驢馬の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月30日

<<   作成日時 : 2017/07/30 09:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像7月30日(日曜日)
誕生花は「鳳仙花」、
花言葉は「激しい愛」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになる努力をしよう』

「幸せになりたい」と思うのなら、
そのための努力をしたほうがいいでしょう

人は生きていくためにいろんな努力をしています
たとえば、仕事や勉強や家事や育児などは特に
時間や手間をかけて努力しているでしょう

仕事や家事の10分の1でもいいから、
幸せになる努力をしてみてはいかがでしょうか


幸せになる努力

幸せになるために行動・努力する

『幸福は運命から与えられるよりも、むしろ努力で獲得する方が多い』 
  武者小路実篤

幸せになろうと努力する気になれない

幸せになる行動・努力

『幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道』 
  トルストイ

「幸せになる方法」実践講座



 7月30日(日曜日) 「プロレス記念日」 
1953年(昭和28年)7月30日に、
力道山が中心となり日本プロレスリング協会結成。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せになる努力をする

 実際に、幸せになるためには、そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」
という心構え(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

 幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、幸せに暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『あと一歩だけ、前に 進もう』


スガシカオ 「Progress」より


 頑張っているのに、ゴールがなかなか見えてこない時、
  余計なことを考えずに、
  次の一歩だけに集中すればいいのかもしれません


幸せのヒント 「前に進むために」

立ち止まったまま迷っていてもしかたがありません。
あきらめていないのなら、
  今の自分のベストを尽くすことが最善でしょう。

 『悲しむことはない。
  いまの状態で何ができるかを考えて、
  ベストを尽くすことだ』 サルトル

 『今日為し得るだけの事に全力を尽くせ、
  しからば明日は一段の進歩があろう』 ニュートン

長い先行きを考えるよりも、
 今日できること、今できることだけを考えたほうが、
 行動に移しやすいでしょう。

目の前が真っ暗に思えてしまった時には、
 次のような考え方もいいのではないでしょうか。

 『夜明け前が一番暗い』

 『うまくいかなくても「もう駄目だ」と絶望するのではなく、
  「今がドン底、どう転んでもこれ以上悪くなることはない」
  と腹をくくれば、新しい勇気もわいてくる』 田辺昇一

つらい時にこそ、
 いい心の姿勢をキープして、いい努力を続けられるように、
 自分の心を支える心がけが大切なのではないでしょうか。

 『勇気を失うな。くちびるに歌を持て。心に太陽を持て』 フライシュレン

失敗を怖れない勇気と、少し力を抜く心の余裕と、
 心の中をちょっと明るくする希望があれば、前に進めるのでしょう。
その一歩一歩がやがていい結果につながるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せになる努力をする

 『こころのレシピ』(クリストフ・アンドレ)より、
 さて、ひとたび〈幸せになる〉決心がついたら、今度は〈幸せになる〉ための努力をする必要があります。
 では、幸せになるために、私たちはどんな努力をすればよいのでしょう?
 それは簡単に言うと、〈幸せが訪れやすい状況をつくること〉、〈幸せを受け入れる体勢を整えること〉――このふたつです。
 「幸せになろう」と決意だけしても、何も努力しなければ幸せにはなれません。
 幸せになるための努力を実際にすることが大事です。

 “努力”というと大変・つらいのようなイメージがあるかもしれません。自分が好きなことややりたいことや楽しめることなら“努力”という感じはしないのだと思います。
 “よろこんでやれる”努力なら苦にはならないはずです。幸せになるための努力は“よろこんでやれる”と思うのですが・・・。

 幸せになるためには、現実を変えるアプローチと自分(の心)を変えるアプローチがあると思います。
 幸せが訪れやすい状況・現実をつくる努力と幸せ感じられる心を養う努力ができるといいのでしょう。

 人は生きていくためにいろんな努力をしていると思います。
 たとえば、仕事や勉強や家事や育児などは特に時間や手間をかけて努力しているのではないでしょうか。
 仕事や家事の10分の1、100分の1でもいいから、幸せになるための努力をすればいいのに、なんて私は思ってしまいます。
 「努力をすれば少しずつ幸せに(暮らせるように)なれる」と私は信じているし、実感もしています。
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1002120000be95d5058535c5142ffab118c63f430/875711410155865831

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月30日 驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる