アクセスカウンタ

驢馬の戯言

プロフィール

ブログ名
驢馬の戯言
ブログ紹介
ロバが旅にでたところで、馬になって帰ってくるわけではない。


年々歳々花相似たり
洛陽城東桃李の花
   飛び来たり飛び去って誰が家にか落つる
   洛陽の女児顔色を惜しみ
   行く行く落花に逢って長く嘆息す
   今年花落ちて顔色改まり
   明年花開くとき復た誰か在る
   己に見る松柏の摧かれて薪と為り
   更に聞く桑田の変じて海と成るを
   古人復た洛城の東に無し
   今人復た対す落花の風
   年々歳々花相似たり
   歳々年々人同じからず
   言を寄す全盛の紅顔子
   応に憐れむべし半死の白頭翁   (後略)
zoom RSS

4月30日

2017/04/30 06:19
画像4月30日(日曜日)
誕生花は「花大根」、
花言葉は「恵まれた未来」。


【きょうのメッセージ】

『“子どもの心”を大切にしよう』

たとえば、幸せに気づき・幸せを感じやすい素直な心

たとえば、やることを楽しめる心、遊び心

たとえば、チャレンジ精神、失敗を恐れない勇気

たとえば、好奇心、疑問する心、探究心

たとえば、イヤなことを忘れられる心、
立ち直りが早いしなやかな心

自分の“子供の心”も大切にできる“大人の心”を育て、
少しずつ幸せになっていけるといいのではないでしょうか


幸せを感じる心を養う

素直な心、感動できる心、純真な心

『幸福を感じるのには童心とか、素直さが必要』 
  武者小路実篤

楽しめる心、遊び心

新しいことにチャレンジする、勇気

好奇心

忘れられる心、回復力

『“柳に風”流のしなやかな強さを身につけよう』

自分を育てるためには


4月30日(日曜日) 「図書館記念日」 
1950年(昭和25年)4月30日に、
「図書館法」が公布された。

 きょうの幸福のヒントは、

大人の心と子供の心

 いいことがあった時には、「好!好!」と素直に喜びましょう。

いいことは 好!好!

 「好!好!」をきっかけに、自分なりの表情や動作や言葉で、
その「好さ」を表現できると、さらにいい気もちになれます。

 たとえば、

☆楽しい時には、
好!好! 楽しい!

☆うれしいことがあったら、
      好!好! よかった、よかった

☆食べ物が美味しかったら、
    好!好! あー、うまい!

☆好きな人と会った時には、
好!好! うれしー

☆何かがうまくできたら、
好!好! ヨシヨシ

 いいことがあった時に、「好!好!」と喜ぶと、
その喜びをより感じられます。



【きょうの名言】

『人は悲しみが 多いほど
人には優しく 出来るのだから』

武田鉄矢 「贈る言葉」より


幸せのヒント 「幸せになれる人は、悲しみが多いほど」

  (小さな)幸せを感じられるようになる(
   幸せの価値がわかる)
  つらいことに耐えやすくなる(強くなれる)
  人にやさしくできるようになる(人の心の痛みがわかる)
  幸せになるために努力する(幸せになりたいと強く思う)

 反対に、不幸に過敏になったり、
つらいことから逃げてばかりいたり、
人につらくあったり、幸せをあきらめたりしてしまう人もいます。

 つらいことがあっても、その経験を今後の幸せに活かせるように
なれたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 大人の心と子供の心

 幸せになるためには、自分の心を育てるのが何よりだと思います。
 人から幸せにしてもらう他力の幸せは一時的なものであり、
日常的・恒常的に幸せになるためには自力の幸せが不可欠です。

 心が幼い人は幸せに暮らすのは難しいでしょう。
 人は心がけしだいで、生涯進歩・成長できるのだと思います。
 そのためには、自身の経験から学ぶことで自分の心を
育てていけるといいでしょう。
 自育を楽しみながら大人になっていけると、なおいいでしょう。

すべてのことは いい経験   すべてのことは 好好

 一方、幸せにイキイキと生きるためには、
心の若さがあったほうがいいでしょう。

 また、幸せになるためには、“子供の心”も大事だと思います。
 たとえば、幸せに気づき・幸せを感じやすい素直な心、
感動できる心、純真な心。
 たとえば、やることを楽しめる心、遊び心。
 たとえば、未知のことへのチャレンジ精神、冒険心、
失敗を恐れない勇気。
 たとえば、いろんなものに興味をもてる好奇心、「
なんでだろう?」と(いい意味で)疑う心、深く知ろうとする探究心。
 たとえば、イヤなことを忘れられる心、
立ち直りが早いしなやかな心。

 大人になると、このような幸せになりやすい“子供の心”を
忘れがちです。
 自分の“子供の心”も大切にできる“大人の心”を育てていき、
少しずつ幸せに暮らせるようになっていけるといいのでは
ないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月29日

2017/04/29 09:00
画像4月29日(土曜日)
誕生花は「椿」、
花言葉は「魅力」。


【きょうのメッセージ】

『考え直してみよう』

自分にとって大事なことについて
時間に余裕のあるときに考え直してみましょう

たとえば、今の生活を考え直す、
時間の使い方を考え直す、お金の使い方を考え直す

たとえば、抱えている問題を考え直す
いつもより広く、いろんな答えを探してみる
紙に書いて、深く考え直す

たとえば、自分の夢・愛・人生・幸せについて考え直す


時間の使い方(余暇の過ごし方)、お金の使い方を考え直す

『君は君の時間を愛さなくてはならない』 
  フランクリン

いろんな答えを探す、視点を変えて考え直す

紙に書いて、深く考える

『堂々めぐりの悩みごとも、文章に書くと、整理されてくる』 
  斎藤茂太

自分の幸せ・生活・生き方を考え直す

『人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる』
  ピーターソン



4月29日(土曜日) 「昭和の日」 
昭和天皇の誕生日
昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす国民の祝日。

 きょうの幸福のヒントは、

考え直す

 生きている限り、悩みや問題はあるでしょう。
 より良く生きようと思う人は、特にそうでしょう。

 悩みや問題は、まず、現実として受け入れる。次に、
自分の望みをはっきりさせる。そして、どうしたらいいか考える。

現実は現実 ハオハオ  ○○たらいいな ホープホープ 
 ではどうしたら? ハウハウ

 「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」で行きましょう。

 悩みや問題があっても(いい=好好)、
幸せに暮らせるように心がけましょう。

悩み苦しむのは ハオハオ   よく考えるのは 好好

 考える時には集中して考え、
それ以外の時には少しでも生活を愉しみましょう。
 しっかり悩めば、自分を育てることにもつながるのでは
ないでしょうか。


【きょうの名言】

『生きてるだけで丸儲け』

作者不詳


幸せのヒント 「生きてるだけで丸儲け、だから・・・」

   だから、そのことを幸せに思おう。感謝しよう。
   だから、これ以上欲を出すのはやめよう。
   だから、小さいことにくよくよするのはやめよう。
   だから、やりたいことをやろう。
   だから、夢をもって生きよう。
   だから、失敗を恐れずにチャレンジしよう。
   だから、あまり落ち込むのはやめよう。
   だから、一から始めよう。
   だから、人の役に立てることをしよう。
   だから、今(の自分の人生)を大切に生きよう。
   だから、もっと儲けよう。もっと幸せになろう。

  いろんな時と場合に
   もっといろんな応用ができるのではないでしょうか。
  単に、「生きてるだけで丸儲け」でいいのですが。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 考え直す

 人はいつでもいい考えができるわけではありません。
 (人や社会や自分に)悪い考え、間違った考え、偏った考え、
醜い考え、自分を不幸にする考え・・・このようなよくない考えを
してしまうことがけっこうあると思います。
 そういう考えが、ふと浮かんでしまうのはしかたがありません。
無意識にですから。
 よくない考えをしてしまっても、
それに気づいて考え直すことができればいいのです。

 最初に頭に浮かんだ考えだけが自分の考えではありません。
 別の考えを探し、比べることで、
自分にとって好ましい考えを選ぶことも可能なのです。
 「考え直す」というのは、
人間の素晴らしい能力の一つだと思います。

 何か問題があった時には、
瞬発的な悪い考えに従わないことが大事です。
 人は時に悪い考えをしてしまいます。
イヤなことがあった時には、なおさらです。
 自分の悪い感情・気分に流されないことが重要です。
気もちを落ちつかせたり、気分転換をしたりして、
心を立て直して考え直すことができるといいでしょう。
 すぐに答えを出さなくてもいい問題の場合には、
「あとで考え直そう」と考えるのもいいでしょう。

 もし重大な問題で、時間の猶予があるのなら、
いろんな答えを探し、深く考えることで、
自分にとって望ましい答えを出せるといいでしょう。
 また、視点を変えて考え直す、“思い込み”にとらわれず考え直す、
紙に書いて考え直すのような考え方を心がけるのもいいでしょう。
 ただし、自分が望んでも現実として無理なことは
あきらめなければなりません。
実現不可能なことを望んでいると、
いつまでたっても苦しむことになってしまいます(
現実的な目標をもつ、非現実的な期待を抱かない、
「理想の自分」と「現実の自分」)。

 考え直したほうがいいことはいろいろあると思います。
 たとえば、時間の使い方を考え直す、お金の使い方を考え直す、
余暇の過ごし方を考え直す、イヤな出来事を考え直す、
世の中を悪く考えすぎないように考え直す、
自分の幸せ・生活・生き方を考え直す、
自分の生き方や夢について考え直す、人生を見直す・・・。

 最初に頭に浮かんだ一つの考えだけにとらわれずに、
いろんな考えや可能性を考えられるようになることは、
人間としての成長だと思います。
 そういう考え方から生まれた自分なりの価値観をもつことが、
自分らしく生きることにつながるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月28日

2017/04/28 07:59
画像4月28日(金曜日)
誕生花は「桜桃」、
花言葉は「郷愁」。


【きょうのメッセージ】

『楽しみにしよう』

先の事を楽しむのを想うだけでも、
ワクワクしたりして、ちょっといい気分になれます

どんなふうに楽しむかをあれこれ考えると、
さらに楽しくなってきます


楽しみにする気もちをもったままその事を始めれば、
無意識の時よりもずっと楽しめるでしょう

「楽しみにしよう」「楽しもう」という
気もちをもつことが大切なのではないでしょうか。


楽しみにする

『楽しみを期待するのも、また一つの楽しみである』 
  レッシング

楽しもう/味わおう

『期待があるところに魅力が生じる。期待感こそ生きがいである』 
  松本清

目標達成の魅力を感じる、幸せの予感を感じる

『明日よいことがあると思ってごらん 今幸せになるよ』
  斎藤一人

生活を楽しむヒント



4月28日(金曜日) 「象の日」 
1729年(享保14年)4月28日に、
ベトナムから渡来した象が中御門天皇の御前で披露された。

 きょうの幸福のヒントは、

楽しみにする

 事の成り行きや人に、期待するのはいいことだと思います。
 期待することで、ワクワクできたり、元気になれたり、
頑張れたりするのではないでしょうか。

期待通りになったら 好!好!   そうならなくても ハオハオ

 期待通りにならなかった時に、
多少がっかりしてしまうのはしかたがないでしょう。
一時的に落ち込んでしまうのもしかたがないでしょう。
 でも、いつまでも落ち込んでしまうのは、
自分のためによくありません。

 まずは現実は現実として、「ハオハオ(こういうこともある)」
と受け入れることで、少しでも心を落ちつけることができるといいでしょう。
 心が落ち着いたら、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と、
今後のことを考えられればいいのではないでしょうか。

ハオハオ  ホープホープ  ハウハウ (3Hの考え方)


【きょうの名言】

『天知る、地知る、子知る、我知る
(なんぞ知るもの無しといわんや)』


楊震

「天が知っている。地も知っている。
 君も知っている。私も知っている。
 (どうして知るものがいないと言えるのか)」


幸せのヒント 「私が知っている」

「人にわからなければいい」「みんながやっているから」
「バレなければいい」「警察に捕まらなければいい」などと考え、
 つい悪い事をしてしまうことがあるという人は多いでしょう。

そうした悪事が発覚して、不幸になる人がいます。
絶対にそうならないためには、そういう悪事はしないことです。

「(天知る、地知る、)我知る」と考え、自分の良心によって
 悪い事を未然に抑止できたらいいのではないでしょうか。

また、人から疑われたり、根も葉もない悪い噂を立てられた時など、
 「天知る、地知る、我知る」と平然としていれば、
 偽りの疑惑や噂などは自然に消えてしまうでしょう。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 楽しみにする

 先の事を「楽しみにする」こと自体がいいのです。
 その事を楽しむのを想うだけでも、ワクワクしたり、
「いい(だろう)なぁ」と思えたり、ちょっといい気分になれます。
 どんなふうに楽しむかをあれこれ考えると、もっと楽しくなってきます。
 楽しみにする気もちが残ったままその事を味わってやれば、
無意識の時よりもずっと楽しめるでしょう。

 特別な事でなくても、これからすることを楽しみにする
(自分の中で楽しみに変える)こともできます。
 どうやったら楽しめるか、を考えてみれば何か思いつくことが
あるのではないでしょうか。

 これからすることが決まっていない時間があるのなら、
「何をしようかな?」「何をして楽しもうかな?」と考えればいいわけです。
 自分の好きな事・やりたい事を考えればいいのです。
そういうことを考えるのもけっこう楽しかったりします。
 思いついたら、その事をどうやって楽しもうか、
と考えればいいのです。
 自由な時間は楽しみにすることができるはずです。

 「楽しみにしよう」「楽しもう」という気もちになれるだけでも、
生活をけっこう楽しむことができるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月27日

2017/04/27 08:28
画像4月27日(木曜日)
誕生花は「睡蓮」、
花言葉は「清純な心」。


【きょうのメッセージ】

『感謝の気もちを表そう』

誰かが自分のために何かをしてくれたら、
「ありがとう」と言葉で伝えよう

誰かに感謝をしているのなら、
その気もちを言葉や行動に表そう

感謝の気もちがあっても、形で表さないと伝わりません
感謝の気もちを表すことは、相手を幸せにすることです
人を幸せにすることは、自分の幸せです


感謝する

『「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう』 
  松下幸之助

感謝の気もちから始めよう

『いつも感謝の気持ちを持ち、それを口にすることは…』
  サイモン・レイノルズ

感謝の気持ちを表す



4月27日(木曜日) 「哲学の日」 
紀元前399年4月27日に、
ギリシアの哲学者・ソクラテスが死刑宣告を受け、獄中で服毒死。

 きょうの幸福のヒントは、

感謝

 何かをやりたいと思っていても、やる気になれなかったり
つい忘れたりしてなかなかできないことがあります。
 やりたいことはあるけど始められない、
大切な人がいてやさしく接したい・何かをしてあげたいのにできない、
もっと力強く生きたいのに力が湧いてこない、・・・。

 そんな時に、感謝の気もちから始めると、
心に少し勢いをつけられます。
 やりたいことをやれることに感謝することから始める、
大切にしたい人の存在やしてくれたことに感謝することから始める、
生きていることに感謝することから始める、・・・。
 感謝することで生まれる(幸せな)いい気もちをバネに
何かを始めればいいのです。

 感謝の気もちが充分にあれば、そのものを大切にしよう
と自然に思えます。
 やりたいことをやれる幸せを感じられます、
人にやさしく接することができます。
人生を大切に生きることができます、・・・。

なんか力が湧いてこない  ハオハオ 感謝の気もちから始めよう


【きょうの名言】

『王様であろうと、農民であろうと、
自己の家庭で平和を見いだす者が
もっとも幸福な人間である』

ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


幸せのヒント 「平和」

  平和の幸せにはなかなか気づけません
  争いがあってイヤな思いをした時に、平和の幸せがわかります
  平和だから、幸せに暮らせるのでしょう
  争いが絶えなければ、幸せに暮らすことは難しいでしょう

 家庭の平和を幸せだと思える人は少ないのではないでしょうか。
家庭の団らんや、家族の存在や、やすらぎを、
幸せと思える人は多いでしょう。
 自分が生活する場での争いをなくすこと、
少なくとも自分は争わないようにすることが、
幸せに暮らすためには大事なのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 感謝

「ありがたいなぁ」と心から思えれば、幸せを感じることができます。

 『感謝の心が高まれば高まるほど、
  それに正比例して幸福感が高まっていく』 
  松下幸之助

 感謝できる人はそれだけ幸福感を感じられる人、
つまり幸せな人です(感謝と幸福感)。

 誰かに感謝しているのなら、感謝の気持ちを表すことが大切です。
 「ありがとう」の一言でもいいのです
(家族に「ありがとう」伝えていますか?)。
 感謝の気もちから始める行為は幸せにつながりやすいのです。

『深い思いやりから出る感謝のことばをふりまきながら日々を過ごす――
  これが、友をつくり、人を動かす妙諦である』 
  D・カーネギー

 「いいこと」と「感謝」が交互に訪れる、
感謝すると健康が増進するという人もいます。

 感謝できる対象はたくさんあります。
 まわりの(親などの)人(の存在・してくれたこと)に感謝する、
何かができること(たとえば、食べられること、仕事ができること、
遊べること、お風呂に入れること、寝られること)に感謝する、
物があることに感謝する、自然に感謝する、
自分(の存在・身体(の部分)・心)に感謝する、
苦難や危機・災難に感謝する、生きていることに感謝する……。
 逆に、幸せなことすべてに感謝することもできるはずです。
「幸せだなぁ」と思えた時に、続けて「ありがたいなぁ」と思えば、
いっそう幸せな気もちになれるでしょう。

 感謝するものがあまり思いつかない人は、感謝を書き出してみたり、
感謝日記をつけたりしてみるのもいいのではないでしょうか。

 あるものを数え・感謝する、何があっても感謝の念をもつ、
感謝できる面に注目する・・・このようなことを心がけ、
すべてに感謝できるようになることが理想的です。

 心から感謝できた時には幸せを感じられます。
その幸せを力に(感謝の気もちを力に)行動できるようになると、
なおいいのです。
世の中には感謝の力を成功や幸せに結びつけている人がたくさんいます。
 すべてのもの(事・人・物)に感謝して、
その気もちを力にすべてのものを大切にできるようになれたら……
それが人間の理想なのかもしれません。
感謝を知ることは、人間としての成長でもあると思います。

 『いつも感謝の気持ちを持ち、それを口にすることは、
  長く幸福に生きるもっとも確実な方法でもある』 
  サイモン・レイノルズ

 「感謝する」ことはシンプルで確実な幸せになる方法あり、
感謝によって得られる幸福感は質の高いものです。
なのに、感謝が実践できている(幸せな)人はそれほど多くはいません。
感謝できるようになるために必要なのは“素直な心”なのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月26日

2017/04/26 08:18
画像4月26日(水曜日)
誕生花は「石南花(シャクナゲ)」、
花言葉は「警戒心を持て」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになりやすいものの見方』

ものの見方を変えれば、自分にとっての
見え方が変わり、感じ方が変わります

もの(事・人・物)の悪い所に目を向け、
否定的に(「イヤだなぁ」と)受けとめると、
余計に悪感情が強くなります

悪い所に目がいっても、「こういうこともある」
「こんな人もいる」「こういう物もある」「こういう所もある」
などと受け入れれば、悪感情は小さくなります

もの(事・人・物)のいい所に目を向け、
肯定的に(「いいなぁ」と)受けとめると、
幸せな感じがより確かになります

自分が幸せになれるものの見方が
できるようになるといいのではないでしょうか


否定的な自動思考を変える

『不幸とは、人生に対する否定的な思考にともなう感情』
   R・カールソン

こういうこともある、こんな人もいる、受け入れる

『世の中を楽しく観る、美しく観る、よく観る』 
   野間清治

いいなぁ、幸せだなぁ

『今感じていることは、今この瞬間のあなたの思考の結果』 
   R・カールソン

物事の受けとめ方に関する幸せになる考え方


4月26日(水曜日) 「よい風呂の日」 
「4(よい)2(ふ)6(ろ)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

ものの見方・考え方

 「ハオハオ」の最大の特長は、いいことも、悪いことも、
同じ「ハオハオ」でいいということだと思います。
 いいことは「好!好!」と素直に喜び、悪いことは
「ハオハオ」とまず受け入れると、心にいい影響があるのです。

いいことは 好!好!    悪いことは ハオハオ

 生きていく中では、いいこともあれば、悪いこともあります。
 「いいことは好!好! 悪いことはハオハオで行こう!」と考えれば、
少しはラクに生きていけそうな気がしませんか?

 どんなに悪いことも「ハオハオ」と受け入れ、
どんなに小さないいことでも「好!好!」と喜べる人がいたとしたら、
その人は「悟っている」ということになるのかもしれません。
「ハオハオ」というたった4文字の言葉を身につけただけなのに。

どんなことがあっても ハオハオ  いいことは、好!好!

 「ハオハオ」を極めれば、「すべてのことは好好」
と思えるようになれるのではないでしょうか。

世の中、すべてのことは 好好(いいこと・美しい・幸せ)

 「ハオハオ」は、もしかしたら、「なまけ者の悟り方」
なのかもしれません。


【きょうの名言】

『どうにもならないことは、忘れることが幸福だ』

  ドイツのことわざ


幸せのヒント 「忘れられない不幸」

  どうにもならないこと
   身体的なこと、性格的なこと、
   運命的なことなどの変えようがないこと、
   今の自分にはできないこと、過去のこと、・・・

  忘れられない不幸
   思い出して、そのことを考えて、不幸な気もちになってしまう

 ふと思い出してしまうのはしかたがないでしょう
(無意識ですから)。
 「忘れる(思い出さない)」ことは意識してできることはありません。
 「忘れよう、忘れよう」と考えるのは逆効果でしょう。

 ふと思い出してしまっても、それに気づいて、
 それ以上そのことを考えなければいいのでしょう。
 また、そのことを不幸だと考えなければいいのでしょう。

 「(これは)しかたがないこと」「(自分にとっては)
当たり前のこと」「いい経験」などと考えられれば、
あまり不幸な気もちにならずに、そのことを考えるのを
やめられるのではないでしょうか。

 自分の不幸を思い出してしまうのは、
自分が今幸せでないからかもしれません。
今を幸せに暮らせるように心がけることが、
なかなか忘れられない不幸を思い出さないための方法では
ないでしょうか。

幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント ものの見方・考え方

 ものの見方を変えれば、自分にとっての見え方が変わり、
感じ方が変わります。
 もの(事・人・物)の悪い所に目を向け、
否定的に(「イヤだなぁ」と)受けとめると、
余計に悪感情が強くなります。悪い所に目がいっても、
「こういうこともある」「こんな人もいる」「こういう物もある」
「こういう所もある」などと受け入れれば、
悪感情は小さくなります。
 もの(事・人・物)にいい所に目を向け、
肯定的に(「いいなぁ」と)受けとめると、
幸せな感じがより確かになります(物事の受けとめ方)。

 物事をどう考えるかによって、自分にとっての価値が変わり、
感じ方が変わります。
 人生、自分、他人、現実について否定的に考えるとより
不幸(な気もち)になります。そういう考え方のクセ
(否定的な自動思考)がある人は不幸な気もちで過ごす時間が
長くなってしまいます。

 何か問題や障害があったとしても、大問題・一大事とするか、
小さいこととするかは、その人の考え方しだいです
(小さいことでくよくよしないための幸せになる考え方)。
 悪い出来事や状況に遭遇しても、不幸な気もちを強く・長く
してしまうか、小さく・短くできるかは、その人の考え方しだいです
(幸せになる考え方を心がける)。
それを「いいきっかけにしよう」「いい経験にしよう」と
考えられる人もいるのです(物事の幸せになる考え方)。
 どんな不幸も(時間をかければ)幸せに変えることが
できるのだと思います。

 現実が自分にとって幸せか不幸かは自分の心の中にあるのです。
そして、それは見方・考え方によるところが大きいのです。
 不幸はできるだけ小さくとらえ、幸せをできるだけ十分に
感じられるようになれば、もっと幸せになれるでしょう。

 環境が変わっても、見方・考え方が変わらなければ、
その人の幸不幸は大して変わらないでしょう。
 見方・考え方は心の習慣になっており、それが変わらなければ、
環境が変わっても、幸不幸はあまり変わらないのではないでしょうか。

幸せの青い鳥は 幸せに暮らす習慣

 ものの見方・考え方は変えることが可能なのです。
 自分が幸せになれる見方・考え方を選べるようになると
いいのではないでしょうか
(幸福を選ぶ・不幸を選ばない/考え方が変われば)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月25日

2017/04/25 08:04
画像4月25日(火曜日)
誕生花は「美女撫子」、
花言葉は「純粋な愛情」。


【きょうのメッセージ】

『何かをやめる』

やりたいことがあるけど、「忙しい」
「時間がない」「お金がない」「そんな余裕はない」・・・

本当にやりたいことなら、そういう言い訳を考えるより、
何とかやれるように考えたほうがいいでしょう

その方策の一つが何かをやめること
今やっている何かをやめれば、
やりたいことがもっとできるかもしれません

何かをやめれば、そのために費やしていた
時間やエネルギーやお金に余裕が生まれます。
その余裕を本当にやりたいことに使えるといいでしょう


言い訳しない

『したい者は手段を見つけ、したくない者は言い訳を見つける』

何かをあきらめる

『一番大切なことのために、充分な時間とお金とエネルギーを使おう』 
  ブロディ

時間をつくる

時間の使い方


4月25日(火曜日) 「国連記念日」 
1945年(昭和20年)4月25日に、
サンフランシスコでの国際会議で国連憲章が採択された。

 きょうの幸福のヒントは、

やめる

 人生には自分が望むようにならいないこともあります。

思うようにならないことは ハオハオ(こういうこともある)

 でも、自分が望んで努力すれば得られるものはたくさんあるはずです。
 ただし、一人の人間の時間とエネルギーには限りがあります。
 何かをあきらめることで選択できる幸せもあるのです。

あきらめるのは ハオ好

 現実を受け入れ、現実的な望みをもって努力することが大事でしょう。

○○たらいいな。では どうしたら?

あきらめることも人生


【きょうの名言】

『もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、
労働をした後の休息である』


カント (ドイツの哲学者)


幸せのヒント 「労働の後の楽しみ・喜び」

  休息、食事、娯楽、交友、飲酒、入浴、睡眠、・・・

 よく働けば、それだけ後の楽しみや喜びも大きくなるでしょう。
 「きょうも一日よくやった」という充実感があればなおさらでしょう。

 後の何かを楽しみに働く、というのもいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント やめる

 やりたいことがあるけど、「忙しい」「時間がない」
「お金がない」「そんな余裕はない」・・・ということがないでしょうか。
 本当にやりたいことなら、すぐに言い訳を考えるより、
何とかやれるように考えたほうがいいでしょう。

 その方策の一つが何かをやめることです。
 今やっている何かをやめれば、
やりたいことがもっとできるかもしれません。たとえば、
テレビを見る時間やゲームをやる時間を減らせば、
やれることもあるでしょう。
 何かをやめれば、そのために費やしていた時間やエネルギーや
お金に余裕が生まれます。
その余裕を本当にやりたいことに使うことができるのです。

 今やっていることの中で、やらなくても問題ないこと、
時間を減らせることが何かあるのではないでしょうか。
 本当にやりたいことがあるのなら、
睡眠時間を減らしてでもやりたい考えてもいいのです。
逆に、もっと寝たい(睡眠時間を増やす)ために、
今やっている何かをやめるということもあっていいのです。
 本当にやりたいことを始めるためにやめようと決意できるといいでしょう。

 何か一つのものを望むのをやめることで大きな余裕を
つくれる場合もあるでしょう。たとえば、出世、収入、人間関係、
住む場所、便利さ、趣味・・・。
 そのためには、何かをあきらめることが必要でしょう。

 幸せになるため、不幸にならないためにやめたほうがいいことは、
他にもいろいろあるでしょう。
・仕事をイヤイヤするのはやめたほうがいい
・言い訳はしないほうがいい
・不平不満・愚痴を言わないほうがいい
・状況や他人のせいにするのをやめたほうがいい
・自分を責めるのはやめたほうがいい
・「自分はダメ(な人間)」と思うのはやめたほうがいい
・妬むのはやめたほうがいい
・(悪口は)まともに相手をするのはよそう
・人の悪口は言わないほうがいい、うわさ話をしない
・人をバカにしないほうがいい
・人を悪く考えないほうがいい
・憎むのはやめよう。自分の健康と幸せのために
・下手に考えるのはやめたほうがいい
・“くよくよ”“イライラ”しない
・過去にとらわれない
・先のことを心配しすぎない
・不幸になる考え方(比較、完璧主義、悲観的、執着、
完璧主義、間違った思い込み、先入観・偏見、誇り、損得、
勝ち負け、モア・イズ・ベター、被害妄想など)
・悪い癖(喫煙、ギャンブル、過食・拒食、浪費など)

 幸せになるために、何かをやめる決断と努力ができると
いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月24日

2017/04/24 07:48
画像4月24日(月曜日)
誕生花は「紋天竺葵(ゼラニウム)」、
花言葉は「決心」。


【きょうのメッセージ】

『“幸せになれる習慣”を身につけよう』

幸せを感じる習慣、
気分よく生活する習慣、
幸せの目標をもって努力する習慣、
人を愛する(人を幸せにする)習慣、
自分を育てる習慣、・・・

「幸せの青い鳥は、幸せに暮らす習慣」ではないでしょうか。


幸せの青い鳥は、幸せに暮らす習慣

『変化するには、古い習慣を新しい習慣に置きかえねばならない』 
  ピーターソン

幸せになれない

『はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る』 
  ドライデン

幸せになる方法実践講座

幸せ習慣を身につける



4月24日(月曜日) 「日本ダービー記念日」 
1932年(昭和11年)4月24日に、
目黒競馬場で日本初のダービー(東京優駿)が開催。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せになれる習慣をつくる

 どんなに悪いことも「ハオハオ」と受け入れ、
どんなに小さないいことでも「好!好!」と喜べる人がいたとしたら、
その人は「悟っている」ということになるのかもしれません。
「ハオハオ」というたった4文字の言葉を身につけただけなのに。

どんなことがあっても ハオハオ  いいことは、好!好!

 「ハオハオ」を極めれば、「すべてのことは好好」
と思えるようになれるのではないでしょうか。

世の中、すべてのことは 好好(いいこと・美しい・幸せ)

 「ハオハオ」は、もしかしたら、「なまけ者の悟り方」
なのかもしれません。


【きょうの名言】

『勝つ見込みのない戦いをいどまなければ
負けるはずがない。
真の幸福は
われわれの力の及ぶところにあるものだ』

ヒルティ


幸せのヒント 「自分が得られる(と思う)幸せ」

 幸せになれない人は、
  自分には得られない幸せだけを求めているのかもしれません
 幸せな人は、
  自分に得られる幸せを感じられる人ではないでしょうか

自分が努力すれば得られると思える幸せを求めているのなら、
 希望を胸にイキイキと生活できるのではないでしょうか。
努力の結果が実れば、それだけ大きな幸せを得られるでしょう。

でもいつしか、得られると思えなくなることもあるでしょう。
自分が得られると思えない幸せを求めていたら、つらいだけでしょう。
その幸せが得られることはめったにないでしょう。

一時的な感情には負けないほうがいいのでしょうが、
 どうしても希望がもてなくなった場合には、
 あきらめて、他の幸せを求めたほうがいいのかもしれません。

誰にでも、容易に得られる幸せがあるずです。
 自分が何か(たとえば、好きなこと)をすれば得られる幸せ、
 生活の中で出会える小さな幸せ、自分がすでにもっている幸せ、・・・。

一つの大きな幸せだけを求めるのではなく、
 小さな幸せを日々感じながら、
 大きな幸せが得られる希望をもって
 生きられたらいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せになれる習慣をつくる

 「幸せになる」とは、幸せを感じて暮らせるようになることです。
 そのためには、幸せになれる習慣をつくれるといいのです。

 たとえば、「○○たらいいな。ではどうしたら?」
と具体的に望み・行動に移す習慣、・努力する習慣、
やる気を出す工夫をする習慣、「楽しもう」と思う習慣、
楽しむ工夫と努力をする習慣、「ありがたいなぁ」と感謝する習慣、
「いいなぁ」「幸せだなぁ」と思う習慣、幸せを感じる能力を磨く習慣、
身のまわりにあるもの(事・人・物)を大切に・愛する習慣、
「人を幸せにすることが自分の幸せ」と考える習慣、
「幸せはたくさんある」と思う習慣、「今は幸せ」と思う習慣、
自分の幸せになる方法を考え・実践する習慣……。

 他にも、気分転換の習慣、学ぶ習慣、思いやりの習慣、
健康生活の習慣、朝の幸福習慣など、
よい習慣を身につけることができるといいでしょう。

 日常的に幸せになるためには、このような幸せになれる習慣を
「一つ一つ、少しずつ」身につけていけばいいのです。
 習慣は心がけを続けることで身につけることができます。
 いちばん良い習慣は「(自分を育てていこう、
そのために)良い習慣を身につけようと努力する習慣」なのかもしれません。

 このような習慣が日常生活の中で増えてくれば、
それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。
 でも、実践できるようになれない人が多いと思います。
その理由として考えられるのが「素直でないから」です。
 幸せになるためにいちばん大切なのは“素直な心”
ではないかとも思います。
 「(確かに自分は)素直じゃないな」と思える少し素直な人は、
もっと素直になって幸せになれる習慣を身につけられるように
なるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月23日

2017/04/23 07:37
画像4月23日(日曜日)
誕生花は「ローズマリー」、
花言葉は「思い出」。


【きょうのメッセージ】

『今日が明日につながる』

何もせずに今のままでは、将来も大して変わらない
将来を今よりもよいものにしたいのなら、
そうなれるように努力すること

実際には、自分の目標をもって努力すること
たとえば、夢の実現、人を愛する、自分を育てる・・・

「今日が明日につながる」と信じて
自分が幸せになれる目標をもって
今努力できるようになるといいのではないでしょうか


『今日を完全に生きれば明日が見える』 
  稲盛和夫

夢や目標を愉しんで生きる、目標達成のヒント

人を愛する幸せを感じられるようになるために

自分を育てるためには

『今日の自分の一日は、明日の自分をつくっていく』 
  関根正明

幸せの目標をもって生きる



4月23日(日曜日) 
「サンジョルディの日/世界本の日/こども読書の日」 

 きょうの幸福のヒントは、

今日が明日につながる

 夢や目標をもっている人には、
3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」
「目標が達成できたらいいな」と考え、
続けて「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。
目標達成に向けて前進することができるのです。
前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、
「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、
いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すれば
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『夢なんて見るモンじゃない
語るモンじゃない
叶えるものだから』


小室哲哉 「Chase The Chance」
 (歌・安室奈美恵)より


幸せのヒント 「幸せは?」

  幸せは、願うもの、求めるもの、手に入れるもの
  幸せは、出会うもの、気づくもの、感じるもの、・・・

 「幸せは感じるもの」という考え方があります。

  幸せそうに見えても、
   本人が幸せを感じていなければ、その人は幸せではない
  自分が幸せを感じられるものは、自分にとってはすべて幸せである
  「幸せになる」とは、「幸せを感じて暮らせるようになる」ということ

 夢は、「目標としてもって、過程を愉しみながら、
イキイキと生きるためのもの」と考えてもいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 今日が明日につながる

 相当に楽天的な人でない限り、将来のことを心配し、
不安になることはあるでしょう。
 将来に備えて努力するのはいいことです。
 でも、具体的にどうしたらいいかわからないことも
あるのではないでしょうか。
 そんなときには、「今日が明日につながる」と考え、
今を大切にできるといいでしょう。

 何もせずに今のままでは、将来も大して変わらないでしょう。
 将来を今よりもよいものにしたいのなら、
そうなれるように努力することです。
 今日努力しているのなら、明日変わる可能性が十分にあるのです。
可能性があれば、希望をもって生きられるのです。

 実際には、自分の目標をもって努力することです。
 たとえば、夢の実現、目標達成、人間関係を良好にする、
人を愛する幸せを感じられるようになる・・・。
 自分が幸せになれる目標をもって生きられるようになるといいでしょう。

 もう一つの目標は自分を変えることです。
 自分が変わらなければ、将来の幸不幸も今とさほど変わらないでしょう。
 今日の自分(のあり方・やること)が明日の自分につながるのです。
「将来の自分は今の自分から」です。
 なりたい自分(強い自分/明るい自分/幸せな自分)になることを
目標に努力すればいいのです。
 努力を続け、少しずつ変わっていけるといいのではないでしょうか。

 将来幸せになるためには、今日を幸せに生きることも大事だと思います。
 今日を幸せに生きる心がけが、
明日の幸せ・幸せな人生にもつながるのです。
 現在日本に暮らす大半の人は、
心がけしだいで今は幸せ」と思えるようになれると思います。
 今の幸せを力に、さらに幸せになれるようになると、
なおいいでしょう。

 いずれにしても、「今日が明日につながる」
と信じて今努力できるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月22日

2017/04/22 08:59
画像4月22日(土曜日)
誕生花は「蝦夷菊」、
花言葉は「信ずる恋」。


  しあわせ日記 「大きな夢だけを求めすぎない」
 「夢」というと大きな夢だけをイメージする人がいます。
それはめったに叶わない夢でもあります。
 自分の夢をもつためには、高望みをしすぎずに、
自分にとって達成可能な目標をもつことが肝心です。

 実際には、達成可能かどうかはやってみなければ
わからないことが多いでしょう。
 その夢の実現に向けて希望をもっていい努力が
できるのなら、達成の可能性はある、と考えていいでしょう。

 大きな夢をもつのはいいことです。
 大きな夢をもつためには、他のことをあきらめる必要が
あるでしょう。
 ただし、そのために他の幸せをすべて犠牲にするのは
よくありません。
 生活の中の小さな幸せを感じることが、いい気分転換や
心の栄養となり、いい努力を続ける力になるのです。
 それが目標の達成・成功・幸せにつながるのだと思います。

 自分に合った目標をもち、夢や目標を愉しんで
生きられるようになるといいのではないでしょうか。



4月22日(土曜日) 「よい夫婦の日」 
「4(よい)22(ふうふ)」の語呂合せ。
 講談社が制定、毎年『ナイス・カップル大賞』を選出。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の夢を持つためには

 人生には自分が望むようにならいないこともあります。

思うようにならないことは ハオハオ(こういうこともある)

 でも、自分が望んで努力すれば得られるものは
たくさんあるはずです。
 ただし、一人の人間の時間とエネルギーには限りが
あります。
 何かをあきらめることで選択できる幸せもあるのです。

あきらめるのは ハオ好

 現実を受け入れ、現実的な望みをもって努力することが
大事でしょう。

○○たらいいな。では どうしたら?

あきらめることも人生


【きょうの名言】

『毎日の仕事の中で、
自分で自分をほめてあげたいという心境になる日を、
一日でも多く持ちたい、
そういう日をつみ重ねたいものだと思います』

「松下幸之助「一日一話」」(PHP研究所)より


幸せのヒント 「充実感」

 一日の終わりに、「きょうもよくやった」と充実感を
感じることができたら、それは幸せなことだと思います。
自分で自分をほめてあげたい心境になれたら、なおいいでしょう。
 そういう日々を重ねることができたら、
充実した幸せな生き方ができるでしょう。
 そのためには、日々の努力が大切なのでしょうが、
70点ぐらいでも「よくやった」と思えるようになることも
大切なのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 計画的気分転換

 時には、大きな気分転換が必要
 仕事・家事・育児・勉強などは大事なことですが、
時にはそういうものを忘れて過ごす時間が必要なのではないでしょうか。
 ふだんの生活の場から離れて過ごすような、
大きな気分転換がたまにあったほうが、リフレッシュできて、
イキイキと生活できるでしょう。
 大きな気分転換法は、計画しないとできない
 大きな気分転換法(旅行など)は予め計画しておかないと
なかなかできないでしょう。
 年に数回の長期休暇は日程がかわっているでしょうから、
事前に十分な計画が立てられるでしょう。
 また、週休二日で、最近はハッピー・マンデーで三連休も増えているので、
週末の過ごし方もいろいろ考えられるでしょう。
 予定を入れておけば、逆にふだんの生活を調整することで、
時間を作れるのではないでしょうか。
 生活の中の大きな愉しみにできる
 休日の過ごし方として、「遊ぶ」と「休む」が考えられます。
 どうせ遊ぶのなら楽しく、休むのならやすらかに過ごせたらと思います。
そのための計画や工夫をしてみてはどうかと思います。

 たとえば、休日の遊びで代表的なのは旅行・行楽ですが、
ふつうは日程・行程だけしか決めていないのではないでしょうか。
 もう少し愉しむための計画や工夫をしてみてはどうでしょうか。
旅の前にそういうことを考えるのもけっこう楽しかったりもします。
(私も、以前に高知旅行の予習をしたらいろいろと愉しめました)
 行く前から旅の愉しみがいろいろある、というのがよさそうです。

 年に何回かの大きな愉しみがあれば、
そのために頑張るということもできるのではないでしょうか。
一つの区切りと考えて、それまでにやるべきことを計画的に
進めることもできるでしょう。
 自ら計画し、愉しむ工夫をすることが大切
 計画的気分転換法としては、他にも「何曜日にはこれをする」
「何日にこれをする」というような計画も考えられます。
 食事に行く、映画を観に行く、誰かと会う、スポーツをする、
趣味の事をする、・・・。
 そういう前にも、その愉しみをもっと自覚して、
少しでも愉しめる工夫をしてみてはどうでしょうか。
 人生をいろいろと愉しむことが、自然にいい気分転換に
つながればいいのでしょう。
 いろんな計画を自分で立て、それを愉しむ工夫が
できるようになれれば、と思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月21日

2017/04/21 07:47
画像4月21日(金曜日)
誕生花は「牡丹」、
花言葉は「富貴」。


【きょうのメッセージ】

『大きな気分転換を計画しよう』

時には、大きな気分転換が必要なのかもしれません
大きな気分転換法は、計画しないとなかなかできません

連休の過ごし方を事前に考えてみましょう
何をするか? それを実践するためには?
それをより楽しむためには?

大きな気分転換を自ら計画し、
楽しむ工夫ができるようになるといいでしょう


GWはどう過ごしますか?

遊ぶ 休む

計画する 楽しむ計画をたてる

楽しむ工夫・努力

『自分を楽しませるすべを知っている人間ほど強い』 
  シャーリー・マクレーン

旅行に対するハピネス

やりたいことのヒント、生きているうちにしたいこと

気分転換のヒント


4月21日(金曜日) 「民放の日」 
1951年(昭和26年)4月21日に、
日本で初めて民放16社に放送の予備免許が与えられた。

 きょうの幸福のヒントは、

計画的気分転換

 「やりたいことをやる」というのは、
いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、
それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『何でも自分の持っていないものを見ると、
それが自分のものだったらどんなだろう
ととかく考えがちで、そのために不足感が起こってくる。
それよりはむしろ、自分の持っているものを、
これが自分のものでなかったらどんなだろうと、
たびたび問うてみるがよい』

ショーペンハウエル 「幸福について」(新潮文庫)より


幸せのヒント 「自分の持っている幸せ」

 誰でも、自分の持っていないものと持っているものがあります
 どちらを考えるかによって、幸不幸が分かれるのかもしれません

不幸な出来事があったわけでもないのに、不幸な気もちになるのは
 自分の持っていないものについて考えているのかもしれません
幸せな出来事がなくても、幸せな気もちになれるのは
 自分のもっているものを幸せに思える人ではないでしょうか

「これが自分のものでなかったらどんなだろう?」
 と考えてみることで、
 自分の持っている幸せを感じられるようになれるのかもしれません。

自分の持っている幸せを感じられなくなった時には、
「これが自分のものでなかったらどんなだろう?」と、
 その度に考えて直してみるといいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 計画的気分転換

 時には、大きな気分転換が必要
 仕事・家事・育児・勉強などは大事なことですが、
時にはそういうものを忘れて過ごす時間が必要なのではないでしょうか。
 ふだんの生活の場から離れて過ごすような、
大きな気分転換がたまにあったほうが、リフレッシュできて、
イキイキと生活できるでしょう。
 大きな気分転換法は、計画しないとできない
 大きな気分転換法(旅行など)は予め計画しておかないと
なかなかできないでしょう。
 年に数回の長期休暇は日程がかわっているでしょうから、
事前に十分な計画が立てられるでしょう。
 また、週休二日で、最近はハッピー・マンデーで三連休も増えているので、
週末の過ごし方もいろいろ考えられるでしょう。
 予定を入れておけば、逆にふだんの生活を調整することで、
時間を作れるのではないでしょうか。
 生活の中の大きな愉しみにできる
 休日の過ごし方として、「遊ぶ」と「休む」が考えられます。
 どうせ遊ぶのなら楽しく、休むのならやすらかに過ごせたらと思います。
そのための計画や工夫をしてみてはどうかと思います。

 たとえば、休日の遊びで代表的なのは旅行・行楽ですが、
ふつうは日程・行程だけしか決めていないのではないでしょうか。
 もう少し愉しむための計画や工夫をしてみてはどうでしょうか。
旅の前にそういうことを考えるのもけっこう楽しかったりもします。
(私も、以前に高知旅行の予習をしたらいろいろと愉しめました)
 行く前から旅の愉しみがいろいろある、というのがよさそうです。

 年に何回かの大きな愉しみがあれば、
そのために頑張るということもできるのではないでしょうか。
一つの区切りと考えて、それまでにやるべきことを計画的に
進めることもできるでしょう。
 自ら計画し、愉しむ工夫をすることが大切
 計画的気分転換法としては、他にも「何曜日にはこれをする」
「何日にこれをする」というような計画も考えられます。
 食事に行く、映画を観に行く、誰かと会う、スポーツをする、
趣味の事をする、・・・。
 そういう前にも、その愉しみをもっと自覚して、
少しでも愉しめる工夫をしてみてはどうでしょうか。
 人生をいろいろと愉しむことが、自然にいい気分転換に
つながればいいのでしょう。
 いろんな計画を自分で立て、
それを愉しむ工夫ができるようになれれば、と思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月20日

2017/04/20 07:54
画像4月20日(木曜日)
誕生花は「芝桜」、
花言葉は「臆病な心」。


【きょうのメッセージ】

『人は人、自分は自分』

人の意見が気に入らない
それは自分の意見(考え)と違うから

「人(の考え)は人(のもの)、
自分(の考え)は自分(のもの)、
違っていていい」と考えましょう

人の目が気になる
それは人の思惑(考え)を気にしすぎ

「人(がどう思うか)は人(の問題)、
自分(がどう考えるか)は自分(の問題)」
と考えましょう

「人は人、自分は自分(、違っていていい)」と
考えられるようになるといいのではないでしょうか


人は人、自分は自分

『人は人、我は我』

違っていていい

人の目・人の思惑が気になる

相手の問題

『みんなちがって、みんないい』 
  金子みすゞ

人は人、自分は自分



4月20日(木曜日) 「郵政記念日」 
1871年(明治4年)3月1日(新暦4月20日)に、
それまでの飛脚制度に代わり新しく郵便制度を実施。

 きょうの幸福のヒントは、

人の考え、自分の考え

 人はそれぞれに、自分の考えをもっています。
 人の考えは、一旦は、「ハオハオ」と受けとめたほうがいいと思います。

相手の考えは ハオハオ

 相手がそう考えている、ということは現実なのです。

 人と意見が合わないこともあるでしょう。

相手の意見に賛成なら 好好   反対でも ハオハオ

 意見を合わせなければならない場合もありますが、
 そうでない場合も多いのではないでしょうか。
 (意見が違ってもいい、議論しなくてもいい、
勝ち負けをつけなくてもいい)

 「人の考えはハオハオ」と受けとめられるようになり、
また「自分の考えは好好」と思えるようになれたら、と思います。

人の考えは ハオハオ  自分の考えは 好好  違っていても 好好


【きょうの名言】

『人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ』


司馬遼太郎 「竜馬がゆく」より


幸せのヒント 「イライラの原因の一つ」

  人が○○なことをしてくれない
  人が××なことをする

 世の中には、無神経な人も、無礼な人も、やさしくない人も、
意地悪な人も、マナーが悪い人も、モラルがない人も、・・・
いろんな人がいます。
 そういう人のためにイライラしてしまうのは、
心の中で人に求め過ぎているのかもしれません。

 そういう人に対して、信じられない、許せないなどと思ってしまうと、
イライラが強くなってしまいます。
 そういう人はいる、そういう人がいてもしかたがない、
などと考えられれば、それほどイライラしなくてもすむのでは
ないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人の考え、自分の考え

 人間関係の問題でいろいろ役に立つ考え方が
「人は人、自分は自分」です。
 人はそれぞれに違います。中でも、問題になるのが考え(方)の
違いではないかと思います。

 人の意見が気に入らないことがあるでしょう。
それは自分の意見(考え)と違うからでしょう。
 そういう時に、「人(の考え)は人(のもの)、
自分(の考え)は自分(のもの)、違っていていい」
と考えられれば、イライラしたりせず、特に問題にはならないでしょう。
 グループで何をする際に、意見を合わせ
(統一し)なければならないこともありますが、
人づきあいの中では意見を合わせなくても(違っていても)
いいことも多いのではないかと思います。

 「人の目が気になる」「人にどう思われるかを気にしてしまう」
と悩む人もいます。
それは人の思惑(考え)を気にしすぎているのでしょう。
 そういう時に、「人(がどう思うか)は人(の問題)、
自分(がどう考えるか)は自分(の問題)」
と考えられれば、人の目を苦にしなくてすむはずです。
 人がどう思うかは「相手の問題」です。
 大事なのは自分がどう考えるかです。自分が「これでいい」
と思えるのなら、人がどう思おうがかまわない、
という強い気もちがもてるといいのではないでしょうか。

 他にも、「人は人、自分は自分」と自分の心に言い聞かせることで、
悪感情を小さくできる時がけっこうあると思います。
 世の中にはいろんな人がいます。自分と考え方や価値観や
習慣などが違う人がいるのは当たり前です。
 「人は人でいい、自分は自分でいい、違っていていい」
と考えられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月19日

2017/04/19 07:14
画像4月19日(水曜日)
誕生花は「ラクスパー」、
花言葉は「清明/底抜けに陽気」。


【きょうのメッセージ】

『自分の価値を信じよう』

「自分は弱い」「自分は無力だ」「自分はダメだ」などと、
自分の価値を低く決めつけてしまうのはよくありません

自分の欠点を知ることは大事ですが、
自分のプラスの価値を見つけることも大事です

自分を評価できることを見つけ、
自分で自分を認めよう

ありのままの自分には価値があるのです。
誰にでも存在価値はあるのです。
自分の価値を信じましょう


自分は弱い、自分は無力だ、自分はダメだ

『心の中で思っていると、人間はそのとおりになる』 
  ソロモン

自分の欠点を知り、対策しよう

『自分で自分を認めることには、その100倍の価値がある』 
  マーク・トウェイン

ありのままの自分には価値がある(自分の存在価値)

自分の価値を信じる


4月19日(水曜日) 「地図の日」 
1800年(寛政12年)閏4月19日、
伊能忠敬が蝦夷地の測量に出発。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の価値

 人が自分を「わかってくれない」「評価してくれない」
などと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
 「わかってくれない」と思うのは、
「自分はわかっている」ということです。
 だったら、自分で「わかっているよ、好好だよ」
と言ってあげればいいのです。

好好 わかってるよ    自分は 好好だよ

 人が自分を評価してくれなくても、
自分が自分をちゃんと評価してあげよう。

好好 よくやってるよ    (そう思える自分は 好好)

好好 頑張ってるね    (そう思える自分は 好好)

 よくできた時には、自分をほめてあげよう。

好好 よくやった      (そう思える自分は 好好)

好好 えらい、えらい    (そう思える自分は 好好)

 自分をほめ、「自分は好好」と考えることで、
少しずつ自信をつけていくこともできるのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『継続は力なり』


幸せのヒント 「努力の継続」

大きな目標をもった場合には、
 それだけの努力を継続することが必要でしょう。

 『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
  そういうことを積み重ねていかないと、
  遠くの大きな目標は近づいてこない』 
  イチロー

 『忍耐と努力、この二つさえあれば
  この世でできないことはない』 
  メレジュコフスキー

忍耐して努力を続ければ、
 たいていの目標は達成できるのでしょう。

 『天才とは、ただ、努力の継続をできる人のことをいう』 
  ハバード

 『毎日少しずつ
  それがなかなかできねんだなあ』 
  相田みつを

「継続は力なり」と、わかってはいても、
 努力の継続がなかなかできない人も多いのではないでしょうか。

 『意志あるところに道は開ける』

 『意欲と愛は偉大な行為にみちびく両翼である』 
  ゲーテ

努力を続けるためには、
 強い心(意志、意欲、愛、信念など)をもち続ける
 心がけや
工夫が大切なのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の価値

 「自分は弱い」「自分は無力だ」「自分はダメだ」などと、
自分の価値を低く決めつけてしまうのはよくありません。
 また、「どうせ自分は××だから」や「自分には何もできっこない」
などと、自分のことを簡単にあきらめるのもよくありません。
 人は自分の考えた通りの人になる、とも言われます。

 現実の自分を知り、完全を期待しないことです。
 自分の欠点を知っても、まずは受け入れることです
(たとえば、自分の弱さを受け入れる)。
 その上で、その欠点を克服する努力を「するか、しないか」を
決めればいいのです(自分の欠点に対する幸せになる考え方)。

 欠点だけでなく、自分のプラスの価値を見つけることも大事です。
 自分で自分を認め、自分を評価できることを見つけられると
いいでしょう。
 その際に、人間の価値を仕事や成功だけで考えないことです。
 幸せかどうかを、人間の価値・自分(の人生)の価値と
考えてもいいのではないかと思います。

 ありのままの自分には価値があるのです。
誰にでも存在価値はあるのです。自分の価値を信じることです。
 また、これからの自分に期待することができるといいでしょう。

 適度な自己評価を心がけ、健全な自尊心を育てることが
できるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月18日

2017/04/18 08:23
画像4月18日(火曜日)
誕生花は「赤詰草」、
花言葉は「勤勉」。


【きょうのメッセージ】

『明日があるさ』

明日があるから、
今日はこれ以上△△するのはやめよう

今日は××だったけど、明日があるさ

明日があるさ、
つらいことがずっと続くことはない

明日もあるから、
今日はもういいんじゃないの

時には、意識して「明日があるさ」って
楽観的に考えてもいいことがあるのではないでしょうか


明日があるさ

『明日は明日の風が吹く』

不安な気もちになった時の幸せになる考え方

希望について

将来の不安/将来の心配事の悩み

『朝が来ない夜はない』

明日があるさ



4月18日(火曜日) 「世界アマチュア無線の日」 
1925年4月18日に、
世界アマチュア無線連合(IARU)が創設。

 きょうの幸福のヒントは、

意図的楽観主義のすすめ

 どんなに悪いことも「ハオハオ」と受け入れ、
どんなに小さないいことでも「好!好!」と喜べる人がいたとしたら、
その人は「悟っている」ということになるのかもしれません。
「ハオハオ」というたった4文字の言葉を身につけただけなのに。

どんなことがあっても ハオハオ  いいことは、好!好!

 「ハオハオ」を極めれば、「すべてのことは好好」
と思えるようになれるのではないでしょうか。

世の中、すべてのことは 好好(いいこと・美しい・幸せ)

 「ハオハオ」は、もしかしたら、「なまけ者の悟り方」
なのかもしれません。



【きょうの名言】

『大事なことは、進歩向上の比較を
他人とするのではなく、過去の自分とすることです』

多湖輝 「まず動く」(高木書房)より


幸せのヒント 「進歩向上」


  自分の進歩向上を実感できることは幸せなこと
  進歩向上は、過去の自分と現在の自分との比較でわかる

 人と自分を比較していたら、
比較する相手によって左右されてしまいます。
 過去の自分との比較なら、自分の努力しだいで、
進歩向上を確実に感じられるでしょう。

 「1年前の自分と比べたら、
少しは幸せに(暮らせるように)なれた」
 このように思える人は幸せでしょう。
幸せに暮らす心がけを1年間続ければ、
このように思うことは可能なのではないでしょうか。
 そうすれば、「同じように努力すれば、
これからも少しずつ幸せになっていける」とも思えるでしょう。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 意図的楽観主義のすすめ

  夢や目標がなかなかもてない、すぐにあきらめてしまう
   という人の中には、悲観的な人が多いのではないでしょうか。

  悲観的な人は、夢ややりたいことが頭に浮かんでも、
   「そんなにうまくはいくわけがない」「失敗したらどうしよう」
   「私にはできない」などとすぐに考えてしまいます。

  「悲観的なのは性格(だから、変えられない)」
   と(心の中で)思い込んでいる人も多いと思います。

  「悲観的なのは考え方のクセ」と考えられれば、
   それを変えていくことはできるのではないでしょうか。

  悪いクセは出てしまった時に、
   早めに気づいてストップできればいいのです。
  悲観的な考えをそのまま信じ込まないで、
   「そうじゃないかもしれない」
「うまくいく可能性もあるはず」
「ベストを尽くせばいい」「一生懸命に努力すれば、きっとできる」
    などと考えられるといいのでしょう。

  悲観的な考えをすると、心の中が暗くなってしまいます。
  楽観的に考えるように心がけることで、
   心の中に希望が生まれ、少しでも明るい気持ちになれる
   ようになれたらいいのではないでしょうか。

今朝の新聞に新しく出た「パノプティコン」をどうぞ
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/lab/ichikawa/johoka/2003/group1/hajimeni1.htm
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月17日

2017/04/17 07:52
画像4月17日(月曜日)
誕生花は「ドイツ菖蒲」、
花言葉は「素晴らしい結婚」。


【きょうのメッセージ】

『不幸を数えて暮らすより、
幸せを数えて暮らそう』

人生、イヤなこともあるけど、いいこともあるさ
イヤな人もいるけど、いい人もいる
誰にでも欠点もあれば、長所もあるはず
大きな幸せは少ないけど、小さな幸せならたくさんあるよ


不幸を数えて暮らすより、幸せを数えて暮らそう

『幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる』 
  ショーペンハウエル

幸せを数えて暮らそう

いろんな幸せをつなぐ

『私は自分にないものを見て、自分のことを不幸だと思っていた』 
  ジョセフ・ルー

不足しているものを数えるな

『幸せなことを数えて、それに感謝する時、 人は幸せになる』 
  デール・カーネギー

感謝

幸せを感じられるようになるために


4月17日(月曜日) 「恐竜の日」 
1923年(大正12年)4月17日に、
アメリカの動物学者アンドルーズがゴビ砂漠へ向けて北京を出発。
5年間に及ぶ旅行中に恐竜の卵の化石を世界で初めて発見。

 きょうの幸福のヒントは、

持っている幸せを味わう

 少しでもいい感じがしたら、
「好好」って思うと、幸せに気づきやすいでしょう。
 「好好じゃない?」と考えてみると、
いろんなものが好好と思えるのではないでしょうか。

 幸せ探しの、いいヒントとしては「好きなもの」と
「やりたいこと」でしょうか。

 幸せは力んで探すよりも、少し心の力を抜いたほうが、
見つかりやすいような気がします。

自分の幸せが 見つかったらいいな

見つからなくても ハオハオ   見つかったら 好!好!

 もう一つ大事なことは、
「小さな幸せ」を大切にすることでしょうか。
 小さな幸せを日々(好好と)感じながら、
大きな幸せを探し続ければいいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『幸福とは心の習慣である』

マックスウェル・マルツ 「幸福への挑戦」より


幸せのヒント 「心の習慣」

幸福とは、人間にとって望ましい、心の状態。
心の状態は、心の働きの習慣によることが多いでしょう。

 受けとめ方
  物事を悪く受けとりやすい人は
   イヤな気もちになりやすいでしょう
  悪い事は軽く受けとめられるといいでしょう
  いい事は素直に喜べるといいでしょう
  物事を「幸せ」と思えることが多い人は
   それだけ幸せになりやすいでしょう

 望み方
  自分が幸せになれるような望みをもつことが大事でしょう
  叶わない/非現実的な/悪い望みをもつのはよくないでしょう
  望みをもたない人は幸せになりにくいでしょう
  希望や期待を胸に生きられたほうがいいでしょう

 考え方
  イヤな(人の)ことを考えやすい人は
   イヤな気もちになりやすいでしょう
  物事を悪く考えやすい人/悲観的な人は
   不幸な気もちになりやすいでしょう
  物事をいいように考え、前向きに考えられる人は
   幸せになりやすいでしょう
  幸せになれる望みを叶える方法を考えて
   行動する習慣がある人は、幸せになりやすいでしょう
  行動を愉しむ(愉しもうと心がける)習慣がある人は
   幸せな気もちになりやすいでしょう

幸不幸は、その人の心の習慣による所が
 とても大きいのではないでしょうか。

いい習慣をつくるためには、まず決心をし、
 はじめは意識してやるように心がけます。
それを続ければ、いずれ習慣となって、
 無意識にできるようになります。

日常的に幸せになるためには、
 幸せになれるような心の習慣をつくることが
 大事なのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 持っている幸せを味わう

 『心の疲れをいやす生き方』
  (オリソン・マーデン)より、
 私たちは自分の持っていないものを手に入れようと
必死になるあまり、自分が持っているものをろくに
味わいもしなければ楽しみもしていない。
 遠くにあるものをみようとばかりしているので、
手元にある美しいものが見えない。頭上の果実をつかもうとして、
足元のすみれやデイジーの花を踏みつけにしている。
 幸せでない人は、いつも持っていないものばかりを求めて
努力しているか、幸せになるための努力を具体的にしていないか、
ではないかと思います。

 幸せになるために、自分の持っていないものを求めて努力するのは
いいことです。
 ただし、「○○が得られないと、幸せになれない」のように、
一つの幸せにとらわれてしまうと、なかなか幸せにはなれません。
「今は○○がないから不幸だ」と思うと、不幸になってしまいます。

 幸せはたくさんあるのです。努力すれば容易に得られる幸せも
たくさんあります。すでに自分が持っている幸せもあるはずです。
そういう幸せを求めたり味わったりする努力をすれば、
たいていの人は幸せになれると思います。

 幸せでない人は、ないもの(事・人・物)ねだりや
高望みをしているのかもしれません。
 ないものねだりの幸せでない人は、「ない不幸を数えて暮らすより、
ある幸せを数えて暮らそう」と心がけたほうがいいでしょう。
 高望みの幸せでない人は、
自分に達成可能な目標をもつことが大事です。また、
大きな幸せだけでなく、中ぐらいの幸せや小さな幸せも
大切にできるようになるといいでしょう。

 自分の持っている幸せや生活の中で出合う小さな幸せを
味わうためには、気づいた時に「味わおう/楽しもう」と
思うこと。それで少しでも幸せな感じがしたら、
「いいなぁ」「幸せだなぁ」と素直に思えば、
幸福感を味わえるでしょう。
 さらに、「ありがたいなぁ」と感謝できると、
なお味わえるでしょう。

 遠くにある幸せの目標を目指して、足元(の幸せ)を
ちゃんと見て過程を楽しみながら、一歩一歩進んでいけると
いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月16日

2017/04/16 07:30
画像4月16日(日曜日)
誕生花は「アネモネ」、
花言葉は「はかない恋」。


【きょうのメッセージ】

『「人生はゲーム」だと考えてみよう』

重大なことも「ゲームだ」と思えば、ラクに考えられる

「ゲームだ」と思えば、大きな目標をもて、
思いきってチャレンジできる

ゲームにも、人生にも、運不運があります
幸運は大いに喜び、不運はそのまま受け入れ、
その先のことを考えられるといいでしょう

ゲームの一番の目的は「愉しむこと」
人生も愉しむことが大事

「人生はゲームだ」と考えてみることで、
今までの自分にはなかった考え方や
心のもち方ができるといいのではないでしょうか


『ゲームだと思えば人生はもっと楽しめる』 
  弘兼憲史

遊び心

『人は誰でも、人生が自分に配ったカードを受け入れなくてはならない』 
  ヴォルテール

受け入れ、歩き出す

『楽しまずしてなんの人生ぞや』 
  吉川英治

人生を楽しむ

人生はゲームである



4月16日(日曜日) 「チャップリンデー」 
1889年(明治22年)4月16日に、
喜劇俳優のチャールズ・チャップリンがイギリスで生まれた。

 きょうの幸福のヒントは、

人生はゲーム

 「春爛漫」という感じで、桜が満開(もう散ってしまった?)
という所も多いのではないでしょうか。

桜の花は 好好

 桜の花以外にも、春の花はたくさんあります。

 いろいろと春を楽しめたらいいですね。。

春は 好好


【きょうの名言】

『どんなときも どんなときも
迷い探しつづける日々が
答えになること 僕は知ってるから』

槇原敬之 「どんなときも。」より


幸せのヒント 「探し続ける」

  人生、迷う時もあります
  「探し続ければきっと答えは見つかる」
  そう信じることが大事なのでしょう

 探すのをやめてしまえば、答えは見つからないでしょう。
 立ち止まったまま迷い続けるよりも、
迷いながらも探し続けたほうがいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人生はゲーム

  「人生はゲーム」だと考えてみる、という方法があります。
  次のようなメリットが考えられます。

  1.力を抜くことができる
   人生での重大なことも「ゲームだ」と思えば、
    ラクに考えられるのではないでしょうか。
   あまり深刻に考えすぎるとつらくなるでしょう。
   少し力を抜いて考えたほうが、ラクだし、
    いい考えもしやすいのではないでしょうか。

  2.思いっきりがよくなる
   ゲームでは「勝利」という目標を目指します。
   人生でも「夢や目標」をもったほうが
    幸福になりやすいと思います。
   「ゲームだ」と思えば、大きな目標をもて、
    思いきってチャレンジできるでしょう。

  3.よく考えられる
   ゲームだと一所懸命に考えられると思います。
   「勝利」という目標を達成するための
    手段をいろいろと考えられるでしょう。
   また、勝つためには、大局的な考え方や、
    先(の先)を読んだ考え方を心がけるでしょう。
   人生でも、真剣なゲームと同じように
    よく考えることができたらいいでしょう。

  4.不幸な成り行きも受け入れられる
   ゲームの最中には、望み通りに行くことも、
    望み通りに行かないこともあります。
   成り行きに一喜一憂しても、
    落ち込んだりせずに最後まで勝利を目指します。
   ゲームにも、人生にも、運不運があります。
   幸運は大いに喜び、不運はそのまま受け入れ、
    その先のことを考えられたらいいでしょう。

  5.愉しむことを優先に考えられる
   ゲームでは「勝利」を目指しますが、
    一番の目的は「愉しむこと」と考えたほうがいいでしょう。
   たとえ負けたとしても、
    充分に愉しめればいいのではないでしょうか。
   人生でも、夢や目標が達成できなくても、
    充分に愉しみ、その中で
    たくさん幸福を感じられたらいいのではないでしょうか。
   愉しむためには、
    心の余裕や遊び心をもてたらいいのでしょう。

  他にも、いろんな効果がありそうな気がします。

  「人生はゲームだ」と考えてみることで、
   今までの自分にはなかった考え方や
   心のもち方ができることがあると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月15日

2017/04/15 08:02
画像4月15日(土曜日)
誕生花は「白山千鳥」、
花言葉は「素晴らしい」。


【きょうのメッセージ】

『落ち込まない強さを身につけよう』

イヤな事があったあとに、いつまでもくよくよしたり、
落ち込んだりしてしまうのはよくないでしょう

落ち込みやすいのは、そういう考え方のクセがあるから
考え方を変えることで、「落ち込まない強さ」を
身につけられるといいでしょう

まずは、自分の不幸になる考え方に気づき、
その考えをストップすること
そして、その時にできる幸せになる考え方を心がけること

また、つらい時には自分を責めるのではなく、
自分を助けよう

性格というよりも、そういう考え方のクセ

『いま不幸せだとしたら、暗い考えを巡らしているから』
 ジェームズ・アレン

不幸になる考え方をストップする考え方

幸せになる考え方を心がける

『弱い心を強くしなければならないのである』 
 ひろさちや

つらい時には自分を助けよう

幸せになる考え方を身につけていく


4月15日(土曜日) 「ヘリコプターの日」 
ヘリコプターの原理を考え出したレオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日。

 きょうの幸福のヒントは、

落ち込まない強さ

「強くなりたい」と思っても、すぐに簡単になれるわけではありません。
 まずは、「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけよう。

 悪いことがあっても、ただ受け入れればいいのです。

悪いことがある   ハオハオ しかたがない

   悲しい        ハオハオ 今はしかたがない

   自分は弱い      ハオハオ 今はしかたがない

 悪いことが終わったら、ふだんの自分に素早く戻れればいいのです。

   悪いことが終わった    好好 よかったじゃない

何かいいことをしよう  (そんな自分は 好好)

 悪いことがあってもできるだけ軽く受け流して、
今の生活を大切にできるような強い自分になりましょう。


【きょうの名言】

『天才とは、ただ、努力の継続をできる人のことをいう』

エルバート・ハバード (アメリカの教育家)


努力を長く継続すれば、偉業も達成できるのでしょう
ただ、それができる人は希少なのでしょう


幸せのヒント 「努力を継続するためには?」


 『世界で情熱なしで成就された
  偉大なものはなかったと確信する』 ヘーゲル

努力を継続するための第一の要因は、「情熱・熱意」でしょう。
情熱を燃やし続けるような工夫ができるといいのでしょう。

 『忍耐と努力、
  この二つさえあればできないことはない』 
     メレジュコフスキー

努力を継続するためのもう一つの要因は、「忍耐」でしょう。
目標を達成しようとしたら、それなりの
 「我慢は必要」と考えたほうがいいでしょう。

努力を継続できない理由の一つは、
 「自分には(達成)できない」と思って
 あきらめてしまうからでしょう。

 『人生には、難しそうに思えることがたくさんある。 
  だが、その大半は簡単なことの積み重ねでできる』 
   本多時生

努力を継続するためには、
 「(自分にできる)努力を積み重ねれば(達成)できる」と信じて、
 「今できることをやろう」と考えられるといいのではないでしょうか。

 『あなたのできることをしなさい。
  あなたのもっているものを使って、
  あなたのいるところで』 
  ルーズベルト

 『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
  そういうことを積み重ねていかないと、
  遠くの大きな目標は近づいてこない』 
  イチロー

 『継続は力なり』

 大きいことは、そう簡単にはできません
 毎日少しずつでも、自分にできることを長く続ければ、
 やがて大きな実績になるでしょう

努力を継続するためには、
 その事を楽しめたらいいのではないでしょうか。

 『楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ』 
  シェークスピア

苦労の中にも、一つでも楽しみを見つけ、
 少しでも喜べるように工夫することで、
 努力をより続けていくことができるでしょう。

努力をまったく苦にせず、
 夢中になってすごく楽しめる人は、天才なのかもしれません。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 落ち込まない強さ

 イヤな事があったあとに、いつまでもくよくよしてしまったり、
落ち込んでしまうのは、自分の考えをうまくコントロール
できないからだと思います。
 考え方を変えることで、「落ち込まない強さ」を
身につけることができたらいいのではないでしょうか。

 くよくよしやすかったり落ち込みやすかったりするのは、
そういう考え方のクセがあるから、と考えてみてはどうでしょうか。
 クセになっている考え方を変えるのは簡単なことではありませんが、
努力すれば少しずつ変えていくことができると思います。

 まずは、自分の否定的な考え方(不幸になる考え方)に気づき、
その考えをストップすることです。
 そして、その時にできる幸せになる考え方を心がけることだと思います。
 問題によって様々な幸せになる考え方ができると思います。
 (詳しくは、「幸せになる考え方」のホームページをご覧ください)
 自分の役に立つ、幸せになる考え方を一つ一つ身につけていけたら、
と思います。

 自分の考えをコントロールしようとしても、できない大きな理由は
「感情の問題」だと思います。
 感情がおさまらないから、不幸になる考え方をしてしまうし、
幸せになる考え方を心がけることもできなくなってしまうのではないでしょうか。
 感情をある程度コントロールできれば、幸せになる考え方もしやすいでしょう。

 落ち込みやすい人は、「自分を助ける」力が弱いのかもしれません。
 自分を助けようとしていない人も多いのではないでしょうか。

 「自分を助ける」というのにはいろいろあると思いますが、
その第一は、自分がつらい時にはそれに気づいて、
自分の心を助けるような考え方をしてあげることだと思います。
 たとえば、「大丈夫、大丈夫」「今はしかたがない」
「元気を出そう」「もうちょっと頑張ろう」「マイペース、マイペース」
「少し休もう」「よく寝てから明日考え直そう」「なるようになる」など。

 つらい時に自分を責めるのは自分をいじめているようなものです。
そういう否定的な考えをストップすることも、自分を助けることになります。
 たとえば、「もういいんだよ」「これ以上自分を責めるはやめよう」など。

 自分を助けるのに役に立つのが、「ハオハオ」です。
 「もっと自分を大切にしよう」に書いたような使い方ができれば、
自分を助けられることが増えるでしょう。

 落ち込んでもいいことはありません。「落ち込まない強さ」を
身につけることができたら、と思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月14日

2017/04/14 07:17
画像4月14日(金曜日)
誕生花は「ハルジオン」、
花言葉は「さりげない愛」。


【きょうのメッセージ】

『自分の気分に気づこう』

気分がいい時には、「気分がいいなぁ」と喜ぶ

気分が悪い時には、「気分転換をしよう」と心がける

気分がまぁまぁの時には、「いいんじゃないの」と思う

自分の今の気分に気づくことで、もっと
気分よく生活できるようになるといいのではないでしょうか


気分よく生活することを心がける

『人間というものは、気分が大事です』 
  松下幸之助

気分転換のヒント

『ほほえましい人生を送りたいなら気分のよい生活を身につける』 
  スピノザ

気分よく生活する


4月14日(金曜日) 「フレンドリーデー」 
「(友達って)4(よ)1(い)4(よ)(ね)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

気分をコントロールする

 「好好?(気分はどう?)」のように自分に聞くことで、
その時の自分の気分に気づくことができます。

好好 かな?

 生活の中で、自分の気分に気づける人は少ないのではないでしょうか。
 「ハオハオ」を心がけると、自分の気分に気づけ、
気分をいいほうに変えるきっかけになります。

 気分がいい時には、「好!好!」と確認でき、
さらに気分がよくなります。

ハオ・アー・ユー?    ファイン!    好!好!

 気分がよくない時には、
その時にできる気分転換法を実践する習慣をつけましょう。
 「好好(?)」は気分転換のきっかけになります。

ニイ好?    不好    ハオハオ 気分転換しよう!

 気分がまぁまぁの時には、「好好(いいんじゃないの)」
と思えば、少しは気分がよくなります。

ハオにちは       まぁまぁかな      好好

 「ハオハオ(じゃない)?」と考えてみることは、
「ハオハオ」の有効な使い方の一つです。
 特に考える対象がない時には、今の気分のことだと考えるようにすれば、
自分の気分に気づけます。中国語の「ニイ好?」
(ごきげんいかが?)を、自分に向けて「我好?」にした感じの使い方です。

気分は好好

 と、思える時が多くなれたら、と思います。


【きょうの名言】

『不当な非難は、しばしば
偽装された賛辞であることを忘れてはならない。
死んだ犬を蹴飛ばすものはいないことを思い出そう』

デール・カーネギー 『道は開ける』(創元社)より


幸せのヒント 「相手の問題」

   不当な非難の原因は、
    相手が自分に嫉妬しているのかもしれません
    相手が何かを誤解しているのかもしれません
    相手には人を非難する悪いクセがあるのかもしれません
    相手には自分が知らない何か深い事情があるのかもしれません
    相手がその時たまたま機嫌が悪かっただけかもしれません

  人から非難された場合には、一時的に腹が立ったり、
   悲しかったり、悔しかったりしてしまうのはしかたがないでしょう。
  でもそのために、ひどいことを言い返したり、
   落ち込んだり、恨んだりするのはよくないでしょう。
  「そんな自分にはなりたくない」のではないでしょうか。

  嫉妬するのも、誤解するのも、悪いクセも、
   深い事情があるのも、機嫌が悪いのも、「相手の問題」です。
  自分に特に問題がないのなら、
   相手の問題でそんなに振り回されないほうがいいでしょう。
  「この非難は相手の問題」と考え、
   受け流すことができたらいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 気分をコントロールする

 生活の中では、何かを始めてしまうと気分のことは
忘れてしまうものです。それはそれでいいのです。
 また、何かイヤなことがあると、気分が悪くなってしまいます。
一つの悪い出来事のせいで、一日中悪い気分で過ごしてしまうことも
あるのではないでしょうか。

 第2講「気分よく生活する」の第2週は、
「気分をコントロールする」です。
「気分をコントロール」というと、コンピュータのように
完璧にコントロールするようなイメージがしてしまうかも
しれませんが、少しでも気分をいい方向に変えようと心が
けることぐらいに思っていただけたら、と思います。

 生活の中で「気分を変えよう」と意識してできる人は、
すでにある程度幸せに過ごせる人だと思います。
 「気分を変えよう」「気分をコントロールしよう」などと
考えたことがない人も多いのではないでしょうか。

 いちばん大事なのは、気分が悪くなったら(意図的に)
「気分転換しよう」と心がけることです。気分転換の方法は
いろいろあると思います。

 その前に、自分の気分に気づけることが必要なのでが、
「気分よく過ごそう」と意識(第1週)できるようになれば、
自分の気分に気づけることも多くなるでしょう。
 もう一つの方法は、「ハオハオ」を身につけることです。

 また、自分のいい気分に気づいた時には、
「気分いいなー(好!好!)」と喜べるようになることも
大切なことです。
 気分がまぁまぁの時には、「こんなもんでいいんじゃないの
(好好)」と思っていいのではないでしょうか。

 イヤなことがあって、気分が悪くなってしまうこともあります。
 イヤなことがあった直後には、なかなか感情が
おさまらないこともあります。
 それでも、できるだけ感情をコントロールできるように
心がけたほうがいいでしょう。「感情はある程度は
コントロールできる」と思います。少なくとも、
悪い感情に流されずにはすむのではないかと思います。

 気分が悪い時間を少しでも減らし、気分よく過ごせる時間が増えて、
それを喜べるようになれば、けっこう幸せに暮らせている実感が
してくるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月13日

2017/04/13 08:17
画像4月13日(木曜日)
誕生花は「ハルシャ菊」、
花言葉は「一目惚れ」。


【きょうのメッセージ】

『イヤな人に煩わされない』

世の中には、無神経な人も意地悪な人もたくさんいます
やさしさや思いやりに欠ける人も多いでしょう

そういうイヤな人と出遭ってしまった時に、
“イライラ”“くよくよ”しないほうがいいでしょう

そんなイヤな人に対しては、「こんな人もいる」
「こんな人のためにイヤな思いをするのは損だ」
「あんな人のことを考えるより、○○を考えよう」
のように心を切り替えられるといいでしょう


嫌いな人がいる

『犯しやすい間違いは嫌いな人の存在を認めないこと』 
  秋元康

こんな人もいる

こんな人のためにイライラするのは損だ

人にイライラする原因は?

『問題は他人を変えようとするところから発生する』 
  コンクリン

心を切り替えるための幸せになる考え方

嫌いな人


4月13日(木曜日) 「喫茶店の日」 
1888年(明治21年)4月13日に、
東京・上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業。

 きょうの幸福のヒントは、

嫌な人に煩わされない

 嫌な人は世の中にいっぱいいます。そういう人と遭遇するたびに、
嫌な思いをしてしまったら、なかなか心安らかには過ごせません。
 嫌な人と接してしまった時には、
「なんだこの人は」などと思うよりも、
「ハオハオ、こんな人もいる」
と受け入れてしまったほうが気もちがラクになれるのです。

嫌な人は ハオハオ、こんな人もいる (いい人は 好好)

 嫌な人がいるのは現実なのです。
心の中で現実に逆らっているうちは感情がおさまりません。
現実を受け入れることで、自分の悪感情を大きくしないですみます。

 たとえば、

無神経な人がいる      ハオハオ こんな人もいる

マナーが悪い人がいる    ハオハオ こんな人もいる

口が悪い人がいる      ハオハオ こんな人もいる

思いやりのない人がいる   ハオハオ こんな人もいる

意地悪な人がいる      ハオハオ こんな人もいる

自分とは合わない人がいる  ハオハオ そういう人もいる

「こんな人」とわかれば、そんな人のために嫌な思いをするのは
もったいないでしょう。

ハオハオ、こんな人もいる こんな人のために嫌な思いにするのは損だ

 このように考えてみてはいかがでしょうか。


【きょうの名言】

『誰かをいとしいと思うと、
その人の喜び、成長、幸福が
いちばん大切なものになる』


レオ・バスカリア (アメリカの教育学者・哲学者・作家)


自分の幸せよりも相手の幸せが大切に思えるとしたら、
間違いなく相手を愛している、ということなのでしょう


幸せのヒント 「愛する人の幸せは自分の幸せ」

 『私の幸福は君が幸福であるということだ、
  私のよろこびは君が陽気であるということだ、
  私の楽しみは君が楽しみを持っているということだ』
    ナポレオン 「ジョセフィーヌへ」より

 『愛するとは、
  人の幸福を自分の幸福と感じることである』 
    ルブライツ

とすると、自分が愛する人を幸せにすれば、
 自分が幸せになれる、ということでしょう。

 『愛は自分自身の愛する能力にもとづいて、
  愛する人の成長と幸福を積極的に求めることである』
    フロム

愛する人が成長することによって、
 自ら幸せになっていくのを手助けできたら、
 いちばん幸せなのかもしれません。

 『人の幸せを願うようになると、心が豊かになるんです。
  心が豊かになると、人相も変わってくるんです。
  そうすると起きる現象が変わります』 
   斉藤一人

何か特別なことをしなくても、
 人の幸せを願い、見守るだけでもいいのではないでしょうか。

人の幸せを心から願えるような自分になれたら、
 いろんなことが変わってくるのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月12日

2017/04/12 08:55
画像4月12日(水曜日)
誕生花は「露草」、
花言葉は「恋の心変り」。


【きょうのメッセージ】

『問題化しない』

問題解決の第一の方法は、「問題化しない」こと
簡単に言えば、その問題を考えない

「自分が考えさえしなければ何も問題はないのではないか?」
「考えても考えなくても大して変わらないのではないか?」
「時間がたてば自然に解消する問題ではないか?」
「1年たったら忘れてしまうような小さい問題ではないか?」
「(何もしない場合に)予想される悪い結果になっても
かまわないのではないか?」
「(今の自分には)どうしようもない問題なのではないか?」

このように自問してみて、答えが「YES」の場合には
できるだけ考えないようにできるといいのです

つい、考えてしまっても「このことは考えるのはよそう」
「こんなことを考えるより、○○しよう」と、
考えを切り替えられるようになるといいのです


問題化しないために役立つ考え方

考えてもしかたがないことを考えるのはよそう

自然解消する問題もある

『困難なものごとは時が解決する』 
  イソップ

1年たったら忘れてしまうこと?

『一年もたてば、現在の悩みなど、くだらないものに見える』 
  サミュエル・ジョンソン

(恐れているものを)覚悟しよう

どうしようもないこと

『どうせ解決しない悩みなら、考えない』 
  中谷彰宏

『悩まないことが悩みから脱却するための最善の方法』
  稲盛和夫

できるだけ問題化しない


4月12日(水曜日) 「パンの日」 
1842年(天保13年)4月12日に、
伊豆韮山代官の江川太郎左衛門が乾パンを作った。
これが日本で初めて焼かれたパンと言われている。

 きょうの幸福のヒントは、

問題化しないための幸せになる考え方

 「ハオハオ」の考え方は、
いわゆる“ポジティブ・シンキング”とは違います。

ネガティブ・シンキング / ポジティブ・シンキング 
/ ハオハオ・シンキング

またミスしちゃった   ミスをなくそう  
たまにはしかたがない

気まずい人がいる   仲よくしよう    合わない人もいる

  私は弱い人間だ    強くなろう     そのままでもいいよ

 その代わりに、もっと幸せになれることをするようにしたほうが
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『苦しんでいる人、なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。」』

ツェーザル・フライシュレン (ドイツの詩人・作家)


幸せのヒント 「人をはげます言葉」

  勇気もって、自分を信じて、前向きに、頑張ろう
  (歌うぐらいの)心の余裕をもって、力を抜いて考えよう
  心の中が少しでも明るくなるように、希望をもとう

 人をはげます言葉はいろいろあるでしょう。
 相手の現状に合った、はげます言葉を見つけることは
難しいかもしれませんが、相手への思いやりの心があれば、
気もちは通じるのではないでしょうか。
 自分にとって大切な人が悩み苦しんでいたら、
はげます言葉をかけてあげられたらいいでしょう。

 自分が悩み苦しんでいる時に、はげましてくれる人がいたら、
そういう相手の存在を幸せと思い、感謝したほうがいいでしょう。
 自分が悩み苦しんでいる時に、はげましてくれる人がいなくても、
自分で自分をはげます言葉をかけてあげられたらいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 問題化しないための幸せになる考え方

 問題解決の第一の方法は、「問題化しない」ことです。
 簡単に言えば、その問題を考えない方法です。


│ 「問題化しない」ことの価値


 「問題化しない」メリットは、まずその事を問題化しないことにより、
何もしなくても(考えなくても)よくなることです。
 問題化するとその解決ができない限り、
悩ましい思いをすることになってしまいます。
解決しようと思ってもうまくいかないと、イライラしたり、
自分を責めたり、落ち込んだりして、悪循環に陥ってしまい、
さらに悩み苦しんでしまうことにもなりがちです。
 問題化しなければ、悪循環に入ることもありません。

 また、その問題を考えていたはずの時間を他のことに使える
というメリットも大きいのです。
問題を考えて悩ましい時間を減らし、その分、自分にとって
何かいいことに時間を使ったほうがいいのではないでしょうか。


│ まず、決意する


 問題化しないために役立つ考え方をいくつか紹介します。
 「自分が考えさえしなければ何も問題はないのではないか?」
 「考えても考えなくても大して変わらないのではないか?」
 「時間がたてば自然に解消する問題ではないか?」
 「1年たったら忘れてしまうような小さい問題ではないか?」
 「(何もしない場合に)予想される悪い結果になっても
   かまわないのではないか?」
 「どうしようもない問題なのではないか?」
 このように自問してみて、答えが「YES」の場合には
問題化しないでいいのではないでしょうか。

 たとえば、人間関係の問題の場合。

 問題化しないほうがいいと判断したら、
「この事は考えないようにしよう」と決意することが大事です。


│ できるだけ考えないように心がける


 考えないようにしようと思っていても、
ふとその事を考えてしまうことはあるでしょう。
それはしかたがありません。
 そういう考えに気づいて、「この事を(これ以上)考えるのはよそう」と、
その時の考えをストップできればいいのです。
 さらに、他のことに考えを切り替えることができればいいでしょう。

 たとえば、人間関係の問題では「いっしょにいない時には、
イヤな人のことを考えるのはよそう」、続けて、
「こんな人のことを考えるより好きな人のことを考えよう」
「何かいいことを始めよう」などと考えられればいいのです。

 その事を考えれば考えるほど、
自分の心の中で問題を大きくしてしまいます。
 考える時間を少なくすれば、それだけ問題を小さくできます。
 考えないようにできれば、それは心の中で問題ではなくなり、
もう悩み苦しまなくてもすむのです。


│ もっとやりたいことがある


 問題化しないためのもう一つの考え方は、
「こんなことを考えるより、他にやりたいこと(考えたいこと)が
あるのではないか?」と自問してみることです。
 何か思いつくことがあるのなら、
問題化しないでやりたいことをやったほうがいいでしょう。

 自分のやりたいことや大切なものがある人は、
それを大事に考え、そのために自分の時間とパワーを使ったほうが
いいのではないでしょうか。

 問題化するかしないかは、その問題を「考える」か「考えない」か、
の選択ではありません。
 「考える」か「考えないで、幸せになれることをする」か、の選択です。

 問題化しなければ、その事に費やす時間とパワーを
他のことに使えるのです。
 それを、自分が幸せになるために使ったほうがいい、
ということです。

 人生も、1日も、時間には限りがあります。
 悩む時間が長い人は、それだけ幸せになるために使う時間が
減ってしまいます。
悩むことに使うよりも、自分が幸せになることにできるだけ
使ったほうがいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月11日

2017/04/11 07:37
画像4月11日(火曜日)
誕生花は「花忍」、
花言葉は「来て下さい」。


【きょうのメッセージ】

『集中しよう』

大事なことをやる際には、集中してやることが大切です
無意識に集中できることならいいのですが・・・

「集中しよう」「一所懸命にやろう」
「ベストを尽くそう」などと心がけて始める
やる気を出す工夫や愉しむ工夫をする

余計なことを考えないように心がける
ふと考えてしまっても、「こんなことを考えずに、
集中しよう」と戻せばいいのです、何度でも

「今を大切にする」意識を強くもち、
もっと集中できるようになるといいのではないでしょうか


集中しよう、ベストを尽くす

『この一瞬にベストを尽くしているか』 
  リチャード・カールソン

やる気を出す工夫、愉しむ工夫をする

余計なことを考えない

『目標達成の秘訣は集中力、全パワーを傾ける技術』 
  セロン・Q・デュモン

集中力を発揮できるようになるためには

4月11日(火曜日) 「メートル法公布記念日」 
1921年(大正10年)4月11日に、
法律によりメートル法を使用することが定められた。

 きょうの幸福のヒントは、

コンセントレーション

 夢や目標をもっている人には、
3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」
「目標が達成できたらいいな」と考え、続けて
「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、
すぐに思い出して始めることができます。
目標達成に向けて前進することができるのです。
前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、
「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、
いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すれば
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

行動し、進むにつれ、行動を正せ』

マックスウェル・マルツ 「幸福への挑戦」より


幸せのヒント 「フィードバック」

 考えてばかりで何もしないよりも、行動を開始したほうがいい
 立ち止まって考えるよりも、前進を続けながら考えたほうがいい
 何も考えずに続けるよりも、軌道修正していったほうがいい

やってみなければわからないことがあります。
 実際にやってみると、どういう感じがするか
 今の自分にはどのくらいできて、何ができないのか
 どこが難しいのか、何が課題なのか
 自分に合っているか、向いているか、・・・

やってみた結果をフィードバックし、
 今後に活かしていければいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント コンセントレーション

 何かをよりよく実施するためには
コンセントレーション(集中)が大事です。
 集中できないと、効率よくやることも、
楽しむこともできないのではないでしょうか。

 コンセントレーションを妨げる第一は“雑念”です。
 「(うまく)できないんじゃないんだろうか」
「(誰が見ているから)恥ずかしい」
「失敗したらどうしよう」など。
 また、今やっていることと無関係なこと(たとえば、
抱えている悩みや心配など)を考えるのもよくありません。

 今やっていることに集中するために、「集中しよう」
「一所懸命にやろう」「ベストを尽くそう」
などと心がけて始めることです。
 余計なことを考えないように心がけることです。
ふと考えてしまっても、「こんなことを考えずに、
集中しよう」と戻せばいいのです、何度でも。

 「楽しもう/味わおう」のように考えていいこともあると思います。
 楽しさ・面白さが集中力を継続するために役立ちます。

 集中力を発揮できるように自分なりの工夫ができるといいでしょう。
 たとえば、一点を見つめる、呪文を唱える、
ルーチン(決まった手順)をつくる・・・。
 集中力トレーニング法を工夫するのもいいでしょう。

 目標の達成を目指し、行うべきことに集中することです。
 大事なのは「今、ここ」です。
 “無心(ゾーン?)”になれるのが
理想のコンセントレーションなのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる