アクセスカウンタ

驢馬の戯言

プロフィール

ブログ名
驢馬の戯言
ブログ紹介
ロバが旅にでたところで、馬になって帰ってくるわけではない。


年々歳々花相似たり
洛陽城東桃李の花
   飛び来たり飛び去って誰が家にか落つる
   洛陽の女児顔色を惜しみ
   行く行く落花に逢って長く嘆息す
   今年花落ちて顔色改まり
   明年花開くとき復た誰か在る
   己に見る松柏の摧かれて薪と為り
   更に聞く桑田の変じて海と成るを
   古人復た洛城の東に無し
   今人復た対す落花の風
   年々歳々花相似たり
   歳々年々人同じからず
   言を寄す全盛の紅顔子
   応に憐れむべし半死の白頭翁   (後略)
zoom RSS

11月24日

2017/11/24 09:11
画像11月24日(金曜日)
 誕生花は「がまずみ」、
花言葉は「愛は死よりも強し」。



【きょうのメッセージ】

『良い習慣を身につける習慣』

良い習慣を身につけることが幸せにつながります

たとえば、健康習慣、努力の習慣、学ぶ習慣、
気分よく生活する習慣、幸せに暮らす習慣・・・

「良い習慣を身につけていく」習慣を
つくることがいちばんではないでしょうか


良い習慣を身につけよう

『はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る』
  ドライデン

運動習慣、幸せに歩く習慣

努力の習慣、工夫する習慣、学ぶ習慣

幸せになれる考え方の習慣、意図的気分転換の習慣

『幸せに暮らす習慣こそ、一番の青い鳥』

“幸せになれる習慣”を身につけよう、朝の幸せ習慣

習慣は身につけられる


  11月24日(金曜日) 「東京天文台設置記念日」
 1921年(大正10年)11月24日に、
東京・麻布に東京天文台が設置された(第一赤道儀室)。

 きょうの幸福のヒントは、

よい習慣を身につける習慣

 実際に、幸せになるためには、そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」という心構え(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

 幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、幸せに暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『自分の今行っていること、
行ったことを心から楽しめる者は幸福である』

ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


幸せのヒント 「今を楽しむ」

  働くことを楽しめる、学ぶことを楽しめる、
  遊ぶことを楽しめる、趣味を楽しめる、
  夢や目標をもって努力することを楽しめる、
  まわりの人といっしょにいることを楽しめる、
  歩くことを楽しめる、くつろぐことを楽しめる、
  食べることを楽しめる、寝ることを楽しめる、・・・

 生活の中に、心から楽しめることを、一つ一つ増やしていけたら、それだけ幸せになっていけるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント よい習慣を身につける習慣

 『自助論』(サミュエル・スマイルズ)より
 よい習慣を身につければ、人格も立派にみがき上げられる。古くからいわれるように、人間は習慣の寄せ木細工であり、習慣は第二の天性なのである。

 古い習慣を根だやしにするのは、歯を抜くよりはるかに厄介で、しかもいっそうの苦痛を伴う場合が多い。リンチが述べているように、「立派な習慣を身につけるよう気をくばるのが、いちばん賢明な習慣」なのである。
 「よい習慣を身につけることは、よい人格を身につけること」と考えてもいいのでしょう。(『習慣は第二の天性なり』)
 その習慣が人格を磨くようなものの場合、時を経ればそれだけ自分の人格を高めていけるでしょう。

 たとえば、読書の習慣、人から学ぼうとする習慣、目標をもって努力する習慣、幸せにしたい人の幸せを考える習慣、自省の習慣などは、継続することで自分を高めていくことにつながるのではないでしょうか。

  『はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る』 
  ドライデン

 悪い習慣をやめることも自分にとってとてもいいことですが、実際には難しいことが多いでしょう。
 努力しても、「やめられない。(自分はダメだ)」などと落ち込み、自信をなくすことになってしまうこともあるでしょう。

 『われわれは消極的に悪い習慣を捨てようと努力するよりも、
   むしろ常に良い習慣を養うように心掛けねばならぬ』 
  ヒルティ

 よい習慣をつくることに力を注いだほうがいいのかもしれません。
 「(心がけを続ければ)習慣は身につけられる」と信じ、よい習慣を一つ一つ、少しずつ身につけていけたらいいのではないでしょうか。

 そういう「よい習慣を身につけていく」習慣をつくることがいちばん、ということでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月23日

2017/11/23 08:16
画像11月23日(木曜日)
誕生花は「ストレリチア(極楽鳥花)」、
花言葉は「全てを手に入れる」。


【きょうのメッセージ】

『まわりの人を大切にしよう』

自分のまわりにいる人を大切にすることは、
自分が幸せになる方法の一つです

まわりの人との関係がうまくいっていないと、
幸せに暮らすのは難しいでしょう

「まず自分から」と関係を良くする努力をしよう
思いやりとやさしさをもって接しよう
できれば、相手を幸せにしよう

自分のまわりの人を大切にし、信頼関係を築くことは、
将来の幸せを信じることにもつながるのではないでしょうか


まわりの人を大切にする

『まず一番身近な者たちにできるだけのことをしよう』 
  坂村真民

まず自分から

人間関係を良くするために

思いやり、やさしさ

『他者を幸福にすることが、一番確かな幸福である』 
  アミエル

人を幸せにする

まわりの人を大切にしよう


  11月23日(木曜日) 「勤労感謝の日」国民の祝日。
 勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう日。

 きょうの幸福のヒントは、

人間関係を良くする

思いやりのある人は 好好

ところで 思いやりって何?

 一つには、人を不幸にしないこと。
  人にイヤな思いをさせない、人を傷つけるようなことをしない、・・・。
 一つには、人を幸せにすること。
  人にやさしくする、人を喜ばす、人のためになることをする、・・・。

では、どうしたら? 思いやりをもてるの?

 まずは、相手のことを気にかける、相手に関心や興味をもつ。
 次に、相手の心(感情・望み・考え)を察する/想像する。
 そして、相手のためを考える、相手の幸せを考える。

 と、頭で考えても、それを行動に移すのは難しいことかもしれません。

好好な心で 人に接することができたらいいな

 と、心がけるのを続ければいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『結婚前には両目を大きく開いて見よ。
結婚してからは片目を閉じよ』

トーマス・フラー (イギリスの神学者)


幸せのヒント 「決断の前と後」

  決断前には、長所も短所もよく見て判断する
  決断後には、長所をよく見て、短所は大目に見る

 一旦決断したら、後悔して生きるよりも、自分の決断を幸せなものにできるように努力することが大切なのではないでしょうか。
 うまくいかないのは、決断のせいよりも、決断後の努力と現在の心がけのせいなのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人間関係を良くする

 自分の幸不幸は人間関係に大きく左右されている、と思われる人はけっこう多いのではないでしょうか。
 まわりの人との関係が良好なら、幸せに暮らしやすいでしょう。
 そのために、「関係を良くしよう」と努力することは大切なことなのではないでしょうか。

 と言っても、「誰とでも親しくならなければならない」のような思い込みには、無理があり、人間関係で苦しむ一つの要因にもなってしまいがちです。
 自分にとって大切にしたい相手との関係に限って、良くする努力すればいいのだと思います。
 その他の人とは、それなりにつきあえればいいのではないでしょうか。
 中には、多少関係が悪い人がいても「このままでもいい」と思えるようになれたら、と思います。

 関係を良くする方法として、まず、「自分の相手に対する考え方を変える」ことをおすすめしたいと思います。
 「人を悪く決めつけるのはやめよう」「相手を良く考えてみよう」と心がけることができたらいいでしょう。(人に対する考え方、人を受け入れる考え方)

  『おまえの心を明るく楽しくしようと思うならば、
   ともにくらす人びとの長所を思え』 マルクス・アウレリウス

 関係を良くするための考え方で、簡単で役に立つのが「まず自分から」です。
 自分が関係を良くしたいのなら、そうできるように「まず自分から」相手に働きかけることです。

まず自分から

 他にも、好い気もちで相手と接する、コンタクトを増やす、良い関係に貢献するというような努力ができるいいでしょう。
 人間関係を良くするもう一つの方法は、「相手を幸せにする」ことを実践することです。
 基本的には、思いやりとやさしさをもって接することができれば、と思います。

  『あなたが他人に対して尊敬と思いやり、そして暖かい心を抱いていれば、
   それは気温や空気の香りのようにまざまざと相手に伝わります。
   そしてあなたの人間関係は肯定的なものとなります』 ロバート・コンクリン

 人づきあいの目的・価値は人それぞれにいろいろあると思いますが、できることなら人づきあいを楽しめるといいのではないでしょうか。
 そのためにも、まわりの人との関係を良くしたほうがいいでしょう。

 まずは、「まわりの人を大切にしよう」「(あの人との)関係を良くするように努力しよう」と決心することからかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月22日

2017/11/22 08:51
画像11月22日(水曜日)
誕生花は「わびすけ(侘助)」、
花言葉は「簡素」。


【きょうのメッセージ】

『自分を知る』

幸せになるためには、まず、自分を知ること
自分の幸せを知ることが、
自分の幸せになる方法を生み出すことにつながる

自分を知るために役立つのが自省する時間をもつこと
自分の心の働きを知り、それを改善することが、
不幸にならないこと、幸せになることにつながる

自分を知り、もっと自分を幸せに
できるようになるといいのではないでしょうか


自分のことをもっとよく知ろう

『自分を知ることは、よりよい人間になるための必要条件』
  マーク・I・ローゼン

自分を省みる時間をもちましょう

『反省し、直そうとするから改善があり、進歩がある』 
  真藤恒

できるだけ不幸にならない、幸せになれることをする

『幸福とは、自分の分を知って、それを愛することである』
  ロマン・ロラン

自分を愛してあげよう


  11月22日(水曜日) 「いい夫婦の日」 
「11(いい)22(ふうふ)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

自分を知る

 自分を悪く考えない、できれば良く考えるというのが「自分は好好」の第一です。

 誰にでも欠点や苦手はあるものです。
 そういうことに関する幸せになる考え方には、次のようなものがあります。
 「××もあるけど、○○もある」
 「今は××だけど、いつかは○○」

自分には問題もあるけど ハオハオ  いい所もある 好好

 多少の問題はハオハオ(しかたがない/そのままでいい)と済ませたほうがいいと思います。
 そうはいかない大切な問題で、どうにかしたい場合は「○○たらいいな。ではどうしたら?」と3Hの考え方ができたらいいでしょう。

 今の自分を悪く考えずに、時間をかけて自分を育てていこうという姿勢があれば、それでいいのです。そういう自分は「それなりにいい(好好)」と考えていいと思います。

 このような考え方ができるようになれば、多少問題があっても「自分は(それなりに)好好」と思えるのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『千里の道も一歩から』


『千里の行も足下に始まる』
  老子


遠い千里の道も足もとの第一歩から始まる
遠大な事業も手近いことから始まる


幸せのヒント 「第一歩、そして、一歩一歩」

第一歩がなければ、二歩以降はありません

 『はしごを登る者は
  最初の段から始めなくてはならない』 
  ウォルター・スコット

 『事を行うにあたって、
  いつから始めようかなどと考えているときには、
  すでに遅れをとっているのだ』 
  クインティリアヌス

第一歩めには、不安もあり、勇気がいるでしょう。
でも、いずれ始めることなら、
 早いほうがいいのではないでしょうか。

幸せになるためには、勇気を出して、
 第一歩を踏み出すことが大事な時があるでしょう。

 『幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね
  一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩さがる』
     「365歩のマーチ」(作詞・星野哲郎)より

 『あと一歩だけ、前に 進もう』
  「Progress」(作詞・スガシカオ)より

思うように進まない時もあるでしょうが、
 一歩一歩前進を続けることが
 ゴールにつながるのではないでしょうか。

 『毎日少しずつ
  それがなかなかできねんだなあ』 
  相田みつを



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分を知る

 幸せになるためには、まず、自分を知ることが大事でしょう。
 自分の望みを知れば、それを叶えることで幸せになれるでしょう。
 自分の好きなもの(事・人・物)は幸せのヒントであり、それを大切にする(愛する)ことで幸せな気もちになれるでしょう。
 自分の取り柄や特技を知り、それを生かす生き方を選べるといいでしょう。
 自分の欠点を知り、それを変えていく努力ができるといいのでしょう(たとえば、自分の不幸になる考え方のクセを知り、幸せになる考え方を身につける)。
 自分にとって大切なもの(事・人・物)がわかっていれば、それを大切にする(愛する)ことが幸せにつながるのではないでしょうか。
 自分の幸せを知ることが、自分の幸せになる方法を生み出すことにつながるのです。

 自分について知れるといいことは、他にもいろいろあると思います。
 たとえば、自分にとっての豊かな時間を知る、自分で自分を楽しませる方法を知る、自分の弱さを知る、心の痛みを知る、自分の身の丈を知る、自分の分を知る・・・。

 自分を知るために役立つのが自省する時間をもつことです。自らを省みることが、自分を知り、自分を育てるために役立つのです。
 中でも大事なのは自分の感情・気分を知るです。
 好感情は幸せのヒントであり、悪感情(たとえば、苛立ち、孤独、不幸)は自分(の問題点)を知るヒントです。

 自分自身を知り、受け入れるか、自分自身を知り、変えていくかを選択することも大事です。
 いろんな自分を知り、それを生かせるようになるといいでしょう。

 自分を知り、自分を極めることが幸せへの本道なのかもしれません。
 時には、自分を知るために人生を振り返ってみたり、自分の幸せ・生活・生き方を考え直したりしてみるのもいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月21日

2017/11/21 08:40
画像11月21日(火曜日)
誕生花は「浜菊」、
花言葉は「友愛」。


【きょうのメッセージ】

『今は××だけど、いつかは○○』

「今は悲しいけど、いつかはこの悲しみもおさまる」
「今は苦しいけど、いつかは慣れる」

「今はうまくできない時もあるけど、
努力すればいつかはできるようになる」
「今は未熟なところもあるけど、
努力し続ければ少しずつ成長できる」

「今すぐには忘れられないけど、いつかは忘れられる」
「今はつらいけど、いつかはいい経験だと思えるようになる」

苦境に直面した時に、このような考え方を
心がけられるようになるといいのではないでしょうか


時間的展望と希望

『朝が来ない夜はない』

悲しい時には、やり過ごす

『目的を見失わずに努力を続ける限り、必ず救われる』 
  ゲーテ

いい努力を続けよう、成長を目指して努力する

『すべてのことはいい経験』 
  本多時生

忘れられない、いい経験にしよう


  11月21日(火曜日) 「インターネット記念日」
 1969年(昭和44年)11月21日に、
 インターネットの元型であるARPAネットの公開実験が開始。

 きょうの幸福のヒントは、

今は××だけど、いつかは○○

 何かをやって、うまくいかなくても、ハオハオ、こういう時もある。
 いつまでも落ち込んでいてもしかたがありません。

 まずは、現実を受け入れることで、心を落ちつける。
 「○○たらいいな」と心に希望をもち、
 「ではどうしたら?」と、今できることを考えてやる。

ハオハオ    ホープホープ    ハウハウ (3Hの考え方)

 うまくいかなかったのも、好好じゃないの?
  何かわかったこと、何か学べることがあったんじゃないか。
  次にはこうしたらいいんじゃないか、
という工夫や対策ができるのではないか。
  この悔しさをバネに頑張れるんじゃないか。
  「いい経験」になったのではないか。・・・

すべてのことは 好好(いい経験)

 「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ。やがて大きな花が咲く」
  (マラソンの高橋尚子選手の座右の銘)

 すぐにはできなくても、時間をかけて、少しずつできるようになれたら、と思います。



【きょうの名言】

『仕事を追え。
仕事に追われるな』

ベンジャミン・フランクリン (アメリカの政治家・科学者)


幸せのヒント 「追われないためには」

  自主性・自発性を発揮する
   自分から積極的に取り組む
   自分なりの夢や目標をもってやる
   目的意識(なんのために、誰のために、など)をもってやる
  楽しむ
   少しでも楽しめるように工夫する、イヤイヤやらない
   やりたい気もちになれるように、好きになれるように工夫する

 何かしら自分なりに工夫をすることが、追われないためには大事なのではないでしょうか。

 また、精神的に追われないためには、心の余裕が必要なのかもしれません。追われていると感じた時には、少し心の力を抜くことができたら、と思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 今は××だけど、いつかは○○

「今は悲しいけど、いつかはこの悲しみもおさまる」
「今は苦しいけど、いつかは慣れる」

 これは、今はよくないけど、時間がたてばよくなるという考え方です。
 時間の魔力はすごいものです。どんな問題も時間がたてばなんとかなります。必ず平静に生活できるようになります。
 いろいろな使い方をすることができます。次のように応用してみてください。

「今すぐには忘れられないけど、いつかは忘れられる」
「今はつらいけど、いつかはいい経験だと思えるようになる」

 次のような応用もできます。

「今は××な時もあるけど、いつかは○○」
「今は××なところもあるけど、いつかは○○」
のように、××な時もある、××なところもあると、部分的な問題であることを表現する方法も役に立ちます。いつもではない、すべてではない、ということです。例えば、次のようなものです。

「今はうまくできない時もあるけど、努力すればいつかはできるようになる」
「今は未熟なところもあるけど、努力し続ければ少しずつ成長できる」

 今(の自分)の足りない部分を受け入れた上で、将来の希望を持つための考え方です。欠点やうまくできない部分をすぐに改善することは難しい。しかし、努力すればいずれはできるようになる、ということです。
 もちろん、この考え方には、自分が将来よくなるように努力しようという意志が必要です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月20日

2017/11/20 09:30
画像11月20日(月曜日)
誕生花は「ルクリア」、
花言葉は「優雅の人」。


【きょうのメッセージ】

『幸せを自覚する』

幸せになるためには、
「自分は幸せ」と思えるようになることが肝心

どんなに幸せそうに見えても、本人が
そう思っていなければ、その人は幸せではないのです

「自分は幸せ」と思えるようになるためには、
幸せを感じられるようになること
自分が感じた幸せを信じること
そして、自分の幸せを自覚すること


幸せの自覚

『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 
  サイラス

幸せを感じる

自分の幸せを信じる

幸せを自覚する

『幸福というものは客観断定にあらずして、主観の断定にある』 
  中村天風



  11月20日(月曜日) 「ホテルの日」
 1890年(明治23年)11月20日に、
 帝国ホテルが開業した。(帝国ホテルの歴史・沿革)

 きょうの幸福のヒントは、

幸せを感じ、「自分は幸せ」と思う

 人生には、悪いこともありますが、いいこともあります。
 不幸なこともあるでしょうが、幸せなこともあるはずです。

ハッピーなことは 好!好!   (アンハッピーなことは ハオハオ)

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。

「好好(じゃない)?」と考えることで、
いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、
続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、
「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、
幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。
そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)
充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



【きょうの名言】

『幸福は決して怠惰の中にはない』

『幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ』


石川達三 (小説家)


幸せのヒント 「努力する生活の中の幸せ」

 努力しなければ得られない幸せも多いでしょう。
 努力する生活の中の幸せを感じて
  生きられるようになれたらいいのではないでしょうか。

  希望のある幸せ、張りあい(やりがい/生きがい)のある幸せ、
  様々な楽しみや喜びを感じられる幸せ、前進や進歩の幸せ、
  日々充実感を感じられる幸せ、・・・

 努力しているからこそ得られる幸せがあるのでしょう。

 遊ぶ幸せや安らぎの幸せや休息の幸せも、
  怠惰な生活の中ではなく、
  努力する生活の中にあるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せを感じ、「自分は幸せ」と思う

 幸せになるためには、幸せを感じることが肝心です。
 幸せを感じるためには、まず自分の幸せに気づくことが必要です。
 幸せに気づいた時には、余計なことを考えずに、幸せを素直に感じることが大切です。

 幸せな時には、幸せをより強く感じられるといいでしょう。幸福感を高めるためには、想像力を働かせるといいのです。
 「感謝する」ことは、有力な幸せになる方法の一つです。「ありがたいなぁ」と心から思えれば、幸せを感じることができます。その際に、想像力を働かせると、より強く幸せを感じられます。

 幸せになるためには、「自分は幸せ」と思えるようになることが肝心です。どんなに幸せそうに見えても、本人がそう思っていなければ、その人は幸せではないのです。
 「自分は幸せ」と思えるようになるためには、幸せを感じられるようになること。自分が感じた幸せを信じること。そして、自分の幸せを自覚することが大事です。
 いいことがあった時、何かを手にいれた時などには、「いいなぁ」「よかった」「うれしい」などと素直に思えると、それなりに幸せな気もち(広い意味での幸福感)になれます。
 続けて、「幸せだなぁ」と思えると、幸福感がより確かに感じられます。「幸せだなぁ」と心から思えた時に感じられるのが狭い意味での幸福感です。

 幸せを感じるためには、その能力が必要です。幸せをあまり感じられないのは、幸せを感じる能力が足りないのです。
 能力は使い続けると維持できます。工夫して使うと向上できます。幸せになるためには、幸せを感じる能力(感受性)を磨いていけるといいのです。
 いろんな幸せを感じて生活していれば、自然に幸せを感じる能力が磨かれているのです。反対に、幸せを感じることが少ない人は、徐々に幸せを感じにくくなってしまいます。
 自分の幸せを感じる能力を向上できるように、少なくとも退化しないように、いろんな幸せを繰り返し感じて生活できるようになるといいのではないでしょうか。
元画像を表示
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月19日

2017/11/19 09:05
画像11月19日(日曜日)
誕生花は「パピルス」、
花言葉は「素直さ」。


【きょうのメッセージ】

『幸せを望んで生きよう』

幸せになれないのは、
幸せを望んでいないからかもしれません

自分の望みを知り、「○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考えることが増えれば、
望みを実現するために行動できることが増え、
望みが叶って幸せを感じられることも増えるでしょう

何を希望するかで、人生が変わります
自分の望みを一つ一つ叶えていくことで、少しずつ
幸せな人生にしていけるといいのではないでしょうか


明確に具体的に望む

『願望は、われわれがなしとげうるであろうことの先触れである』
  ゲーテ 
   

○○たらいいな。ではどうしたら?

自分の望みを知る

『望みを持とう。でも、多すぎない望みを』 
  モーツァルト

何を希望するかで、人生が変わる



  11月19日(日曜日) 「世界トイレの日」 
2001年11月19日に、 世界トイレ機関(WTO)が設立。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せを望んで生きる

 幸せになれない人は、望む心(ホープホープ)が足りないのかもしれません。
 不幸になりやすい人は、望む心(ホープホープ)が強すぎるのかもしれません。

幸せを望むことは 好好    望みすぎるのは ハオハオ

 自分の心が何を望んでいるかを知り、

○○たらいいな (ホープホープ) ではどうしたら? (ハウハウ)

 自分に合った、いい望みをもてるようになることが、
  幸せになるためにはとても大切、だと最近私は思っています。

いいホープホープの習慣を身につけて 幸せに暮らせるようになりましょう



【きょうの名言】

『涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く 花のように
見るものすべてに おびえないで
明日はくるよ 君のために』

岡本真夜 「TOMORROW」より


幸せのヒント 「前向きな考え方」

  つらい経験は、自分を強くしてくれる
  障壁を乗り越えれば、それだけたくましくなれる
  目の前のものを、恐れていてもしかたがない
  明日を信じて生きていこう

 つらい時には、前向きな考え方がなかなかできないこともあります。
 人から前向きな考え方をアドバイスされても、「人ごとだと思って」「人の気もちも知らないで」などと思って、なかなか受け入れることができないものです。
 この歌(詩)を自ら想い出すことができれば、少しは前向きな気もちになれるかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せを望んで生きる

 幸せになれないのは、幸せを望んでいないからかもしれません。
 望むものがあっても、それを忘れて生活していては、望んでいないのと同じです。

 幸せになるためには、明確に望むことが大切なのです。
 明確に望むための実践方法は、「○○たらいいな」と思うことです。
 続けて、「ではどうしたら?」と考えれば、何をすればいいかがわかることが多いでしょう。それをやれば容易に叶う望みもあるのです。
 自分の望みを知り、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と考えることが増えれば、望みを実現するために行動できることが増え、それにつれて望みが叶って幸せを感じられることも増えるでしょう。

 まずは、自分が幸せになれる本当の望みを知ることが大事です。
 自分の幸せを知ることが自分の望みを知ることにつながります。
 幸せになれないのは、実現が極めて困難か不可能な望みをもっているからかもしれません。実現可能な望みをもつことが大事なのです。
 また、幸せになるためには今を大切にできるようになることが肝心です。そのために、今(の自分・状況)に合った望みを選択できるようになれるといいのです。

 私が提案する“幸せな人生”は、「日々小さな幸せをいくつも感じ、時々中ぐらいの幸せを感じ、たまに大きな幸せを感じられる可能性のある人生」というものです。ここで、「日々」は「毎日」、「時々」は「週に数回から年に数回」、「たまに」は「何年かに一回」ぐらいに考えています。
 こんな感じで小さな望み、中ぐらいの望み、大きな望みを合わせてもつことができるといいでしょう。

 自分が何を望むかによって、行動が変わり、人生が変わります。
 自分の望みを一つ一つ叶えていくことで、少しずつ幸せな人生にしていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月18日

2017/11/18 07:26
画像11月18日(土曜日)
誕生花は「山百合」、
花言葉は「荘厳」。


【きょうのメッセージ】

『自分を強くしよう』

自分を強くしようと努力するのはいいこと

「自分は弱いから」「性格だから」などと、
自分を強くすることを最初からあきらめてしまうのは、
自分を見放しているようなもの

そんなに急に、すごく強くなることはできないでしょう
でも、努力しだいである程度は可能だと思います

すごい強さを求めるのではなく、
“柳に風”流のしなやかな強さを
身につけられるといいのではないでしょうか


自分を強くする

『弱い心を強くしなければ…。それが本当の解決法』
 ひろさちや  

心を強くする幸せになる考え方

『苦しんで強くなることが、いかに崇高なことであるかを知れ』 
 ロングフェロー

“柳に風”流のしなやかな強さを身につけよう

自分を強くするヒント


11月18日(土曜日) 「土木の日」 
1879年(明治12年)11月18日に、
 工学会(日本工学会の前身)が設立され、また、
 「土木」を分解すると「十一」「十八」になることから。

 きょうの幸福のヒントは、

自分に強さを求めすぎない

「強くなりたい」と思っても、すぐに簡単になれるわけではありません。
 まずは、「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけよう。

 悪いことがあっても、ただ受け入れればいいのです。

悪いことがある   ハオハオ しかたがない

   悲しい        ハオハオ 今はしかたがない

   自分は弱い      ハオハオ 今はしかたがない

 悪いことが終わったら、ふだんの自分に素早く戻れればいいのです。

   悪いことが終わった    好好 よかったじゃない

何かいいことをしよう  (そんな自分は 好好)

 悪いことがあってもできるだけ軽く受け流して 
今の生活を大切にできるような強い自分になりましょう。



【きょうの名言】

『あなたのできることをしなさい。
あなたのもっているものを使って、
あなたのいるところで』


セオドア・ルーズベルト (アメリカの政治家)


幸せのヒント 「今の自分にできることをする」

 自分にはできないことを考えていてもしかたがありません
 できない理由(言い訳)を考えていてもしかたがありません
 自分が本当にしたいことなら、
 今できることをすることが大事なのでしょう

自分の目標を達成するために、自分の幸せのために、

 自分にできることは何か?
 自分のもっているものを活かすためには?
 今、ここでできることは?

今できることを大切にすることが、ベストを尽くし、
 目標達成に近づくことにつながるのでしょう。

たいていの目標は、
 自分にできることの積み重ねで
 実現できるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分に強さを求めすぎない

 自分を強くしようと努力するのはいいことです。
 弱い自分をそのまま放っておくのは、自分を大切にしていないと思います。

 誰でも弱い所はあるし、心が弱くなってしまう時はあります。
 そういう弱い自分を責めたり、卑下したりするのは、自分で自分をいじめているようなものです。
 「自分は弱いから」「性格だから」などと、自分を強くすることを最初からあきらめてしまうのは、自分を見放しているようなものです。

 自分が苦しんだりつらい思いをしているときには、自分を助けられるようになるといいでしょう。
 自分を助ける方法はいろいろあると思います。
 たとえば、自分を励ます、自分の心を支える、心を切り替える、・・・。
 自分を助けられる自分は強いのです。

 自分を強くしようと思っても、そんなに急に、すごく強くなることはできないでしょう。
 でも、自分を強くすることは努力しだいで、ある程度は可能だと思います。
 すごい強さを求めるのではなく、“柳に風”流のしなやかな強さを身につけられるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月17日

2017/11/17 08:05
画像11月17日(金曜日)
誕生花は「蕗(フキ)」、
花言葉は「公平」。


  しあわせ日記 「善い行いをする」
 善い行いは幸せにつながり(善因善果)、
悪い行いは不幸につながることが多いのです。
 それ以前に、善い行いをすること自体が、
ちょっと幸せな気もちになれることなのです。
 善いことをするのは、人のためだけでなく、
自分にとっても良いことであり、自分が幸せになる方法の一つです。

 喜んで善い行いができる人は、幸せになりやすいでしょう。
自分にできる善いことは、たくさんあるはずですから。
 人に善いこと、社会に善いこと、
 地球に善いこと、・・・(人を幸せにすること)。

 「善い行い」をしようとしないのは、なぜでしょうか?
 「人の目を気にして、善いことができない」ということがあると思います。  
恥ずかしい、いいカッコしい・偽善者と思われるのがイヤだ、など。
 人の目よりも自分の心・幸せを大切することで、
善い行いが実践できるようになるといいのではないでしょうか。

 また、「自分に善いこと」もあります。
 自分の身体に善いこと、自分の心に善いこと、
自分の将来に善いこと、自分の幸せにつながると・・・。

 自分に善いことをしてあげるというのも、幸せになる方法の一つです。

自分にとって、いいことをしよう

 善い行いをする喜び・幸せを素直に感じられるように
なれるといいでしょう。
 それが習慣になれば、その人は幸せに
(暮らせるように)なれるでしょう。



11月17日(金曜日) 「将棋の日」 
江戸時代、将棋好きの8代将軍徳川吉宗が、この日を
「お城将棋の日」とし、年に1回の御前対局を制度化。
(日本将棋連盟)

 きょうの幸福のヒントは、

善は急げ

 いいことをするのは、気もちがいいでしょう。

 自分のためにいいこと(自分の身体にいいこと/自分の心にいいことなど)、
 人にいいこと、社会にいいこと、地球にいいと、・・・

いいことをするのは 好好

 人にどう思われるかなどは気にしないで、自分がいいと思うことをやって、
素直に愉しんだり・喜んだり・いい気分になったりできたら
いいのではないでしょうか。


  『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、
   いちばん幸せなんだねぇ』 
    宮沢賢治



【きょうの名言】

『他人の厚顔無恥に腹が立つとき、
ただちに自らに問うてみよ。
「世の中に恥知らずの人間が
存在しないということがありえようか」
「ありえない」と答えるだろう。
それならば、ありえぬことを求めるな』

マルクス・アウレリウス (ローマの皇帝・哲学者)


幸せのヒント 「人に腹が立つのは?」

  無神経な人、無礼な人、意地悪な人、モラルがない人、
  礼儀・マナー・エチケットをわきまえない人、ルールを守れない人、
  やさしくない人、思いやりに欠ける人、自己中心・わがままな人、・・・

 世の中にはこういう人がたくさんいます。
 そういう人に腹を立てるのは、そういう人が存在しないことを求める心があるからかもしれません。
 そういう人のためにイライラして過ごしてしまうのは、自分の時間と精神的なパワーがもったいないのではないでしょうか。

 「(世の中には)こういう人もいる」と考えることができれば、それほど腹が立ったりイライラしたりしなくてもすむでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人の生き方、自分の生き方

 人間関係の問題でいろいろ役に立つ考え方が「人は人、自分は自分」です。

 世の中にはいろんな生き方をしている人がいます。
 人の生き方を見て、参考にしたり反面教師として学んだりするのならいいのでしょうが、嫉妬したり落ち込んだり不幸(な気もち)になるのはよくありません。
 「人(の生き方)は人(のもの)。自分(の生き方)は自分(のもの)」と考え、自分の人生を大切にできるといいでしょう。

 反対に、人の生き方にアドバイスはできても、最終的に生き方を決めるのは本人です。
 たとえ親でも(成人した)子供の人生を決定することはできない、と考えたほうがいいでしょう。
 「人(の人生)はその人(のもの)」です。過干渉はやめたほうがいいでしょう。

 人の意見をきいたとしても、それを選択したのは自分であり、その責任は自分が経験としてとるしかないのです。
 人生の選択が難しいこともあるでしょうし、現実としていちばん望む選択はできないこともあるでしょう。
 それでも、自分が選択した人生で「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きることで、「自分(の人生)は自分(の愛すべきもの)」と言えるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月16日

2017/11/16 07:48
画像11月16日(木曜日)
誕生花は「クリスマスローズ」、
花言葉は「追憶」。


【きょうのメッセージ】

『人は人、自分は自分』

世の中にはいろんな生き方をしている人がいます
人の生き方を見て、参考にしたり
反面教師として学んだりするのならいいのですが、
嫉妬したり落ち込んだりするのはよくありません

「人(の生き方)は人(のもの)。
自分(の生き方)は自分(のもの)」と考え、
自分の人生を大切にできるといいでしょう

人生の選択が難しいこともあるでしょうし、
現実としていちばん望む選択はできないこともあるでしょう

それでも、自分が選択した人生で
「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きることで、
「自分(の人生)は自分(の愛すべき人生)」と
言えるようになるといいのではないでしょうか


人は人、自分は自分

『人は人、我は我』

自分の人生を大切に

人生の選択

『信じたこの道を 私は行くだけ すべては心の決めたままに』

「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きる

自分の人生を愛する


  11月16日(木曜日) 「国際寛容デー」 
1995年(平成7年)11月16日に、
ユネスコ総会で「寛容原則宣言」等が採択された。

 きょうの幸福のヒントは、

人の生き方、自分の生き方

人に迷惑をかける“わがまま”は ハオハオ

人に迷惑をかけない“わがまま”なら 好好

自分らしくできる“我がまま”は 好!好!

 まわりの人を大切にするのはいいことです。
 でも、そのために自分らしく生きられないのは、
自分にとってよくないでしょう。

ちょっとぐらいの“わがまま”は ハオハオ   
その分 好好なことをしよう



【きょうの名言】

『少し余計に努力する、
少し大目に目をつぶる』


レオ・バスカリア 「愛するヒント 生きるヒント」より


相手よりも少し多目に尽くす、相手の欠点は大目に見る
人間関係を良好にする秘訣かもしれません


幸せのヒント 「人間関係を良くするためには」

 『よき友人を得る唯一の方法は、
  まず自分が人のよき友人になることである』 エマーソン

 『何かをしてもらおうとするから、つらくなる。
  何かをしてあげようとするから、ハッピーになれる』 中谷彰宏

人間関係を良くするためには、相手に何をしてもらうかよりも、
 自分が相手に何をしてあげられるかが大事なのではないでしょうか。

 『賢明になるコツは
  何を大目に見るかを知ることである』 ウィリアム・ジェームズ

 『愛があれば、相手の欠点は気にならない。
  大目に見ることができる』 レオ・バスカリア

相手の欠点がすごく気になるのは、
 相手に対する自分の愛が足りないからかもしれません。

 『我よく人を愛すれば 人また我を愛す』 伊藤仁斎

 『自分自身を分け与えれば与えるほど、より多く得られる。
  これが流出−流入の法則』 シャクティー・ガーウェイン

 『ただ相手に与えるだけではいけない。
  相手からももらわなくては』 ゴッホ

“ギブ・アンド・テイク”の考え方が基本なのでしょうが、

 まず自分から、また少し余分に、
 ギブできるようになれたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人の生き方、自分の生き方

 人間関係の問題でいろいろ役に立つ考え方が「人は人、自分は自分」です。

 世の中にはいろんな生き方をしている人がいます。
 人の生き方を見て、参考にしたり反面教師として学んだりするのならいいのでしょうが、嫉妬したり落ち込んだり
不幸(な気もち)になるのはよくありません。
 「人(の生き方)は人(のもの)。自分(の生き方)は
自分(のもの)」と考え、自分の人生を大切にできるといいでしょう。

 反対に、人の生き方にアドバイスはできても、
最終的に生き方を決めるのは本人です。
 たとえ親でも(成人した)子供の人生を決定することは
できない、と考えたほうがいいでしょう。
 「人(の人生)はその人(のもの)」です。過干渉は
やめたほうがいいでしょう。

 人の意見をきいたとしても、それを選択したのは自分であり、
その責任は自分が経験としてとるしかないのです。
 人生の選択が難しいこともあるでしょうし、
現実としていちばん望む選択はできないこともあるでしょう。
 それでも、自分が選択した人生で「自分の生き方はこれでいい」
と思えるように生きることで、「自分(の人生)は自分(の愛すべきもの)」
と言えるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月15日

2017/11/15 08:15
画像11月15日(水曜日)
誕生花は「オレガノ」、
花言葉は「輝き」。


【きょうのメッセージ】

『完全解決を求めすぎない』

問題を完全に解決できれば、それに越したことはありません
でも、それが難しいからすごく悩んでしまうのでしょう

完全に問題がなくならない限り解決にはならない
と考えていては、なかなか平穏には暮らせないでしょう

ある程度よくなったら、「それでヨシとする」
ある程度で「ヨシ」とし、ある程度は我慢する
というのが、現実的な対処法である場合が多いのです

残った問題のことはできるだけ考えないように心がけ、
慢性的な問題としてうまくつきあっていく

その上で、悩みや問題があっても(それなりに)
幸せに暮らせるように心がけられるといいでしょう


『完全を求めることは、人間の心を悩ませる最悪の病』 
  エマーソン

完全を求めない

『君の心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くともその実は甘い』 
  オースティン


我慢、我慢強さ

『悩まないことが悩みから脱却するための最善の方法』
  稲盛和夫

できるだけ問題化しない

『人の一生は重き荷物を負うて遠き道をゆくがごとし』 
  徳川家康  

慢性的な問題としてうまくつきあう

悩みや問題があっても幸せに暮らせるようになるために



  11月15日(水曜日) 「七五三」 
 男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、
 成長を祝って神社に参詣する。

 きょうの幸福のヒントは、

完全解決を求めすぎない

 生きている限り、悩みや問題はあるでしょう。
 より良く生きようと思う人は、特にそうでしょう。
 悩みや問題があっても(いい=好好)
幸せに暮らせるように心がけましょう。

悩み苦しむのは ハオハオ   よく考えるのは 好好

 考える時には集中して考え、それ以外の時には少しでも
生活を愉しみましょう。
 しっかり悩めば、自分を育てることにもつながるのでは
ないでしょうか。



【きょうの名言】

『生きてるだけで丸儲け』

  作者不詳


幸せのヒント 「生きてるだけで丸儲け、だから・・・」

   だから、そのことを幸せに思おう。感謝しよう。
   だから、これ以上欲を出すのはやめよう。
   だから、小さいことにくよくよするのはやめよう。
   だから、やりたいことをやろう。
   だから、夢をもって生きよう。
   だから、失敗を恐れずにチャレンジしよう。
   だから、あまり落ち込むのはやめよう。
   だから、一から始めよう。
   だから、人の役に立てることをしよう。
   だから、今(の自分の人生)を大切に生きよう。
   だから、もっと儲けよう。もっと幸せになろう。

  いろんな時と場合に
   もっといろんな応用ができるのではないでしょうか。
  単に、「生きてるだけで丸儲け」でいいのですが。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 完全解決を求めすぎない

 問題を完全に解決できれば、それに越したことはありません。でも、それが難しい問題だからすごく悩んでしまうのでしょう。
 完全に問題がなくならない限り解決にはならないと考えていては、いつまでたっても平穏には暮らせないのではないでしょうか。

 ある程度よくなったら、「それでヨシとする」ことができるといいでしょう。
 ある程度で「ヨシ」とし、ある程度は我慢するというのが、現実的な対処法である場合が多いのではないかと思います。

 問題が完全には解決しなくても、心の問題の解消を目指すことで、苦しみ(心の問題)を軽くすることができます。
 ある程度心がいい状態になれば、現実問題は放っておいても大丈夫なことも多いのです。

 残った問題のことはできるだけ考えないように心がけ、慢性的な問題としてうまくつきあっていく覚悟ができるといいでしょう。
 その上で、悩みや問題があっても幸せに暮らすように心がけられるといいでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月14日

2017/11/14 08:17
画像11月14日(火曜日)
誕生花は「アルストロメリア」、
花言葉は「機敏」。


【きょうのメッセージ】

『夢を求めすぎない』

夢をもって生きるのは幸せになる方法の一つ
でも、夢をもっていても、幸せになれない人、
不幸になってしまう人もいます

そういう人は、夢を求めすぎているのかもしれません
大きな夢だけを求めすぎている、結果を求めすぎている、
無理して求めすぎている、焦って求めすぎている、
叶わぬ夢を求めすぎている・・・

求めすぎないように、自分の夢を愉しんで
生きられるようになるといいのではないでしょうか


夢をもって生きよう

自分の夢を持つためには、夢をもてない理由

『大切なのは過程です。結果だけなら、ジャンケンでいい』 
  羽生善治

結果を求めすぎない、結果重視と過程重視

『あせってはいけません。根気ずくでおいでなさい』 
  夏目漱石

無理をしない

『叶わない夢など 追いかけるほど野暮じゃない』 
  桑田佳祐

不幸の原因は求めすぎ?

夢や目標を愉しんで生きる


  11月14日(火曜日) 「世界糖尿病デー」 
 インスリンを発見したカナダのバンティング医師の誕生日。

 きょうの幸福のヒントは、

夢を求めすぎない

 いくら努力をしても、悪い結果になってしまうことはあります。
 すでに出てしまった結果はしかたがありません。
過去を変えることはできません。
 悪い結果をただ嘆いていても、つらい気もちになるだけです。
 悪い結果の原因を、まわりのせいだと考えると、腹が立つでしょう。
  自分のせいだと考えると、情けなくなったり落ち込んだりしてしまうでしょう。

 悪い結果は、まず「ハオハオ(こういうこともある)」
と受け入れたほうが、心が落ちつきます。
 その上で、これからどうしたいか、どうしたらいいかを考えたほうがいいでしょう。

 悪い結果(ハオハオ)も、もしかしたらいいこと
(好好)に変えられるかもしれません。
 悪い結果を、いいきっかけ、いい経験、心のバネにできるかもしれません。
 今までは今までで(ハオハオ)、これからをよくするためには、
不幸を幸せに変える考え方(ハオ好発想)ができたら、
自分のためにいちばんいいのではないでしょうか。

 悪い結果になった時には、まずは「ハオハオ」
と現実を受け入れることからだと思います。

悪いことは ハオハオ



【きょうの名言】

『食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、
欲望をともわぬ勉強は記憶をそこない、
記憶したことを保存しない』

レオナルド・ダ・ビンチ (イタリアの芸術家・科学者)


幸せのヒント 「勉強の目的」

  何のための勉強か?
  誰のための勉強か?
  学んだことをどのように活かしたいか?
  最終的に、どうなりたいのか?

 勉強の目的がはっきりしていたほうが、身につくのでしょう。
 その目的が魅力的である(幸せの予感が強い)ほど、意欲がわくでしょう。

 自分が幸せになれる目的をもち、それを強く望む工夫をしながら、勉強ができたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 夢を求めすぎない

 夢をもって生きるのは幸せになる方法の一つです。
 でも、夢をもっていても幸せになれない人がたくさんいます。
 中には、夢をもったために不幸になっているような人もいます。

 そういう人は、自分の夢を求めすぎているのかもしれません。
 たとえば、大きな夢だけを求めすぎている、無理して求めすぎている、結果を求めすぎている、焦って求めすぎている、叶わぬ夢を求めすぎている・・・。

 一方、夢をもつことの悪い成り行きや困難なことばかりを考えて、はじめから夢をもつことをあきらめている人もいます。
 夢をもてない理由はいろいろあるでしょうが、それらは言い訳にすぎません。
 自分が幸せになれる夢が必ずあるはずです。それを探そうとしないのは、自分のためによくないのではないでしょうか。

 自分の夢を求めて努力するのはいいことです。ただし、求めすぎると不幸になるのです。
 求めすぎないように、自分の夢を愉しんで生きられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月13日

2017/11/13 07:28
画像11月13日(月曜日)
誕生花は「七竈」、
花言葉は「慎重」。


【きょうのメッセージ】

『今を幸せに生きよう』

幸せになるためには、今を大切にすることが肝心

今できる幸せになれることをやればいいのです

生活の中で何に目を向けるかも大事
今あるもの、身近にあるものに目を向け、
幸せを感じられるといいのです

今を幸せに生きることが
幸せな人生につながるのではないでしょうか


幸せは「今、ここ」にある

『今ここでこの瞬間にしか、幸福はあり得ない』 
  ウイリアム・ニッケルズ

幸せになれることをしよう

『誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けなさい』
  ディケンズ

今ある一つの幸せを大切にしよう、身近な幸せを味わおう

今を大切にしよう


  11月13日(月曜日) 「うるしの日」 
平安時代の11月13日に、惟喬親王が京都・嵐山の法輪寺に参詣した時に
 漆の製法を菩薩から伝授したとされる伝説から。

 きょうの幸福のヒントは、

今を幸せに生きる

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、
いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   
 幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」
と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、
「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、
幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。
そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)
充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



【きょうの名言】

『未来の幸福を確保する最上の方法は、
今日できうるかぎり幸福であろうとすることだ』

チャールズ・W・エリオット (アメリカの教育者)


幸せのヒント 「将来幸せになる方法?」

  お金を貯める、健康な身体をつくる、
  目標を達成する、まわりの人との関係を良くする、
  素晴らしい人との出会いを求める、夢を叶える、
  抱えている悩みや問題を解決する、
  今を幸せに過ごせるようになる、・・・

 「将来」もその時になれば「現在」です。
 今を幸せに過ごせるよう(な自分)になれば、将来も幸せに過ごせるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 今を幸せに生きる

 幸せになるためには、今を大切にすることが肝心です。
 幸せを感じられるのは今だけです。
 幸せを感じられなければ、幸せにはなれません。

 基本的には、今できる幸せになれることをやればいいのです。
 ただし、自分の好きなことややりたいことばかりをやって生きていくわけにはいきません。
 実際に自分が今やることをどういう心でやれるかが大事です。
 少しでも楽しんでやれるように工夫し、少しでも幸せを感じられるといいでしょう。

 もう一つ大事なのは、生活の中で何に目を向けるかです。
 過去の不幸を想い出したり、将来の不幸を心配したりしていては、今を幸せに生きることはできません。
 今、あるもの、身近にあるものに目を向け、幸せを感じられるといいのです。

不幸を数えて暮らすより  幸せを数えて暮らそう

 今ある一つの幸せを大切にすることの積み重ねが、今を幸せに生きること、そして幸せな人生につながるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月12日

2017/11/12 08:48
画像11月12日(日曜日)
誕花は「檸檬[レモン] 」、
花言葉は「心からの思慕/誠実な愛」。


【きょうのメッセージ】

『スローダウン』

生活を楽しめない、幸せを感じられない人は、
心に余裕がないのかもしれません

仕事に忙しい人、人づきあいに忙しい人、
趣味や遊びに忙しい人、何かを学ぶのに忙しい人、
悩むのに忙しい人、生活に忙しい人・・・

幸せに暮らせるようになるためには、生活と
心をスローダウンさせる必要があるのかもしれません


心の余裕、余裕

『「心の余裕」がなければ、幸せになることができない』
  本田健

心に余裕を生む考え方

『急げば急ぐほど、ますます時間を失う』 
  エクナット・イーシュワラン

急いだ心をスローダウンさせるための幸せになる考え方

やることを減らす、何かをあきらめる

人生をスローダウン


  11月12日(日曜日) 「皮膚の日」 
「11(いい)12(ひふ)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

急がない

 好好な心とは、物事を受け入れられる広い心、
人を受け入れられるやさしい心、自分を受け入れられる強い心、
気分よく過ごせるおおらかな心、幸せを感じられる素直な心、・・・。

広い心 やさしい心 強い心 素直な心・・・

 何をやるかも大事ですが、どんな心で過ごせるかがすごく
大切なのではないでしょうか。
 「いつも心に好好を」と、好好な心で過ごせたらいいですね。



【きょうの名言】

『人生、楽ありゃ、苦もあるさ』

水戸黄門の主題歌
「あゝ人生に涙あり」(作詞・山上路夫)より


幸せのヒント 「人生には、幸せなこともあれば、不幸なこともある」

  苦しい時には、「こういうこともある」
  苦しい時にも、「いずれ楽しい時がくる」
  楽しい時には、「今を大いに楽しもう」

  不幸な時には、「こういうこともある」
  不幸な時にも、「いずれ幸せな時がくる」
  幸せな時には、「今の幸せを大切にしよう」

 当たり前のことなのですが、いざその時になると、
このようにはなかなか考えられないのかもしれません。
 不幸があるから、よりいっそう幸せが感じられるということも
あるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 急がない

  忙しく生きている人も多いような気がします。
  仕事に忙しい人、人づきあいに忙しい人、趣味や遊びに忙しい人、
   何かを学ぶのに忙しい人、・・・、生活に忙しい人。

  生活を楽しめない人は、心が急ぎすぎているのかもしれません。
  楽しむ心の余裕がないのでしょう。
  (単に、生活を楽しもうという意識がないのかもしれませんが)

  あなたは、今の生活を十分に楽しむことができているでしょうか?
  また、質のいい仕事をすることができているでしょうか?

  もし、できていないとしたら、
   その原因は「心が急いでいる」からかもしれません。
  そのために、「今やっていることに集中できていない」
  「心がおろそかになっている」のではないでしょうか。

  心が急いでいる人は、先のことを意識しすぎなのだと思います。
  そのことが、今やっていることに集中できない原因でもあり、
   心に不安を生み心の余裕をなくしているのだと思います。
  その結果、質のいい仕事ができず、
   今を楽しむことができなくなってしまうのでしょう。
  それは、習慣(心のクセ)になっており、
   無意識のうちにしている人も多いのだと思います。

  今の生活・今やっていることを充実させたいのなら、
   心を少しスローダウンさせて
   今やっていることに集中したほうがいいでしょう。

  今を大切に、幸せになるためにも、
   ちゃんと考え・一所懸命に努力できるように、
   急いだ心をスローダウンさせることが必要なのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月11日

2017/11/11 08:07
画像11月11日(土曜日)
誕生花は「椿<白>」、
花言葉は「控え目な愛」。


【きょうのメッセージ】

『つらい心を支える言葉』

つらい時に、ただ「つらい」「苦しい」「イヤだ、イヤだ」
などと考えていると、余計につらい気もちになるだけです

「(もう少し)頑張ろう」「(もう少しだけ)我慢しよう」
などと一言(心の中で)言うだけで、
少しは心を支えることができるのです

「(つらいのは)一時の事」「このまま続ければ
いずれは終わる」のような見通しを考えるのもいいでしょう

「(もう少し力を抜いて)ラクな気もちでやろう」
「余計なことを考えずに、ただ続けよう」
「完璧でなくていい。それなりにやればいい」
「好きな歌(元気になれる歌)を口ずさみながらやろう」
他にもつらい心を支える言葉はいろいろあると思います

まずは、「自分の心を支えよう」と
考えられるようになることが第一歩かもしれません


『最も大切なことはこころのもち方よりも、言葉の使い方です』
   山崎房一

自分を励ます言葉を身につける

一時の事、心の力を抜く

『言葉は人生を左右する力がある』
  中村天風

心が落ちつかない時には、「大丈夫、大丈夫」

自分を支える言葉


  11月11日(土曜日) 「配線器具の日」 
  コンセントの差込口の形状を「1111」に見立て、また、「秋の火災予防週間」の期間中であることから。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の心を支える言葉を身につける

 イヤなことがあったり、何か問題があったりして心が落ちつかない時には、
「ハオハオ。大丈夫、大丈夫」と自分の心を支えてあげよう。

心が落ちつかない       ハオハオ 大丈夫、大丈夫

 心が落ちつかない時はいろいろあります。
 たとえば、

イヤなことがあったけど      ハオハオ 大丈夫、大丈夫

今はちょっと大変だけど      ハオハオ 大丈夫、大丈夫

うまくいってないこともあるけど   ハオハオ 大丈夫、大丈夫

少し落ち込んでしまったけど    ハオハオ 大丈夫、大丈夫

苦手なこともあるけど        ハオハオ 大丈夫、大丈夫

イヤな人がいるけど         ハオハオ 大丈夫、大丈夫

なかなか忘れられないけど    ハオハオ 大丈夫、大丈夫

自信はないけど           ハオハオ 大丈夫、大丈夫

まだなかなかうまくできないけど   ハオハオ 大丈夫、大丈夫

将来が不安になることもあるけど   ハオハオ 大丈夫、大丈夫

「ハオハオ(大丈夫、大丈夫)」と自分に言い聞かせることで、
自分の心を支えることができます。

ハオハオ 大丈夫、大丈夫  (そう思える自分は 好好)



【きょうの名言】

喜んで行い、そして行ったことを喜べる人は幸福である

ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


幸せのヒント 「喜んでやる」

  やりたいことなら、喜んでやったほうがいいでしょう
  やりたくないことでも、やらなくてはならないこともあります
  どうせやるのなら、喜んでやって、
   少しでも愉しめたほうがいいでしょう

 なんのためにやるのかがわからなくても、やっていることがあると思います。
 どうせやるのなら、喜んでやって、少しでも愉しめたほうがいいでしょう。

 どうせ生きるのなら、自分がやることの一つ一つを喜んでやって、少しでも幸せを感じられたほうがいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の心を支える言葉を身につける

 心が落ちつかない時、不安な気もちになった時、つらい時など、心が弱くなりそうな時に、自分の心を支えるために役立つ言葉があります。


│ 落ちつかない心を支える言葉


 イヤなことがあったり、何か問題があったりして心が落ちつかない時には、「大丈夫、大丈夫」と(心の中で)言うことで、少しは心が落ちつき、次の幸せになる考え方もしやすくなるでしょう。

   心が落ちつかない時はいろいろあります。たとえば、

   イヤなことがあったけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   今はちょっと大変だけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   うまくいってないこともあるけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   少し落ち込んでしまったけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   苦手なこともあるけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   イヤな人がいるけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   なかなか忘れられないけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   まだなかなかうまくできないけど、「大丈夫、大丈夫 」。
   自信はないけど、「大丈夫、大丈夫 」。

 こんなふうに「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせることで、自分の心を支えられるようになれたらいいのではないでしょうか。


│ 不安な心を支える言葉


 「不安を感じた時」には、「不安は注意信号」と考えて、その時にできる努力をすればいいでしょう。不安を感じた時をいいきっかけに、不安な気もちをバネに、努力できればいいのではないでしょうか。

 でも、今は何もできない時や、不安な気もちがなかなかおさまらない時もあるでしょう。そんな時には、不安に負けないように、自分の心を支えるように心がけることができるといいでしょう。

 たとえば、
 「○○できないのではないか?」と
  不安になった時には「できる、できる」、
 「失敗したらどうしよう」と思った時には「その時はその時」、
 なんとなく不安な時には「大丈夫、大丈夫」、
 そして最後は「なるようになる」。

 こんなふうに心の中で言うだけでも、不安な気もちをけっこう軽くすることができるでしょう。
 そういう心がけをしないで、さらに不安になるような考えを続けていたら、不安に負けてしまうのもしかたがないでしょう。


│ つらい心を支える言葉


 つらい時に、ただ「つらい」「苦しい」「イヤだ、イヤだ」などと考えていると、余計につらい気もちになるでしょう。
 「(もう少し)頑張ろう」「(もうちょっとだけ)我慢しよう」などと一言(心の中で)言うだけでも、少しは心をもち直すことができるでしょう。

 また、「(つらいのは)一時の事」「このまま続ければいずれは終わる」のような見通しを考えられるといいでしょう。

 その他にも、
 「(もう少し力を抜いて)ラクな気もちでやろう」
 「余計なことを考えずに、ただ続けよう」
 「完璧でなくていい。それなりにやればいい」
 「好きな歌(元気になれる歌)を口ずさみながらやろう」
 などと、その時に自分の心を支えられるような考え方ができると、なおいいでしょう。

 そして、やり終えた時には、「頑張った」「よくやった」「えらい、えらい」などと、自分をほめてあげてもいいのではないでしょうか。
 ちゃんとやれた時に自分をほめることで、やる気を高め、少しずつ自信をつけていくこともできるのではないかと思います。

 ここに書いた以外でも、いろんな場合に自分の心を支えられる言葉があると思います。
 また、自分の心に効く言葉や言い方を自分なりに工夫することが大事です。

 自分の心を支えよう(幸せになる考え方を心がけよう)とするか、しないかでは大きな違いです。
 まずは、「自分の心を支えよう」と考えられるようになることが第一歩かもしれません。

 心が弱くなりそうな時に自分の心を支える言葉を使えるようになれれば、「自分も少しは強くなれた」と思えるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月10日

2017/11/10 08:29
画像11月10日(金曜日)
誕生花は「コダチベゴニア」、
花言葉は「無邪気」。


【きょうのメッセージ】

『悪い気分に流されない』

悪い気分の時には悪い考えをしやすく、
いい気分の時にはいい考えがしやすいのです

悪い気分に流されて悪い考えを重ねると、
さらに気分を悪くさせるだけでなく、
その問題を心の中で大きくしてしまいます

悪い考えに基づいた行動で
現実問題を悪化させてしまうことにもなりかねません

悪い気分を生む考えを早めにストップして、
気分を変えるように心がけることができるようになれば、
様々な問題を今よりも小さくすることができるでしょう


『不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある』
  アラン

暇になると悪い気分の理由を見つける

(悪い)気分のせい/気分を変えよう

『物思いをすればするほど心は乱れる』
   中国のことわざ

悪い気分の悪循環への対策

意図的気分転換を習慣にしよう


  11月10日(金曜日) 「トイレの日」 
 「11(いい)10(ト/イレ)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

悪い気分に流されない

 「好好?(気分はどう?)」のように自分に聞くことで、
その時の自分の気分に気づくことができます。

好好 かな?

 生活の中で、自分の気分に気づける人は少ないのではないでしょうか。
 「ハオハオ」を心がけると、自分の気分に気づけ、
気分をいいほうに変えるきっかけになります。

 気分がいい時には、「好!好!」と確認でき、
さらに気分がよくなります。

ハオ・アー・ユー?     ファイン!    好!好!

 気分がよくない時には、
その時にできる気分転換法を実践する習慣をつけましょう。
 「好好(?)」は気分転換のきっかけになります。

ニイ好?    不好    ハオハオ 気分転換しよう!

 気分がまぁまぁの時には、「好好(いいんじゃないの)」
と思えば、少しは気分がよくなります。

ハオにちは       まぁまぁかな       好好

 「ハオハオ(じゃない)?」と考えてみることは、
「ハオハオ」の有効な使い方の一つです。
 特に考える対象がない時には、今の気分のことだと考えるようにすれば、
自分の気分に気づけます。中国語の「ニイ好?」
(ごきげんいかが?)を、自分に向けて「我好?」にした感じの使い方です。

気分は好好

 と、思える時が多くなれたら、と思います。



【きょうの名言】

『何かをするとき
いやいやながらするな、
無思慮にするな、
心にさからってするな』


マルクス・アウレリウス (ローマの皇帝・哲学者)


幸せのヒント 「どういう心で行うか」

  いやいやながら行うか、喜んで/愉しんで行うか
  何も考えずに行うか、目的などを考えて行うか
  心にさからって行うか、自らすすんで行うか

 いい心で行うことが、その行いの質を向上し、結果を良くすることにもつながるのではないでしょうか。
 その前に、少しでも幸せな心で行えることがいちばんなのかもしれません。

 時には、自分が今どういう心でやっているかを確認してみるといいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 悪い気分に流されない

  人の考えは気分に左右されます。
  悪い気分の時には悪い考えをしやすく、
   いい気分の時にはいい考えがしやすいのです。

  イヤな気もちは、多かれ少なかれ尾を引きます。
  それが悪い気分になって続いてしまいます。
  悪い気分は悪い考えを呼びやすく、
   そのためにさらに悪い気分になってしまうことがあります。

  何かを考えてイヤな気もちになった時、
   「気分が悪いからこんなふうに考えてしまうではないか?」
   「感情的になっていないか?」
   「今は気もちが沈んでいるからではないか」
    などと考えられれば、と思います。
  気分が悪いことに気づければ、考え方を変えるきっかけになります。

  悪い気分に流されて悪い考えを重ねると、
   さらに気分を悪くさせるだけでなく、
   その問題を心の中で大きくしてしまいます。
  悪い考えに基づいた行動で
   現実問題を悪化させてしまうことにもなりかねません。
  そのような悪循環が問題を大きくしてしまうのです。

  悪い気分を生む考えを早めにストップして、
   気分を変えるように心がけることができるようになれば、
   様々な問題を今よりも小さくすることができるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月9日

2017/11/09 11:05
画像11月9日(木曜日)
誕生花は「山茶花」、
花言葉は「謙譲」。


【きょうのメッセージ】

『人を受け入れられるようになろう』

「こういう人もいる」と相手の存在を受け入れる
「こういう所もある」と相手の欠点を受け入れる
「人は人でいい。違っていていい」と違いを受け入れる
「この人はこういう人」と相手の人格を受け入れる

「こういういい所もある」と相手の長所を受け入れる
「○○してくれてありがとう」と相手の善行を受け入れる

相手に対する自分の考え方がいい方向に変われば、
関係もいい方向に変わっていくのではないでしょうか


人は人

『誰もが犯しやすい間違いは嫌いな人の存在を認めないこと』 
   秋元康

『人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ』 
  司馬遼太郎

人は人でいい、自分は自分でいい、違っていていい

相手を良く考える

もう少しラクに人とつきあおう

『他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば・・・』 
  D・カーネギー

人に対する考え方

受け入れる


  11月9日(木曜日) 「119番の日」
 
 電話番号「119」に因んで。(119番通報の方法)

 きょうの幸福のヒントは、

人を受け入れる考え方

 世の中には、無神経な人も、意地悪な人も、無礼な人も
マナーを守らない人も、モラルがない人もいます。
 そういう人にイライラしたり腹を立てたりしてもしかたがありません。

なんだコイツは! イライラ・・・   ハオハオ こんな人もいる

 「なんだコイツは」「なんでこんなことをするんだ」「やさしさも思いやりもない」「許せない」などと思うと
さらに腹が立つでしょう。
 それは、そういう人をいなくしたい、そういう人を変えたい、
という思いが心の中にあるのではないでしょうか。

 そういう人が(たくさん)いるのは事実なのです。
 そういう人をいなくすることも、変えることも、できないでしょう。
 だったら、「ハオハオ、こんな人もいる」と、
そういう人の存在を受け入れることで、
イライラや怒りの感情を少しでも軽くして、
そういう人にとらわれずに自分の生活を大切にしたほうが
いいのではないでしょうか。

 でも、いい人もたくさんいるはずです。

イヤな人は ハオハオ   いい人は 好好


【きょうの名言】
『愛は幸運の財布である。
与えれば与えるほど、中身が増す』

ミュラー (ドイツの詩人)


幸せのヒント 「愛を幸せに変えるには」

  愛する幸せは、愛すれば愛するほど感じられるはず
  愛の能力は、使えば使うほど向上するもの
  愛の心は、愛の行為の繰り返しで育てるもの

 愛は出し惜しみしても、ためておけるものではありません。むしろ、減ってしまうのではないでしょうか。
 また、愛の心があっても、愛の行為に結びつかなければ、ないのと変わりありません。言わなければ、態度に表さなければ、行動に移さなければ、愛は伝わらないのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人を受け入れる考え方

  人間関係であまり悩み苦しまなくなるために大事なのが、
   「人を受け入れる」ことだと思います。

  相手の悪い所は現実として受け入れる、
  相手のいい所は十分に受け入れる、ということです。

  「存在を受け入れる」
   嫌な人に対しては、
    「こういう人もいる」と相手の存在を受け入れる。
   いい人に対しては、
    「いてくれてよかった」と相手の存在を喜んで受け入れる。

  「出会いを受け入れる」
   嫌な人との出会いも、
    「こういうこともある」と現実を受け入れる。
   いい人との出会いは、
    「出会えて幸福」と喜んで受け入れる。

  「欠点・長所を受け入れる」
   相手の悪い所は、
    「こういう所もある」「こんな時もある」と受け入れる。
   相手のいい所は、
    「この人のこういう所がいい」と受け入れる。

  「過去の行為を受け入れる」
   相手がした嫌なことを、つい考えてしまった時には、
    「こういうこともあったが、このことを考えるのはよそう」
    と心がけ、受け流す。
   相手がしてくれたいいことについては、
    「おかげさまで」「ありがとう」と心の中で感謝する。

  「自分との違いを受け入れる」
   自分と違う所があっても、「人は人でいい」と受け入れ、
   「自分はこれでいい」と自分も受け入れ、
   「違っていていい」と違いを受け入れる。

  「性格・人格を受け入れる」
   嫌な人に対しては、
    「この人はこういう人」と現実を受け入れる。
   いい人に対しては、
    「この人のこういう所が好き」と受け入れる。

  このような考え方ができるようになれば、
   人間関係で悩み苦しむことは少なくなるでしょう。

  人が変わることを(無意識にでも)期待しているうちは
   人間関係で嫌な思いをしやすいでしょう。
  人を受け入れられるように、
   自分の考え方を変えたほうがいいのではないでしょうか。

  相手への考え方が変われば、相手から受ける感じ方が変わり、
   相手への態度が変わり、(それが伝わって相手も変わり、)
   相手との関係も好い方向に変わることが多くなるでしょう。

  相手をそう思えるかどうかではなく、
   そう考えるように心がけることが大事なのです。
  心がけを続ければ、少しずつ、そう思えるようになるでしょう。

  人を受け入れる能力が向上すれば、それだけ
   人間としても成長できるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月8日

2017/11/08 10:18
画像11月8日(水曜日)
誕生花は「仙翁」、
花言葉は「機知」。


【きょうのメッセージ】

『学んだことを身につけよう』

「学ぶため」に読書をする場合、
読み終えて「知った/分かった」感じがしても、
時がたってそのまま忘れてしまったら、
読まなかったのと変わりありません

何かを身につけるにはただ本を読むだけでなく、
自分でよく考えることが大切です

さらに、学んだことを自分の行動・生活・
人生に活かして何かを変えることが大事です

書物から得た知恵を自分の人生に活かしていくことで、
幸せに暮らせるようになるといいのではないでしょうか


読書

『書物を読むということは、自己改善をする最良の方法である』 
  ソクラテス

本を読んでも・・・

『頭で考えて身で行なう。行なってまた頭で考える』 
  松下幸之助

読んで、考える

『書物から人生の知恵をくみつづけること』 
  ジョン・トッド

学ぶ習慣をつくろう

自分を育てていこう


  11月8日(水曜日) 「いい歯の日/刃物の日」 
 「11(いい)8(は)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

読書のポイント

読書は 好好、おもしろい   感動できることもある 好!好!

 読書をすることで、心が落ち着いたり、やすらいだりすることもあります。
 元気ややる気や勇気が湧いてくることもあります。

 読書で知識を得られる、「知る喜び」もあるのではないでしょうか。
 読書で得たことが何かの役に立てば、とても有意義でしょう。

自分が幸せになるために 少しでも役に立ったら、好!好!



【きょうの名言】

『過去と未来を鉄の扉で閉ざせ
今日一日の枠の中で生きよう』

D・カーネギー 『道は開ける』(創元社)より


幸せのヒント 「今を大切に」

  「あすのことを思いわずらうな」(キリスト)
  「きのうのことで悩んでいるヒマはない」

  今やっていることを愉しもう
  今できるやりたいことをやろう

 「今を大切にする」ことは、幸せになるための基本の一つではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 読書のポイント

 いい読書をするための第一のポイントは、何のために本を読むのか、という「目的をはっきりさせる」こと。
 読書の目的は、人それぞれにいろいろあるでしょう。
 一つの目的は、「楽しむため」。楽しい、おもしろい、ワクワクする、感動できる、共感できる・・・。
 もう一つの目的は、「学ぶため」。広い知識を得る、役立つノウハウを得る、生きるヒントを得る・・・。
 その時々によって、読書の目的が違ってもいいのではないでしょうか。

 いい読書をするための第二のポイントは、「いい本を選ぶ」こと。
 自分の読書の目的を果たすのに、より役立つ本を選ぶことが重要です。
 本を選ぶ基準はいろいろあるでしょう。たとえば、作家・著者で選ぶ、流行・評判で選ぶ、内容(目次/本文の一部)を見て選ぶ・・・。
 読む本の選択は“出合い”とも感じられます。自分にとってとてもいい本と出合えたことは、幸せの一つと言えることもあると思います。

 いい読書をするための第三のポイントは、「読み方」。
 自分なりの読書の目的を果たせるような読み方を心がけたほうがいいでしょう。
 「学ぶため」に読むのなら、「学ぼう」という強い気もちをもち、「○○のために、□□を学ぼう」という目的やテーマがはっきりしているといいでしょう。
 速読・多読も一つの読書法ですが、何も学べないようでは無駄になってしまいます(本を読んでも・・・)。
 早く読むより入念に、ゆっくりと本を読んだほうがいい場合が多いような気がします。
 いい本は繰り返し読むといいでしょう。何度も読み直せるいい本と出合えるといいのではないでしょうか。

 いい読書をするための第四のポイントは、学んだことを「身につける」こと。
 本を読み終えて、「知った・分かった・学んだ」感じがしても、時がたってそのまま忘れてしまったら、読まなかったのと同じです。「学ぶため」という目的は果たしていません。
 何かを身につけるためには、ただ本を読むだけでなく、自分でよく考えることが大切です。
 そして、学んだことを自分の行動・生活・人生に活かすことが大事です。本を読んでも、自分が何も変わらなければ、本当に学んだことにはならないのではないでしょうか。

 読書は、すぐれた先人が経験・思索したことを、短時日で得る方法です。
 そこから学ぶのは自分を改善するためにとても有効な方法だと思います。
 一冊の本を読んで、自分の人生に役立つ知恵が一つでも得られたとしたら、その本を読んだ価値は十分にあったと言えるでしょう。先人の知恵はわずか数行の中にも存在します。一つの言葉に大きな影響を受けることもあります(感動する言葉)。
 学んだ知恵が自分の人生の中で繰り返し役立つことだとしたら、今後の長い生涯を考えると、大きな価値があるのです。

 書物から人生の知恵を得、学んだことを自分の人生の中で活かしていくことで、少しずつ幸せに暮らせるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月7日

2017/11/07 09:56
画像11月7日(火曜日)
誕生花は「マリーゴールド」、
花言葉は「別れの悲しみ」。


【きょうのメッセージ】

『根気強く努力を続けよう』

何かを成し遂げるためには、
根気強く努力を続けることが大事

“根気”とは「物事をあきらめずに
辛抱強く続ける気力」(広辞苑)

大きな事も小さい事の積み重ねでできるのです

根気よくコツコツやることが
大きな成果・成功・幸せにつながる

そう信じて、努力を続けられるといいでしょう


『継続は力なり』

やり続ける、あきらめない

『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行く』 
  イチロー

小さなことを為し続ける、コツコツやる

『忍耐と努力さえあればこの世でできないことはない』
  メレジュコフスキー

忍耐、我慢強さ

いい努力を続けよう


  11月7日(火曜日) 「立冬」 
二十四節気の一つ。
初めて冬の気配が現われてくる頃。
                   

 きょうの幸福のヒントは、

根気

 夢や目標をもっている人には、3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」
「目標が達成できたらいいな」と考え、続けて
「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。
目標達成に向けて前進することができるのです。
前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、
「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、
いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。
ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すればいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『人間は、努力するかぎり迷うものである』

ゲーテ 「ファウスト」


幸せのヒント 「迷うのはいいこと」

  夢や目標をもって努力するのはいいこと
  迷うのは、より良い選択をしたいという気もちがある証拠

  迷うのは、いくつかの(幸せの)可能性があるから
  迷うのは、選べる自由があるということ

 より良く(幸せに)生きたいと思えば、迷うのはしかたがないのでしょう。

 人生は選択の連続とも言えそうです。
 迷いながらでも、自分の幸せを選択していけたらいいのではないでしょうか。
 迷いすぎて苦しまないような考え方ができたらいいのでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 根気

 何かを成し遂げるためには、根気強く努力を続けることが大事でしょう。
 “根気”とは「物事をあきらめずに辛抱強く続ける気力」(広辞苑)。

 「継続は力なり」です。
 大きな事も小さい事の積み重ねでできるのです。
 根気よくコツコツやることが大きな成果・成功・幸せにつながる、と考えられるようになるといいでしょう。

 いい努力を続けるためには、モチベーション(やる気)を保ち、いい心の姿勢をキープすることが重要だと思います。
 モチベーションや根気を支えるためには、志や夢や大きな目的があるといいのではないかと思います。

 また、簡単にはあきらめない心と我慢強い心を養うことも大事なのでしょう。
 自分なりの目的を持った忍耐をしつつ、根気強く努力を続けられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月6日

2017/11/06 07:46
画像11月6日(月曜日)
誕生花は「藤袴」、
花言葉は「躊躇」。


【きょうのメッセージ】

『小さな幸せを大切にしよう』

小さな幸せは誰にもたくさんあります
生活の中で出会えるちょっとした幸せ、
自分が何かをすればすぐに得られる幸せ、
自分がすでにもっている幸せ、・・・

小さな幸せに気づき、感じられるようになろう

いろんな幸せをたくさん感じて生活できるようになれたらいいな。


小さな幸せ

『幸福を感じるのには童心とか、素直さとか言うものが必要』 
  武者小路実篤

『幸せだなぁ』と思う、いいことは「好!好!」と素直に喜ぼう

小さな幸せ1、小さな幸せ2、小さな幸せ3

幸せは〈大きさ〉より〈頻度〉、プチハッピーのミルフィーユ

『あじわう、ということは、どんなささやかなことでも宝石に変えてしまう』 
  五木寛之

身近な幸せを味わおう


  11月6日(月曜日) 「アパート記念日」 
1910年(明治43年)11月6日に、
東京・上野に日本初の木造アパート「上野倶楽部」が完成。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せを感じる

 少しでもいい感じがしたら、「好好」って思うと、
幸せに気づきやすいでしょう。
 「好好じゃない?」と考えてみると、
いろんなものが好好と思えるのではないでしょうか。

 幸せ探しの、いいヒントとしては「好きなもの」と
「やりたいこと」でしょうか。

 幸せは力んで探すよりも、少し心の力を抜いたほうが、
見つかりやすいような気がします。

自分の幸せが 見つかったらいいな

見つからなくても ハオハオ   見つかったら 好!好!

 もう一つ大事なことは、「小さな幸せ」を大切にすることでしょうか。
 小さな幸せを日々(好好と)感じながら、
大きな幸せを探し続ければいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『人の世に道は一つということはない。
道は百も千も万もある』


坂本竜馬 「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)より


幸せのヒント 「幸せの道はたくさんある」

  幸せ(を感じられること)はたくさんある
  希望がもてることはたくさんある
  自分の夢や目標にできることはたくさんある
  自分が愛せる人はたくさんいる
  幸せな生き方はたくさんある

 これしか道はないと思い込んでしまうと、その道がダメだと絶望してしまいます。
 他に道があるはずです。今の自分には見えていないだけです。
 どこかに希望がもてる道がきっとあるはずです。

 幸せは、「これしかない」と思う人よりも、「たくさんある」と思える人のほうが幸せになりやすいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せを感じる

 幸せになるためには、幸せを感じられるようになることが肝心です。
 幸せなことがあっても、幸せをもっていても、恵まれた環境にいても、幸せを感じられなければ、その人は幸せではありません。

 いいことがあった時、望みが叶った時などには、「いいなぁ」「よかった」「うれしい」などと素直に思えると、それなりに幸せな気もちになれるでしょう。
 続けて、「幸せだなぁ」と思うことができると、幸福感がより確かに感じられます。
 幸せを素直に感じ、素直に表現できるようになれたら、と思います。

  『幸福を感じるのには童心とか、無心とか、
   素直さとか言うものが必要である』 武者小路実篤

 日常的に幸せになるためには、自分の生活の中で幸せを感じられるようになることが大事です。そのためには、小さな幸せを感じられるようになることが必要でしょう。
 また、自分がもっている幸せを感じることや感謝することが習慣なれば、一日の中で何度かは幸せな気もちになれるでしょう。
 このような日常的な幸せを感じられるようになれば、「今は幸せ」とも思えるようになれるのではないでしょうか。

  『幸福の秘訣はこういうことだ。
   あなたの幸せをできるかぎり幅広く探せ』 ラッセル

 自分の幸せを知ることも役に立つことです。
 自分の好きなものを知り、それを広げたり、深めたりして楽しめるようになれたらいいでしょう。
 自分のやりたいことをやるのも幸せになる方法の一つです。その際に、やりたいことがやれる幸せを感じることができるようになれたらいいでしょう。
 たくさんある幸せの中から自分が望む幸福感を感じられるようになれたらいいのではないでしょうか。

 なかなか幸せを感じられないという人は、感受性(幸せを感じる能力)が足りないのかもしれません。
 そういう人は、一日の中に幸せを感じる時間を持ち、幸せを感じる練習(たとえば、ハッピー・ウォーキング)をしてみてはどうでしょうか。
 「幸せを数える」「幸せをつなぐ」というようなことができるようになれば、幸せな気分を持続できるようにもなれるでしょう。
 このような努力によって幸せを感じられる心を育てていけたらいいのではないでしょうか。

  『自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』 茨木のり子

 ◇『『「幸せ脳」は自分でつくる』 久恒辰博
 ◇『『「幸せ脳」をつくる50の習慣』 久恒辰博

 もう一つおすすめしたいのは、“充実感”を感じて生活することです。
 自分なりの目標や目的をもって生活することを心がけ、一日の終わりにその日を振り返ることを習慣にできるといいのです。
 そうすれば、「きょうも(それなりに)よくやった」と思い、充実感(という良質な幸せ)を感じられるでしょう。

  『わたしは、人間のほんとうの幸せとは
   「充実感のある生き方」だと思っています』 相田みつを

 充実感のある生活を積み重ねることが、大きな幸せにも結びつくのだと思います。

 幸福感の価値を知り、自分の楽しみや自分の幸せになる方法をたくさんもつことで、自分の生活の中で幸せをたくさん感じられるようになれたらいいのではないでしょうか。
元画像を表示
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月5日

2017/11/05 07:41
画像11月5日(日曜日)
誕生花は「松葉菊」、
花言葉は「勲功」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになるために、やりたいことをやろう!』

やりたいことだけをやって生きようって言ってるんじゃないよ
自分にできないことをやろうって言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを、
とりあえず1つやればいいんだよ


『人生最高の幸福はしたいことを見つけ、それに取り組むこと』 
  J・マーフィー

やりたいことをやろう

『人間の困ったところは、何がしたいのか分からないことだ』 
   ファーガソン

自分の夢が見つからない/やりたいことがない

やりたいことを見つける努力

大きなやりたいことを探すヒント、生きているうちにしたいこと

『やりたい時に、やりたいことができる、これ以上の幸せってないよね』 
  所ジョージ

やりたいことのヒント

  11月5日(日曜日) 「電報の日」 
電報を申しこむ時の電話番号「115」から。

 きょうの幸福のヒントは、

やりたいことをやる

 「やりたいことをやる」というのは、
いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、
それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?』


槇原敬之 「世界に一つだけの花」(SMAP)より


幸せのヒント 「人それぞれ」

  比べたい人は、比べればいい
  比べたくない人は、比べないようにすればいい

  どうしても一番になりたい人は、一番を目指せばいい
  一番にならなくてもいい人は、一番を目指さなくてもいい

 人と自分、人と人を無意識のうちに比べてしまうことは、誰にでもあるでしょう。つい比べてしまうのはしかたがありません。
 でも、幸せになりたい人はあまり比べないほうがいいのではないでしょうか。

 自分よりも幸せな(部分があると思われる)人と自分を比べても、不幸な気もちになるだけです。
 自分よりも不幸な(部分があると思われる)人と自分を比べて、優越感を感じるのはそれほどいいことではないのではないでしょうか。

 「自分は自分」と心から思えるようになれれば、いいのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント やりたいことをやる

 幸せに生きるためには、「やりたいことをやればいい」のです。
 自分がやりたいことがやれるのは幸せなことです。やりたいことをやる中で、いろんな喜びや愉しさを味わうことができます。それが自分の夢につながっていれば、なお幸せでしょう。
 一つでも二つでもやりたいことがやれているという実感がある人は、イキイキと幸せに暮らせるのではないでしょうか。

「やりたいことがない」「やりたいことが見つからない」と言う人がいます。
 そういう人は、もっと一生懸命にやりたいことを探したほうがいいでしょう。ただ頭の中で考えるだけでなく、いろんな所を探し回ればいいのです。たとえば、情報なら本や雑誌やテレビ番組やインターネット上などにたくさんあります。それらの中から自分に興味がありそうなものを見て回れば、何かやりたいこと(もしくは、そのヒント)が見つかるのではないでしょうか。
 本気になって探し続ければ、きっと自分のやりたいことが見つかるはずです。

「やりたいことが(××だから)できない」と言う人もいます。
 そういう人は、それがなんとかできるように努力するか、他のやりたいことを探せばいいのです。
 やりたくてもできないことはあります。一つのやりたいことができないからと言って、「何もやりたいことができない」のように思い込まないことです。
 他に、今の自分にできるやりたいことを探してやればいいのです。

「やりたいことがない」「やりたいことができない」と言う人の中には、大きなやりたいことしか探していない人が多いようです。
 それでは、なかなか今の自分にできるやりたいことは見つからないでしょう。
 もう少し小さなやりたいことを見つけてやったほうが、やりたいことが何もできないよりもいいでしょう。小さなやりたいことをやりながら、大きなやりたいことを探し続ければいいのではないでしょうか。

 けっこう自由にやりたいことをやっているはずなのに、「何かもの足りない」「幸せな感じがしない」と言う人もいます。「やってよかった」と思えないのではないでしょうか。
 そういう人は、「やってよかったと思えそうなこと」「人生の中でやりたいこと」をヒントに、自分のやりたいことを探してみてはいかがでしょうか。

 やりたいことがやれている人は、それだけ幸せを感じられるはずです。
 やりたいことを愉しんでやる工夫をし、「やってよかった」と思うようにし、「やれるだけでも幸せ」と考えられるようになれたら、と思います。

 やりたいことがすべてできるわけではありません。でも、今の自分にできるやりたいことはあるはずです。
 やりたくないことでもやらなくてはならないこともあります。でも、何かやりたいことをやれる余裕もあるのではないでしょうか。
 とりあえず、今の自分にできるやりたいことを一つやってみればいいのです。生活の中に、自分のやりたいことを一つ一つ増やしていけば、それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる