驢馬の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月9日

<<   作成日時 : 2017/11/09 11:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像11月9日(木曜日)
誕生花は「山茶花」、
花言葉は「謙譲」。


【きょうのメッセージ】

『人を受け入れられるようになろう』

「こういう人もいる」と相手の存在を受け入れる
「こういう所もある」と相手の欠点を受け入れる
「人は人でいい。違っていていい」と違いを受け入れる
「この人はこういう人」と相手の人格を受け入れる

「こういういい所もある」と相手の長所を受け入れる
「○○してくれてありがとう」と相手の善行を受け入れる

相手に対する自分の考え方がいい方向に変われば、
関係もいい方向に変わっていくのではないでしょうか


人は人

『誰もが犯しやすい間違いは嫌いな人の存在を認めないこと』 
   秋元康

『人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ』 
  司馬遼太郎

人は人でいい、自分は自分でいい、違っていていい

相手を良く考える

もう少しラクに人とつきあおう

『他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば・・・』 
  D・カーネギー

人に対する考え方

受け入れる


  11月9日(木曜日) 「119番の日」
 
 電話番号「119」に因んで。(119番通報の方法)

 きょうの幸福のヒントは、

人を受け入れる考え方

 世の中には、無神経な人も、意地悪な人も、無礼な人も
マナーを守らない人も、モラルがない人もいます。
 そういう人にイライラしたり腹を立てたりしてもしかたがありません。

なんだコイツは! イライラ・・・   ハオハオ こんな人もいる

 「なんだコイツは」「なんでこんなことをするんだ」「やさしさも思いやりもない」「許せない」などと思うと
さらに腹が立つでしょう。
 それは、そういう人をいなくしたい、そういう人を変えたい、
という思いが心の中にあるのではないでしょうか。

 そういう人が(たくさん)いるのは事実なのです。
 そういう人をいなくすることも、変えることも、できないでしょう。
 だったら、「ハオハオ、こんな人もいる」と、
そういう人の存在を受け入れることで、
イライラや怒りの感情を少しでも軽くして、
そういう人にとらわれずに自分の生活を大切にしたほうが
いいのではないでしょうか。

 でも、いい人もたくさんいるはずです。

イヤな人は ハオハオ   いい人は 好好


【きょうの名言】
『愛は幸運の財布である。
与えれば与えるほど、中身が増す』

ミュラー (ドイツの詩人)


幸せのヒント 「愛を幸せに変えるには」

  愛する幸せは、愛すれば愛するほど感じられるはず
  愛の能力は、使えば使うほど向上するもの
  愛の心は、愛の行為の繰り返しで育てるもの

 愛は出し惜しみしても、ためておけるものではありません。むしろ、減ってしまうのではないでしょうか。
 また、愛の心があっても、愛の行為に結びつかなければ、ないのと変わりありません。言わなければ、態度に表さなければ、行動に移さなければ、愛は伝わらないのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人を受け入れる考え方

  人間関係であまり悩み苦しまなくなるために大事なのが、
   「人を受け入れる」ことだと思います。

  相手の悪い所は現実として受け入れる、
  相手のいい所は十分に受け入れる、ということです。

  「存在を受け入れる」
   嫌な人に対しては、
    「こういう人もいる」と相手の存在を受け入れる。
   いい人に対しては、
    「いてくれてよかった」と相手の存在を喜んで受け入れる。

  「出会いを受け入れる」
   嫌な人との出会いも、
    「こういうこともある」と現実を受け入れる。
   いい人との出会いは、
    「出会えて幸福」と喜んで受け入れる。

  「欠点・長所を受け入れる」
   相手の悪い所は、
    「こういう所もある」「こんな時もある」と受け入れる。
   相手のいい所は、
    「この人のこういう所がいい」と受け入れる。

  「過去の行為を受け入れる」
   相手がした嫌なことを、つい考えてしまった時には、
    「こういうこともあったが、このことを考えるのはよそう」
    と心がけ、受け流す。
   相手がしてくれたいいことについては、
    「おかげさまで」「ありがとう」と心の中で感謝する。

  「自分との違いを受け入れる」
   自分と違う所があっても、「人は人でいい」と受け入れ、
   「自分はこれでいい」と自分も受け入れ、
   「違っていていい」と違いを受け入れる。

  「性格・人格を受け入れる」
   嫌な人に対しては、
    「この人はこういう人」と現実を受け入れる。
   いい人に対しては、
    「この人のこういう所が好き」と受け入れる。

  このような考え方ができるようになれば、
   人間関係で悩み苦しむことは少なくなるでしょう。

  人が変わることを(無意識にでも)期待しているうちは
   人間関係で嫌な思いをしやすいでしょう。
  人を受け入れられるように、
   自分の考え方を変えたほうがいいのではないでしょうか。

  相手への考え方が変われば、相手から受ける感じ方が変わり、
   相手への態度が変わり、(それが伝わって相手も変わり、)
   相手との関係も好い方向に変わることが多くなるでしょう。

  相手をそう思えるかどうかではなく、
   そう考えるように心がけることが大事なのです。
  心がけを続ければ、少しずつ、そう思えるようになるでしょう。

  人を受け入れる能力が向上すれば、それだけ
   人間としても成長できるのではないでしょうか。
http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/1002120000be95d5058535c5142ffab118c63f430/875711410155865831

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月9日 驢馬の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる