驢馬の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月7日

<<   作成日時 : 2017/08/07 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像8月7日(月曜日)
誕生花は「柘榴」、
花言葉は「円熟の美」。


【きょうのメッセージ】

『心の余裕・ゆとり』

幸せになるためには、心の余裕・ゆとりが大切です
今の幸せを感じるためにも、
今やっていることに集中するためにも、
まわりの人との関係をよく保つためにも、
自分の幸せ・生き方についてじっくりと考え直すためにも、
心のゆとりが必要なのではないでしょうか

逆に、「幸せを感じよう」「今を楽しもう」
「まわりの人を大切にしよう」「自分は何のために
生きるのか考えてみよう」などと考え・実践することが、
心の余裕・ゆとりを生むことにつながるのではないでしょうか


心の余裕

心に余裕を生む考え方

『「心の余裕」がなければ、幸せになることができない』
  本田健

急いだ心をスローダウンさせるための幸せになる考え方

やることを減らす、何かをあきらめる

『春を楽しむように人生を楽しむ心があるならば』 
  松下幸之助

余裕



 8月7日(月曜日) 「鼻の日」 
「8(は)7(な)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

心のゆとり

「ハオハオ」の代表的な使い方に、「ハオハオ、まぁいいか」と
「ハオハオ、そのままでいいよ」があります。
どちらも“いいかげん”な感じがするかもしれません。

ハオハオ まぁいいか    ハオハオ そのままでいいよ

 生きていく中で苦しんでしまうのは、
力が入りすぎている時が多いような気がします。
考えすぎ、気にしすぎ、完璧を求めすぎ、まじめすぎ、
頑張りすぎ、・・・。

○○は いいこと    ○○すぎは よくないこと

「○○すぎ」の時には、ちょっと肩の力を抜いてやると
いい場合が多いのです。

「ハオハオ」を使うことで、肩(心)の力を抜くことができます。
 一年後には忘れてしまうような小さいことは、
「ハオハオ、まぁいいか」と軽く受け流す。
(すぐには)どうしようもない問題は、「ハオハオ、
(今は)そのままでいいよ」と問題があることを受け入れてしまう。
 このような対応でも、大して問題ないことが多いのでは
ないでしょうか。

「ハオハオ」(の語感)には、心の力を抜く効果があるようです。



【きょうの名言】

『幸不幸は、財産、地位、あるいは
職業などによって決まるものではない。
何を幸福と考え、また不幸として考えるか――
その考え方が幸不幸の分かれ目なのである』


D・カーネギー 「人を動かす」(創元社)


幸せのヒント 「幸せについての考え方」

 自分がもっていないものだけしか「幸せ」と考えられない人は幸せになりにくいでしょう。それが、なかなか手に入らないものなら、なおさらです。

 自分がもっているもの、生活の中で出会えるもの、手に入るものを「幸せ」と思える人は幸せに暮らしやすいでしょう。

 自分が幸せになりやすい、幸せについての考え方をしたほうがいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 心のゆとり

 『人間としての生き方』(松原泰道)より、
 それにしても現在は、あまりにも忙しすぎます。みんな何かに振りまわされ、ものごとをじっくり「観察」するゆとりもなくなっていますし、自分の内面を見つめる余裕もなくなっています。

 潤いのない、ぎすぎすした多忙なだけの人生では、あまりにも寂しすぎます。自分を考え、他者を気遣うだけの心のゆとりをもちたいものです。

 ゆとりは、人生の充実のためにあります。ゆとりのなかで、自分は何のために生まれてきたのか、どう生きるべきかを大いに思索すべきでしょう。
 現在、時間的にすごく忙しい人はそんなには多くないような気もします。
 むしろ、心にゆとりのない、精神的に忙しい感じになっている人が多いのではないでしょうか。

 心にゆとりがないと、今やっていることを十分に楽しんだり、幸せを感じたりできないでしょう。
 また、物事をじっくりと観察したり、考えたりもできないでしょう。
 人に気を遣う心の余裕のない人もいるでしょう。

 心にゆとりがもてない理由は、仕事(家事・育児)が忙しいため、お金を稼ぐため、自分の夢や目標のため、人づきあいが多いため、やりたいことが多いため、将来への不安のため、・・・。
 様々な理由が考えられますが、もう少し心に余裕をもってやることができれば、少しは心にゆとりを感じられるのかもしれません。

 幸せになるためには、心の余裕・ゆとりが大切です。
 今の幸せを感じるためにも、今やっていることに集中するためにも、まわりの人との関係をよく保つためにも、自分の幸せ・生き方についてじっくりと考え直すためにも、心のゆとりが必要なのではないでしょうか。

 逆に、「幸せを感じよう」「今を楽しもう」「まわりの人を大切にしよう」「自分は何のために生きるのか考えてみよう」などと考え・実践することが、心の余裕・ゆとりを生むことにつながるのではないでしょうか。
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1002120000be95d5058535c5142ffab118c63f430/875711410155865831

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月7日 驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる