較、完璧主義、悲観的、執着、完璧主義、
間違った思い込み、先入観・偏見、誇り、損得、勝ち負け、
モア・イズ・ベター、被害妄想など)
・悪い癖(喫煙、ギャンブル、過食・拒食、浪費など)

 幸せになるために、何かをやめる決断と努力ができると
いいのではないでしょうか。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月13日

2018/01/13 10:14
画像1月13日(土曜日)
誕生花は「水仙」、
花言葉は「神秘」。

  しあわせ日記 「相手の課題」
 「それでも、嫌われることを恐れるあなたが覚えておくべき言葉とは?」
  (ダイヤモンド社)より、
「陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることはない。
「相手があなたをどう感じるか」は相手の課題なのだから」 
   アドラー
 (人から)「嫌われたくない」「悪く思われたくない」
「よく思われたい」というような思いは誰の心の中にもあるのだと思います。

 その思いが強すぎて苦しまないほうがいいでしょう。

 そのための一つの考え方が相手があなたをどう感じるかは
「相手の課題(問題)」です。

 そして、自分の課題は「気になっても、苦にしない」ようにすることです。

 「陰口は黙殺すればいい」「嫌われてもいい」などと
考えられるといいのではないでしょうか。



  1月13日(土曜日) 「たばこの日」 
1946年(昭和21年)1月13日に、
 高級たばこ「ピース」が発売(タバコの王様ピース美術館)。

 きょうの幸福のヒントは、

相手の問題

 人からカゲ口を言われることもあるでしょう。
 そんなときにも、まずは「ハオハオ」です。

ハオハオ (そういうこともある/そういう人もいる)

 世の中には、意地悪な人も、無神経な人も、口が悪い人もいます。
 そういう人は変えることは、まずできないでしょう。

 人の悪口やかげ口を言うような人は、できるだけ相手にしないほうが
いいのではないでしょうか。

(まともに相手をするのはよそう) ハオハオ



【きょうの名言】

『しあわせはいつも
じぶんのこころがきめる』


相田みつを


幸せは、人それぞれ
自分の幸せは、自分の心が決めるものでしょう


幸せのヒント 「自分の心を大切に」

どんなに幸せそうに見えても、
 本人が幸せだと思っていなければ、その人は幸せではありません。

 『人はおのれの好むものを得てこそ幸福であるが、
  他の人々が好ましいと思うものを得たとて幸福ではない』 
  ロシュフーコー

 『人間の幸福は、決して神や仏が握っているのではない
  自分自身の中にそれを左右するカギがある』 
  エマーソン

自分が幸せかどうかを決めるのは、自分の心です。

 『自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事』 
  相田みつを

 『何より肝心なのは、自分に忠実なこと』 
  シェークスピア

人がどう思うかではなく、
 自分がどう感じるか、どう思うかが大事なのでしょう。

 『人生でいちばん大切なのは、
  自分にとって心地よさを感じること』 
  ヨー・ヨー・マ(チェリスト)

 『感じることさ それがすべてさ!!』 
  福山雅治

自分の心が感じた幸せを
 信じることが大切なのではないでしょうか。

 『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 
  サイラス

 『幸せは、気づく、感じる、信じる、思う
  4つ合わせて「しあわせ」』 
  本多時生

「自分の幸せは自分で決める」「自分は幸せ」と
 言い切れるような心を養うことができたらいいのでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 相手の問題

 こんなことを言ったら(したら)、もしかして「(自分のことを)悪く思われるかもしれない」「嫌われてしまうかもしれない」「相手がイヤな思いをするんじゃないか」「相手が傷ついてしまうかもしれない」などと、ふと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
 もしくは、何かを言った(した)あとに、「嫌われたかもしれない」「怒っているんじゃないか」「傷つけてしまったかもしれない」などと考えてしまったことがあるのではないでしょうか。

 人に「悪く思われたくない」「嫌われたくない」のような思いは誰にでもあることです。また、人への思いやりがあることはいいことです。
 でも、相手の思惑を気にしすぎて、気疲れしてしまったり、自分らしくいられなくなってしまうのは、自分にとってよくないでしょう。

 もし、相手に対する悪意が自分になく、この程度なら言っても(しても)「ふつうは問題ない」と思うのなら、あとは「相手の問題」と考えてみてはどうでしょうか。
 「誤解するのは相手の問題」「悪くとるのは相手の問題」など。

 それでもし相手が誤解したとしたら、「その時はその時」です。
 誤解は、心から謝罪すればとけるはずです。心からの謝罪が通じないとしたら、それもまた「相手の問題」ではないでしょうか。

 人の心を思いやるのはいいことですが、人の思惑を気にしすぎると自分がつらくなってしまいます。
 実際に人を傷つけたりするのは、人の思いなどは考えない無神経な人や、感情的になってしまう人が多く、人の心を気遣える人は少ないはずです。
 ある程度人に気を遣ったのなら、あとは「相手の問題」と考えてもいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月12日

2018/01/12 09:01
画像1月12日(金曜日)
誕生花は「福寿草」、
花言葉は「回想」。


【きょうのメッセージ】

『気分はどう?』

「よくない」「悪い」
悪い気分に流されないようにしよう
気分転換を(意図的に)しましょう

「まぁまぁ」「ぼちぼち」
もうちょっと気分がよくなれることをしよう

「いい」「絶好調」
さらに幸せになれることができると、なおいいでしょう


自分の気分のレベルに気づく

『不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある』 
  アラン

悪い気分に流されない

意図的気分転換を習慣にしよう

『ほほえましい人生を送りたいなら気分のよい生活を身につける』 
  スピノザ

気分がよくなれることを実践しよう

幸せになれることをする、幸せを力に、さらに幸せになろう

気分よく生活しよう




  1月12日(金曜日) 「スキーの日」 
1911年(明治44年)1月12日に、
オーストリアのレルヒ少佐が新潟県の高田陸軍歩兵聯隊の
青年将校にスキーの指導を行い、日本人が初めてスキーを行った。

 きょうの幸福のヒントは、

気分よく生活する

 「好好?(気分はどう?)」のように自分に聞くことで、
その時の自分の気分に気づくことができます。

好好 かな?

 生活の中で、自分の気分に気づける人は少ないのではないでしょうか。
 「ハオハオ」を心がけると、自分の気分に気づけ、気分をいいほうに変えるきっかけになります。

 気分がいい時には、「好!好!」と確認でき、
さらに気分がよくなります。

ハオ・アー・ユー?     ファイン!    好!好!

 気分がよくない時には、その時にできる気分転換法を
実践する習慣をつけましょう。
 「好好(?)」は気分転換のきっかけになります。

ニイ好?    不好    ハオハオ 気分転換しよう!

 気分がまぁまぁの時には、「好好(いいんじゃないの)」
と思えば、少しは気分がよくなります。

ハオにちは       まぁまぁかな       好好

 「ハオハオ(じゃない)?」と考えてみることは、
「ハオハオ」の有効な使い方の一つです。
 特に考える対象がない時には、今の気分のことだと考えるようにすれば、
自分の気分に気づけます。中国語の「ニイ好?」(ごきげんいかが?)を、
自分に向けて「我好?」にした感じの使い方です。

気分は好好

 と、思える時が多くなれたら、と思います。



【きょうの名言】

『この道をいけばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一歩が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかるさ』

一休宗純 (禅僧)


幸せのヒント 「道に迷った時」


  地図を見る、人に聞く、
  方向性で判断する、自分の勘を信じる、・・・

  あまり迷わずに進む(試行錯誤する)、
  わからない道は進まない

 人生では先行きのわからない道がたくさんあります。
 知らない道の先行きをいくら考えてもわかりません。行けばわかります。
 自分の望みと方向性が合っていると思える道なら、前に進んだほうがいいのではないでしょうか。

 「いい道ならよし、苦難の道もまたよし」という心境になれたらいいのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 気分よく生活する

 幸せになるためには、気分よく生活することが大切です。
 気分よく生活できること自体が幸せなことです。
 また、気分がいいと幸せを感じやすいのです。
 反対に、気分が悪いと、幸せを感じにくくなり、不幸になる考え方や行動をしやくなってしまいます。

  『不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある』 アラン

 気分よく生活できるように心がける習慣がもてるといいでしょう。
 たとえば、「気分を変えて行動する」「上機嫌の工夫」「機嫌よく振る舞う」「好い気もちで人と接する」「幸せな気分になるような態度で生活することを心がける」「音楽を使って気分を変える」「幸せな気分で眠りにつく」など、いろいろ工夫できるのではないでしょうか。

 生活していく中では、イヤなこともあるでしょう。
 一つのイヤなことで、いつまでも悪い気分で過ごしてしまうのはよくありません。
 自分のイヤな気もちに気づき、幸せになる考え方を心がけ、少しでも悪感情を小さくできるといいでしょう。
 感情をコントロールするのが難しいこともありますが、感情はある程度はコントロールできると思います。

 イヤなことが悪い気分としてあとをひいてしまうこともあります。そういう場合に、悪い気分に流されないようにし、うまく気分転換ができるようになれるといいでしょう。(仕事に行き詰まった時の気分転換、気分を上げる事から、心が沈んだ時には、歩く、悪い気分の悪循環への対策)
 気分をよくするためには、幸せを感じられることをするのがいちばんだと思います。

 自分の感情・気分を知り、うまくコントロールできるようになれたらいいのではないでしょうか。

気分は好好 でいこう!

 仕事・家事・勉強なども、気分よくやれたらいいでしょう。そのために、楽しむ工夫や楽しむ努力ができたら、と思います。
 すべてのことを「楽しもう」と心がけることができたらいいのかもしれません。(夢や目標を楽しむ、人づきあいを楽しむ、今を楽しむ、楽しんでごらん)

  『人間というものは、気分が大事です』 松下幸之助

 人間の生活の中で「気分」はとても重要なものだと思います。
 気分よく生活できない人は、日常的に幸せになることはできないでしょう。
 気分よく生活できるようになることは、幸せに暮らせるようになるための第一条件ではないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月11日

2018/01/11 09:33
画像1月11日(木曜日)
誕生花は「フリージア<黄>」、
花言葉は「無邪気」。


【きょうのメッセージ】

『まず自分から』

ケンカなどのトラブルがあったあとに、
その相手と気まずい関係になってしまった時、
もし気まずい関係がイヤなら、
「まず自分から」と考えたほうがいいでしょう

自分から相手に仲直りを提案したり、
自分の悪かった部分は相手に謝ったりする
相手が自分を避けている様子でも、
自分から相手に歩み寄る気もちが大切

「相手が原因」「相手が悪い」と思っても、
関係を良くしたい大切な相手なら、
「まず自分から」働きかけて早期に関係を修復したほうが、
気まずい思いを続けるよりもいいのではないでしょうか


『もし、一方だけが悪いのだったら、喧嘩は長く続くまい』 
  ラ・ロシュフーコー

ケンカした後、許せない相手の行動

『会って直に話すのが、悪感情を一掃する最上の方法である』 
  リンカーン

まず自分から、謝罪する

仲直りしたい/友達とケンカをしてしまった



  1月11日(木曜日) 「鏡開き」 
 鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事。

 きょうの幸福のヒントは、

まず自分から

 悩みや問題は、まず、現実として受け入れる。次に、
自分の望みをはっきりさせる。
そして、どうしたらいいか考える。

現実は現実 ハオハオ  ○○たらいいな ホープホープ 
 ではどうしたら? ハウハウ

 「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」で行きましょう。



【きょうの名言】

『愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、
愛こそが現実の社会生活の中で、
より幸福に生きるための最高の技術である』

エーリッヒ・フロム 「愛するということ」(紀伊国屋書店)より


幸せのヒント 「愛は、幸せに生きるための技術」

  技術は、実践することで身につけていくものです
  技術は、自分の経験や人や書物などから学んでいけるものです
  技術は、努力と工夫で磨いていくことができるものです
  技術は、何かの役に立てるものです

 愛の技術を磨き、幸せに生きるために役立てることができるようになれたらいいのではないでしょうか。
 幸せになる方法としての「愛」とは、「人を幸せにすること」ではないかと思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント まず自分から

 ケンカなどのトラブルがあったあとに、その相手と気まずい関係になってしまうことがあります。
 もし気まずい関係がイヤなら、「まず自分から」と考えたほうがいいのではないでしょうか。

 自分から相手に仲直りを提案したり、自分の悪かった部分は相手に謝ったりすることです。
 相手が自分を避けている様子でも、自分から相手に歩み寄る気もちが大切だと思います。

 「相手が原因」「相手が悪い」と思っても、関係を良くしたい大切な相手なら、「まず自分から」働きかけて早期に関係を修復したほうが、気まずい関係の時間を続けるよりもいいのではないでしょうか。
 また、早いうちほど仲直りもしやすいものです。

 どうして自分から折れなくちゃいけないのか、謝らなくちゃいけないのかなどと、面子にこだわることにどれほどの価値があるのでしょうか。
 相手の気もちも思いやりつつ、うまく謝れる、うまく仲直りが提案できることのほうが人間として素敵だと思います。

 もし自分にとってどうでもいい関係なら、何かトラブルがあってもちょっとしたことは軽く受け流して、それなりにつきあえばいいでしょう。
 もし自分が大切にしたい関係なら、そのトラブルにこだわるよりもいい関係に戻れることを考え、「まず自分から」と相手に働きかけたほうがいいのではないでしょうか。

 過ぎた事を考えるよりも、今後にどういう関係を望むかをはっきりさせ、そのためにはどうしたらいいかを考えるという姿勢が重要だと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月10日

2018/01/10 07:56
画像1月10日(水曜日)
誕生花は「フリージア」、
花言葉は「純情」。


【きょうのメッセージ】

『性格ではなく、考え方のクセ』

“くよくよ”“イライラ”してしまう、
傷つきやすい、すぐに落ち込んでしまうなど、
不幸になりやすいのは「性格だから」?

不幸な気もちになるのは
不幸になる考え方をしているから
不幸になりやすいのは
「不幸になる考え方のクセがあるから」

幸せになる考え方を心がけることで
不幸になる考え方を減らしましょう

反対に、幸せになれる考え方が習慣になれば、
それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう


まず考え方を変えることから

『心が変われば、態度が変わる・・・人生が変わる』

不幸になる考え方はやめよう、幸せになる考え方を心がけよう

『幸せに暮らす習慣こそ、幸せの青い鳥』

幸せになれる考え方を習慣にしよう



  1月10日(水曜日) 「110番の日」 
  「110」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

性格を変える?

「ハオハオ」から始まる考えを「ハオハオ思考」と呼んでいます。

「ハオハオ、まぁいいか」のように、受け流す考え方。
「ハオハオ、このことを考えるのはよそう」のように、
否定的な考えをストップする考え方。
「ハオハオ、いいことを始めよう」のように、いいきっかけにする考え方。
「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」の3Hの考え方。
「ハオハオ、いいことじゃない(?)」という、ハオ好発想。

「ハオハオ」から始めよう!

 これらのように、「ハオハオ」はいい考え方をするきっかけになります。
「ハオハオ」は、自分の思考をコントロールするために役立つのです。

○○たらいいな (ホープホープ) ではどうしたら? (ハウハウ)

 自分に合った、いい望みをもてるようになることが、
  幸せになるためにはとても大切、だと最近私は思っています。

好好な望みをもちましょう



【きょうの名言】

『変えられるものは変える勇気を
変えられぬものは受け入れる謙虚さを
そして、それを見分ける知恵を授けたまえ』

西洋の格言


悪いものは、変えられるのなら、変えたほうがいいのでしょう
変えられないのなら、受け入れるしかないでしょう
その見極めがなかなかできないのでしょう


幸せのヒント 「変えるか、受け入れるか」

 『他人と過去は変えられない。
  変えられるのは自分と未来だけ』 高塚猛

 『「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから
  人生は好転する』 W・ダイアー

人にイライラしてしまうのは、
 相手が変わることを無意識に期待しているからかもしれません。
相手がそのままでいいと思えるのなら、
 そんなにイライラしなくてすむはずですから。

 『人と人とのあいだに起こる問題のほとんどは、誰しもがまず
  他人を変えようとするところから発生するのです』 R・コンクリン

「人は変えられない」と、
 自分(の考え)を変えたほうがいいのではないでしょうか。

たとえば、
「こんな人もいる」と受け入れ、
「こんな人のためにイライラするのは損だ」と考えられれば、
 イライラを小さくすることができるでしょう。

過去の出来事も変えようがありません。
過ぎた事でいつまでもくよくよするのはよくないでしょう。

他にも変えられないこと、
 今の自分にはどうしようもないことはあります。

 『どうにもならないことは、忘れることが幸福だ』 ドイツのことわざ

 『禍を転じて福となす』

過去の不幸な出来事を変えることはできませんが、自分の心の中で
 「いい経験」に変えることはできるのではないでしょうか。
そのためには、まず現実を受け入れることからだと思います。

自分については、
 変えられることと変えられないことがあるでしょう。

 『“くよくよ”“イライラ”しやすいのは、
  性格というよりも、考え方のクセ』 本多時生

「性格だから変えられない」と考えるより、
「考え方のクセは努力すれば変えられる」と考えたほうが
 自分のためにいいのではないでしょうか。

 『この地上に棲むあらゆる生き物のうちで、
  人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる』 ピーターソン

 『変わろうとしないのは、
  変わるのが怖いからじゃないかな』 スペンサー・ジョンソン

自分を変えるためには、
 かなりの勇気が必要なのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 性格を変える?

 “くよくよ”“イライラ”してしまう、傷つきやすい、すぐに落ち込んでしまうなど、不幸になりやすいのは「性格だから」。不幸になる考え方をしてしまうのは「性格だから」。
 「性格を変える」ことはできない、だから「考え方を変える」なんてできない。
 こんなふうに考えてしまう人もいます。

 不幸になる考え方をしてしまうのは、性格というよりも、そういう考え方のクセ(習慣)と考えたほうがいいと思います。
 確かに、その人の根の性格というのは変えられないのだと思います。また、考え方に性格が影響するのは確かです。でもそれはほんの一部のような気がします。
 逆に、考え方をちょっと変えたら、性格が変わったように感じられるかもしれません。

 それでも、ついしてしまう(変えられない)考え方もあると思います。でもそれが好ましくない場合、それに自分が気づくことができれば、してしまった考えはともかく、その後で考え直す(考えを途中で変える)ことはできると思います。自分の不幸になる考え方に気づき、幸せになる考え方を心がける習慣をもてばいいのです。

 クセにはいいクセもあります。
 いいクセは「習慣」と考えたらいいでしょう。習慣は心がけしだいで身につけることができます。幸せになる考え方の習慣をつけるようにすればいいわけです。

 「考え方は性格だから変えられない」と最初からあきらめないほうが、自分のためにいいと思うのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月1日

2018/01/01 09:21
画像
1月1日(月曜日)   誕生花は「福寿草(元日草) 」、花言葉は「幸福」。


【きょうのメッセージ】

『幸せだなぁ』

いいことがあった時、何かを手にいれた時などには、
「いいなぁ」「よかった」「うれしい」などと
素直に思えるようになるといいでしょう

続けて、「幸せだなぁ」と思えると、なおいいでしょう

自分がもっている幸せを知り、その幸せについて考えて
「幸せだなぁ」と思えるようになるといいでしょう

「幸せだなぁ」と思うことが増えると、
それだけ「自分は幸せ」という自覚が確かになります


『幸福を感じるのには童心とか、素直さとかが必要』 武者小路実篤

素直な心、感じる心

『誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けなさい』 ディケンズ

持っている幸せを味わう、生活の中の情味を味わう

『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 サイラス

幸せの自覚、幸福感と自覚

幸せを感じて生活しよう







  1月1日(月曜日) 「元日」 
                   年のはじめを祝う国民の祝日。

 きょうの幸福のヒントは、

「幸せだなぁ」と思う

 人生には、悪いこともありますが、いいこともあります。
 不幸なこともあるでしょうが、幸せなこともあるはずです。

ハッピーなことは 好!好!   (アンハッピーなことは ハオハオ)

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

「幸せだなぁ」と思う習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。

【きょうの名言】

『人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない。
どれだけ楽しんだかで測られるのだ』

ソロー (アメリカの思想家・詩人)


幸せのヒント 「人生の価値基準」

  長さ  : どれだけ長く生きられるか
  快楽度 : どれだけ快く、楽しめるか
  達成度 : どれだけ夢や目標を達成できるか
  貢献度 : どれだけ人や社会の役に立てるか
  愛情度 : どれだけ人を愛せるか
  成長度 : どれだけ人間として成長できるか
  満足度 : どれだけ自分の人生に満足できるか
  幸福度 : どれだけ幸せに過ごせるか

 自分なりの価値基準をもち、その価値を高められるように生きればいいのでしょう。
 少しでも価値を高められた時には、それを幸せに感じることが大事なのではないでしょうか。

 幸せに長く生きられたら、いちばんいいのかもしれません。


幸福に生きるヒント


今日の幸福のヒント 「幸せだなぁ」と思う

  「幸せだなぁ」と思うことが習慣になれば
   幸せになれるでしょう。

  いいことがあった時、何かを手にいれた時などには、
   「いいなぁ」「よかった」「うれしい」などと
   素直に思えると、それなりに幸せな気もちになれるでしょう。

  続けて、「幸せだなぁ」と思えると、
   幸福感がより確かに感じられます。

  「ありがたいなぁ」「○○のおかげ」などと
   感謝することでも、幸福感が高まります。

   また、自分がもっている幸せを知り、
    その幸せについて考えて
    「ありがたいなぁ」「幸せだなぁ」などと思えるようになれば、
    日々幸せを感じられるようになれるでしょう。

   「幸せだなぁ」と思うことが習慣になれば、
    幸せを感じて生活できるようになり、
    「自分は幸せ」と思えるようになれるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月31日

2017/12/31 08:05
画像12月31日(日曜日)
誕生花は「オリーブ」、
花言葉は「平和」。


【きょうのメッセージ】

『好好でいこう!』

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオ

と、いいように受けとめよう!

悪いことは ハオハオ  もしかしたら好好じゃない?

と、いいように考えよう!

人は ハオハオ

と、もう少しラクに人とつきあおう!

自分は 好好

と、もっと自分を大切にしよう!

好!好! 幸せだなぁ

と、幸せに生きよう!


物事の受けとめ方に関する幸せになる考え方

『出来事を幸福にも不幸にも、どちらにも意味づけできる』 
  アンソニー・ロビンズ

物事の幸せになる考え方

『ヒトは人、オレは俺でいいじゃないか』 
  弘兼憲史

人は人(、自分は自分)

自分を愛してあげよう

『幸福を感じるのには童心とか、素直さとかが必要』 
  武者小路実篤

幸せを感じて生活しよう



  12月31日(日曜日) 「大晦日」 1年の終りの日。
   年越し蕎麦を食べる習慣がある。

 きょうの幸福のヒントは、

ハオハオ

 どんなに悪いことも「ハオハオ」と受け入れ、
どんなに小さないいことでも「好!好!」と喜べる人がいたとしたら、
その人は「悟っている」ということになるのかもしれません。
「ハオハオ」というたった4文字の言葉を身につけただけなのに。

どんなことがあっても ハオハオ  いいことは、好!好!

 「ハオハオ」を極めれば、「すべてのことは好好」
と思えるようになれるのではないでしょうか。

世の中、すべてのことは 好好(いいこと・美しい・幸せ)

 「ハオハオ」は、もしかしたら、「なまけ者の悟り方」なのかもしれません。



【きょうの名言】

『幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね
一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩さがる』

「365歩のマーチ」(作詞・星野哲郎)より


幸せのヒント 「幸せへの道」

  幸せになるためには、努力をしたほうがいいでしょう
  日々、努力を続けることが大事です
  一歩一歩、進んでいくしかないのでしょう
  前に進めない時も、後退してしまうこともあるでしょう

 それでも、前進し続ければ、少しずつ幸せになっていけるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント ハオハオ

 私のいちばん幸せになる方法は「ハオハオ」です(「ハオハオ」は“好好”の中国語読みで、「うんうん」や「ヨシヨシ」のようなニュアンス)。

 物事は受けとめ方によって感じ方が変わります。いいことは素直に喜び、悪いことはまず受け入れることができるといいのです。
 ハオハオを遣うと、「いいことは好!好! 悪いことはハオハオ」です。
 実際には、心の中で「ハオハオ」と言っていれば、いいことは(好!好!と)喜べ、悪いことは(ハオハオと)受け入れることが自ずとできます。

 人間関係でイヤな気もちになるのを減らすためには、「人は人(でいい)」と思えるようになれるといいでしょう。ハオハオを遣うと、「人はハオハオ」です。
 人に対する考え方が変われば、相手から受ける感じ方が変わります。自ずと、自分の相手への接し方も変わり、関係も変わってくるでしょう。

 人にあまり左右されずに、自分らしく生きるためには、「自分は自分(でいい)」と考えられるようになれるといいでしょう。ハオハオを遣うと、「人は好好」です。
 「人は人(でいい)、自分は自分(でいい)」と考えられるようになって、人にあまり左右されずに生きられるようになれたら、と思います。

 悪い出来事も「いいように考えよう」と心がけることができるようになれたらいいでしょう。たとえば、「いいきっかけにしよう」「いい経験にしよう」「(この悲しみ/悔しさを)バネにしよう」など。

 「悪いことはハオハオ(、ハオハオ・・・)」と受け入れるように心がけていると、「ハオ好(じゃない)?」と考えられることがあります。
 悪いことも「いいことかもしれない」と考え直してみれば、自分の心の中でいいことにできる場合があるはずです。
 人生という長い目で見れば、たいていのことは「いい経験(好好)」と考えられるのではないでしょうか。

 人生には自分の思うようにならないことがあります。それをただ不満に思ったり嘆いていてもしかたがありません。
 「こういうこともある」などと現実として受け入れた上で、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と現実的な望みをもって行動できるようになれるといいでしょう。
 その流れを意識して実践するために役立つ考え方が、「現実は現実。○○たらいいな。ではどうしたら?」(ハオハオを遣うと、「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」)です。

 このような考え方を心がけることで、幸せ向きに生きていけるようになれたらいいのではないでしょうか。
 「ハオハオ」という言葉に違和感を感じる人もいると思います。でも、「ハオハオ」と(心の中で)言うことで、いい影響がある“心に効く言葉”だと、私は実感しています。
 よろしかったら、お試しください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月30日

2017/12/30 10:01
画像12月30日(土曜日)
誕生花は「臘梅(ろうばい)」、
花言葉は「慈愛」。


【きょうのメッセージ】

『自分を愛してあげよう』

自分の体と心を大切にしよう

自分の大切なものを大切にしよう

自分の人生、そして、自分の幸せを愛そう


自分を大切にする、自分を愛する

『人間は誰でも自分がいちばん大切なのです』
  五木寛之

自分の体を大切にしよう

自分の感情・自分の望み・自分の考えを大切にしよう

大切なものをもっと愛しましょう

自分の人生を大切にしよう

『自分の幸せも不幸も自己愛に見合う分しか感じない』
  ラ・ロシュフーコー

自分の幸せを大切にしよう



  12月30日(土曜日) 「地下鉄記念日」
 1927年(昭和2年)12月30日に、
上野〜浅草に日本初の地下鉄(現・銀座線)が開通。

 きょうの幸福のヒントは、

自分を愛する

 実際に、幸せになるためには、そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」という心構え
(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

  幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、幸せに暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『自分なりの思い込みを持っている人は強い
自分のやっていることが正解なんだと信じていれば
それが自信につながる』


秋元康 「幸せになるにはルールがある」(講談社)より


幸せのヒント 「自分の○○は、これでいい」

  自分の考え、やり方、選択、夢や目標、愛し方、生き方、・・・

 今自分がやっていることに疑問をもったり、否定的に考えていたら、愉しめないし、うまくいかなくなるのではないでしょうか。
 思い込みでもいいから、「自分のやっていることは、これでいい」と思ったほうがいいのでしょう。

 「自分の生き方はこれで(それなりに)いい」と思えたほうが、イキイキと生きられるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分を愛する

 幸せになりたいのなら、「自分を愛する」ことができるといいでしょう。

 自分を愛するためには、自分のいい所に目を向けること(愛の基本の第一)。そして、自分を好きになること。
 愛する自分の好きなこと・やりたいことをやれるようにすること。
 自分を愛するなら、自分の繁栄・活躍を願って努力すること。自分の成長を願って自分を育てること。
 自分がつらいときには、自分を助けること。弱いままの自分を放っておかずに、自分を強くすること。
 自分を愛するためには、自分を尊重すること、自分を幸せにすること。

 自分を愛するためには、自分の人生を愛すること。
 愛する自分の大切なもの(事・人・物)を大切にすること。
 自分の体・心(感情・望み・考え)・命を大切にすること。
 自分の幸せを愛すること。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月29日

2017/12/29 09:13
画像12月29日(金曜日)
誕生花は「鬼灯(ほおずき)」、
花言葉は「自然美」。


【きょうのメッセージ】

『もう少し余裕をもとう』

幸せに暮らせない理由は、
「余裕がない」からかもしれません
時間の余裕、エネルギーの余裕、能力の余裕、
お金の余裕、居住空間の余裕、心の余裕・・・

余裕を生む方法の一つは「減らす」こと
やることを減らせば、時間やエネルギーに余裕ができるたとえば、
仕事を減らす、趣味や遊びの時間を減らす、
人づきあいを減らす、悩む時間を減らす・・・

幸せになるために大事なのは“心の余裕”です
心の余裕を失わないように、ちょっと肩の力を抜いて、
マイペースで生きられるようになるといいでしょう


余裕が必要

『おだやかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし』
  アウレリウス

減らすことを考えてみよう

『「心の余裕」がなければ、幸せになることができない』
  本田健

心の余裕・ゆとり

肩の力を抜く、マイペースで



  12月29日(金曜日) 「シャンソンの日」 
1990年(平成2年)12月29日に、
銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」が閉店。
                 

 きょうの幸福のヒントは、

余裕

「ハオハオ」の代表的な使い方に、
「ハオハオ、まぁいいか」と「ハオハオ、そのままでいいよ」があります。
どちらも“いいかげん”な感じがするかもしれません。

ハオハオ まぁいいか    ハオハオ そのままでいいよ

 生きていく中で苦しんでしまうのは、力が入りすぎている時が多いような気がします。
考えすぎ、気にしすぎ、完璧を求めすぎ、まじめすぎ、頑張りすぎ、・・・。

○○は いいこと    ○○すぎは よくないこと

「○○すぎ」の時には、ちょっと肩の力を抜いてやるといい場合が多いのです。

「ハオハオ」を使うことで、肩(心)の力を抜くことができます。
 一年後には忘れてしまうような小さいことは、
「ハオハオ、まぁいいか」と軽く受け流す。
(すぐには)どうしようもない問題は、「ハオハオ、
(今は)そのままでいいよ」と問題があることを受け入れてしまう。
 このような対応でも、大して問題ないことが多いのではないでしょうか。

「ハオハオ」(の語感)には、心の力を抜く効果があるようです。



【きょうの名言】

『自分なりの思い込みを持っている人は強い
自分のやっていることが正解なんだと信じていれば
それが自信につながる』


秋元康 「幸せになるにはルールがある」(講談社)より


幸せのヒント 「自分の○○は、これでいい」

  自分の考え、やり方、選択、夢や目標、愛し方、生き方、・・・

 今自分がやっていることに疑問をもったり、否定的に考えていたら、愉しめないし、うまくいかなくなるのではないでしょうか。
 思い込みでもいいから、「自分のやっていることは、これでいい」と思ったほうがいいのでしょう。

 「自分の生き方はこれで(それなりに)いい」と思えたほうが、イキイキと生きられるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 余裕

 幸せに暮らせない理由は、「余裕がない」からかもしれません。
 時間の余裕、エネルギーの余裕、能力の余裕、お金の余裕、居住空間の余裕、心の余裕・・・。

 余裕を生む方法の一つは、「減らす」こと。
 やることを減らせば、時間やエネルギーに余裕ができるでしょう。たとえば、仕事を減らす、人づきあいを減らす、悩む時間を減らす・・・。趣味や遊びなどのお金のかかることをやるのを減らせば、お金の余裕も生まれるはずです。
 節約する(出費を減らす)ことでも、お金の余裕が生まれます。
 モノを捨てれば、空間の余裕が生まれるでしょう。
 何かをあきらめれば、それ相応の余裕が生まれるのではないでしょうか。たとえば、出世、収入、人間関係、住む場所、便利さ、趣味、・・・をあきらめる。

 余裕を生む方法のもう一つは、「蓄える」こと。
 心身を鍛えることで力を蓄えれば、発揮できるエネルギーが増すでしょう。たとえば、(心の)筋力を鍛える、(心の)コントロール力を鍛える、(心の)持久力を鍛える、心の守備力・免疫力を鍛える、(心の)柔軟性を鍛える、(心の)回復力を鍛える・・・。
 工夫や訓練(練習/トレーニング)によって、能力を蓄えることが可能でしょう。たとえば、幸せを感じる練習、気持ちを切り換える練習、やる気を出す工夫、相手を良く考えるトレーニング、感謝の練習、元気を出す工夫、幸せになる能力を向上させる練習、幸せになる能力を向上させる・・・。

 余裕を生む方法の一つとして、「交換」が可能なものもあるでしょう。
 仕事の時間とエネルギーを増やすことで、収入が増えれば、お金の余裕が生まれます。
 「時間をお金で買う」というようなことが可能な場合もあるでしょう。
 今よりも広い居住空間も、お金をかければ、手に入れることが可能でしょう。

 幸せに(暮らせるように)なるために大事なのは“心の余裕・ゆとり”だと思います。
 そのためには、効率を求めすぎない、結果を求めすぎない、人の目を気にしすぎないような心に余裕を生む考え方を心がけることだと思います。
 あえて笑顔をつくる、自分の時間を持つのような自分なりの気もちに余裕をもてる方法を工夫できるといいでしょう。

 心の余裕を失わないように、ちょっと肩の力を抜いて、マイペースで生きられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月28日

2017/12/28 09:47
画像12月28日(木曜日)
誕生花は「アニソドンテア」、
花言葉は「今日限り」。


【きょうのメッセージ】

『自分に返ってくる?』

人を喜ばせれば、喜びが返ってくる
人に親切にすれば、親切が返ってくる
人を愛すれば、愛が返ってくる
人を幸せにすれば、幸せが返ってくる

人にいいことをすれば、
自分に返ってくる可能性が高くなるでしょう

その前に、人に対してやさしい気もちになれることは、
それだけでも自分にとって幸せなことです


『人のために何かしてごらん。きっと返ってくる』 
  水谷修

『幸福になりたいのだったら、人を喜ばすことを勉強したまえ』 
  プリオール

人を喜ばせる

(人を悪く考えると)自分に返ってくる

『梨のつぶては返ってこないが愛のつぶては返ってくる』
  坂村真民

人を愛する幸せを感じられるようになるために

人を幸せにすると自分が幸せになれる

やさしい気もち、お返しは心のぬくもり


  12月28日(木曜日) 「シネマトグラフの日」
 1895(明治28)年12月28日に、
パリでリュミエール兄弟が発明したシネマトグラフが有料公開。

 きょうの幸福のヒントは、

自分に返ってくる

 いいことをするのは、気もちがいいでしょう。

 自分のためにいいこと(自分の身体にいいこと/自分の心にいいことなど)、
 人にいいこと、社会にいいこと、地球にいいこと、・・・

いいことをするのは 好好

 人にどう思われるかなどは気にしないで、自分がいいと思うことをやって、
素直に愉しんだり・喜んだり・いい気分になったりできたらいいのではないでしょうか。

 『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねぇ』 
  宮沢賢治



【きょうの名言】

『心の楽しみは良薬なり』

「旧約聖書」


幸せのヒント 「幸福感は良薬」

  心の健康と身体の健康は相互に関連がありそうです
  心にいいことは、身体にもいいのではないでしょうか

◇「幸福は最良の薬」を裏付ける研究成果(Wired News)

「喜び(joy)や感謝(thankful)といった言葉を使っていた修道女たちは、
 否定的な感情を記していた修道女よりも最長で10年長生きしていた」

「毎日幸せだと答えた人は、身体的にも健康であることが立証された。
 幸福を感じると、神経内分泌系の作用、炎症、心臓血管の活動が減少」

「人は健康だから幸せだというだけではなく、幸せだから健康なのだ」

「笑いは健康にいい」

幸福感は薬になり、不幸な感情は毒になるのかもしれません。

「怒る」と身体の中に毒が作られる、という心理学の実験もあります。
不幸な感情(毒)を頻繁に、もしくは長期間
 受けていたら、病気になりやすいでしょう。

幸せに、健康に暮らしたければ、
 幸せを感じて生活すること大事なのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分に返ってくる

  自分にとっての相手との関係は、
   自分が相手をどう思っているかよるところが大きいと思います。
  もちろん、相手が自分のことをどう思っているかも大きいのですが、
   自分が変えられるのは自分の相手に対する考えです。

  逆に、関係が良くなれば相手をよく思えてくるというのは、
   経験したことがあるのではないでしょうか。

  人間関係が変わると相手を見る目が変わり、
   相手から受けるイメージや感じが変わります。
  相手と親しくなり好感をもてば、それだけいい人間関係になります。

  人間関係が変わるのは相手が変わるからではなく、自分の心の中の
   相手に対する気もちや考えが変わるからではないでしょうか。

  自分にとっての(特定の人との)人間関係は、
   相手に対する自分の心模様なのかもしれません。

  また、人に対する考え方は自分に対しても同様な影響を与えます。
  人を嫌いやすい人は、心の中で自分を嫌いやすく、自分を愛せない。
  人に不満を持ちやすい人は、
   心の中で自分に不満を持ちやすく、満たされない。
  人を憎みやすい人は、心の中で自分を憎みやすく、自分を苦しめる。
  人をバカにしやすい人は、
   心の中で自分をバカにしやすく、自信をなくす。
  反対に、人を尊重できる人は、
   自分を尊重でき、自分を大切ににできる。

  人に対して自分がどう思うかは、結局、
   自分に返ってくるのだと思います。
  自分のために、「人のことを悪く考えないほうがいい」
   と心がけたほうがいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月27日

2017/12/27 09:51
画像12月27日(水曜日)
誕生花は「パフィオペディルム」、
花言葉は「気紛れ」。


【きょうのメッセージ】

『不幸は、幸せかもしれません』

不幸が、幸せに気づかせてくれることがあります
不幸は、いいきっかけにできる時があります
不幸は、いずれいい経験になるのではないでしょうか
不幸は、幸せを目指すスタート地点かもしれません

不幸な事があった時に、
「もしかしたら、幸せ(に何か役立つ)かもしれない?」
「不幸を幸せに変えよう」と考えられるようになると、
「(自分は)けっこう強くなれた」と思えるでしょう。


『じたばたしたり苦しんだりした時は、実はチャンスなんだ』 
  小泉吉宏

いいきっかけにする

『涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く 花のように』 
  岡本真夜

『人は悲しみが 多いほど 人には優しく 出来るのだから』 
  武田鉄矢

いい経験

『幸福より不幸の方が良い教師である』 
  フリーチェ

『禍を転じて福となす』

いいように考えよう

不幸を幸せに変える


  12月27日(水曜日) 「浅草仲見世記念日」 
1885年(明治18年)12月27日に、
 東京・浅草の仲見世が新装開業。

 きょうの幸福のヒントは、

不幸は幸せの元

 何かイヤだと思うことがあっても、「好好(いいこと)じゃないの?」
「もしかしたら好好かもしれない」のように考えることで、
「好好(かな/かもしれない)」と思えることがあります。
そう思えると、イヤな気もちが小さくなります。

悪いことは ハオハオ、好好じゃないの?   好好

 たとえば、雨が降っているのを、一瞬「イヤだなぁ」
と思っても、「好好じゃない?」と考えてみれば、
「雨もたまにはいいかな」と思えるのではないでしょうか。
「雨はイヤだなぁ」と思うのと、「雨もいいなぁ」と思うのでは、
感じ方が違います。雨の日の気分も変わってくるでしょう。

 たとえば、つらいことや大変なことも、「好好じゃない?」
と考えてみれば、「これで少しは強くなれるかもしれない」
「自分をきたえることになる」などと考えられるのではないでしょうか。

 たとえば、不安を感じた時も、「好好かもしれない?」
と考えれば、「不安を減らせるような努力をすればいい」
「不安は(将来の悪いことを回避するための)注意信号」
などと考えられます。

 たとえば、仕事でミスをしてしまった時も、
「信頼を得るチャンス(好好)かもしれない」
と考えて誠実な対応を心がければいいのです。
いさぎよく謝罪し、ミスしたことにできるだけのフォローをし、
今まで以上に一所懸命に仕事に取り組めば、
逆に評価が上がるのではないでしょうか。

 たとえば、人との思わぬトラブルが発生した時も、
「仲よくなるチャンス(好好)かもしれない」と考え、
よく話し合ってみれば、誤解は解け、互いの理解が深まり、
以前よりも親しくなれるかもしれません。

 たとえば、人事異動などで突然仕事がヒマになった時や、
病気やケガで入院した時も、「好好じゃない?」と考えてみれば、
「いい休みになる」「何かやりたいことをやってみよう」
「勉強する時間ができた」「自分の人生について考え直してみよう」
など考えられるのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『ゆっくり行くことを恐れるな。
立ちどまることだけを恐れよ』

中国のことわざ


『ゆっくり歩む者のほうが、
息長く遠いところまで進んでいける』

イタリアのことわざ


幸せのヒント 「ゆっくり行く」

「ゆっくり行く」ことを検討してみたほうがいいのかもしれません
でも、恐くて実践できない人も多いのではないでしょうか

 目標を達成するために、急いで行く
 過程を楽しむために、ゆっくり行く

 早く到達するために、急いで行く
 長く歩き続けるために、ゆっくり行く

人それぞれ、その時々によって、いろんな進み方でいいのでしょう。

大きな目標を達成するためには、
 過程を楽しむ工夫をしながら、
 マイペースで努力を続けられたらいいのではないでしょうか。

 『いわゆる頭のいい人は、言わば足のはやい旅人のようなものである。
  人より先に人のまだ行かない所へ行き着くこともできる代わりに、
  途中の道ばたあるいはちょっとしたわき道にある
  肝心なものを見落とす恐れがある』 寺田寅彦

心が急いてしまうと、まわりのものが見えなくなってしまうのでしょう。
肝心なものを見落とさないためには、心のゆとりが必要なのでしょう。

時には、わき道や寄り道を楽しむ
 余裕があってもいいのではないでしょうか。

人生という長い道のりを考えれば、
 急ぎすぎないほうがいいのかもしれません。

 『人生の面白さはその山頂にはなく、
  かえって逆境の、山の中腹にある』 吉川英治

 『人生の目的は、すべてをやりとげることではなく、
  その一歩ずつの過程を愉しみながら、
  愛情のある暮らしを送ることにある』 R・カールソン

人生の目的を
 「過程を楽しむこと」「幸せに暮らすこと」と考えるのなら、
 一歩一歩を大切にし、味わうことが肝心なのではないでしょうか。

 『大事なことは何か。なにごとによらず、
  一つずつの行為を十分にあじわいながら、
  その一瞬を大切に過ごすこと』 五木寛之

ゆっくり生きるためには、
 「信念」と「勇気」が必要なのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 不幸は幸せの元

 誰の人生にも不幸なことはあります。
 起こってしまった不幸はしかたがありません。まず現実を受け入れることで少しでも心を落ちつかせられるといいでしょう。
 その上で、できるだけ不幸(な気もち)にならないように、自分の心の中で不幸を大きくしないように、不幸になる考え方をしないように、幸せになる考え方を心がける(不幸になる考え方をやめるための幸せになる考え方)ことができるといいでしょう。
 考え方によっては「不幸でもあり幸せでもある」こともあるはずです。

 不幸は幸せになるための、いいきっかけ(ステップ/チャンス)になることもあるのです。
 何かを変えるいいきっかけになるかもしれません。たとえば、考え方を変える、行動を変える、生活習慣を変える、悪い習慣を改める、体を変える、自分を変える、人生観を変える・・・。
 何かを始めるいいきっかけ(チャンス)かもしれません。つらいからと言って、いつまでもじっとしているよりも、何かをやり始めること、一歩踏み出すことが大事なときもあるのではないでしょうか。

 不幸は「いい経験」にできるはずです。
 不幸になるのには、何かしら自分にも原因があるはずです。
 不幸の経験の中から自分の欠点に気づくことができれば、その対策を考えることができます。たとえば、考えすぎ、求めすぎ、完璧主義、悲観主義、被害妄想など、自分を不幸にする悪癖や固定観念などに気づけるのは大きいことだと思います。
 不幸からは何かしら学べることがあるはずです。少なくとも、「こういうこともある」ということがわかるでしょう。
 不幸もいい経験とし、その後の人生に活かせるようになるといいのではないでしょうか。

 不幸な経験をしたことでわかることもあるでしょう。
 失ってはじめて気づくこともあるでしょう(物の値打ちは、それが無いときにいちばんよくわかる)。
 自分にとって大切なもの(事・人・物)を改めて思い起こせることもあるでしょう。
 不幸を経験した人こそ、幸せの有難さが分かることもあるのです(不幸でない幸せもある)。

 計らずも不幸を経験した人は、それをいいきっかけ・いい経験として、より幸せになっていけるといいでしょう。
 不幸からも学びながら自分を育て、少しずつ幸せになっていけるといいでしょう。
 そういうことがわかった上で、「不幸もよし」という気もちになれるといいのではないでしょうか(不幸は幸せの養成ギブス)。
 不幸を幸せに変え、幸せになれれば、経験した不幸の大きな価値(幸せ)がよくわかるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月26日

2017/12/26 09:15
画像12月26日(火曜日)
誕生花は「胡蝶蘭<ピンク>」、
花言葉は「貴方を愛します」。


【きょうのメッセージ】

『計画を立てよう』

夢見ているだけでは、夢は叶いません
生きているうちにしたいことがあるという人も、
そう思っているだけでは実現しません

ある程度大きなことをやるためには、
計画を立てたほうがいいでしょう

目標達成までのステップを決めればいいのです
そうすれば、今やるべきことが明確になります
あとは、今やるべきことにベストを尽くせばいいのです
目標達成への過程を楽しめると、なおいいでしょう

目標と計画がしっかりあれば、
不要な心配や迷いで苦しまなくてもすみます

目標達成のために懸命に努力していれば、
希望をもってイキイキと生きられるのではないでしょうか


計画を立てる

『計画とは未来に関する現在の決定である』 
  ドラッカー

幸せの目標をもって生きよう

生きているうちにしたいこと

ベストを尽くそう

目標達成への過程を愉しむ

『考えることは賢い、計画することはもっと賢い』 
  ペルシャのことわざ

夢や目標を愉しんで生きる



  12月26日(火曜日) 「プロ野球誕生の日」 
1934年(昭和9年)12月26日に、
日本初のプロ野球チーム・大日本東京野球倶楽部(読売巨人軍の前身)が創立。

 きょうの幸福のヒントは、

計画する

 夢や目標をもっている人には、3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」「目標が達成できたらいいな」と考え、続けて「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。目標達成に向けて前進することができるのです。前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すればいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『大変な仕事だと思っても、
まず、とりかかってごらんなさい。
仕事に手をつけた、
それで半分の仕事は終わってしまったのです』

アウソニウス(ローマの詩人)


幸せのヒント 「始める決心」

 大変そうでも、やってみれば、案外容易にできることがあります
 いちばん難しいのは始める決心、ということもありそうです

イヤな事、大変な事の場合には、
 なかなか始められない時もあるでしょう。
やらなくちゃと思ってもできないことに、イライラしたり、
 余計なことをしてしまったりすることもあります。

 やり始めてみれば、
  難なくできることもあるでしょう
  やる気が湧いてくることもあります
  いいやり方が見つかるかもしれません
  そのまま勢いで続けられて終わってしまうこともあるでしょう

始められないことで、いつまでもイヤな気分で過ごすよりも、
 早くイヤなことを済まして、自分にとって
 もっといいことに時間を使えたほうがいいでしょう。

「始めれば、なんとかできるもの」と考えて、
 行動を開始できるようになれたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 計画する

 夢見ているだけでは、夢は叶いません。
 生きているうちにしたいことがあるという人も、そう思っているだけでは実現しません。

 ある程度大きなことをやるためには、計画を立てたほうがいいでしょう。
 目標達成のゴールまでのステップと日程を決めればいいのです。
 そうすれば、目標達成のために、今やるべきことが明確になります。
 あとは、今やるべきことにベストを尽くせばいいのです。

 目標達成への過程を楽しめると、なおいいでしょう。
 目標達成までのステップがはっきりしていれば、現在の進度がわかります。進歩を感じられることは、喜びにつながるでしょう。
 中間目標を設定することで、途中でも達成感を感じられるといいでしょう。

 計画を立てないと、未来は成り行き任せです。
 目標と計画がしっかりあれば、不用な心配や迷いで苦しまなくてもすみます。
 目標達成のために懸命に努力していれば、そういう余計なことを考えずにすむし、希望をもってイキイキと生きられるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月25日

2017/12/25 08:09
画像12月25日(月曜日)
誕生花は「柊」、
花言葉は「先見性」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになる方法』

幸せはたくさんあります
自分には得られない幸せもありますが、
自分が得ることが可能な幸せはたくさんあるのです
ということは、それを実現するための
“自分の幸せになる方法”もたくさんあるのです

基本となる5つの幸せになる方法
1.幸せを感じて生きる
2.明日の幸せを信じて生きる
3.夢(幸せの目標)をもって生きる
4.人を幸せにする
5.不幸を幸せに変える

自分の幸せになる方法のレパートリーを
一つ一つ増やしていけるといいのではないでしょうか


幸せはたくさんある、自分の「幸せになる方法」を持つ

『幸福になりたいなら、幸福になるように行動すればよい』 
  A・スマナサーラ

幸せを感じて生活しよう

明日の幸せを信じて生きる、信じよう

幸せの目標をもって生きよう

人を幸せにすると自分が幸せになれる

不幸を幸せに変える

『あなたの幸せをできるかぎり幅広く探せ』 
  ラッセル

幸せになる方法、幸せになる方法のレパートリー


  12月25日(月曜日) 「クリスマス」 
イエス・キリストの降誕記念日。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せになる方法

 私の現在の「幸せになる5つの呪文」は、

  「今は幸せ。これからも少しずつ幸せになっていける。
   私には夢がある。みんなが幸せになれますように。
   すべてのことはいい経験」

 最近は「ハオハオ」を使うことが多くなりました。

今は 好好  これからも 好好になっていける

私には夢がある   みんなが好好になれますように

すべててのことは 好好

 呪文というのは、唱えることで何かしら(主に、心に)
効果がある言葉だと思っています。



【きょうの名言】

『人間、関心を寄せるものが多ければ多いほど、
ますます幸福になるチャンスが多くなる』

ラッセル 「幸福論」(岩波文庫)より


幸せのヒント 「幸せがたくさんあると思える人は、それだけ幸せになりやすい」

  幸せはたくさんあります
  どのくらい気づけるかは、その人しだい
  それを「幸せ」と思えるかどうかも、その人しだい
  それを幸せに感じて生活できるかどうかも、その人しだい

 「関心がない」というのは、はじめからバカにしているのかもしれません。少しでも関心をもって、いい所を探そうと思えば何か見つかるかもしれません。
 「関心をもつ」ことは、自分の幸せを増やす方法なのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せになる方法

 幸せはたくさんあるのです。自分には得られない幸せもありますが、それらを除いても自分が得ることが可能な幸せはたくさんあるのです。
 ということは、それを実現するための“自分の幸せになる方法”もたくさんあるということです。

 私は『幸せになる方法』という本を1995年に出版し、次の5つの幸せになる方法を提案しました。
1.幸せを感じて生きる
2.明日の幸せを信じて生きる
3.夢(幸せの目標)をもって生きる
4.人を幸せにする
5.不幸を幸せに変える

 現在でもこれらの基本は変わっていません。この5つに関連するおすすめの幸せになる方法をここで挙げたいと思います。
 幸せを感じる方法として有効なのが「感謝する」ことです。シンプルな方法ですが、感謝できない人も多いのではないでしょうか。
 明日の幸せを信じて生きるためには、希望をもって生きることができるといいでしょう。
 「やりたいことをやる」というのはわかりやすい幸せになる方法です。やりたいことをやっていく中で、夢や目標がもてると、なおいいでしょう。
 人を幸せにする“愛”以外にも、「愛する」ことが多くの幸せになる方法につながります。中でも大切なのが自分を愛することです(自分を愛せない理由)。
 不幸を幸せに変えることも含めて「すべてのことはいい経験」と思えるようになれるといいでしょう。

 他にも幸せになる方法はたくさんあり、このホームページの中にたくさんの方法やヒントが書いてあります。
 それらの中から自分に合いそうなものを見つけ、それをヒントに自分が幸せになれることを考え、実践することで、幸せになる方法のレパートリーを一つ一つ増やしていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12月24日

2017/12/24 08:50
画像12月24日(日曜日)
誕生花は「クリスマスベゴニア」、
花言葉は「片思い」。


【きょうのメッセージ】

『時には、人生についてよく考えてみよう』

人生の目的は? 人生の価値は? 人生の成功とは?

「人生はドラマ」と考えみれば、
人生の脚本家・主役は自分

「人生は旅」「人生はゲーム」と考えてみれば、
もっと楽しめるのではないでしょうか

「人生は学校」「人生は修行の場」と考え、
自分を育てていけるといいでしょう

いずれにしても、たった一度の人生
自分の人生を大切にしましょう


人生の目的と目標、人生の価値、人生の成功

『人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない・・・』 
  ソロー

人生の脚本家・主役は自分

「人生は旅」「人生はゲーム」だと考えてみよう

人生は学校、人生は修行の場

『人生の行路は楽しく、また歩むに十分値するものである』 
  チャーチル

たった一度の人生、自分の人生を大切にしよう


  12月24日(日曜日) 「クリスマス・イヴ」 
 クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。

 きょうの幸福のヒントは、

人生は□□

 人生、悪いこともあるけど、いいこともあります。

悪いことは ハオハオ  いいことは 好!好!

 悪いことがあっても、それをどのくらい「ハオハオ」
と思えるようになるか。
 いいことを、どのくらい(たくさん/強く)「好!好!」と思えるようになるか。
 それによって、人生に対するイメージや感じ方が大きく変わると思います。

 いいことも悪いことも、人生はいろいろあるから面白いと考えることもできそうです。

 「人生は好好」と思えるようになれたらいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『夢を失うよりも悲しいことは、
自分を信じてあげられないこと』

吉元由美 「Jupiter」(歌・平原綾香)より


幸せのヒント 「夢をあきらめる理由」

  夢が実現できそうもないから
  努力することに耐えられないから
  他のことを選択するため
  自分を信じられないから

 夢を失うことはあるでしょう。その時に自信を失ってしまい、そのままその後を生きるのは、自分のためによくないでしょう。

 一つの夢を失っても、また次の夢をもてればいいのではないでしょうか。そのためには、自分を信じてあげることが大切なのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人生は□□

 「人生は□□」のように、人生を何かにたとえる言葉・考えがいろいろあります。

 「人生は旅」「人生は航海」「人生は登山」

 「人生は物語」「人生はドラマ」「人生は芝居」「人生は劇(場)」
 「人生は小説」「人生は書物」

 「人生はゲーム」「人生はカードゲーム」「人生はすごろく遊び」
 「人生は遊行」「人生はテーマパーク」「人生は祭り」「人生は宝探し」

 「人生は学校」「人生はテスト」「人生は魂の修行の場」

 「人生は一瞬一瞬の積み重ね」「人生は点線」「人生はプロセス」

 「人生は自転車」「人生はマッチ箱」「人生は川の流れ」

 他にもいろいろあるでしょう。

 人生は□□と似ている(ところがある)、ということです。
 □□について考えてみることで、よりよく(幸せに)生きるヒントが見つかるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる