アクセスカウンタ

驢馬の戯言

プロフィール

ブログ名
驢馬の戯言
ブログ紹介
ロバが旅にでたところで、馬になって帰ってくるわけではない。


年々歳々花相似たり
洛陽城東桃李の花
   飛び来たり飛び去って誰が家にか落つる
   洛陽の女児顔色を惜しみ
   行く行く落花に逢って長く嘆息す
   今年花落ちて顔色改まり
   明年花開くとき復た誰か在る
   己に見る松柏の摧かれて薪と為り
   更に聞く桑田の変じて海と成るを
   古人復た洛城の東に無し
   今人復た対す落花の風
   年々歳々花相似たり
   歳々年々人同じからず
   言を寄す全盛の紅顔子
   応に憐れむべし半死の白頭翁   (後略)
zoom RSS

2月26日

2017/02/26 07:55
画像2月26日(日曜日)
誕生花は「福寿草」、
花言葉は「思い出」。


【きょうのメッセージ】

『減らすことを考えてみよう』

「何かを得れば幸せになれる」
「何かが増えれば幸せになれる」と
ふつうは考えるところ

逆に、幸せになるために「何かを減らす」ことを
考えてみてはどうでしょうか

仕事を減らす、人づきあいを減らすなど、やることを減らす
不用な物を捨てる、買う物を減らすなど、物を減らす
ストレスを減らす、悩む時間を減らす、不安を減らす
不幸になる考え方を減らす、悪い習慣を減らす
欲望を減らす、こだわりを減らす・・・

何かを減らせば、余裕が生まれます
時間、お金、労力、精神的エネルギー・・・
心の余裕が生まれることもあるでしょう

その余裕を自分が幸せになれることに
充分に使えるようになるといいのではないでしょうか


仕事を減らす、人づきあいを減らす、やることを減らす

『おだやかなる人生を送りたければ、仕事を減らすべし』 アウレリウス

不用な物を捨てる、買う物を減らす

ストレスを減らす、悩みや問題をできるだけ減らす、
悩む時間を減らす、“くよくよ”“イライラ”する時間を減らす、
悪い気分の時間を減らす、将来への不安を減らす

不幸になる考え方(比較、執着、完璧主義、間違った思い込み、
誇り、過去のせい、誰かのせいなどの言い訳、損得、勝ち負け、
モア・イズ・ベター・・・)を減らす、悪い習慣を減らす

『幸福であるには、欲望を減らすか持ち物を増やすか』   フランクリン

欲望を減らす、こだわることを減らす

心の余裕

『一番大切なことのために、充分な時間とお金を使おう』 ブロディ

幸せになれること、自分の大切なものを愛する


2月26日(日曜日) 「咸臨丸の日」
 1860年(万延元年)2月26日に、
咸臨丸が太平洋横断航海を終えてサンフランシスコに到着。

 きょうの幸福のヒントは、

捨てる・減らす

 人生には自分が望むようにならいないこともあります。

思うようにならないことは ハオハオ(こういうこともある)

 でも、自分が望んで努力すれば得られるものはたくさんあるはずです。
 ただし、一人の人間の時間とエネルギーには限りがあります。
 何かをあきらめることで選択できる幸せもあるのです。

あきらめるのは ハオ好

 現実を受け入れ、現実的な望みをもって努力することが大事でしょう。

○○たらいいな。では どうしたら?

あきらめることも人生


【きょうの名言】

『見上げてごらん 夜の星を
小さな星の 小さな光が
ささやかな幸せを歌ってる』

永六輔 「見上げてごらん夜の星を」(歌・坂本九/他)


幸せのヒント 「星空を見上げて」

  きれいだなぁ、と思う
  星座を見つけて楽しむ
  星に願いをかける
  なんとなく、ぼーっとする
  宇宙旅行のロマンを想う
  宇宙の広さと歴史を考える
  自分が今抱えている悩みがちっぽけなものだと思う
  自分(という存在)の貴重さを確認する

 時には、夜空を見上げて、
いろいろと思いを馳せてみるのもいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 捨てる・減らす

 「何かを得れば幸せになれる」
 「何かが増えれば幸せになれる」と、ふつうは考えるところです。
 逆に、
考えられることもあります。

 たとえば、仕事を減らす、趣味や遊びを減らす、雑事を減らす、
無駄なことをする時間を減らす・・・やることを減らす。
 たとえば、不用な物を捨てる、買う物を減らす、体重を減らす。
 たとえば、人づきあいを減らす、ケンカを減らす、
好き嫌いを減らす。
 たとえば、ストレスを減らす、悩みや問題をできるだけ減らす、
悩む時間を減らす、“くよくよ”“イライラ”する時間を減らす、
悪い気分の時間を減らす、将来への不安を減らす。
 たとえば、不幸になる考え方(比較、執着、完璧主義、
間違った思い込み、誇り、過去のせい、誰かのせいなどの言い訳、
損得、勝ち負け、モア・イズ・ベター・・・)を減らす、
悪い習慣を減らす。
 たとえば、欲望を減らす、こだわることを減らす、妥協を減らす。

 何かを減らせば、それだけ余裕が生まれるはずです。
時間、お金、労力、精神的エネルギー・・・。
心の余裕が生まれることもあるでしょう。
その余裕を自分が幸せになれることに充分に使えるように
なるといいでしょう。
 また、余分なもの(事・人・物)を減らしていけば、
大切なもの(事・人・物)が残ります。
 次々に捨てて残った、自分にとって大切なものを大切に
生きられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月25日

2017/02/25 07:38
画像2月25日(土曜日)
誕生花は「雲間草」、
花言葉は「愛らしい告白」。


【きょうのメッセージ】

『自分の心を知り、大切にしよう』

幸せになるために、自分の心(感情・望み・思考)を知り
幸せになれる心の働きを身につけましょう

第一に、自分の心を見つめ
自分の感情・望み・考え方の傾向を知ること

第二に、自分の感情・望み・考え方を大切にすること

自分の心(の働き)を育てることで、心の運転が上達し
幸せに暮らせるようになるといいのではないでしょうか


自分の心を観察し、ありのままに見つめる

自分の感情・気分、自分の望み、考え方のクセを知る

心の傾向を明らかにする

『一大事と申すは、今日ただ今の心なり』 正受老人

自分の心(感情)に素直に従う

自分の心(望み)の声を聞いて決める

自分の心(考え)に正直に生きる

自分の心(感情・望み・考え)を愛する

『自分に正直に生きるということは最も望ましい生き方である』 
  フロイト

自分の心(の働き)を育てる(心の運転)


2月25日(土曜日) 「夕刊紙の日」 
1969年(昭和44年)2月25日に、
日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の心を知り、大切に

 好好な心とは、物事を受け入れられる広い心、
人を受け入れられるやさしい心、自分を受け入れられる強い心、
気分よく過ごせるおおらかな心、幸せを感じられる素直な心、・・・。

広い心 やさしい心 強い心 素直な心・・・

 何をやるかも大事ですが、どんな心で過ごせるかが
すごく大切なのではないでしょうか。
 「いつも心に好好を」と、好好な心で過ごせたらいいですね。


【きょうの名言】

『人生にとって最も大切なことは
こころのもち方よりも、言葉の使い方です』


山崎房一 「心がやすらぐ魔法のことば」
            (PHP文庫)より


幸せのヒント 「言葉の使い方」

  心のもち方は大切です
  でも、心は変わるものです
  心は出来事によっても変わりますが、
   自分が考えることによって大きく変わります

  考えは心の中で言葉を使ってします
  考え方は心の中での言葉の使い方によって変わります
  考え方によって心のあり方が変わります

 幸せな心でいられるような(心の中での)言葉の使い方を
心がけることが大切なのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の心を知り、大切にする

 幸不幸は心の中にあります。心の働きがその人の幸不幸(の感情)を
生んでいるとも言えるでしょう。
 幸せになるためには、自分の心を知り、
幸せになれるような心の働きを身につけることが大事です。
 私が考える心の三大要素「感情」「望み」「思考」の3つを
ヒントにするといいでしょう。

 第一に、自分の心を知ること。
 自分の心を観察し、心をありのままに見つめることによって、
自分の感情・気分を知り、自分の望みを知り、
「私にはこういうクセがある」のような心の傾向を知ることが
できるといいでしょう。

 第二に、自分の心を大切にすること。
 自分の心(感情)に素直に従う(自分の心(感情)を愛する)、
自分の心(望み)の声を聞いて決める(自分の心(望み)を愛する)、
自分の心(考え)に正直に生きる(自分の心(考え)を愛する)
ことができるようになるといいでしょう。

 また、大事なのは今の心です。
 イヤな気もち・不幸な感情のときには、
幸せになる考え方を心がけることで、少しでも悪感情を
小さくできるといいでしょう。
 つらいときには、自分の心を支えられるようになるといいでしょう。

 このように自分(の心の働き)を育てることで、
心の運転が上達し、幸せに暮らせるようになると
いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月24日

2017/02/24 08:08
画像2月24日(金曜日)
誕生花は「桜草」、
花言葉は「青春の悲しみ」。


【きょうのメッセージ】

『節約はいいこと、節約しすぎは・・・』

お金の無駄遣いや浪費はよくないこと
節約するのはいいこと

節約したお金を大切なもの(物・人・事)に使えるといい
将来への不安を減らすために、お金を貯めることも大事

ただし、節約を意識しすぎて
今の生活をまったく楽しめないようではよくありません

少し心の力を抜いて、ラクに節約生活ができるといいでしょう
節約生活を楽しめるようになれたら、なおいいでしょう

お金も時間も心(のエネルギー)も
ただ節約するだけでなく
何に使うかが大事なのではないでしょうか


“金こそすべて”をやめる

『節約は思慮分別の娘であり、自由の母である』 
  スマイルズ

節約した時間はどこに?

節約とプチ贅沢

『一番大切なことのために、充分な時間とお金とエネルギーを使おう』

大切なもの

お金の使い方、時間の使い方、エネルギーの無駄


2月24日(金曜日) 「地雷を考える日」 
1995年(平成7年)2月24日に、
カンボジアで地雷の根絶を訴える集会が開催。

 きょうの幸福のヒントは、

節約はいいこと、節約しすぎは・・・

お金があるのは 好好  お金がなくても ハオハオ

 ある程度のお金がないと、幸せに暮らすことは難しいでしょう。
 その「ある程度」の額は人によって違いますが、
必要金額が少ない人のほうが幸せに暮らしやすいでしょう。

よーく考えよー お金は大事だよー

 幸せになるためには、お金よりも、
自分の心(の幸せになる能力)を豊かにすることのほうが
大事なのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『現実を楽しめるのが人生の達人』


ウエイン・ダイアー 「自分のための人生」
  (三笠書房)


幸せのヒント 「現実を楽しむ」


  現実を十分に楽しめる人は、幸せでしょう
  現実を嘆いたり、ぼやいたりしてばかりいる人は、
  不幸でしょう

 「○○たら幸せになれる」と思っている人のほとんどは、
現実が変わることを期待しているのでしょう。
 現実が変わらなくても自分が変わることで、
「現実を楽しめるようになれたら幸せになれる」のでは
ないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 節約はいいこと、節約しすぎは・・・

 お金の無駄遣いや浪費はよくないこと、節約するのはいいことです。
 節約したお金を自分の大切なもの(物・人・事)に
使えるといいでしょう。
 また、将来への不安を減らすためには、
ある程度お金を貯めることも大事だと思います。

 ただし、節約を意識しすぎて今の生活をまったく楽しめないようでは
よくないでしょう。
 また、「金こそすべて」のような考え方になって
自分の心を大切にすることを忘れてしまうのは
よくないのではないでしょうか。

 少し心の力を抜いて、ラクに節約生活ができるといいでしょう。
 節約生活を楽しめるようになれたら、なおいいでしょう。
お金をあまり使わなくても楽しめることはたくさんあると思います。

 「節約」というと、ふつう「お金」のことですが、
幸せになるためには「時間」の節約も大切だと思います。
 無駄な時間を節約して、その分を幸せになるために
使えるようになれるといいでしょう。

 時間の節約で大きいのは、必要以上に悩む(考える)時間を
減らすことだと思います。
 それは時間の節約だけでなく、
心(のエネルギー)の節約にもなることです。
 「心の無駄遣い」は、「時間の無駄遣い」でも
「エネルギーの無駄遣い」でもあります。もっと言えば、
「人生の無駄使い」でしょう。

 お金も時間も心(のエネルギー)も、ただ節約するだけでなく、
何に使うかが大事なのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月23日

2017/02/23 08:18
画像2月23日(木曜日)
誕生花は「ミルトニア」、
花言葉は「淑女の物思い」。


【きょうのメッセージ】

『人を良く考えてみよう』

関係を良くしたい人がいるのなら
相手のことを良く考えることをしてみましょう

相手が自分にしてくれたことを思い出す
相手のいい所を思い出す
相手の存在価値を思い出す

このうちのいくつか(一つでもいい)を思い出して
「ありがたい」「いい所もある」「価値がある」と思えばいい
同じことを何度思ってもいいのです

相手のことをどう思っているかによって
相手から受ける自分の感じ方や
相手のしたことに対する自分の受けとめ方や
相手に対する対応の考え方が変わります

相手との関係を良くしたいのなら
自分の相手に対する考え方を変える
努力をしてみてはいかがでしょうか


相手を良く考える

『他人の長所を見れば人生が明るくなる』 
   デール・カーネギー

人に対する考え方を変える

『大切なことは自分が他人のことをどう考えているか』
   ブリヤン

人に対する考え方


2月23日(木曜日) 「富士山の日」 
「2(ふ)2(じ)3(さん)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

相手を良く考えるトレーニング

 人からほめられれば、誰でもうれしいでしょう。
 お世辞や社交辞令だと思っても、
 内心少しはうれしいのではないでしょうか。

ほめられると 好好、うれしい!

 「人をほめる」というよりも、「人のいい所に気づき、
素直に相手に伝える」と考えればいいのではないでしょうか。

人のいい所は 好好   エライ!

 相手のいい所に気づき、感じられることは、
 自分(の心)のためにもいいことです。

 『他人の短所を見れば憂うつになり、
  他人の長所を見れば人生が明るくなる』 
   D・カーネギー

 互いにいい気持ちになれれば、
 関係もいい方向に進展するのではないでしょうか。

 「人のいい所に気づき、素直に相手に伝える」ことは
 人間関係を良くするために役立つ方法だと思います。


【きょうの名言】

『馬鹿な者は、
独身の間は結婚した時のよろこびを空想し、
結婚すると独身の時のよろこびを空想する』

武者小路実篤


幸せのヒント 「今、ここ、自分の幸せが大切」

  結婚している人には、家庭の幸せがあります
  結婚していない人には、独身の幸せがあります
  自分にない幸せを想うより、
   自分にある幸せを味わうほうが幸せです

 人ごとなら馬鹿だとわかることでも、
自分のことになると“人との比較”や“無いものねだり”のような
不幸になる考え方を、ついしてしまいがちです。
幸せになる考え方を心がけることができたら、と思います。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 相手を良く考えるトレーニング

 人間関係を良くする方法として、私がおすすめしたいのが
「相手を良く考える」トレーニングです。
 相手を少しでも良く考えることができるようになると、
それだけ相手から受ける感じが良くなるのです。

 関係を今よりも良くしたい相手について、
以下ようなことを考えるようにしてみてください。
・相手が自分にしてくれた(いい)こと
 (だいぶ前のことでもいい)を思い出す。
・相手のいい所(いい面/長所など)を思い出す。
・相手の存在価値(役に立つこと/何か学べることなど)を思い出す。
 このうちのいくつか(一つでもいい)を思い出して、
相手を「ありがたい」「いい所もある」「価値がある」
などと思えばいいのです。同じことを何度思ってもいいのです。

 自分がひとりの時にそれを思えばいいだけです。
 現実に何かをする必要はありません。
(簡単な方法ですよね?)
 また、相手と話をする前にやってもそれなりの効果があります。

 理屈はどうでもいいから、試してみてください。
 1週間でもいいから、毎日1回1分だけでもいいから、
実際にやってみてください。それで、少しでも効果がありそうなら、
続ければいいのではないでしょうか。

 私ははじめ、この方法を自分が気分よく過ごすために試みました。
結果はほとんどの場合、人間関係がよくなりました。
 この方法は自分がやる気になれば、誰にでもできる方法です。
 この方法は相手のためにではなく、
自分のため(少しでも関係を良くし、
自分がイヤな思いしないため)にするものです。

 この方法をすべての人に対してやる必要なんてありません。
今より人間関係を良くしたいと思う人にだけやればいいのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月22日

2017/02/22 09:01
画像2月22日(水曜日)
誕生花は「ローダンセ」、
花言葉は「終りのない友情」。


【きょうのメッセージ】

『いいように考えよう』

何かあってイヤな感じがした時には「いいことじゃないの?」
「もしかしたらいいことかもしれない」と考えてみてください

悪いことがあっても「いいきっかけにしよう」と考え
いい方向に進めば人生の中では「いいこと」

悪い出来事があっても「いい経験にしよう」と考えれば
前向きになれ、心が少し落ちつきます
「いい経験だった」と思えれば人生の中では「いいこと」

人生には、いいこともあれば、悪いこともあります
「いいように考える」ことができるようになり
幸せ向きな考え方・やり方・生き方が
できるようになれたらいいのではないでしょうか


いいように考える

『禍を転じて福となす』

いいきっかけにする

いいことを始めよう、新しいことを始めよう

いい経験にしよう

『転んだ時にはいつでも何かを拾え』 
    オズワルド・アベリー

物事の幸せになる考え方

不幸を幸せに変える


2月22日(水曜日) 「猫の日」 
「2(ニャン)2(ニャン)2(ニャン)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

いいこと・悪いこと

 「ハオハオ」の最大の特長は、いいことも、悪いことも、
同じ「ハオハオ」でいいということだと思います。
 いいことは「好!好!」と素直に喜び、悪いことは
「ハオハオ」とまず受け入れると、心にいい影響があるのです。

いいことは 好!好!    悪いことは ハオハオ

 生きていく中では、いいこともあれば、悪いこともあります。
 「いいことは好!好! 悪いことはハオハオで行こう!」と
考えれば、少しはラクに生きていけそうな気がしませんか?

 何かイヤだと思うことがあっても、「好好(いいこと)じゃないの?」
「もしかしたら好好かもしれない」のように考えることで、
「好好(かな/かもしれない)」と思えることがあります。
そう思えると、イヤな気もちが小さくなります。

悪いことは ハオハオ、好好じゃないの?   好好

 たとえば、雨が降っているのを、一瞬「イヤだなぁ」と思っても、
「好好じゃない?」と考えてみれば、「雨もたまにはいいかな」と
思えるのではないでしょうか。
「雨はイヤだなぁ」と思うのと、「雨もいいなぁ」と思うのでは、
感じ方が違います。雨の日の気分も変わってくるでしょう。

 たとえば、つらいことや大変なことも、「好好じゃない?」と
考えてみれば、「これで少しは強くなれるかもしれない」
「自分をきたえることになる」などと考えられるのではないでしょうか。

 たとえば、不安を感じた時も、「好好かもしれない?」と
考えれば、「不安を減らせるような努力をすればいい」
「不安は(将来の悪いことを回避するための)注意信号」などと
考えられます。

 たとえば、仕事でミスをしてしまった時も、
「信頼を得るチャンス(好好)かもしれない」と考えて
誠実な対応を心がければいいのです。
いさぎよく謝罪し、ミスしたことにできるだけのフォローをし、
今まで以上に一所懸命に仕事に取り組めば、
逆に評価が上がるのではないでしょうか。

 たとえば、人との思わぬトラブルが発生した時も、
「仲よくなるチャンス(好好)かもしれない」と考え、
よく話し合ってみれば、誤解は解け、互いの理解が深まり、
以前よりも親しくなれるかもしれません。

 たとえば、人事異動などで突然仕事がヒマになった時や、
病気やケガで入院した時も、「好好じゃない?」と考えてみれば、
「いい休みになる」「何かやりたいことをやってみよう」
「勉強する時間ができた」「自分の人生について考え直してみよう」
など考えられるのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『暗いと不平を言うよりも、
すすんであかりをつけましょう』


カトリック教会による
「心のともしび運動」のスローガン


幸せのヒント 「イヤな気もちになることをするよりも」

  ただ不平・不満・グチを言っているよりも
   自分にできることは、すぐにやってしまったほうがいい
   自分にはできないことは、すぐに人にお願いしたほうがいい
   どうしようもないことは、不平・不満・グチを言っても
しかたがない

 頭ではわかっても、実際にはなかなかできないことも
多いのではないでしょうか。

 不幸を嘆いているよりも、すすんで幸せになれることを
しましょう。

 不幸を数えて暮らすより、幸せを数えて暮らしましょう。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント いいこと・悪いこと

 「人生、いいこともあれば、悪いこともある」というのは、
当たり前のことです。
 悪いことが起きたときに、「こういうこともある」と考えれば、
心がけっこう落ちつきます。
 ところがそう考えられずに、さらには「なんでこんなことが・・・」
「なんで自分が・・・」「信じられない」「××が悪い」などと考えて、
悪感情を余計に強くしてしまうことが多いのではないでしょうか。

 世の中で起こり得ることが自分に起きたのです。
同じような経験をした人はたくさんいるのです。
 ですから、「こういうこともある」のです。
 また、「こういうこともあれば、そのうちいいこともある」と
考えられると、なおいいでしょう。

 物事をどう受けとめ、どのように考えるかによって、
幸不幸は大きく変わります。

いいことは 好!好!  悪いことは ハオハオ  
いいように考えよう

 ほとんどの物事には、いい所もあれば、悪い所もあります。
 人には欠点もあれば、いい所もあるはずです。
人が悪いことをしても、いいことをすることもあるはずです。
 自分にも欠点はあるけど、いい所もあるはずです。
 悪い所ばかりを見つけて、それを悪く考えてばかりいるよりも、
いい所も見つけて思い出せるといいでしょう。

 自分には恵まれていないものもあれば、
自分に恵まれたものがあるはずです。
 世の中には、いい人もいれば、悪い人もいます。
 誰の人生にも、不幸もあれば、幸せもあるのです。
 何に心を向けて生きるかよっても、幸不幸は大きく変わります。

不幸を数えて暮らすより   幸せを数えて暮らそう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月21日

2017/02/21 08:26
画像2月21日(火曜日)
誕生花は「ネモフィラ」、
花言葉は「私は貴方を許す」。


【きょうのメッセージ】

『できるか、できないか』


自分にそれが「できるか/できないか」は
やってみなければわからないことが多いでしょう

試してもいないことを
「自分にはできない」と決めつけてしまうのは
自分のためによくないでしょう

「××だから、できない」と
すぐにできない理由(言い訳)を
考えてしまう人もいるでしょう

将来はいろいろな可能性があるはずです
自分の可能性を信じ
自分に期待することが大事なのではないでしょうか


『「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい』 
  フォード

自信がないからできない

『自分が何もできないと思うと、ぼくは何もできない』 
   アラン

「できない」と決めつけない

言い訳しない

将来はいろいろな可能性がある

人間の力・可能性を信じる

『才能とは、自分自身を、自分の力を信じることである』
  ゴーリキー

自分に期待する


2月21日(火曜日) 「日刊新聞創刊の日」
 1872年(明治5年)2月21日に、
日本初の日刊新聞『東京日日新聞』(現在の毎日新聞)が創刊。

 きょうの幸福のヒントは、

できるか・できないか

 事の成り行きや人に、期待するのはいいことだと思います。
 期待することで、ワクワクできたり、元気になれたり、
頑張れたりするのではないでしょうか。

期待通りになったら 好!好!   そうならなくても ハオハオ

 期待通りにならなかった時に、多少がっかりしてしまうのは
しかたがないでしょう。
一時的に落ち込んでしまうのもしかたがないでしょう。
 でも、いつまでも落ち込んでしまうのは、
自分のためによくありません。

 まずは現実は現実として、「ハオハオ(こういうこともある)」
と受け入れることで、少しでも心を落ちつけることができると
いいでしょう。
 心が落ち着いたら、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と、
今後のことを考えられればいいのではないでしょうか。

ハオハオ  ホープホープ  ハウハウ (3Hの考え方)


【きょうの名言】

『仕事が楽しみならば人生は極楽だ。
苦しみならばそれは地獄だ』

ゴーリキー (ロシアの作家)


幸せのヒント 「長時間やること」

  仕事・勉強・家事・育児など
   生活の中で長い時間やらなくてはいけないことが
    苦痛だとしたら、それは不幸でしょう

  長時間やることでも
   自分が好きなことややりたいことや
    楽しめることなら、それは幸せでしょう

 どうせやらなくてはならないことだとしたら、
一つでも楽しみを見つけて、少しでも楽しめるように
工夫したほうがいいのではないでしょうか。
 どうせ生きるのなら、少しでも幸せを感じて暮らせるように
心がけたほうがいいのでしょう。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント できるか・できないか

 自分にそれが「できるか/できないか」は、
やってみなければわからないことが多いでしょう。*1
 試してもいないことを、「自分にはできない」と
決めつけてしまうのは、自分のためによくないのではないでしょうか。*2
 (夢や目標の達成が)「自分にはできない」と思ってしまうのは、
自分の現在の能力で判断しているのかもしれません。
可能性は自分の未来の能力によるのです。*3

 「××だから、できない」と、すぐにできない理由(言い訳)を
考えてしまう人もいるでしょう。*4
 でも、本当のできない原因は、「できない」と決めつけて、
自分が「やらなかった」ことかもしれません。*5
 自分が本当にやりたいことなら、やったほうがいいのでは
ないでしょうか。
やって失敗した後悔よりも、やらなかった後悔のほうが、
人生の中では大きいようです。*6


 「できる(かもしれない)」と思い、
やってみればできる可能性はあるのです。
 「できない」と思い、やらなければ絶対にできません。
 自分が「できない」と思うことで、実際にそのとおりに
なってしまうのです。*7

 できるかどうか悩むよりも、自分(の可能性)に期待すること。*8
 そして、「為せば成る」「やればできる」の精神でやったほうが
いいことが、人生の中にはけっこうあるのではないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月20日

2017/02/20 08:03
画像2月20日(月曜日)
誕生花は「カルミア」、
花言葉は「大きな希望」。


【きょうのメッセージ】

『まず関心をもちましょう』


夢や愛や幸せが生まれないのは、関心が薄いからかもしれません

関心がないと、その存在や価値になかなか気づけません
関心があれば、何かを感じやすいしょう
何か感じるものがあれば、思考や行動につながるでしょう

愛や夢や幸せの可能性がある対象に関心をもち、
その対象から感じるものを大切にすれば、思考や行動につながり、
幸せに結びつくのではないでしょうか


まず関心をもつ

『人間、関心を寄せるものが多ければ多いほど……』 
   ラッセル

何にも興味をもてない

いいことがない/いい出会いがない

やりたいことのヒント

好奇心・興味

『おもしろいことは、あちこちに転がっている……』 
   弘兼憲史

自分の幸せ


2月20日(月曜日) 「歌舞伎の日」
1607年(慶長12年)2月20日に、
出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康の前で初めて歌舞伎踊りを披露。

 きょうの幸福のヒントは、

まず関心をもつ

 「ハオハオ」は幸せ探しに役立ちます。
 何かをした時に(先に)「好好」と思えば、
その理由(幸せ)が(後から)見つかることがあります。
 たとえば、何かを食べる際に、「好好」と言いながらだと、
無意識の時よりも味わって食べることができます。

好好 美味しいなぁ  好好 これのここが好好なんだよね

こっちも 好好  こちらもそれなりに 好好

ご飯が美味しく食べられて 好好、幸せだなぁ

 ハオハオは、自然に「いいとこ探し」をし、
今の幸せに気づくために役立ちます。ハオハオは今を
大切にする方法でもあるのです。


【きょうの名言】

『人生で必要なものは、
愛と勇気といくらかのお金だ』


チャールズ・チャップリン (イギリスの喜劇俳優)


幸せのヒント 「人生で必要なもの」

  ただ生きていくために必要なものは、
 ある程度の、(心身の)健康と、(まわりの)人と、お金(仕事)

  幸せに生きるために必要なものは、
   それなりの、健康と、人と、お金
   できれば、夢や目標と、愛する人

 人生で必要なものは、それほど多くはないのかもしれません。
 どのくらい必要かは、人によって違います。多くを求める人よりも、
少しを求める人のほうが満足しやすい(幸せになりやすい)でしょう。
 でも、得た幸せが大きいほど、多いほど、幸せでしょう。

 より幸せになるためには、「夢や目標」の幸せか、
「愛」の幸せがあったほうがいいのではないでしょうか。
 そして、夢や愛の行動を実践する「勇気」が必要なのかもしれません。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント まず関心をもつ

  夢や愛や幸福が生まれないのは、関心が薄いからかもしれません。

  関心がないと、その存在や価値になかなか気づけません。
  関心があれば、何かを感じやすいしょう。

  愛や夢や幸せの可能性が(少しでも)ある対象に関心をもち、
   よく見ること、知ろうとすること、関わってみること、・・・。
  そうすれば何か感じるものがあるかもしれません。

  何か感じるものがあった時には、それを大切にすることで、
   次の思考や行動につなげれば、
   幸せに結びつくことがあるでしょう。

  「関心がない」と安易に言ってしまうのは
    自分のためによくないでしょう。
  少しでも関心をもって、
   いい所を探そうと思えば、
   何か見つかるのではないでしょうか。

  「何にも興味をもてない」というような人もいますが、
   興味は深めていくものだと思います。
  同じように、深めていく幸福もあるのではないでしょうか。

  自分の幸福を増やすために、
   「まず関心をもつ」ことから始めてみてはどうでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月19日

2017/02/19 07:56
画像2月19日(日曜日)
誕生花は「木蓮」、
花言葉は「気高さ」。


【きょうのメッセージ】

『道は一つではない』


夢や目標は一つだけではない
自分の夢や目標となるものが他にもあるはず

自分が愛せる人は一人だけではない
これからもいい出会いがきっとある

人生の問題の答えは一つではない
今の自分に合った答えが何かあるはず

幸せは一つではない
幸せはたくさんある


道は一つではない

『人の世に道は一つということはない』 坂本竜馬

いろんな目標

愛する人の選び方

いろんな答えを探す

人生の答え

幸せ(の対象)はたくさんある

『汝は、汝の道をゆけ』 ダンテ

自分の道、幸せへの道


2月19日(日曜日) 「万国郵便連合加盟記念日」 
1877年(明治10年)2月19日に、
日本が郵便の国際機関・万国郵便連合(UPU)に加盟。

 きょうの幸福のヒントは、

幸福な道はたくさんある

 少しでもいい感じがしたら、「好好」って思うと、
幸せに気づきやすいでしょう。
 「好好じゃない?」と考えてみると、
いろんなものが好好と思えるのではないでしょうか。

 幸せ探しの、いいヒントとしては「好きなもの」と
「やりたいこと」でしょうか。

 幸せは力んで探すよりも、少し心の力を抜いたほうが、
見つかりやすいような気がします。

自分の幸せが 見つかったらいいな

見つからなくても ハオハオ   見つかったら 好!好!

 もう一つ大事なことは、
「小さな幸せ」を大切にすることでしょうか。
 小さな幸せを日々(好好と)感じながら、
大きな幸せを探し続ければいいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『なんでもないようなことが
幸せだったと思う』


高橋ジョージ 「ロード」(THE虎舞竜)より


幸せのヒント 「幸せだったと思うこと」

 今から考えると、
  あの時(あの頃)は幸せだったと思うこと
 あるはずのものがないために、すごく不自由すること
 飢えた経験によって、より幸せと思えるようになること
 失ってみてはじめて、大きな幸せだったと気づくこと

あとから幸せだったと思えることは、
 もっと早く気づいて、その幸せを感じて
 生活できたほうがいいのではないでしょうか。

「もし、この物がなかったら」「もし、この人がいなかったら?」
「もし、この事がなかったら?」「もし、こうでなかったら?」など
 と考えてみると、自分の幸せに早く気づけるかもしれません。
気づいてみれば、
 「なんでもないようなこと」が多いのかもしれません。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸福な道はたくさんある

  「これしか道はない」と思い込んでいると、
   その道で行き詰ってしまうと途方にくれてしまうでしょう。
  その道が行き止まりだと絶望してしまうかもしれません。

  そんな時、
  「道は一つではない」と考えられるといいのではないでしょうか。

  やりたいことを始める決断に迷った時には、
   いつまでもくよくよしているくらいなら、
   「ダメなら引き返せばいい」という覚悟で、
   やりたいことを始めてみてはどうでしょうか。

  立ち止まったまま考えているよりも、
  「歩きながら考えよう」と、
   とにかく前へ進んだほうがいい場合も多いのではないでしょうか。

  自分が望む一本の道をまっすぐ進んでいけたら幸福でしょう。
  でも、いろんな道を歩いてみるのもいいのではないでしょうか。
  途中で引き返すことも、人生という長い目でみれば、
   それほど問題ではない場合が多いでしょう。

  「人生、いろんな道がある」「幸福な道はたくさんある」
  「いろんな生き方があっていい」などと考え、その時々に
   自分が望む道を選べるようになれたらいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月18日

2017/02/18 08:03
画像2月18日(土曜日)
誕生花は「金鳳花」、
花言葉は「子供らしさ」。


【きょうのメッセージ】

『“柳に風”流のしなやかな強さを身につけよう』


“くよくよ”“イライラ”しやすい、傷つきやすい、落ち込みやすい、
人間関係などの問題で苦しみやすいというような人は
「心が弱い」のかもしれません
「強くなろう」と努力できるといいでしょう

「強くなりたい」と思っても
容易になれるわけではありません
“柳に風”流のしなやかな強さを身につけましょう

風が吹いたら揺れてしまってもいいのです
少し力を抜いて受け流せればいいのです
風がやんだらすぐに立ち直れればいいのです

幸せになる考え方を心がけることで
しなやかな強さを身につけられるといいのではないでしょうか


“柳に風”流のしなやかな強さを身につけよう

『柳のように曲がれ、樫のように抵抗するな』 
  柔道の教え

自分に強さを求めすぎない

心の力を抜く、受け流す、やり過ごす

落ち込みから早く立ち直る

幸せになる考え方を身につけていく


2月18日(土曜日) 「雨水」 
二十四節気の一つ。
温かさに雪や氷が解けて雨水として降り注ぐ日。

 きょうの幸福のヒントは、

柳の枝に雪折れなし

「強くなりたい」と思っても、すぐに簡単になれるわけではありません。
 まずは、「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけよう。

 悪いことがあっても、ただ受け入れればいいのです。

悪いことがある   ハオハオ しかたがない

   悲しい        ハオハオ 今はしかたがない

   自分は弱い      ハオハオ 今はしかたがない

 悪いことが終わったら、ふだんの自分に素早く戻れればいいのです。

   悪いことが終わった    好好 よかったじゃない

何かいいことをしよう  (そんな自分は 好好)

 悪いことがあってもできるだけ軽く受け流して、
今の生活を大切にできるような強い自分になりましょう。


【きょうの名言】

『自分の見ているものすべての物は
自分の心の中にあるんだよ。
(中略)
幸福も不幸も希望も失望も、
喜びも 悩みも みんな、みんな』

小泉吉宏 「ブッタとシッタカブッタ」
       (メディアファクトリー)より


幸せのヒント 「幸不幸は、自分の心の中」

  現実の中には、幸せも不幸もない
   現実はただ存在するだけ
  その現実が自分にとって幸せか不幸かは
   自分の心の中にある

 幸せも不幸も、希望も失望も、喜びも悩みも、
何か原因はあるのでしょうが、最終的には自分の心がつくりだしています。
極端な話、何も考えなければ、幸せも悩みもないのでしょう。
 また、現実が同じでも、人によって、
心の中はけっこう違うのではないでしょうか。

 自分の心の中の、不幸や失望や悩みを減らし、
幸せや希望や喜びを増やせるようになれたら、と思います。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 柳の枝に雪折れなし

「柔軟なものは、強堅なものよりかえって物事によく耐え忍ぶものである」

 人生の窮地にあっても「折れない」「倒れない」
心身の強さがあるといいのでしょう。

 『柳のように曲がれ、樫のように抵抗するな』 
    柔道の教え

 樫の木のように太く・固くなくてもいいのです。
柳のように細くても柔軟なほうがいいのです
(「イソップ童話」にも同様の「葦とオリーブ」の話があります)。
 とても大きい力に抵抗すると、どこかで折れてしまうでしょう。
 柔軟に曲がることで、力を受け流すことができるといいのでしょう。

 人生にはいろんなことがあります。
避けようのない苦難も幾度かあるでしょう。
 苦難に立ち向かい、頑張るのはいいことです。
でも、無理をして倒れてしまうのは、なんとか避けたいところです。
 そのためには、ある程度は我慢したうえで、ちょっと力を抜いて
(頭を低くして)やり過ごすことができればいいのではないでしょうか。

 大事なのは苦難が去ったら、すばやく立ち直ることだと思います。
 本当に強い人とは、“心が折れない人”という気がします。
不幸な事があっても、心が折れなければ必ず立ち直れると思います。
 そのためには、“柳に風”流のしなやかな強さを身につけることが
できるといいのでしょう。

 心を強くするためには、まず、自分の心を支えられるように
なれるといいでしょう。
 また、経験を通して自分の役に立つ幸せになる考え方を
一つ一つ身につけていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月17日

2017/02/17 07:44
画像2月17日(金曜日)
誕生花は「ヒヤシンス<紫>」、
花言葉は「悲哀」。


【きょうのメッセージ】

『自分にとって、いいことをしよう』


今、いい気もちになれる、いいことをしよう
将来、自分の幸せに結びつく、いいことをしよう
まわりの人を幸せにできる、いいことをしよう

いいことは 好!好!

今、自分にできる、いいことを一つ、やってみよう


いいことをする

幸せになれることをする

いいことがない/いい出会いがない

いいことを始める考え方

『ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねぇ』 宮沢賢治

「いいこと」と「感謝」


2月17日(金曜日) 「天使のささやきの日」 
天使の囁きとはダイヤモンドダスト(写真)のこと。

 きょうの幸福のヒントは、

○○はいいこと ○○すぎは・・・

 いいことをするのは、気もちがいいでしょう。

 自分のためにいいこと
(自分の身体にいいこと/自分の心にいいことなど)、
 人にいいこと、社会にいいこと、地球にいいこと、・・・

いいことをするのは 好好

 人にどう思われるかなどは気にしないで、自分がいいと思うことをやって、
素直に愉しんだり・喜んだり・いい気分になったりできたら
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『幸福に暮らすことが最高の復讐である』

スペインのことわざ


幸せのヒント 「嫌なことをする人への対応策」

  嫌なことをされたからと、し返しするのはやめたほうがいいでしょう
  一番の復讐は、自分が幸せに過ごすことなのかもしれません

 人に嫌なことを平気でする人もいます。

  悪口や陰口やイヤミや揚げ足取りなどひどいことを言う人、
  無礼な人、意地悪な人、無神経な人、思いやりに欠ける人、・・・

 し返しや復讐は、自分のためにやめたほうがいいでしょう。


 『復讐するとき人間はその仇敵と同列である。
  しかし赦すとき彼は仇敵よりも上にある』 ベーコン


  抗議をすることで、相手が謝ってくれればいいのでしょうが、
   そういう人はめったにいないでしょう。
  返って、トラブルが大きくなってしまうことにもなりかねません。

  何を言っても変わりようのない人とは、争わないほうがいいでしょう。

  気もち(怒りや悲しみなど)がおさまらない時には、
  「(悪口は)まともに相手をするのはよそう」
  「(陰口は)黙殺すればいい」
  「(意地悪されて)傷つくのは相手の思うツボ」
  などと考えることで、
   少しでも心を落ちつけることができるといいでしょう。


  『自分自身の健康と幸福のために
   少なくとも敵を赦し、忘れてしまおう』 デール・カーネギー


  (笑って)赦すことができればいいのでしょうが、
   それは難しい場合が多いでしょう。

  「こんな人もいる」
  「こんな人のために、イヤな思いをするのは損だ」
  「こんな(人の)ことを考えるより、もっといいことを考えよう」
   などと、考えを切り替えられると、なおいいでしょう。

  自分(の健康と幸せ)のために、このような考え方を
   心がけることができるようになれたらいいのではないでしょうか。

  人に嫌なことをするのは、
   その人の心の中に何か問題があるのでしょう。
  ある意味、かわいそうな人・不幸な人なのかもしれません。

  そういう人への一番の復讐は、
   平然として、幸せに暮らすことなのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント ○○はいいこと、○○すぎは・・・

 「○○はいいこと、○○すぎるのは・・・」
と考えられることがいろいろあります。

 たとえば、「働くのはいいこと、働きすぎは心身の調子を悪くする」。
 たとえば、「学ぶのはいいこと、学びすぎは役に立たない」。
 たとえば、「遊ぶのはいいこと、遊びすぎは本業がおろそかになる」。
 たとえば、「食べるのはいいこと、食べすぎは身体に悪い」。
 たとえば、「貯金するのはいいこと、貯金しすぎはお金を有効に使えない」。
 たとえば、「お金を使うのはいいこと、使いすぎると足りなくなる」。
 たとえば、「運動するのはいいこと、運動しすぎると身体を壊す」。
 たとえば、「休むのはいいこと、休みすぎは怠惰になる」。
 たとえば、「人に気を遣うのはいいこと、気を遣いすぎるとつらくなる」。
 たとえば、「考えることはいいこと、考えすぎはくよくよの元」。
 たとえば、「人の目を気にするのはいいこと、人の目を気にしすぎると自分を失う」。
 たとえば、「求めるのはいいこと、求めすぎるから不幸になる」。
 たとえば、「頑張るのはいいこと、頑張りすぎは続かない」。
 たとえば、「完璧を目指すのはいいこと、完璧主義は不幸の元」。

 何事も「すぎる」のはよくないのでしょう。
 実際には、いいことをしているつもりが、ついやりすぎて
悪いことになる場合が多いのだと思います。
 また、その事・人・状況などによっても「すぎ」の基準は違うでしょう。
 このようなことをいろいろ考えてみたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月16日

2017/02/16 07:26
画像2月16日(木曜日)
誕生花は「セントポーリア」、
花言葉は「同情」。


【きょうのメッセージ】

『人の幸せは人のもの
自分の幸せは自分のもの』


幸せは人それぞれ
人には人の幸せがあり、自分には自分の幸せがある
「人は人、自分は自分」でいいのです

人の幸せを見て、嫉妬するか、
祝福するか、なんとも思わないか
人の幸せをどう考えるかは、自分しだい

幸せになるためには、人の幸せではなく
自分の幸せを大切にすることが肝心です

「人の幸せは人のもの。自分の幸せは自分のもの」
そう思えるようになるといいのではないでしょうか


人は人、自分は自分

人の幸せをどう考えるか

『比較する見方にとらわれるブタは「もっと」を求めつづける』 
  小泉吉宏

比較は不幸になる考え方

『ヒトは人、オレは俺でいいじゃないか』 
  弘兼憲史

「自分は自分」と思えるようになるために

自分の幸せを愛する


2月16日(木曜日) 「天気図記念日」 
1883年(明治16年)2月16日に、
日本初の天気図が作成された(日本最初の天気予報)。

 きょうの幸福のヒントは、

人の幸せ、自分の幸せ

 人の幸せを見て、どんなふうに思うでしょうか。

何とも思わない    好好 それがいいでしょう

うらやましい  ハオハオ そのくらいはいいのではないでしょうか

悔しい     ハオハオ 自分が頑張れる力になるのなら、好好

妬ましい     ハオハオ やめたほうがいいでしょう

微笑ましい    好好 そういう心になれたら素敵ですね


 「人の幸せは好好」と思えるようになれたら、と思います。
 そのほうが、自分(の心)にとっていいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『他人の短所を見れば憂うつになり、
他人の長所を見れば人生が明るくなる』


デール・カーネギー 『人を動かす』(創元社)より


幸せのヒント 「人の長所と短所?」

  人の短所を見れば、イヤな気もちになりやすいでしょう
   中には、相手をバカにしたり優越感を感じる人もいるでしょう
  人の長所を見れば、好感をもちやすいでしょう
   中には、嫉妬したり落ちこむ人もいるでしょう

 相手の短所を多く見るよりも、相手の長所を多く見て好感をもてたほうが、
自分のためにはいいのではないでしょうか。

  長所が目立つか短所が目立つかは、その相手によるでしょう
  相手の長所を見やすいか短所を見やすいかは、その人によるでしょう

 相手の長所を見ようと心がければ、それなりの効果はあるのではないでしょうか。

 まわりの人に好感をもてるようになれば、人生がより明るく思えるのかもしれません。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人の幸せ、自分の幸せ

 人間関係の問題でいろいろ役に立つ考え方が
「人は人、自分は自分」です。

 幸せは人それぞれです。
 そして、人には人の幸せがあり、
 自分には自分の幸せがあるのです。
 「人(の幸せ)は人(のもの)。
自分(の幸せ)は自分(のもの)」
と考えられるようになるといいでしょう。

 人の幸せを見て、嫉妬するか、祝福するか、なんとも思わないか。
 人の幸せを手本に目標をもって努力しようとするか、
人とは違う幸せを求めて努力しようとするか、何もしないか。
 人の幸せと自分の幸せを比較するか、
(人の幸せのことはさておき)自分の幸せを感じるか。
 人の幸せをどう考えるかは、自分しだいです。

 人に嫉妬してしまうのは「自分が今幸せでないから」
と考えることもできそうです。
今の自分(の生活)への不満が、
人の幸せに気づいたことをきっかけに湧きだしてしまったのかもしれません。
 ということは、自分が幸せに暮らせるようになり、
「今自分は幸せ」と心から思えるようになれば、
人に嫉妬しなくてすむのではないかと思います。

 幸せになるためには、どうでもいい人の幸せではなく、
自分の幸せを大切にすることが肝心です。
 ただし、愛する人の幸せは自分の幸せとなります。
 自分の幸せへの道を一歩一歩のぼっていくことで、
少しずつ幸福度を高めていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月15日

2017/02/15 09:45
画像2月15日(水曜日)
誕生花は「三椏」、
花言葉は「肉親の絆」。


【きょうのメッセージ】

『自分の欠点を知り、対策しよう』


人間、誰にでも欠点はあります

まずは、自分に完璧を求めず、欠点がある自分を受け入れること
そして、自分の欠点を知り、その対策を決める

第一の対策は、欠点を出さないように心がける
第二の対策は、欠点を克服する努力をする

第三の対策は、「ここは、そのままでいい」と考え、
欠点克服の努力をする時間とエネルギーを
自分が幸せになれることに使うようにする


自分に完璧を求めすぎない

自分を受け入れる

自分の欠点を知る

ここは、このままでもいい、しかたがない

『欠点はあってもいいから、魅力のある自分になったほうがいい』 
   秋元康

幸せになれることをする

自分の欠点に対する幸せになる考え方


2月15日(水曜日) 「春一番名附けの日」 

 きょうの幸福のヒントは、

自分の欠点

 自分を悪く考えない、できれば良く考えるというのが
「自分は好好」の第一です。

 誰にでも欠点や苦手はあるものです。
 そういうことに関する幸せになる考え方には、
次のようなものがあります。
 「××もあるけど、○○もある」
 「今は××だけど、いつかは○○」

自分には問題もあるけど ハオハオ  いい所もある 好好

 多少の問題はハオハオ(しかたがない/そのままでいい)
と済ませたほうがいいと思います。
 そうはいかない大切な問題で、どうにかしたい場合は
「○○たらいいな。ではどうしたら?」と3Hの考え方が
できたらいいでしょう。

 今の自分を悪く考えずに、時間をかけて自分を育てていこう
という姿勢があれば、それでいいのです。そういう自分は
「それなりにいい(好好)」と考えていいと思います。

 このような考え方ができるようになれば、多少問題があっても
「自分は(それなりに)好好」と思えるのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生』


ドイツの格言


幸せのヒント 「幸せを選択する」

  自分に無いものを嘆くより、有るものを喜ぼう
  暗いことを考えるより、明るいことを考えよう
  イヤな人のことを考えるより、好きな人のことを考えよう
  自分の欠点ばかり考えずに、長所のことも考えよう
  悩んでばかりいないで、幸せになれることをしよう
  不幸を数えて暮らすより、幸せを数えて暮らそう

 心がけしだいで、幸せを選べることもあるのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の欠点

 人間、誰にでも欠点はあります。
 自分の欠点に気づいて、自分を責めたり自分はダメだと
思ったりするのは、自分のためによくありません。
 まずは、自分に完璧を求めず、
欠点がある自分を受け入れることです。
 そして、自分の欠点を知り、
その対策を決めることができるといいでしょう。

 第一の対策は、欠点を出さないように心がけることです。
 その欠点が出そうな場面では、
「(でないように)気をつけよう」と思うだけでも、
少しは違うはずです。他にも、自分の欠点を出さない工夫が
何かしらできるのではないでしょうか
(たとえば、ミスを減らす工夫)。
 また、欠点が出そうになった(やり始めた)ときに、
欠点を自覚していれば「あ、まただ」と気づきやすのです。
気づいたときに「(これは)やめよう」とストップできれば、
被害を小さくできるようになれます。

 第二の対策は、欠点を克服する努力をすることです。
 努力を続ければ克服できる欠点もあるはずです
(たとえば、「弱い」→「自分を強くする」)。
 また、欠点のマイナスを逆に利用し、欠点を長所に変える、
欠点を持ち味にするというようなことが可能なこともあるでしょう。

 第三の対策は、「ここは、そのままでいい」「しかたがない」
と考え、欠点克服の努力をする時間とエネルギーを他のことに
使うようにすることです。
 たとえば、長所を伸ばし、活かすように心がける。
 たとえば、欠点があっても、人間として成長できる努力をし、
魅力のある自分になる。
 たとえば、幸せになれることをする。

 「欠点があってこそ人間(らしい)」とも言えるでしょう。
 欠点があっても、この世に自分という人間は一人だけです。
 自分を大切にし、自分を幸せにできるようになると
いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月14日

2017/02/14 07:28
画像2月14日(火曜日)
誕生花は「エーデルワイス(薄雪草)」、
花言葉は「高貴」。


【きょうのメッセージ】

『工夫しよう』


何かを今よりももっとうまくやりたい
と思うのなら、工夫しましょう

工夫によって改善できるのです
工夫を繰り返すことで進歩していけるのです

いろんなことで工夫できることがあるでしょう
工夫を楽しめると、なおいいでしょう

小さな工夫・改善・進歩の積み重ねが
大きな成果につながるのではないでしょうか



仕方・やり方を洗練する

『反省し、直そうとするから改善があり、進歩がある』
    真藤恒

楽しむ工夫、やる気を出す工夫、ミスを減らす工夫

元気を出す工夫、上機嫌の工夫、生活を楽しむ工夫

楽しく工夫する

工夫力とは生き方能力


2月14日(火曜日) 「聖バレンタインデー」 
(聖バレンタインデーの由来)

 きょうの幸福のヒントは、

工夫

 夢や目標をもっている人には、
3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」
「目標が達成できたらいいな」と考え、続けて
「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。
目標達成に向けて前進することができるのです。
前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、
「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、
いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すれば
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『高みにのぼる人は、皆らせん階段を使う』


フランシス・ベーコン (イギリスの哲学者・政治家)


今いる所の真上に高く登るためには、
自分の足で一歩一歩登る、らせん階段状がいいのでしょう


幸せのヒント 「らせん状に進歩していく」


 『物事が進歩・発展するとき、直線的に発展していくのではない。
  あたかもらせん階段を登るように発展していく』 
  ヘーゲル

 『我々は皆、らせん状の道の上にいる。
  直線的な成長などありはしない』  
  クリスティン・ザンブカ

進歩や成長は、直線的にはいかないのでしょう。

一つのテーマを追求するにしても、
 いくつかの側面や視点があったほうがいいのでしょう。
ただし、自分のテーマから離れすぎてはよくないのでしょう。

 『どの人生も、目的に向かって
  一定の優雅な曲線を描く、らせんである』 
   ディック・ライダー

 『どの人生にも、そのらせん形に決まった変化のしかた、
  つまりパターンがある』  
   ディック・ライダー

高く登るためには、すそ野は広いほうがいいのかもしれません。

同じ景色が繰り返し見えているようでも、
 高くなることで遠くまで見えるようになっているのでしょう。

 『大事なことは、進歩向上の比較を
  他人とするのではなく、過去の自分とすることです』
   多湖輝

 『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、
それは恥ではない。
  去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ』  
  ラポック

まわりにはもっと高い山も見えるでしょうが、
 大事なのは自分が以前よりも上昇しているかどうかなのでしょう。

頂上だけを見つめて登るよりも、自分の進歩を喜びつつ、
 いろんな角度の景色を楽しみながら
 登れたほうがいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

2月14日(火曜日)
今日の幸福のヒント 工夫

 何かを今よりももっとうまくやりたいと思うのなら、
工夫することが大切です。
 工夫が改善・進歩につながるのです。
工夫(案出・実践)を繰り返すことで仕方・やり方を
洗練していくことができるのです。
 ノートをとるなど、自分なりに工夫するから、
人と違うことができるのです。
 小さな工夫・改善・進歩の積み重ねが大きな成果に
つながるのではないでしょうか。

 同じ仕事でも工夫すれば、マンネリを打破し、
新鮮な気持ちで続けられるでしょう。
 工夫してうまくいけば、そこに喜びがあります。
工夫と成果の好循環になるといいでしょう。
 楽しく工夫できるようになると、なおいいでしょう。

 いろんなことで工夫できることがあります。
 たとえば、やることを楽しむ工夫、やる気を出す工夫、
集中力を発揮する工夫、意欲をもち続ける工夫、
心のエネルギーを高める工夫、決断力を高める工夫、
歩きながら考える工夫、ミスを減らす工夫、考え方の工夫、
生活を楽しむ工夫、上機嫌の工夫、元気を出す工夫、
惜福の工夫、分福の工夫、植福の工夫・・・。

 生きることにも慣れてはいけないのでしょう。
 ひと手間の工夫の積み重ねが充実した人生につながるだと思います。
 工夫する能力をつけることは生き方の能力を高めることに
なるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月13日

2017/02/13 08:04
画像2月13日(月曜日)
誕生花は「水仙」、
花言葉は「神秘」。


【きょうのメッセージ】

『今できることを考えてみよう』


「今しかできないこと」「今だからできること」
「今ならできること」・・・

今の環境・状況だからできること
今の歳・年代だからできること

今年したいこと、この季節だからできること
きょうできること、今この時にできること

“今できること”をヒントに、自分がやりたいことを
考えてみるのもいいのではないでしょうか


やりたいことのヒント

『あとじゃできねんだよなあ いまのことは』
  相田みつを

季節を楽しむヒント

今を楽しむ

今の生活を愉しめない

『一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ』 
  中村天風

今を大切にする

2月13日(月曜日) 「苗字制定記念日」
 1875年(明治8年)2月13日に、
 明治政府がすべての国民に姓を名乗ることを義務化。

 きょうの幸福のヒントは、

やりたいことをやろう

 「やりたいことをやる」というのは、
いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、
それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。


【きょうの名言】
『幸不幸は、財産、地位、あるいは
職業などによって決まるものではない。
何を幸福と考え、また不幸として考えるか――
その考え方が幸不幸の分かれ目なのである』


D・カーネギー 「人を動かす」(創元社)


幸せのヒント 「幸せについての考え方」

 自分がもっていないものだけしか「幸せ」と考えられない人は
幸せになりにくいでしょう。
それが、なかなか手に入らないものなら、なおさらです。

 自分がもっているもの、生活の中で出会えるもの、
手に入るものを「幸せ」と思える人は幸せに暮らしやすいでしょう。

 自分が幸せになりやすい、幸せについての考え方をしたほうが
いいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

2月13日(月曜日)
今日の幸福のヒント やりたいことをやろう

 幸せになる考え方の一つに、「やりたいことをやろう」があります。
 「やりたいことをやろう」と言っても、「やりたいことがない」
「やりたいことができない」という人もいるでしょう。

 「やりたいことがない」という人は、
「自分のやりたいことを探そう」と考え、一所懸命に探せば、
何か見つかるのではないでしょうか。

 「やりたいことができない」という人は、
自分が思う一つのやりたいことができないのだと思います。
 やりたくても、今の自分にはできないことがあるのはしかたがありません。
今自分にできるやりたいことを探して、やることができたら、と思います。

 「やりたいことが見つからない」という人は、
「やりたいことはすごいことじゃないといけない」と
思っているのかもしれません。
 小さなやりたいことも探してみてはどうでしょうか。
そうすれば、今できるやりたいことが見つかるのではないでしょうか。

 自分のやりたいことがある人は、
ついイヤな事やイヤな人の考えてしまった時には、
「こんな(人の)ことを考えるより、やりたいことについて考えよう
(やりたいことをやろう)」と考えることができます。
 また、やりたいことを夢中になってやっている時には、
イヤな事やイヤな人のことも忘れることができ、
気分よく過ごしやすいでしょう。

 「今自分にできるやりたいことを探して、
とりあえず一つやってみよう」と考え、
一つでもやりたいことができれば、と思います。
 自分の生活の中に、やりたいことをやれる時間を
少しでも増やすことができたらいいのではないでしょうか。

 人生には限りがあります。一日も限られた時間しかありません。
 「悩みや問題の解決に時間を費やすよりも、
自分が幸せになれることに時間を使ったほうがいい」と
いうのが、幸せになる考え方の基本の一つです。
“くよくよ”“イライラ”する時間や悩む時間を少しでも減らし、
その分自分が幸せになれること
(その一つが、「自分がやりたいこと」)をやれるようになれたら
いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月12日

2017/02/12 07:49
画像2月12日(日曜日)
誕生花は「連翹」、
花言葉は「戸惑い」。


【きょうのメッセージ】

『充実感のある生活をしよう』


“幸せな人生”は人それぞれ
いろんな幸せな生き方があっていい
その一つが“充実した生き方”

充実感は努力することによって得られます

一日の終わりに自分と向き合う時間をもち
「今日もよくやった」と思えれば
充実感を感じられます

充実した日々の積み重ねが
充実した生き方・人生につながるのです

「充実した生き方ができた」と思える人は
「幸せな人生だった」と言えるのではないでしょうか


充実感

『努力は即ち生活の充実である』 
  幸田露伴

自分と向き合う習慣

『自分をほめてあげたいという心境になる日をつみ重ねたい』 
  松下幸之助

生活の充実感

充実した生き方

『人間のほんとうの幸せとは「充実感のある生き方」』
 相田みつを

2月12日(日曜日) 「菜の花忌」 
小説家・司馬遼太郎の忌日。

 きょうの幸福のヒントは、

充実感のある生活・人生

 人が自分を「わかってくれない」「評価してくれない」
などと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。
 「わかってくれない」と思うのは、
「自分はわかっている」ということです。
 だったら、自分で「わかっているよ、好好だよ」
と言ってあげればいいのです。

好好 わかってるよ    自分は 好好だよ

 人が自分を評価してくれなくても、
自分が自分をちゃんと評価してあげよう。

好好 よくやってるよ    (そう思える自分は 好好)

好好 頑張ってるね    (そう思える自分は 好好)

 よくできた時には、自分をほめてあげよう。

好好 よくやった      (そう思える自分は 好好)

好好 えらい、えらい    (そう思える自分は 好好)

 自分をほめ、「自分は好好」と考えることで、
少しずつ自信をつけていくこともできるのではないでしょうか。


【きょうの名言】
『社会は、なにも要求しない人には、
なにひとつ与えはしない。
ここで要求することは、たえず要求することの意味だ』


アラン 『幸福論』より


幸せのヒント 「与えられない理由」

  求めていない、努力していない
  求め続けていない、努力し続けていない

 何もせずに幸せを待っていても、めったに幸せはやって来ないでしょう。
 幸せを求め、努力し続けることが大事なのではないでしょうか。

幸福に生きるヒント
2月12日(日曜日)

今日の幸福のヒント 充実感のある生活・人生

 “幸せな人生”は人それぞれで、
いろんな幸せな生き方があっていいでしょう。
 その一つが“充実した生き方”です。
「充実した生き方ができた」と思える人は、
「幸せな人生だった」と言えるでしょう。

 充実した生き方ができているのなら、充実感を感じられるはずです。
 充実感は幸福感の一つであり、充実感のある生き方は
質(時間密度)が高く、“幸せな人生”と言えるのではないでしょうか。

 充実感のある生き方をするためには、
何らかの幸せの目標をもって生きることです。
 その実現のために、努力することで充実感が得られるのです
(充実(感)は努力)。
 ただ頑張るだけでなく、ひと工夫する、
ひと手間かけるというようなことが、
充実感を増すことにつながるでしょう。

 充実感は日々感じられるものです。
一日一日を大切にすることが充実感を生むのです。
 「一日一生」と考え、現在を精いっぱい生きる工夫が
できるといいでしょう。
 また、生活の中での充実感はいろいろあるでしょう
(充実感は日常生活の中に隠れている)。

 「一日の計は朝にあり」。朝、その日一日を考え、
一日の計画を立てるようにしてみるといいでしょう。
 その日にやることや願いごとや目標を確認するなど、
朝の幸せ習慣をつくることができるといいでしょう。

 そして、一日の終わりに自分と向き合う時間をもち、
「今日もよくやった」と思えれば、充実感を感じられます。
 自分で自分をほめられるような日を積み重ねられると
いいのではないでしょうか。

 充実感のある(リア充な)生き方を目指して自ら努力することが
大事なのではないでしょうか。
 “リア充”な生活はお金をかけなくても、リミットのある生活
(プア充)でも可能なのだと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月11日

2017/02/11 08:48
画像2月11日(土曜日)
誕生花は「ガーベラ」、
花言葉は「神秘」。


【きょうのメッセージ】

『元気がない時には
元気になれることをしよう』


やると元気になれることをする
元気になれる歌をうたう、散歩をする・・・

元気になれる夢や人のことを心に想い描く
元気にしてくれる人と会ったり、話したりする

心の栄養・休養・運動を心がけよう

元気は幸せの元です
心身が元気な時には、気分よく、幸せに過ごしやすいでしょう


元気を出すためには

『元気でなければ、好きなこともできない』 
  平尾誠二

散歩

元気をくれる言葉、励ましてくれる言葉

心の栄養・心の休養・心の運動

元気が出ない

元気は幸せの素

心身の健康をキープする


2月11日(土曜日) 「建国記念の日」 
 建国をしのび、国を愛する心を養う国民の祝日。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の体をいたわる

 実際に、幸せになるためには、
そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」という心構え
(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

  幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、
幸せに暮らせるようになれるでしょう。


【きょうの名言】

『幸福は行為である』

アリストテレス (ギリシャの哲学者・科学者)


幸せに結びつく行為をすることが
大事なのではないでしょうか


幸せのヒント 「幸せになれる行為」


 『最高の善は幸福であり、
  良く生き良く行為することが幸福と同じ意味である』
    アリストテレス

 『幸福は活動の中に成立する。
  それは流水にして溜り水にあらず』 
    ジョハン・グッド

幸せになるためには、
 どういう行為・活動をするかが大事なのでしょう。

 『人間は行為によって幸せになるのだ』 
   加藤諦三

 『行動はいつも幸せをもたらすものではないが、
  行動なくしては幸せはない』 
   ディスレーリ

自分の幸せに結びつくような
 行為・行動をするように心がけることが重要でしょう。

 『人生の奥義の九割は快活な精神と勤勉にある』 
   スマイルズ

 『自分の今行っていること、
  行ったことを心から楽しめる者は幸福である』 
   ゲーテ

行為自体を楽しめ、幸せになれたら、
 いちばんいいのではないでしょうか。


幸福に生きるヒント

2月11日(土曜日)
今日の幸福のヒント 自分の体をいたわる

 「幸せな人たちが実践している実証済みの習慣10個とは?」
 (ライフハッカー)より、
6.自分の体をいたわる。
 体と精神は繋がっています。もし自分の体をいたわらなければ、
精神的なエネルギーは向上しません。十分に睡眠をとり、
良い食べ物を食べてよく運動することは心に栄養を与えることなのです。
 体の健康と心の健康は密接に関連しています。
 体の調子が悪いと心の状態まで低下しがちです。
 反対に、心の苦悩が大きな原因となって体が病気に
 なってしまうこともあります。
 体と心のバランスが病気の要因になることもあります。

 幸せになるため、幸せに暮らすためには、
 “元気”があったほうがいいでしょう。元気は幸せの素です。
 元気がないときには、元気を出す工夫ができるといいでしょう。

 身体の健康・元気のためには、栄養・休養・運動が大事です。
 心の健康・元気のためには、心の栄養・心の休養・心の運動が
 大事だと思います。

 幸せになるためには、自身の体と心を大切にいたわれるように
 なるといいのでしょう。
 心身の健康をキープして、幸せに暮らせるようになると
 いいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月10日

2017/02/10 09:19
画像2月10日(金曜日)
誕生花は「沈丁花」、
花言葉は「栄光」。


  しあわせ日記 「心の回復力を鍛える」
 生きていく中では、心が疲れる時や心が傷つく時が
あるでしょう。心の病気になる人もいます。
 そういう時には心の回復力が強いほうがいいでしょう。
 心も体も本来は、誰でも回復力(ホメオスタシス)を
もっているのだと思います。
 その力を十分に発揮するために役立つのが、
休養と栄養と運動です。

 心の休養をとる方法はいろいろあるでしょう。
 悩み苦しむことや不安やストレスは心の回復を遅らせます。
 そういうことを考えずに、心安らかな時間をもてるように
なるといいでしょう。

 心の栄養をとる方法はいろいろあるでしょう。
 基本的には、幸せを感じられることをすればいいのです。
「幸福感は薬になり、不幸な感情は毒になる」と考えても
いいと思います。

 損傷した体を本来の状態に早く戻すために、リハビリ
(テーション)が役立つことがあります。
 心も同様に、心の運動をすることがリハビリになり、
心の回復を促進するのです。
 どんな不幸も自分の心の中で幸せに変えることができれば、
今までより強くなって立ち直ることができると思います。

 心が疲れた時や心が傷ついた時に、自分の心を
ケアする心がけができるようになることが、
心の回復力を高めることになるのではないでしょうか。



2月10日(金曜日) 「海の安全祈念日」 
2001年(平成13年)2月10日、
「えひめ丸」がハワイ沖で米国の原子力潜水艦に衝突されて沈没。

 きょうの幸福のヒントは、

イヤな気分で過ごさない

 「好好?(気分はどう?)」のように自分に聞くことで、
その時の自分の気分に気づくことができます。

好好 かな?

 生活の中で、自分の気分に気づける人は少ないのではないでしょうか。
 「ハオハオ」を心がけると、自分の気分に気づけ、
気分をいいほうに変えるきっかけになります。

 気分がいい時には、「好!好!」と確認でき、
さらに気分がよくなります。

ハオ・アー・ユー?     ファイン!    好!好!

 気分がよくない時には、その時にできる気分転換法を
実践する習慣をつけましょう。
 「好好(?)」は気分転換のきっかけになります。

ニイ好?    不好    ハオハオ 気分転換しよう!

 気分がまぁまぁの時には、「好好(いいんじゃないの)」
と思えば、少しは気分がよくなります。

ハオにちは       まぁまぁかな       好好

 「ハオハオ(じゃない)?」と考えてみることは、
「ハオハオ」の有効な使い方の一つです。
 特に考える対象がない時には、今の気分のことだと
考えるようにすれば、自分の気分に気づけます。
中国語の「ニイ好?」(ごきげんいかが?)を、
自分に向けて「我好?」にした感じの使い方です。


【きょうの名言】

『変化するには、
古い習慣を新しい習慣に置きかえねばならない』


W・A・ピーターソン (アメリカの作家)
「生き方の技術」(実務教育出版)より


幸せのヒント 「習慣を変える」

  ダイエットをしたければ、食習慣・運動習慣を変える
  夢や目標を達成したければ、いい努力をする習慣をつくる
  うまく人を愛せるようになるためには、
相手の幸せを考える習慣をつくる
  自分(の性格)を変えたいと思うのなら、考え方の習慣を変える
  幸せになりたいのなら、幸せに暮らす習慣をつくる

 一時的に変わっても、習慣にならなければ、
いずれは元に戻ってしまうでしょう。
 自分に合った無理のないやり方で、
習慣になるまで心がけを続けることが大事なのではないでしょうか。


◇ more hint! 『幸せになるための習慣をつくる』


幸福に生きるヒント

2月10日(金曜日)

今日の幸福のヒント イヤな気分で過ごさない

 自分がイヤな気分でいることに気がついたときには、
次のことを考えよう。
 イヤな気分とは、不安、悩んでいる、怒っている、
不平不満、落ち込んでいる、人の目が気になる、
嫉妬している、空しい、寂しい、悲しい、つらいなどです。

1.「自分は不幸になる考え方をしていないか?」と考える。
2.「幸せになる考え方をしよう」と宣言する。
3.幸せになる考えを創り出し、言葉にする。

 「今の幸せを感じよう」、
「現実を受け入れよう」、
「我慢しよう」、
「気にしてもしょうがない」、
「こんなことはよくあることだ」、
「大した問題ではない」、
「気楽に考えよう」、
「落ち着いて考えよう」、
「なるようになる」、
「時間がたてば忘れてしまうことだ」、
「楽しいことを考えよう」、
「幸せになることを考えよう」、
「自分の夢について考えよう」、
「人を幸せにすることを考えよう」、
「頑張ろう」、
「不幸を幸せに変えよう」、等々。

 イヤな気分の原因に対する考え方と心構えを変えるだけでいいのです。
この段階では、問題を解決する必要はまだありません。

 このことは、即座にできるように努力しよう。
自分がイヤな気分でいることに気づいたら、
すぐにイヤな気分を解消しよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月9日

2017/02/09 07:50
画像2月9日(木曜日)
誕生花は「銀梅花」、
花言葉は「高貴な美しさ」。


【きょうのメッセージ】

『人が変わることを期待しない』


人にイライラするのは
心の中に「相手を変えたい」という思い、もしくは
相手が変わることを期待する気もちがあるのかもしれません

人にイライラしたくないのなら
「人は(自分が望むようには)変わらない」
と思ったほうがいいでしょう

相手が変わることを期待せず
「そのままでいい(しかたがない)」と考えれば
相手にイライラしたりしなくてすむのです

相手を変えるのではなく
自分の人に対する考え方を変えればいいのです

相手が変わることを期待せずに、自分のために
自分を変える努力をしたほうがいいのではないでしょうか


人にイライラする原因は?

『問題は他人を変えようとするところから発生する』 
コンクリン

人に対する考え方を変える

『相手を変えようとする代わりに、自分が成長する』 
ロベルト・シンヤシキ

人にイライラしないための幸せになる考え方

自分を変える


2月9日(木曜日) 「服の日/福の日」
 「2(ふ)9(く)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

人が変わることを期待しない

 イライラしていると気分が悪くなり、幸せに過ごせないでしょう。
 イライラしていると、つい、人にあたってしまったり
しなくてもいいことをしてしまったりしてしまいます。

イライラは ハオハオ

 イライラしてしまうのは、今の現実や、人や、
自分に問題があることを受け入れられないからではないでしょうか。

現実は現実 ハオハオ  気にいらない人もいる ハオハオ

自分には問題もある ハオハオ

 現実を受け入れた上で、
 小さいことやどうにもならないことは、ハオハオと受け流す。
 大事なことは、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と考える。

 イライラして気分が悪い時には、
 (ハオハオ。気分をよくできたらいいな。ではどうしたら?)

気分転換 をしよう!


【きょうの名言】

『悪意をすてて、愛をとれ』


リンカーン (アメリカ合衆国第16代大統領)


幸せのヒント 「愛を選ぶ」

  悪意 : 怒り、憎しみ、恨み、嫉妬、・・・
   愛  : やさしさ、思いやり、・・・

 悪意をもって人に接するよりも、愛をもって人に接したほうが
いいのでしょう。
 自分の悪意が相手に伝われば相手からも悪意が返って来やすく、
自分の愛が相手に伝われば相手からも愛が返って来やすいのでは
ないでしょうか。

 ふと悪意を感じてしまうことはあるでしょうが、
「(悪意をもって人に接するような)そんな自分にはなりたくない」
と考えてみてはどうでしょうか。
 さらに、「愛をもって相手に接することができたらいいな」
と思えたらいいのかもしれません。


幸福に生きるヒント
2月9日(木曜日)
今日の幸福のヒント 人が変わることを期待しない

 『人と人とのあいだに起こる問題のほとんどは、
  誰しもがまず他人を変えようとする
  ところから発生するのです』 
ロバート・コンクリン

 人にイライラしたり腹を立てたりするのは、
心の中に「相手を変えたい」という思い、もしくは、
相手が変わることを期待する気もちがあるのかもしれません。
 人にイライラしたくないのなら、「人は(自分が望むようには)
変わらない」と思ったほうがいいでしょう。

 人を変えようとするよりも、自分を変えたほうがいい場合が多いのです。
 人にイライラしたり腹を立てたりしないような自分に変わることが
できればいいのです。
 人(の心)を変えるよりも、自分(の心)を変えるほうが
現実的ではないでしょうか(現実的な目標を設定する)。

 相手が変わることを期待せず、「そのままでいい(しかたがない)」
と考えれば、相手にイライラしたりしなくてすむのです。
 自分の心の平和のために、相手をあるがままに受け入れられると
いいでしょう(人を受け入れる考え方)。
 相手を変えるのではなく、自分の人に対する考え方を変えることが
できればいいのです。

 さらには、相手を良く考えるように心がけられるといいでしょう。
 自分(の相手への考え方/態度/接し方など)が変われば、
相手(の自分への態度や接し方など)も変わる可能性もあるでしょう。

 いずれにしても、相手が変わることを期待せずに、
自分のために、自分を変える努力をしたほうがいいのです。
 それは自分が人間として成長することにもつながるでしょう。
 そう考えれば、そういうイヤな人は自分を育てる「教師」
「いい練習相手」とも考えられるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月8日

2017/02/08 07:36
画像2月8日(水曜日)
誕生花は「ユキノシタ」、
花言葉は「切実な愛情」。


【きょうのメッセージ】

『複雑に考えないようにしよう』


すごく悩み苦しむのは
問題を複雑に考えてしまうからかもしれません
もう少し単純に考えたほうがいいこともあるでしょう

問題が複雑で難しく思えてしまうのは
余計なことを考えてしまうからかもしれません
余計なことは考えないほうがいいでしょう

問題によっては何も考えずに
無心になれるといいのかもしれません
時には「バカになれる」とよさそうです

あまり複雑に考えすぎないように
素直な心がもてるといいのではないでしょうか


物事を単純に考える

『何事も単純に考えなさい』 
  フランシスコ・サレジオ

人間関係での余計なこと、寂しいときに余計なことは考えない

無心

『「バカになれる」ということが・・・人間には大切』 
  糸井重里

素直な心

考え過ぎないための幸せになる考え方


2月8日(水曜日) 「針供養」 
1854年(安政元年)12月21日(新暦1855年2月7日)、
折れた針を豆腐やこんにゃくに刺して供養し、裁縫の上達を願う行事。

 きょうの幸福のヒントは、

複雑に考えない

どうしてこんなに 悩んでしまうんだろう  
ハオハオ 誰にでもそういうことはある

ハオ好 いいことじゃないの?  ?! よく考えればいいんだね!

 「問題解決のヒント」が参考になるかもしれません。

考えるのは いいこと、考え過ぎるのは くよくよの元

 考えすぎないように、よく考えることができるようになれたら
いいのではないでしょうか。


どうしてこんなに 悩んでしまうんだろう  
ハオハオ 誰にでもそういうことはある

ハオ好 いいことじゃないの?  ?! よく考えればいいんだね!

 「問題解決のヒント」が参考になるかもしれません。

考えるのは いいこと、考え過ぎるのは くよくよの元

 考えすぎないように、よく考えることができるようになれたら
いいのではないでしょうか。


【きょうの名言】

『「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから
人生は好転する』


ウエイン・ダイアー 
「どう生きるか、自分の人生!」より


幸せのヒント 「自分を変える」

 「過去のせい、人のせい」にしてばかりいるのは、
  自分のためによくないのではないでしょうか

過去を嘆いたり、人を恨んだりしていても、自分が苦しむだけでしょう。

「過去のせい、人のせい」にしているだけでは、何も変わりません。
過去も変わらないし、人も変わらないだろうし、自分も変わりません。
自分が変わらなければ、同じことの繰り返しになるのではないでしょうか。

 『誰でも長い間にわたって不幸なのは、
  自分が悪いからにほかならない』 モンテーニュ

  自分の中に問題点を見いだし、改善できれば、
   自分をいい方向に変えていけるでしょう。
  自分が変われば、現実も変わっていくでしょうし、
   まわりの人(との関係)も変わっていく可能性もあるでしょう。

 『「原因を自分に求める」ことのできない人にも
  幸福になる資格はないのかもしれない』 櫻木健古


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 複雑に考えない

 すごく悩み苦しむのは、問題を複雑に考えてしまうからかもしれません。
 物事を単純に考えることで、心を落ちつけ、
いい思考ができるようになるといいのではないでしょうか。

 問題が複雑で難しく思えてしまうのは、
余計なことを考えてしまうからかもしれません。
 たとえば、人間関係での余計なこと、
寂しいときに余計なことは考えないほうがいいでしょう。

 自分にとって本当に大切なものがわかっていれば、
「それを大切にするためにはどうしたらいいか?」を考えれば、
答えがわかることがあるでしょう。
 大切なものは単純なことが多く、
シンプルな原点に帰ることが大事なのかもしれません。

 問題によっては何も考えずに、無心になれるといいのかもしれません。
 時には「バカになれる」とよさそうです。
 複雑に考えない素直な心がもてるといいでしょう。

 ただ悩んでいるよりも、動いて解決を目指したほうが
いいこともあるでしょう。
 問題がいろいろあっても、一つ一つ考えることが大事です。
 考えすぎないように、シンプルに落ちついて考えられるように
なるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月7日

2017/02/07 08:34
画像2月7日(火曜日)
誕生花は「ヒアシンス<青>」、
花言葉は「悲哀」。


【きょうのメッセージ】

『やる気を出す工夫をしよう』


やろうと思うことがあっても
なかなかやる気が出ない時もあるでしょう
そこで、「やる気が出ないからできない」と
簡単にあきらめてしまうのはよくないでしょう

やる気が出ないのなら
「やる気を出す工夫をしよう」と考えましょう

自分なりに工夫した方法が
自分にはいちばん役に立つのです

そのような努力を続ければ、自分の(役に立つ)
「やる気を出す方法」がいつくかできるでしょう
それは、今後の人生の中でも何度も役に立つ
自分の財産になるのではないでしょうか


やる気を出す工夫

『目的か、手段か、やる気か。できない理由は3つ』 
中谷彰宏

モチベーションを高める“エサ”

夢や目標を愉しんで生きる


2月7日(火曜日) 「北方領土の日」 
1854年(安政元年)12月21日(新暦1855年2月7日)、
日露和親条約が締結され、北方領土が日本の領土として認められた。

 きょうの幸福のヒントは、

モチベーション

 夢や目標をもっている人には、
3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」
「目標が達成できたらいいな」と考え、
続けて「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。
目標達成に向けて前進することができるのです。
前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、
「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、
いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考え続け、
少しずつでも前進すればいいのではないでしょうか。

幸せのヒント 「怠惰?」

 怠惰が身につきやすいのは、
楽しむ・くつろぐ・休むなどが心地よいこと
(幸せなこと)だからでしょう。

  やる時には、一所懸命にやる
  楽しむ時には、大いに楽しむ
  くつろぐ時には、リラックスしてくつろぐ
  休む時には、安らかに休む

 このようなメリハリが大切なのではないでしょうか。

 怠惰な生活になってしまうのは、自分が本当にやりたいことや、
自分の望みがはっきりしていないからかもしれません。


【きょうの名言】
『われわれにとって怠惰ほど有害で致命的な習慣はない。
にもかかわらず、これほど身につきやすく、
断ちがたい習慣もない』


ジョン・トッド 「自分を鍛える」(三笠書房)より



幸福に生きるヒント
2月7日(火曜日)
今日の幸福のヒント モチベーション

 自分がちゃんとやりさえすればできることを、
自分がやらないためにできないことがたくさんあるのです。
 やればいいとわかっていても、
やる気がわかないからやらないこともあるでしょう。
 何かを為すための第一は、や(ろうとす)ること。
 それができないのはモチベーション(やる気)の問題です。

 モチベーションを生む第一は、
達成することで得られる将来の幸せへの希望や期待感
(もしくは、幸せの予感)でしょう。
 ですから、達成をイメージして、
その魅力を感じられることが肝心なのです。

 とは言っても、いつも高いモチベーションをもつのは難しいでしょう。
なんとなくやる気が出ない時もあるでしょう。
 でも「やる気が出ない(からできない)」と、
簡単にあきらめてしまうのはよくないでしょう。
 やる気が出ないのなら、「やる気を出す工夫をしよう」
と考えるのがいいでしょう。
 たとえば、モチベーションを高める“エサ”
(仕事のモチベーション)を使うなど。
 いちばんいいのは、「好き」という気もちが
モチベーションにつながることだと思います。

 モチベーションを下げないように、日ごろから
希望がもてる考え方を心がけることが大切なのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる