驢馬の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月31日

<<   作成日時 : 2017/07/31 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像7月31日(月曜日)
誕生花は「未央柳」、
花言葉は「気高さ」。


【きょうのメッセージ】

『幸せは自分の心が決める』

どんなに幸せそうに見えても、
本人が幸せを感じていなければ、
その人は幸せではありません

どんなに幸せそうに思えても、
本人が「自分は幸せ」と思えないのなら、
その人は幸せではありません

幸せは自分の心が決めるのです
幸せを感じられる心、幸せと思える心・・・
幸せになれる心を育てていけるといいのではないでしょうか


『「幸せの基本は幸福感」にあります』 和田秀樹

幸福感が大事

『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 サイラス

幸せを自覚する

『しあわせはいつもじぶんのこころがきめる』 相田みつを

自分の幸せ

幸せになれる心、幸せになる能力を向上させる



 7月31日(月曜日) 「蓄音機の日」 
1877年(明治10年)7月31日に、
エジソンが蓄音機の特許を取得(エジソン式コップ蓄音機)。

 きょうの幸福のヒントは、

幸福感と自覚

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



【きょうの名言】

『幸せを数えたら、
あなたはすぐ幸せになれる』


ショーペンハウエル (ドイツの哲学者)


幸せのヒント 「幸せを数える」

  自分が持っている幸せを想い出し、
   その価値を心の中で確かめれば、
    少しは幸せな気もちになれるでしょう

  自分が持っている幸せを次から次へと想い出せば、
   幸せな気もちを持続することができ、
    幸せな気もちを少しは高めることができるでしょう

 誰でもたくさんの幸せを持っているのではないでしょうか。
 もし、「自分の幸せを紙に書いて持ってきたら、1つにつき1万円あげる」と言われたら、あなたならいくつぐらい書けるでしょうか?

 自分の幸せを数えて生活できるようになれば、もっと幸せに暮らせるようになれるのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸福感と自覚

「幸せな感じ」はすべて幸福感だと思います。楽しい感じ、うれしい感じ、安心感、やすらぎ感、様々な快感、充実感、達成感、生きがい感、・・・。
 幸せがたくさんあるのと共に、幸福感もたくさんあるのです。

 狭い意味での幸福感というのがあります。「幸せだなぁ」と心から思えた時に感じられるものです。それはもしかしたら、人それぞれに違う感じなのかもしれません。でも、「幸せだなぁ」という感じは誰にでもあると思います。
 この「狭義の幸福感」に含めていいと思われるものもあります。「いいなぁ」「うれしい」「よかった」などと思えた時に感じられるものです。また、「ありがたいなぁ」「おかげさまで」というような、心から感謝できた時に感じられるものもそうです。
 これらの「狭義の幸福感」は質が高いような気がするのです。

 ふつう幸せな事があった時や幸せな状況にいる時に、無意識のうちに「幸せな感じ」がしてくるものです。その時に、「幸せだなぁ」と思うことができると、幸福感をさらに加えることができ、幸せがより確かなものになるのです。

「今から考えると、あの時は幸せだった(んじゃないか)」と思えることが過去にあるのではないでしょうか。たぶんその時には「幸せな感じ」がしていたのでしょう。もしくは、幸せな状況にいたのでしょう。
 でもその時に、「幸せだなぁ」とは思わなかったのではないでしょうか。
“幸せの自覚”がなかったとも言えるでしょう。その時に「幸せだなぁ」と思えていれば、もっと幸せを感じられていたでしょうし、のちに「あの時は確かに幸せだった」と思えたのではないでしょうか。

「幸せだなぁ」と思う習慣をつくればいいのです。素直に喜ぶ習慣や感謝する習慣もいいでしょう。
 単純なことです。「いいなぁ」「うれしい」「ありがたいなぁ」「幸せだなぁ」などと思うだけでいいのです。はじめは意識しないとできませんが、その心がけを続ければそのうちに習慣になります。心の口グセのようになればしめたものです。自然にそう思え、確かな幸福感を得られるようになれます。

「幸せだなぁ」という幸福感を実感できると、「自分は(今)幸せなんだ」という自覚が生まれます。それが度重なることで「自分は幸せ」という確かな“幸せの自覚”ができてきます。これはとても大きいことです。

 少しでも幸せな感じがした時に「幸せだなぁ」と心から思えるようになれたら、と思うのです。
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1002120000be95d5058535c5142ffab118c63f430/875711410155865831

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月31日 驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる