アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


7月31日

2017/07/31 08:39
画像7月31日(月曜日)
誕生花は「未央柳」、
花言葉は「気高さ」。


【きょうのメッセージ】

『幸せは自分の心が決める』

どんなに幸せそうに見えても、
本人が幸せを感じていなければ、
その人は幸せではありません

どんなに幸せそうに思えても、
本人が「自分は幸せ」と思えないのなら、
その人は幸せではありません

幸せは自分の心が決めるのです
幸せを感じられる心、幸せと思える心・・・
幸せになれる心を育てていけるといいのではないでしょうか


『「幸せの基本は幸福感」にあります』 和田秀樹

幸福感が大事

『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 サイラス

幸せを自覚する

『しあわせはいつもじぶんのこころがきめる』 相田みつを

自分の幸せ

幸せになれる心、幸せになる能力を向上させる



 7月31日(月曜日) 「蓄音機の日」 
1877年(明治10年)7月31日に、
エジソンが蓄音機の特許を取得(エジソン式コップ蓄音機)。

 きょうの幸福のヒントは、

幸福感と自覚

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



【きょうの名言】

『幸せを数えたら、
あなたはすぐ幸せになれる』


ショーペンハウエル (ドイツの哲学者)


幸せのヒント 「幸せを数える」

  自分が持っている幸せを想い出し、
   その価値を心の中で確かめれば、
    少しは幸せな気もちになれるでしょう

  自分が持っている幸せを次から次へと想い出せば、
   幸せな気もちを持続することができ、
    幸せな気もちを少しは高めることができるでしょう

 誰でもたくさんの幸せを持っているのではないでしょうか。
 もし、「自分の幸せを紙に書いて持ってきたら、1つにつき1万円あげる」と言われたら、あなたならいくつぐらい書けるでしょうか?

 自分の幸せを数えて生活できるようになれば、もっと幸せに暮らせるようになれるのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸福感と自覚

「幸せな感じ」はすべて幸福感だと思います。楽しい感じ、うれしい感じ、安心感、やすらぎ感、様々な快感、充実感、達成感、生きがい感、・・・。
 幸せがたくさんあるのと共に、幸福感もたくさんあるのです。

 狭い意味での幸福感というのがあります。「幸せだなぁ」と心から思えた時に感じられるものです。それはもしかしたら、人それぞれに違う感じなのかもしれません。でも、「幸せだなぁ」という感じは誰にでもあると思います。
 この「狭義の幸福感」に含めていいと思われるものもあります。「いいなぁ」「うれしい」「よかった」などと思えた時に感じられるものです。また、「ありがたいなぁ」「おかげさまで」というような、心から感謝できた時に感じられるものもそうです。
 これらの「狭義の幸福感」は質が高いような気がするのです。

 ふつう幸せな事があった時や幸せな状況にいる時に、無意識のうちに「幸せな感じ」がしてくるものです。その時に、「幸せだなぁ」と思うことができると、幸福感をさらに加えることができ、幸せがより確かなものになるのです。

「今から考えると、あの時は幸せだった(んじゃないか)」と思えることが過去にあるのではないでしょうか。たぶんその時には「幸せな感じ」がしていたのでしょう。もしくは、幸せな状況にいたのでしょう。
 でもその時に、「幸せだなぁ」とは思わなかったのではないでしょうか。
“幸せの自覚”がなかったとも言えるでしょう。その時に「幸せだなぁ」と思えていれば、もっと幸せを感じられていたでしょうし、のちに「あの時は確かに幸せだった」と思えたのではないでしょうか。

「幸せだなぁ」と思う習慣をつくればいいのです。素直に喜ぶ習慣や感謝する習慣もいいでしょう。
 単純なことです。「いいなぁ」「うれしい」「ありがたいなぁ」「幸せだなぁ」などと思うだけでいいのです。はじめは意識しないとできませんが、その心がけを続ければそのうちに習慣になります。心の口グセのようになればしめたものです。自然にそう思え、確かな幸福感を得られるようになれます。

「幸せだなぁ」という幸福感を実感できると、「自分は(今)幸せなんだ」という自覚が生まれます。それが度重なることで「自分は幸せ」という確かな“幸せの自覚”ができてきます。これはとても大きいことです。

 少しでも幸せな感じがした時に「幸せだなぁ」と心から思えるようになれたら、と思うのです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月30日

2017/07/30 09:10
画像7月30日(日曜日)
誕生花は「鳳仙花」、
花言葉は「激しい愛」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになる努力をしよう』

「幸せになりたい」と思うのなら、
そのための努力をしたほうがいいでしょう

人は生きていくためにいろんな努力をしています
たとえば、仕事や勉強や家事や育児などは特に
時間や手間をかけて努力しているでしょう

仕事や家事の10分の1でもいいから、
幸せになる努力をしてみてはいかがでしょうか


幸せになる努力

幸せになるために行動・努力する

『幸福は運命から与えられるよりも、むしろ努力で獲得する方が多い』 
  武者小路実篤

幸せになろうと努力する気になれない

幸せになる行動・努力

『幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道』 
  トルストイ

「幸せになる方法」実践講座



 7月30日(日曜日) 「プロレス記念日」 
1953年(昭和28年)7月30日に、
力道山が中心となり日本プロレスリング協会結成。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せになる努力をする

 実際に、幸せになるためには、そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」
という心構え(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

 幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、幸せに暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『あと一歩だけ、前に 進もう』


スガシカオ 「Progress」より


 頑張っているのに、ゴールがなかなか見えてこない時、
  余計なことを考えずに、
  次の一歩だけに集中すればいいのかもしれません


幸せのヒント 「前に進むために」

立ち止まったまま迷っていてもしかたがありません。
あきらめていないのなら、
  今の自分のベストを尽くすことが最善でしょう。

 『悲しむことはない。
  いまの状態で何ができるかを考えて、
  ベストを尽くすことだ』 サルトル

 『今日為し得るだけの事に全力を尽くせ、
  しからば明日は一段の進歩があろう』 ニュートン

長い先行きを考えるよりも、
 今日できること、今できることだけを考えたほうが、
 行動に移しやすいでしょう。

目の前が真っ暗に思えてしまった時には、
 次のような考え方もいいのではないでしょうか。

 『夜明け前が一番暗い』

 『うまくいかなくても「もう駄目だ」と絶望するのではなく、
  「今がドン底、どう転んでもこれ以上悪くなることはない」
  と腹をくくれば、新しい勇気もわいてくる』 田辺昇一

つらい時にこそ、
 いい心の姿勢をキープして、いい努力を続けられるように、
 自分の心を支える心がけが大切なのではないでしょうか。

 『勇気を失うな。くちびるに歌を持て。心に太陽を持て』 フライシュレン

失敗を怖れない勇気と、少し力を抜く心の余裕と、
 心の中をちょっと明るくする希望があれば、前に進めるのでしょう。
その一歩一歩がやがていい結果につながるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せになる努力をする

 『こころのレシピ』(クリストフ・アンドレ)より、
 さて、ひとたび〈幸せになる〉決心がついたら、今度は〈幸せになる〉ための努力をする必要があります。
 では、幸せになるために、私たちはどんな努力をすればよいのでしょう?
 それは簡単に言うと、〈幸せが訪れやすい状況をつくること〉、〈幸せを受け入れる体勢を整えること〉――このふたつです。
 「幸せになろう」と決意だけしても、何も努力しなければ幸せにはなれません。
 幸せになるための努力を実際にすることが大事です。

 “努力”というと大変・つらいのようなイメージがあるかもしれません。自分が好きなことややりたいことや楽しめることなら“努力”という感じはしないのだと思います。
 “よろこんでやれる”努力なら苦にはならないはずです。幸せになるための努力は“よろこんでやれる”と思うのですが・・・。

 幸せになるためには、現実を変えるアプローチと自分(の心)を変えるアプローチがあると思います。
 幸せが訪れやすい状況・現実をつくる努力と幸せ感じられる心を養う努力ができるといいのでしょう。

 人は生きていくためにいろんな努力をしていると思います。
 たとえば、仕事や勉強や家事や育児などは特に時間や手間をかけて努力しているのではないでしょうか。
 仕事や家事の10分の1、100分の1でもいいから、幸せになるための努力をすればいいのに、なんて私は思ってしまいます。
 「努力をすれば少しずつ幸せに(暮らせるように)なれる」と私は信じているし、実感もしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月29日

2017/07/29 08:46
画像7月29日(土曜日)
誕生花は「バーベナ(美女桜)」、
花言葉は「家族との融和」。


【きょうのメッセージ】

『あなたは世界でひとりだけ』

自分は世界に一人だけしかいない貴重な存在
その人生を生きられるのは、この世に自分だけしかいません

自分(の人生)を大切にして生きましょう


この世に自分という人間は一人

『ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン』 
  槇原敬之

奇跡のような幸運

『人間は誰でも自分がいちばん大切なのです』 
  五木寛之

もっと自分を大切にしよう

自分を大切にする

インナーチャイルドへのメッセージ



 7月29日(土曜日) 「アマチュア無線の日」 
アマチュア無線の健全な発達と知識の普及を目的とした記念日。

 きょうの幸福のヒントは、

存在する奇跡と謎

 実際に、幸せになるためには、そういう生活を心がける必要があります。
そのために役立つのが、「ハオハオで行こう!」という心構え
(ハオハオ精神)であり、自分へのかけ声です。

いいことは 好!好! 悪いことは ハオハオで行こう!

     気分よく過ごそう 気分は好好で行こう!

もう少しラクに人とつきあおう 人はハオハオで行こう!

もっと自分を大切にしよう 自分は好好で行こう!

ちょっと前向きに考えよう 3Hの考え方で行こう!

  いいように考えよう ハオ好で行こう!

 幸せに生きよう 好!好!「幸せだなぁ」で行こう!

 このように、「ハオハオ」を身につける努力を続ければ、
少しずつラクに過ごせるようになれ、幸せに暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『そのままの自分でいい
そのままの自分が百点満点』

山崎房一 『心がやすらぐ魔法のことば』(PHP文庫)より


幸せのヒント 「今の自分はそれなりにいい」

  今の自分(の生き方)は「それなりにいい」はずです
  現実に則した自分なりの生き方をしているはずです
  多少の問題はあっても、「それなりにいい」のです

 自分に百点満点を求めたら、いつも不満だらけです。いつまでたっても、百点満点にはならないでしょう。今の自分は100点として、とりあえず120点ぐらいを目指したほうがいいのではないでしょうか。


◇ more hint! 「あるがままの自分を受け入れよう」



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 存在する奇跡と謎

 『14歳からの哲学』(池田晶子)より、
 「存在する」ということは、奇跡だ。存在するあらゆることが奇跡であり、したがって謎なのだという絶対の真理を手放さないのであれば、君は、これからの人生、この世の中で、いろんなことがあるけれども、悩まずに考えてゆくことができるはずだ。
 そのためにこそ、人間には、考える精神があるんだ。考えたいけどうまく考えられない、そういう人だって、かまわない、生(ある)と死(ない)の謎を感じて、その謎を味わいながら、大事に人生を生きてゆけばいい。
 広い広い宇宙の中、長い長い時間の大河の中、「今、ここ」に「自分」が存在するということは、奇跡的な(確率の)ことです。
 同様に、今存在するあらゆることが奇跡、と考えられます。
 その奇跡は「有り難い」ことであり、そのことに心から感謝できる人は、それだけで幸せを感じることができるはずです。

 有り難い奇跡ということは、不思議であり、謎である、とも考えられます。
 その謎に興味をもって、物事をよく見、よく考えてみれば、謎の一端を味わうこともできるのでしょう。
 たとえば、生と死、有ると無いについて、よく考えてみれば、その謎を少しは味わうことができるでしょう。

 自分の生命があること、自分が生まれたこと、自分が生きていることの価値を知り、自分(の体・心・人生など)を大切にできるようになれれば、もっと幸せになれるのではないでしょうか。
 さらには、自分のまわりに存在するものの価値を知り、すべてを愛することができるようになれば、さらに幸せになれるでしょう。

 人間には考える精神がある。それが自分自身とそのまわりのものから幸せを見いだし、自分の心を豊かにしてくれる。
 すぐにはうまくできなくても、幸せになろうと考える精神を育てていけば、少しずつ幸せに暮らせるようになっていけるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月28日

2017/07/28 07:39
画像7月28日(金曜日)
誕生花は「グロリオサ」、
花言葉は「栄光」。


【きょうのメッセージ】

『幸せに歩く習慣を身につけよう』

幸せに暮らすためには、
心身の健康をキープすることが大事です

「歩く」ことは、身体の健康にいいだけでなく、
心の健康・幸せのためにもいいことです

歩きながら幸せを感じることが
習慣になるといいのではないでしょうか


心身の健康をキープする

『適度の運動は、健康を生み、育て、長もちさせる』 
  アリストテレス

歩く、いろんなことに気付く、散歩を楽しむ

『ウォーキングは理想的な運動です』 
  エドガー・ケイシー

幸せを感じる、心の栄養、心の運動

ハッピー・ウォーキング



 7月28日(金曜日) 「なにわの日」 
「7(な)2(に)8(わ)」(難波・浪速)の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せに歩く習慣

 歩くのは大変なこと・イヤなこと(ハオハオ)ですか?
 それとも、歩くのは楽しいこと・好きなこと(好好)ですか?
 (私は、歩くのは大好好です)

 歩くのは、気もちがいい。身体を動かし、健康にもいいでしょう。
 自然など、いろんな好好に出会える可能性があります。
 自由に幸せなことを考えやすいでしょう。

 「歩くのは好好」と思えるようになれば、
 1日の中で何回かは、好好な気もちになれるでしょう。
 それだけでも、気分よく、幸せに暮らせるような気がします。

歩くのは、好好 ハッピー・ウォーキング



【きょうの名言】

『転んだ時にはいつでも何かを拾え』

オズワルド・アベリー (アメリカの医師・生物学者)


転んでしまったのは、しかたがありません
どうせ起き上がるのなら、何かをつかめるといいのでしょう
転んだからこそ、拾えるものもあるのではないでしょうか

幸せのヒント 「失敗は成長の糧」

 『失敗の原因を素直に認識し、
  「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」
  というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人』 松下幸之助

 『体験は、それがどんな種類のものであれ、
  必ず自分の人生の糧になると考える習慣を、
  私はいつも忘れないように身につけています』 日野原重明

失敗をしても、それを糧に成長できたらいいのでしょう。

 『失敗のうちで最大のものは、
  失敗を何一つ自覚しないことである』 カーライル

 『過って改めざる、これを過ちという』 孔子

よくないのは、失敗しても
 何も変わらない、何も学ばないことでしょう。
もっとよくないのは、一度の失敗で
 あきらめてしてしまうことではないでしょうか。

 『ある人は、自分はだめな人間だと感じてしりごみしてしまう。
  一方、ある人は、次々と失敗をくりかえしながら、
  大きく成長してゆく』 ヘンリー・C・リンク

 『すべてのことはいい経験』

成功体験は、自信を育て、自分を育てるでしょう。
失敗体験も、忍耐力を育て、
 また何かを学ぶことで、自分を育てることができるでしょう。

失敗を怖れ過ぎずに、
 「いい経験をするつもりで」「自分を育てるために」と
 チャレンジすることがあってもいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せに歩く習慣

 『自分を鍛える』(ジョン・トッド)より
 運動を有益なものにするには、次の点を守らなければならない。
(1)毎日規則的に実行すること。
(2)気持ちよく楽しんでできるものでなければならない。
(3)精神をリラックスさせるものでなければならない。
 運動は、習慣として規則的にやるのが効果的なのでしょう。休んでしまうとすぐに元に戻ってしまったり、続けるのが大変になってしまったりするでしょう。
 運動を気持ちよく楽しめたらいちばんいいのでしょう。それが、長く続けられる秘訣ではないでしょうか。多少大変なところがあっても、少しでも楽しめるように工夫や努力ができたら、と思います。
 「運動」だからと力を入れ過ぎないほうがいいのでしょう。「○○でなければならない」などと思わずに、少し心の力を抜いてリラックスできることがとても大事なのではないでしょうか。
 経験からいって、最もいい運動は、なによりも歩くことだと思う。

 この散歩の利点はまず手軽だということである。道具などは一切いらない。戸外で行われるから、肺は新鮮な空気を吸い、目は丘や谷や木や花など生命のあるものないものを観察できる。目にするもの耳にするものすべてが頭の働きを活発にし、意欲をわかせる。
 「歩く」ことは、身体のためにも心のためにも、いい運動になることだと思います。
 人間がもつ最大の筋肉である脚の筋肉を働かすことで、思いのほか運動(カロリー消費?)になるようです。脚の衰えや故障は人の活動を大きく制限します。健康な身体は健康な脚力から、のような気もします。
 外の空気に触れ、陽の光を浴びることも、健康にいいことでしょう。
 「歩く」ことは手軽に、ラクにできる運動です。習慣として末永く続けられるものです。

 新鮮な空気を深呼吸するのは気もちがいいことです。風も心地好く感じられるのではないでしょうか。
 木々の緑や色とりどりの花など、心和むものを目にすることができるでしょう。夜なら、星や月を美しく見られることがあるでしょう。
 耳をすませば鳥や虫の声が聞こえるかもしれません。
 五感を働かせば、季節を感じられることがいろいろあるでしょう。四季の移り変わりがよくわかる日本に生まれたことは幸せなことだと思います。

 楽しみながら歩くハッピー・ウォーキングの方法は他にもいろいろあるでしょう。
 楽しいことを考える、歌をうたいながら歩く、人間ウォッチングをする、好きな人のことを想う、幸せになれることを考える、・・・。
 歩きながら幸せを感じる練習をすることもできます。

 もっと散歩を極めたいという方は、ネットで探せばたくさんのヒントを見つけることができるでしょう。たとえば、散歩するための基礎知識というリンク集もありました。

 散歩の時間を特につくらなくても、通勤や通学や買い物の途中でもハッピー・ウォーキングは可能です。
 幸せを感じて歩くことが習慣になれば、いちばんいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月27日

2017/07/27 08:54
画像7月27日(木曜日)
誕生花は「日々草(その日草)」、
花言葉は「楽しい想い出」。


【きょうのメッセージ】

『好い気もちで人と接しよう』

関係を良くしたい相手と接する際には、
好い気もちをもつことができるといいでしょう

好い気もちの一つめは、「思いやりの気もち」
好い気もちの二つめは、「やさしい気もち」
好い気もちの三つめは、「感謝の気もち」

好い気もちは自分の表情や言動などに表れ、
相手に好感を与え、関係が良くなりやすいのです


思いやり、やさしい気もち、感謝の気もち

『他人に対して尊敬と思いやり、そして暖かい心を・・・』 
  コンクリン

『幸せになるためには、やさしい人になる努力をする』
  加藤諦三

『いつも感謝の気持ちを持ち、それを口にすることは…』
  サイモン・レイノルズ

思いやりをもって幸せに暮らす



 7月27日(木曜日) 「スイカの日」 スイカの縞模様を綱に見立て、
27を「2(つ)7(な)」(綱)とよむ語呂合せから。

 きょうの幸福のヒントは、

好い気もちで人と接する

思いやりのある人は 好好

ところで 思いやりって何?

 一つには、人を不幸にしないこと。
  人にイヤな思いをさせない、人を傷つけるようなことをしない、・・・。
 一つには、人を幸せにすること。
  人にやさしくする、人を喜ばす、人のためになることをする、・・・。

では、どうしたら? 思いやりをもてるの?

 まずは、相手のことを気にかける、相手に関心や興味をもつ。
 次に、相手の心(感情・望み・考え)を察する/想像する。
 そして、相手のためを考える、相手の幸せを考える。

 と、頭で考えても、それを行動に移すのは難しいことかもしれません。

好好な心で 人に接することができたらいいな

 と、心がけるのを続ければいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『結婚するものも仕合わせだし、
しないものも仕合わせだ。
どっちにも人間としての喜びがある』

武者小路実篤 「幸福者」より


幸せのヒント 「どちらを選んでも幸せ」

 人生の選択に迷ったとき、「どっちを選んでも幸せ」
 と考えられたらいいのではないでしょうか

人生の選択ですごく迷うとしたら、
 一方が幸せで他方は不幸ということではなく、
 どちらを選んでもそれなりに幸せということではないでしょうか。

「どちらを選んでも幸せ(になれる)」と考えられれば、
 少しはラクに決断できるでしょう。

「○○でなければ、幸せになれない」と思い込んでしまうと
 ○○が現実にならないと、不幸になってしまうでしょう。

現実には、自分にはどうしようもないこともあります。
それでも、現実の自分の人生にも
 人間としての幸せはきっとあるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 好い気もちで人と接する

 関係を良くしたい相手と接する際に、好い気もちをもつことができると、それは自分の表情や言動などに表れ、相手にいい感じ・好感を与えます。その結果、関係がよくなりやすくなります。

 好い気もちの一つめは、「思いやりの気もち」です。相手を気遣ったり、相手に何かをしてあげたいというような気もちです。
 たとえば、相手がお年寄り(特に好きなおじいちゃんやおばあちゃん)なら、思いやりの気もちをもちやすいでしょう。

 好い気もちの二つめは、「やさしい気もち」です。
 たとえば、子供(特に赤ちゃん)と接する時には、やさしい気もちになりやすいでしょう。

 好い気もちの三つめは、「感謝の気もち」です。
 感謝できることがある相手なら、「ありがたいなぁ」と思って接することで、感謝の気もちをもつことができます。

 この三つのどれでもかまいません。他に好い気もちがあれば、それでもいいでしょう。自分なりの人に対する好い気もちを見つけられたら、と思います。
 このような好い気もちをもって相手と接することができるようになれば、きっと関係はいい方向にいくでしょう。
 もちろん、好い気もちで接するのは、関係を良くしたい相手だけでいいのです。

 これらの好い気もちになれることは、それ自体が自分とって心地よいものです。
 好い気もちの「好い」は、相手に対してでも一般的な善悪でもなく、自分の心にとって「好ましい」と考えていいと思います。

 と言っても、好い気もちをもって人と接することは、慣れないとなかなかできません。
 それをキープするのはとても難しいことです。相手の言動によってすぐに変化してしまいます。
 好い気もちをキープするためには、人を受け入れる能力が必要だと思います。

 非常に難しいことですが、好い気もちで人と接することを心がけるだけでも、それなりの効果はあるでしょう。
 あとは時間をかけて、少しずつできるようになっていければ、と思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月26日

2017/07/26 08:59
画像7月26日(水曜日)
誕生花は「ジニア(百日草)」、
花言葉は「幸福」。


【きょうのメッセージ】

『意図的楽観主義のすすめ』

悲観的な人は、やりたいことが頭に浮かんでも、
「そんなにうまくはいくわけがない」「失敗したらどうしよう」
「私にはできない」などとすぐに考えてしまいます

「悲観的なのは性格(だから、変えられない)」
と(心の中で)思い込んでいる人も多いでしょう

「悲観的なのは考え方のクセ」と考え、
それを変えていく努力ができるといいのです

悪いクセは出てしまった時に、
早めに気づいてストップできればいいのです
悲観的な考えをそのまま信じ込まないで、
「そうじゃないかもしれない」「うまくいく可能性もあるはず」
「ベストを尽くせばいい」「一生懸命に努力すれば、きっとできる」
 などと考え直すことができるといいのです

悲観的な考えをすると、心の中が暗くなってしまいます
楽観的に考えるように心がけることで、
心の中に希望が生まれ、少しでも
明るい気持ちになれるようになるといいでしょう


悲観的な考え方に対する幸せになる考え方

『悲観主義は弱さを招き、楽観主義はパワーをもたらす』 W・ジェームズ

オプティミストは上手に生きていく

『悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである』 アラン

『楽観脳』(プライス・プリチェット)



 7月26日(水曜日) 「日光の日」 
820年(弘仁11年)7月26日に、
弘法大師が日光山を命名(日光の名前の由来)。

 きょうの幸福のヒントは、

意図的楽観主義のすすめ

 「ハオハオ」の考え方は、いわゆる“ポジティブ・シンキング”とは違います。

ネガティブ・シンキング / ポジティブ・シンキング / ハオハオ・シンキング

   またミスしちゃった   ミスをなくそう   たまにはしかたがない

気まずい人がいる   仲よくしよう    合わない人もいる

  私は弱い人間だ    強くなろう     そのままでもいいよ

 その代わりに、もっと幸せになれることをするようにしたほうがいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『諸君が困難に会い、
どうしてよいか全くわからないときは、
いつでも机に向かって何かを書きつけるのがよい』

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)


幸せのヒント 「書きながら考えるメリット」

  書くことで、問題を明確にすることができる
  書いていく過程で、問題を整理することができる
  読み返してみることで、少しは客観的に考え直すことができる
  同じ考えだけを繰り返さずに(堂々巡りをせずに)すむ

 書きながら考えるのはいい方法です。
 何でも思いついたことを自由に書けばいいのだと思います。
 ただ考えるよりも、落ちついて、客観的に、集中して考えることができます。

 書きながら考える方法を身につけ、上達すれば、困った時にとても役に立つでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 意図的楽観主義のすすめ

  夢や目標がなかなかもてない、すぐにあきらめてしまう
   という人の中には、悲観的な人が多いのではないでしょうか。

  悲観的な人は、夢ややりたいことが頭に浮かんでも、
   「そんなにうまくはいくわけがない」「失敗したらどうしよう」
   「私にはできない」などとすぐに考えてしまいます。

  「悲観的なのは性格(だから、変えられない)」
   と(心の中で)思い込んでいる人も多いと思います。

  「悲観的なのは考え方のクセ」と考えられれば、
   それを変えていくことはできるのではないでしょうか。

  悪いクセは出てしまった時に、
   早めに気づいてストップできればいいのです。
  悲観的な考えをそのまま信じ込まないで、
   「そうじゃないかもしれない」「うまくいく可能性もあるはず」
   「ベストを尽くせばいい」「一生懸命に努力すれば、きっとできる」
    などと考えられるといいのでしょう。

  悲観的な考えをすると、心の中が暗くなってしまいます。
  楽観的に考えるように心がけることで、
   心の中に希望が生まれ、少しでも明るい気持ちになれる
   ようになれたらいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月25日

2017/07/25 07:22
画像7月25日(火曜日)
誕生花は「ブーゲンビリア」、
花言葉は「薄情」。


【きょうのメッセージ】

『勇気を出して行動しよう』

価値あるものは容易には手に入らない
幸せを得ようと思ったら、行動や努力が必要
行動できないのは、勇気がないからかもしれません

勇気を出してやればできる可能性はあり、
何かしら得るものがあるはず
何かを恐れてやらなければ何も得られない

勇気を出して行動できるようになるといいでしょう


勇気

『幸福を得るには、勇気が最も必要である』 
  ヒルティ

恐れない勇気を育てよう、(恐れているものを)覚悟しよう

『勇気とは、決断するときに欠かせないもの』 
  ジョン・F・ケネディ

決断力・行動力を高める


 7月25日(火曜日) 「味の素の日」 
1908年(明治41年)7月25日に、
池田菊苗が「グルタミン酸塩を主成分とせる調味料製造法」の特許を取得。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せを得るには勇気が必要

 やってみなければ、結果はわからない。
(だから、迷うのでしょう)
  やってみれば、うまくいくかもしれません。

 試してみなければわからないこともあるでしょう。
  どんな感じがするか。
  努力すればできそうか、無理そうか。
 試してみてから、本格的にやるかどうか決めればいいこともあるでしょう。

チャレンジして、うまくいったら 好!好!   
うまくいかなくても ハオハオ(ハオ好?)

 失敗しても、ハオハオ。
  もしかしたら、これもいいこと?(ハオ好じゃない?)

少なくとも いい経験になる(好好)

 やろうかどうか迷っているだけで、何もしないで時間を過ごしてしまうのが、
いちばんよくないのかもしれません。



【きょうの名言】

『働く技術とは、
仕事について何を考えるか、
仕事についてどう感じるか、
その仕事に関して何をするか、
ということからなっている』

W・A・ピーターソン (アメリカの作家)
「生き方の技術」(実務教育出版)より


幸せのヒント 「仕事についての考え方や感じ方」

 仕事では、何をするかが大事なのでしょうが、
  仕事についてどう考え、
  仕事についてどう感じるかも大事なのではないでしょうか

仕事についてどう考えるか
 仕事の目的として何を重視するか(収入/目標達成/おもしろさ/他)、
 自分に合っているか合っていないか、仕事が好きか嫌いか、・・・

仕事についてどう感じるか
 楽しんでやっているかイヤイヤやっているか、
 やりがいを感じるか、幸せを感じるか、・・・

仕事についての考え方や感じ方によって、
 仕事の取り組み方ややる事が変わってくるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せを得るには勇気が必要

  価値あるものは容易には手に入らないことが多いでしょう。
  幸せを得ようと思ったら、
   そのための行動や努力が必要なのではないでしょうか。
  行動できないのは、勇気がないからかもしれません。

  『難しいから、やる勇気がないのではない。
   やる勇気がないから、難しいのである』 セネカ

  「難しい」と思ってしまうのも、
   ただやる勇気がないだけなのかもしれません。

  勇気を出してやればできる可能性はあり、
   何かしら得るものがあるはずです。
  何かを恐れてやらなければ何も得られないのです。

  勇気が出ない理由として
   「自信がない」という人もいると思います。
  「自信」にあまりこだわらないほうがいいでしょう。
  「自信なんてなくてもいい」ぐらいに考えてもいいと思います。

  『動かないことが疑いと恐怖を生み出す。
   行動は自信と勇気を生み出す』 デール・カーネギー

  やってみれば意外とできることも多いのです。
  それが自信と勇気につながるのです。

  夢や目標を達成するためにも、人を愛するためにも、
   自分を育てるためにも、勇気が必要なのではないでしょうか。

  『人生で必要なものは、愛と勇気といくらかのお金だ』 
  チャップリン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月24日

2017/07/24 08:41
画像7月24日(月曜日)
誕生花は「延齢草」、
花言葉は「奥ゆかしい心」。


【きょうのメッセージ】

『幸せを感じたらそれを力に、さらに幸せになろう』

今の幸せを力に、自分の夢に向かって前進しよう 
 (夢の力に)
自分の幸せを力に、人を幸せにすることをしよう 
 (愛の力に)
今の幸せを力に、将来の幸せを信じよう     
 (信じる力に)
今の幸せを力に、さらに幸せになれることをしよう
 (幸せの力に)


幸せの好循環、幸せの「ふくらむ力」

『心が明るいから、幸せへの感性も鋭くなる』 
  櫻木健古

夢や目標を愉しんで生きる、人を愛する幸せを感じる

『小さな幸福感もまた、こんなきびしい時代に私たちの生きる力になっていく』 
  五木寛之

幸せを力に



 7月24日(月曜日) 「劇画の日」 
1964年(昭和39年)7月24日に、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊。
                  

 きょうの幸福のヒントは、

幸せを力に、さらに幸せになる

いいことは、好!好! と素直に喜ぼう

好好を力に ○○たらいいな  ではどうしたら?

夢や目標がある人は 努力の力に

幸せにしたい人がいる人は 愛の力に

もっと幸せになりたい人は 幸せの力に

 「幸せを力に」さらに幸せになれるようになれたらいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『幸福をメニュー上のデザートにする理由は何もない。
メイン・ディッシュでよいのだ』


バリー・ニール・カウフマン (アメリカの講演家・作家)


幸福は、デザートのように、最後にだけ味わえる甘美なもの、
と思い込んで生きているような人も多いのでしょう


幸せのヒント 「幸せは、結果か、過程か、前提か」

「○○たら、幸せになれる」という思いは、
「○○にならなければ、幸せになれない」になりがちです。

 『幸福とは、旅の目的地のことではなく、
  旅のしかたのことである』 
  ランベック

 『幸せはゴールではない。
  その過程にたえずあるものだ』
   R・カールソン

人生の過程にたえずある幸せを感じて
 生きられるようになれたらいいのではないでしょうか。

 『「幸せになること」は、人生の終点ではありません。
  始まりなのです。心が満ち足りていれば、
  私たちの人生は精神的に豊かになります』 
  W・ダイアー

 『幸福になりなさい――そうすれば、あなたは、
  立派になれるし、成功できるし、健康にもなれる。
  そして、他人に対しても、もっとやさしく感じ、
  やさしくふるまうことができるようになる』 
  マックスウェル・マルツ

幸せな気もちで生活できるようになれば、
 いろんなことが幸せな方向に変わっていくのかもしれません。

 『問題は、幸福に「なれるかどうか」ではなくて、
  長いあいだ、何年も、ときには一生、幸福でいられるかどうかだ』
   フランチェスコ&ルーカ・スフォルツァ

 『自分を育てていけば、
  少しずつ幸せに暮らせるようになっていける』 
  本多時生

「今は(それなりに)幸せ。
 これからも少しずつ幸せになっていける」
 と思って、生きていけたら幸せなのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せを力に、さらに幸せになる

 いい気分・幸せな気分の時には、幸せを感じやすくなり、幸せになる考え方や行動もしやすくなります。
 幸せな人は幸せになりやすく、幸せの好循環になることがあります。反対に、不幸な人は不幸になりやすく、不幸の悪循環に陥ってしまうことがあります。
 幸せな時には、意図的に好循環を作り出せるといいのです。幸せな気もちになった時に、そのエネルギーを利用して、「この幸せを力に、さらに幸せになれることをしよう」と思えるようになるといいのです。

 たとえば、職場では仕事の幸せを力にできるといいのです。
 たとえば、自分の夢に向かって努力する人は、、希望を力に努力し、そして努力の過程の楽しみや喜びを力にできるといいでしょう。さらに、一つの夢を実現できたら、その幸せを力に次の目標に向かえばいいのです。
 たとえば、愛する人を大切にしたい人は、人を愛する「幸せを力に」できるといいのです。また、自分の幸せを力に人を幸せにすることで、幸せを分かち合うことができるといいでしょう。
 たとえば、人間関係では感謝の気もちを力にできるといいのです。

幸せを感じたらそれを力に さらにいいことをしよう

 もうちょっと気ラクな言葉で言えば、「図にのる」「調子にのる」「いい気になる」というような感じでもいいのではないかと思います。

 「今は幸せ。でももう少し幸せになれたらいいな。ではどうしたら?」という感じで、日常的に今の幸せを力に(たとえば、健康の幸せや生きている幸せでもいい)、さらなる幸せに向けて動き出せるようになれたらいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月23日

2017/07/23 08:49
画像7月23日(日曜日)
誕生花は「女郎花」、
花言葉は「忍耐」。


【きょうのメッセージ】

『目的をもって生きよう』

目的があれば、それを目指すことで、
人生に方向性を与えることができる
ムダに動き回ったりウロウロと迷ったりしないですむ

「幸せ」という目的をもって生きることで、
幸福度を高めていけるといいのではないでしょうか


人生の目的としての幸せ

『目的をはっきりと自覚せよ。汝の人生は明確に変わる』
  ユダヤの格言

目的意識を明確にする

“幸せ”という目的と目標と方法

『人生の目的は、幸せになることです』 
  ダライ・ラマ14世

幸福度を高めていく

人生の目的/生きる目的



7月23日(日曜日) 「大暑」 
二十四節気の一つ。夏の暑さが盛りを迎える頃。

 きょうの幸福のヒントは、

目的が自分の人生に方向と意味を与える

 自分を育てる努力を続ければ、
1年後にはきっと次のように思えるでしょう。

1年前に比べたら 少しは幸せに暮らせるようになれた

これからも 少しずつ幸せになっていける

 このように、自分の将来の幸せを信じて生きていけるようになることは、
とても幸せなことだと思います。

自分の成長は 好好    自分を育てていきましょう



【きょうの名言】

『なにが 君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのは いやだ!』

「アンパンマンの主題歌」(作詞・やなせたかし)より


幸せのヒント 「自分の幸せに気づくのは、いつ?」

  何が自分の幸せ?
  何が自分の喜び?
  それがわかっている人は、その幸せを感じる
  それがわからない人は、まずそれを見つける

 わからないまま終わるよりは、死ぬ前に「自分の人生は幸せだった」
と言えたほうが幸せでしょう。
そう言えるのなら、もっと前にそれに気づけたほうが
もっと幸せなのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 目的が自分の人生に方向と意味を与える

 『ときどき思い出したい大事なこと』(ディック・J・ライダー)より
 目的が自分の人生に方向と意味を与えるほど重要なものならば、目的は自分の心とも同じ方向を向いていなければならない。

 自分の目的と合致しないかぎり、仕事に真の喜びを見出すこともできず、自分のもっているものに満足することもできない。

 目的とは、単なる概念ではない。生き方である。
 目的があれば、それを目指すことで、人生に方向性を与えることができます。ムダに動き回ったりウロウロと迷ったりしないですむでしょう。
 目的を果たすことで、人生に意味や価値を与えることもできます。意味のない生き方や価値のない人生にはならないですむでしょう。

 “人生の目的”は、自分の生き方や人生を左右する重要なものです。
 自分が心から望む、自分に合った目的をもつことが肝心でしょう。

 自分の目的に合ったことをやり、自分の目的を果たすものを手に入れることが、自分の喜びや幸せにつながるのだと思います。

 自分の目的をもって生きることが、自分が望む(幸せな)生き方をすることにつながるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月22日

2017/07/22 09:18
画像7月22日(土曜日)
誕生花は「撫子」、
花言葉は「純粋な愛」。


【きょうのメッセージ】

『自分に心に正直に生きよう』

一つには、自分の感情に正直に生きること
好い感情は素直に感じ、イヤな感情は静かに受け入れる

一つには、自分の望みに正直に生きること
自分の好きな気もち・やりたい気もちを大切にする

一つには、自分の考えに正直に生きること
自分が考え・決めた生き方を大切にする

自分に心に正直に生きるために
いちばん必要なのは素直な心かもしれません


自分の心に正直に生きる

『何にもまして自分に誠実であれ』 
  シェークスピア

幸せを素直に感じる、自分の心に素直に従う

好きなもの、やりたい気もち、自分の欲望に正直

「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きる

『自分に正直に生きるということは最も望ましい生き方』
  フロイト

素直な心

自分を大切にする



 7月22日(土曜日) 「ナッツの日」 
「7(ナ)2(ッ)2(ツ)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の心に正直に生きる

人に迷惑をかける“わがまま”は ハオハオ

人に迷惑をかけない“わがまま”なら 好好

自分らしくできる“我がまま”は 好!好!

 まわりの人を大切にするのはいいことです。
 でも、そのために自分らしく生きられないのは、
自分にとってよくないでしょう。

ちょっとぐらいの“わがまま”は ハオハオ   
その分 好好なことをしよう


【きょうの名言】

『夢見ることは、人間にとって大事なことです。
心にも大事だし、
体にとっても大事なのではないでしょうか』

五木寛之 「生きるヒント2」(角川文庫)より


幸せのヒント 「夢をもつことで得られる幸せ」

  夢の実現を想像することで、幸せな気もちになれる
  やりがいや張りのある生活の中で、充実感を感じられる
  目標達成への過程で、様々な楽しみや喜び感じることができる
  夢の実現により、大きな幸せと自信を得ることができるかもしれない
  夢へ向かっての努力の中で、自己を成長させることができる、・・・

 夢をもったら、その実現を目標にして努力することが大事でしょう。
 現実性を伴わない夢は、はかないものです。

 夢をもってイキイキと生活することが幸せなことであり、心にも体にもいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の心に正直に生きる

『小さいことにくよくよするな!2』(R・カールソン)を
 読みながら、私が考えたことを書こうと思います。
 小さいことにくよくよする人が多いが、その理由の一つは自分の心に正直に生きていないことにある。

 心に正直に生きるとは、自分と家族にとっていちばんいい暮らし方を選ぶこと。他人に合わせるのではなく、自分の心と価値観に見合った決断をするという意味だ。

 それにはこんな自問をするにかぎる。
「自分は本当にどんな暮らしを望んでいるのか?」
「自分は本当に望んだように生きているのか、それともいままでの習慣や人の期待にこたえようと生きているのか?」
 あとは静かに心の声に耳を傾けるだけ。答えを探そうとせずに、答えのほうから近づいてくるのを待とう。
 自分が望む暮らし方ができている人はすごく幸せでしょう。

 その前に、自分がどんな暮らしを望んでいるかがわからなければ、どうしようもありません。
 それがわからないという人は、「自分はどんな暮らしを望んでいるか?」を自分の心に聞いてみるといいのでしょう。
 それでもなかなか思いつかない人は、自分の幸せ・生き方について考え直してみるのもいいのではないでしょうか。

 自分が望む暮らし方ができるように努力することも大事でしょう。
 その際に、「この暮らしは自分が本当に望んでいるものか?」を自分の心に聞いたほうがいいのでしょう。その基準は、自分の心の中が幸せかどうかではないでしょうか。

 自分が望んでもできない暮らし方もあるでしょうが、自分にできる(今より)望ましい暮らし方がいろいろあるはずです。できる部分を少しずつ自分が望むように変えていってもいいのではないでしょうか。

 最終的に、自分が幸せに過ごせるようになることが、自分が望む暮らし方ができているということ、自分の心に正直に生きることになるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月21日

2017/07/21 07:41
画像7月21日(金曜日)
誕生花は「薔薇<黄>」、
花言葉は「美/冷めた愛情」。


【きょうのメッセージ】

『善い行いをしよう』

善い行いは幸せにつながり、
悪い行いは不幸につながることが多い
それ以前に、善い行いをすること自体が、
ちょっと幸せな気もちになれること

自分にできる善いことは、たくさんあるはず
人に善いこと、社会に善いこと、地球に善いこと、
自分に善いこと・・・

善い行いをする喜び・幸せを素直に
感じられるようになれるといいでしょう


善因善果

『不幸の種子をまかず、幸福の種子をまくように注意すべき』 
  武者小路実篤

人を幸せにすると自分が幸せになれる

自分にとって、いいことをしよう、自分を幸せにする

『ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねぇ』 
  宮沢賢治

幸せになれることをする


 7月21日(金曜日) 「自然公園の日」 
1957年(昭和32年)7月21日に「自然公園法」が制定
(自然公園財団)。

 きょうの幸福のヒントは、

善い行いをする

 いいことをするのは、気もちがいいでしょう。

 自分のためにいいこと(自分の身体にいいこと/自分の心にいいことなど)、
 人にいいこと、社会にいいこと、地球にいいこと、・・・

いいことをするのは 好好

 人にどう思われるかなどは気にしないで、自分がいいと思うことをやって、素直に愉しんだり・喜んだり・いい気分になったりできたらいいのではないでしょうか。


  『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねぇ』 
  宮沢賢治



【きょうの名言】

『とにかく具体的に動いてごらん
具体的に動けば 具体的な答が出るから』

相田みつを 「にんげんだもの」(文化出版局)より


幸せのヒント 「まず動く」

  先のことをいくら考えてもわからない場合があります
  現実に行動してみれば、何かがわかります
  それから考えたほうが早いこと/いいことがあります

 ただ考えていても、悩ましいだけで何も前進しないことがあります。「歩きながら考える」「動いて問題解決を目指す」のような方法がいいことも、けっこうあるのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 善い行いをする

 善い行いは幸せにつながり(善因善果)、悪い行いは不幸につながることが多いのです。
 それ以前に、善い行いをすること自体が、ちょっと幸せな気もちになれることなのです。
 善いことをするのは、人のためだけでなく、自分にとっても良いことであり、自分が幸せになる方法の一つです。

 喜んで善い行いができる人は、幸せになりやすいでしょう。自分にできる善いことは、たくさんあるはずですから。
 人に善いこと、社会に善いこと、地球に善いこと、・・・(人を幸せにすること)。

 「善い行い」をしようとしないのは、なぜでしょうか?
 「人の目を気にして、善いことができない」ということがあると思います。  恥ずかしい、いいカッコしい・偽善者と思われるのがイヤだ、など。
 人の目よりも自分の心・幸せを大切することで、善い行いが実践できるようになるといいのではないでしょうか。

 また、「自分に善いこと」もあります。
 自分の身体に善いこと、自分の心に善いこと、自分の将来に善いこと・・・(自分を幸せにすること)。
 自分に善いことをしてあげるというのも、幸せになる方法の一つです。

自分にとって、いいことをしよう

 善い行いをする喜び・幸せを素直に感じられるようになれるといいでしょう。
 それが習慣になれば、その人は幸せに(暮らせるように)なれるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月20日

2017/07/20 08:17
画像7月20日(木曜日)
誕生花は「花虎尾」、
花言葉は「素直さ」。


【きょうのメッセージ】

『人は人、自分は自分』

人はそれぞれに望むものが違います
幸せになるためには、自分の望みを知り、
それを求めて行動・努力することが肝心

人がもっているもの(物・人・事)を見て、
「自分もあれがほしい」と思うことがあるでしょう
それが嫉妬心や劣等感や対抗心に根ざしたものだとしたら、
たとえ得られたとしても幸せにはなれません

「人(の望み)は人(のもの)、
自分(の望み)は自分(が決める)」
のように考え、他人や流行に流されずに、
自分の望みを叶えていけるようになるといいでしょう


人は人、自分は自分

『希望なきところに努力なし』

希望を力に努力する

自分の望みを知る

『他の人々が好ましいと思うものを得たとて幸福ではない』 ラ・ロシュフーコー

“好き”というヒント、大切なもの

自分の幸せ


  7月20日(木曜日) 「月面着陸の日」 
1969年(昭和44年)7月20日に、
アポロ11号が月面に着陸、人類が初めて月面に降り立った。

 きょうの幸福のヒントは、

人の望み、自分の望み

好きなものは 好好

 好きなもの(事/人/物)と関わる時には、好好と、喜べるでしょう。

 「好き」というのは、自分の幸せのヒントです。
 今よりも好きなものと関わる時間と回数を増やせば、それだけ幸せに暮らせるようになれるのではないでしょうか。

 「やりたいことをやる」というのは、いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。


【きょうの名言】

よき友人を得る唯一の方法は、
まず自分が人のよき友人になることである』

エマーソン (アメリカの思想家・詩人)


幸せのヒント 「よき友人?」

  自分にとって、「よき友人」とは、どういう人でしょうか?

  自分は、友達に対して、「よき友人」であるでしょうか?

 時には、こんなふうに考えてみるのもいいのではないでしょうか。
 「よき伴侶」「よき親」「よき子供」「よき上司」「よき仕事仲間」「よき隣人」・・・いろいろ応用できそうです。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人の望み、自分の望み

 人間関係の問題でいろいろ役に立つ考え方が「人は人、自分は自分」です。
 人はそれぞれに望むものが違います。幸せになるためには、自分の望みを知り、それを求めて行動・努力することが肝心です。

 人がもっているもの(物・人・事)を見て、「自分もあれがほしい」と思うことがあるでしょう。
 人の幸せをヒントに自分の幸せを見つけることは悪いことではありません。
 ただし、それが嫉妬心や劣等感や対抗心に根ざしたものだとしたら、たとえ得られたとしても幸せにはなれません。得たものを喜んで使えない、楽しんだり味わったりできない、すぐに幸せを感じられなくなる、忘れてしまう・・・このような場合、自分が心から望むものではないのです。
 そういうことが多い人は、人のものを見て「あれもほしい、これもほしい」とキリがないでしょう。
 「人(の望み)は人(のもの)、自分(の望み)は自分(が決める)」のように考え、他人や流行に流されずに、自分の望みを叶えていけるようになるといいでしょう。

 夢や目標をもって生きている人を見て、自分も「夢をもって生きよう」と考えるのはいいことです。
 ただし、自分に達成可能で自分に合った目標をもつことが大事です。
 また、人がもっている大きな夢を知り、「自分にはあんな夢はもてない」とはじめから夢をもつことをあきらめてしまうのは、自分のためによくありません。自分にも叶えられる夢、幸せになれる夢がきっとあるはずです。それを見つける努力をしたほうがいいでしょう。
 「人(の夢)は人(のもの)、自分(の夢)は自分(のもの)」と考え、自分の夢や目標を愉しめるようになるといいでしょう。

 他にもいろんな望みが、人それぞれにあると思います。好きなものも異なれば、大切にしたいものも違うでしょうから。
 自分の望みを愛して生きられるようになるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月19日

2017/07/19 07:41
画像7月19日(水曜日)
誕生花は「鳥兜」、
花言葉は「美しい輝き/後悔」。


【きょうのメッセージ】

『自分の幸せを求めすぎない』

自分の幸せを求めて努力するのはいいこと
でも、求めすぎで不幸になるのはよくない

一つの幸せだけを強く求めたり、性急に求めすぎたり、
幸せの理想が高すぎたり、無理をしたり・・・

無理をせずに心の余裕をもって、
自分の幸せを「一つ一つ、少しずつ」求めていくことで、
少しずつ>幸せになっていけるといいのではないでしょうか


『最近は、どうもみなさん幸福を求めすぎる傾向が強いようです』 
  桜井章一

一つのことにとらわれない、理想を求めすぎない

性急に求めすぎない、強く求めすぎない

『望みを持とう。でも、多すぎない望みを』 
  モーツァルト

自分の幸せ

心の余裕

求めすぎ、求めすぎない



  7月19日(水曜日) 「サイボーグ009の日」
 1964年7月19日、
 週刊少年キングで『サイボーグ009』が連載開始。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の幸せを求めすぎない

 幸せになれない人は、望む心(ホープホープ)が足りないのかもしれません。
 不幸になりやすい人は、望む心(ホープホープ)が強すぎるのかもしれません。

幸せを望むことは 好好    望みすぎるのは ハオハオ

 自分の心が何を望んでいるかを知り、

○○たらいいな (ホープホープ) ではどうしたら? (ハウハウ)

 自分に合った、いい望みをもてるようになることが、
  幸せになるためにはとても大切、だと最近私は思っています。

好好な望みをもちましょう



【きょうの名言】

『柳に風』

「すこしも逆らわずに巧みに受け流す」(広辞苑)


幸せのヒント 「しなやかな強さ」

  風が吹いたら、揺れてしまってもいい
   ビクともしない人になんてならなくてもいい
  風がやんだら、素早く立ち直ることができればいい

 「強くなりたい」という人は多いでしょう。でも、そんなに急には強くなれないし、そんなにすごく強くはなれないのではないでしょうか。
 悪い事があったら、心が揺れてしまってもいい。できるだけ軽く受け流して、ふだんの自分・本来の自分に素早く戻ることができればいいのではないでしょうか。そんな「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけることができたら、と思います。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の幸せのために、求めすぎない

 自分の幸せを求めて努力するのはいいことです。
 でも、求めすぎで不幸になるのはよくありません。

 一つの幸せだけを強く求めすぎると不幸になりがちです。
 幸せの理想が高すぎると、なおさらです。
 また、性急に求めすぎたり、無理をしたりすると、生活や健康にも支障がでて、不幸になることにもなりかねません。

 一つの幸せだけにとらわれずに、他の幸せにも目を向けることです。
 ちょっと心の力を抜いて、身近にある幸せを感じられるといいでしょう。

 自分だけの幸せを求めすぎると、まわりの人に迷惑や心配をかけてしまうこともあります。
 まわりの人を大切にする気もちを忘れないほうがいいでしょう。

 「幸せになろう」と思って努力しても、すぐに、すごく幸せになるのは難しいでしょう。
 無理をせずに心の余裕をもって、自分の幸せを「一つ一つ、少しずつ」求めていくことで、少しずつ幸せになっていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月18日

2017/07/18 07:26
画像7月18日(火曜日)
誕生花は「モナルダ」、
花言葉は「安らぎ」。


【きょうのメッセージ】

『希望があれば』

希望がもてれば、心の中が少しは明るくなります
心が明るくなれば、元気ややる気が湧いてきます

希望があれば、それに向けて歩きだすことができます
前進していれば、将来の幸せの可能性を感じられます

希望がもてれば、それだけでも、少しは幸せです


希望をもつ

『希望なきところに努力なし』

希望を力に努力する習慣をつくる

希望をもつための幸せになる考え方

不幸を幸せに変えられるようになるために

『朝が来ない夜はない』

希望について



7月18日(火曜日) 「光化学スモッグの日」 
1970年(昭和45年)7月18日に、
東京都杉並区で日本初の光化学スモッグが発生。

 きょうの幸福のヒントは、

希望をもって生きる

 希望がもてるだけで、心の中が少しは明るくなります。

希望があるのは 好好   希望がないのは ハオハオ

 希望がないと思うのは、自分の将来に幸せがないのではなく、
 今の自分に希望をもつ力が足りないだけなのだと思います。

 今は、落ち込んだりしていて、心のパワー(元気など)が足りないのかもしれません。
 今はまだ希望を想像する能力が足りないのではないでしょうか。
 悲観的な考え方をするクセがあるのかもしれません。

 自分の心を育てていくことで、希望をもてるようになれたら、と思います。



【きょうの名言】

『使ったところが強くなる
頭でもからだでも
その反対 使わぬところは』


相田みつを 「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」(文化出版局)より


幸せのヒント 「幸せになるために心身を働かす」

  使わないところは、弱くなる(退化する)
  そのまま使い続ければ、維持できる
  今よりも(強く/長く)使えば、強くなる
  より良く使う工夫を続ければ、上達する

 維持したいところは使ったほうがいい、強くしたいところは鍛えたほうがいいのでしょう。身体も、頭(心)も。
 ただ動かすのではなく、使う・働かす(目的をもって動かす)ことが大事なのではないでしょうか。

 幸せを感じる心も、使わなければ弱くなり、使えばそれだけ強くなる(感性が磨かれる/研ぎすまされる)ような気がします。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 希望をもって生きる

 夢も希望もないような生活・生き方では、心から幸せを感じることは難しいのではないでしょうか。

 希望をもって生きる第一の方法は、「夢や目標に希望をもつ」ことです。
 自分の望み(具体的な希望)があるのなら、それを目標に変えて努力すれば、実現する可能性があるのです。
 幸せになれる可能性があるということは、希望がもてるということです。

 希望をもって生きる第二の方法は、「人に期待し、希望をもつ」ことです。
 自分のまわりの人を大切にし、良好な関係を築くことができれば、それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。その希望をもって生きることができるのです。
 子供や孫の成長を期待することでも、希望がもてるでしょう。
 また、そういう人がいれば、将来(老後や困ったときなど)に助けてもらえるという希望ももてます。

 希望をもって生きる第三の方法は、「自分の進歩・成長に希望をもつ」ことです。
 自分を育てる努力を続ければ、少しずつ成長する(幸せになる能力を向上させる)ことができ、それにつれて少しずつ幸せに暮らせるようになっていけるのです。
 そういう希望をもって生きていけるようになるといいでしょう。

 いずれにしても、実際に努力しているから、心に希望をもって生きられるのだと思います。
 希望をもっている人は幸福度が高い傾向があるそうです。
 希望をもって生きられるということ、それだけでも幸せなことなのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月17日

2017/07/17 07:40
画像7月17日(月曜日)
誕生花は「薔薇<白>」、
花言葉は「尊敬/清らかな愛」。


【きょうのメッセージ】

『幸せの感受性を磨きましょう』

幸せになるためには「幸せを感じられる心」が大切
幸せをどのくらい感じられるかは、
その人の幸せの感受性(幸せを感じる能力)による

幸せの感受性を磨く基本は、いいことは素直に喜ぶ、
小さな喜びを大きく感じ取る心がけを続けること
その際に「幸せだなぁ」と思える、なおいい

幸せを感じられるようになるために必要なのは、
幸せの価値を知る素直な心かもしれません


幸せを感じられる心、幸せを感じる能力

『自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』 
  茨木のり子

いいことは素直に喜ぶ、小さな喜びを大きく感じ取る

「幸せだなぁ」と思う

『幸福を感じるのには、素直さが必要である』 
  武者小路実篤

価値を知る心、素直な心

幸せを感じる



 7月17日(月曜日) 「海の日」 7月の第三月曜日。
 海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日。

 きょうの幸福のヒントは、

幸せの感受性を磨く

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。


【きょうの名言】

『世の中には幸福も不幸もない。
ただ、考え方でどうにでもなるのだ』

シェークスピア (イギリスの劇作家・詩人)


幸せのヒント 「幸不幸は考え方による」

  現実世界には、幸せも不幸もありません
  幸不幸は、人の心の中にあります
  その人がどう思うかによります
  それは、その人の考え方によるところが大きいでしょう

 不幸な時に、考え方だけで、幸せになれる人は少ないでしょう。
 特に不幸でない時には、考え方を変えることで、幸せと思える可能性がある人はけっこういるでしょう。
 同じ状況にいても、その人(の考え方)によって、心の中の感じ方(幸不幸)はけっこう違うのではないでしょうか。
 少しでも幸せになれる考え方を心がけることができたら、と思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸せの感受性を磨く

 幸せになるためには「幸せを感じられる心」が大切です。
 幸せをどのくらい感じられるかは、その人の幸せの感受性(幸せを感じる能力)による、と考えられます。

 能力は使い続ければ維持できます。反対に使わない能力は衰退します。幸せを感じにくい人は、幸せの感受性が低下しているのだと思います。
 能力は工夫と努力によって向上させることが可能です。幸せになりたいのなら、幸せの感受性を磨く工夫と努力(幸せを感じる修養)をすることをおすすめしたいと思います。

 『自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』 茨木のり子

 幸せの感受性を磨く基本は、いいことは素直に喜ぶ、小さな喜びを大きく感じ取る、というような心がけを続けることです。
 また、美しいものや自然を感じるようにすることで五感を磨くことができるといいでしょう。
 感受性を高めるためには、反復刺激が大事だと思います。

 幸せの感受性を磨く努力をを続けることで、幸福感を高め、持続できるようになるといいのではないでしょうか。
 幸せを感じられるようになるために必要なのは、幸せの価値を知る素直な心かもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月16日

2017/07/16 07:43
画像7月16日(日曜日)
誕生花は「ストック」、
花言葉は「永遠の美」。


【きょうのメッセージ】

『人生(幸せへの道)は登山』

人生(幸せへの道)は山登りのようなもの
高く登れば、それだけ多くの幸せが見えるようになる

登山の行程にも幸せはいろいろあります
心の余裕がもてれば、楽しめる要素はいろいろある

登山を楽しむように、人生(幸せへの道)を
マイペースで登っていけるといいのではないでしょうか


登山

幸福度の方向性

『人生の面白さはその山頂にはなく、山の中腹にある』
  吉川英治

心の余裕、目標達成への過程を愉しむ

『高みにのぼる人は、皆らせん階段を使う』 
  ベーコン

人生は“らせん”である

幸せへの道



 7月16日(日曜日) 「駅弁記念日」 
1885年(明治18年)7月16日に、
東北本線の宇都宮駅で日本初の駅弁が発売された。

 きょうの幸福のヒントは、

人生は登山

 どんなに悪いことも「ハオハオ」と受け入れ、
どんなに小さないいことでも「好!好!」と喜べる人がいたとしたら、
その人は「悟っている」ということになるのかもしれません。
「ハオハオ」というたった4文字の言葉を身につけただけなのに。

どんなことがあっても ハオハオ  いいことは、好!好!

 「ハオハオ」を極めれば、「すべてのことは好好」
と思えるようになれるのではないでしょうか。

世の中、すべてのことは 好好(いいこと・美しい・幸せ)

 「ハオハオ」は、もしかしたら、「なまけ者の悟り方」
なのかもしれません。



【きょうの名言】

『私には愛する歌があるから
信じたこの道を 私は行くだけ
すべては心の決めたままに』

ポール・アンカ 「マイウェイ」(訳詞・中島潤)より

幸せのヒント 「自分の道を信じ、愛する」

  信じる道がある人は、幸せでしょう
  その道が愛するものに関われる道なら、さらに幸せでしょう
  心の決めたままに生きられたら、幸せでしょう

 自分の生き方を否定的に考えたり、人の生き方を羨んだりしていてもしかたがありません。
 自分が決めた道を信じ、愛することが大切なのではないでしょうか。

 「自分の生き方はこれでいい」と考えられるように生きることができたら、と思います。


幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人生は登山

 というようなことからか、「人生は登山」に例えられることもあります。

 趣味で登山をする人がたくさんいます。
 本当に苦しいだけなら、趣味でやる人はいないでしょう。

 『登山の目標は山頂と決まっている。
  しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、
  かえって逆境の、山の中腹にある』 吉川英治

 頂上を制覇した達成感や充実感だけでなく、頂上などから見られるいい景色、途中に咲いている美しい草花、動物との出会い、同行者との会話、格別に美味しい食事など、いろんな楽しみがあるから多くの人が登山をするのです。
 難コースが面白い、というような人もけっこういるのではないでしょうか。

 登山で目の前の上り坂の地面や岩ばかりを見ているようでは、苦しいだけでしょう。
 自然を楽しむ心の余裕がもてれば、楽しめる要素はいろいろあるはずです。
 初心者のうちは体力的にきついかもしれませんが、何度か登山するうちに鍛えられ・慣れてくれば、ラクになって楽しめるようになるでしょう。
 人生を楽しむためにも、生きていく強さと心の余裕をもてるといいのではないでしょうか。

 山に登る前には、目の前の木々や家や道路しか見えません。山に登れば、町並みが見えてくるでしょう。登れば登るほど、遠くが見えるようになります。すごく高い山に登れば、まわりの低い山の向こうに山々や海などが見えるかもしれません。
 人生、そして、幸せへの道は山登りのようなものなのかもしれません。高く登れば、それだけ多くの幸せが見えるようになります。

 山に登る道はいろいろあると思います。
 一本の尾根に沿って進むのがふつうかもしれません。それだと、見られる景色は180度です。
 急斜面を長い時間登り続けるためには、斜めにらせん状に登っていくのがいいと思います。これなら、一時に見られるのは180度ですが、一回りすれば360度見ることができます。

 登山を楽しむように、人生(幸せへの道)をマイペースで登っていけるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月15日

2017/07/15 10:32
画像7月15日(土曜日)
誕生花は「薔薇<ピンク>」、
花言葉は「満足」。


【きょうのメッセージ】

『やわらかい心をもちましょう』

体の硬い人はケガをしやすい
一般的に、硬いものは、もろかったり、
折れやすかったり、壊れやすかったり
同様に、心が硬い人は、不幸になりやすい

やわらかい心をもちましょう

一つのことにとらわれている人は心が硬い
いろんな考え方ができるようになるといいでしょう

“柳に風”流のしなやかな強さを身につけよう

幸せはたくさんあるのです
柔らかい心で自分の幸せを選べるようになれば、
幸せになれる人が多いでしょう


受け流すための幸せになる考え方

『柳のように曲がれ、樫のように抵抗するな』

一つのことにとらわれないための幸せになる考え方、とらわれない

『幸せな生き方は執着を捨て、水のように生きること』
   ラシャペル・アンドレ

幸せになる考え方の流れ、考え方を変える

『「幸せはたくさんある」と思える人は幸せになりやすい』 
   本多時生

幸せはたくさんある、自分の幸せ



 7月15日(土曜日) 「お盆/盂蘭盆会」 
祖先の霊を供養する行事。
胡瓜や茄子で牛や馬の形を作りお供えする。

 きょうの幸福のヒントは、

心の柔軟性を鍛える

「強くなりたい」と思っても、すぐに簡単になれるわけではありません。
 まずは、「柳に風流のしなやかな強さ」を身につけよう。

 悪いことがあっても、ただ受け入れればいいのです。

悪いことがある   ハオハオ しかたがない

   悲しい        ハオハオ 今はしかたがない

   自分は弱い      ハオハオ 今はしかたがない

 悪いことが終わったら、ふだんの自分に素早く戻れればいいのです。

   悪いことが終わった    好好 よかったじゃない

何かいいことをしよう  (そんな自分は 好好)

 悪いことがあってもできるだけ軽く受け流して、
今の生活を大切にできるような強い自分になりましょう。



【きょうの名言

『恵まれた生活も結構だし、
恵まれない暮らしも結構、
何事も結構という気持が大切だと思います』

「松下幸之助「一日一話」」(PHP研究所)より


幸せのヒント 「何事も結構と思える心」

  恵まれない暮らしも、人生の中では「いい経験」かもしれません
   そういう生活が自分を鍛え、強くなれるかもしれません
   恵まれない思いを、心のバネやハングリー精神に変えて、
    頑張れるかもしれません
   恵まれない経験から、幸せを知ることができるかもしれません

 また、恵まれない暮らしの中にも、愉しみや喜びやささやかな幸せはあるのではないでしょうか。

 恵まれた生活をしている人が、幸せに暮らせないのはもったいないでしょう。
 恵まれていることを「結構」「幸せ」と思えることも大事なことです。

 「何事も結構」と、受けとめ、自分の幸せに結びつけていける心をもつことができたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 心の柔軟性を鍛える

 体の硬い人はケガをしやすいと言われます。
 一般的に、硬いものは、もろかったり、折れやすかったり、壊れやすかったりします。
 心が硬い人は、不幸になりやすいのではないでしょうか。

 スポーツ選手は体をやわらかくするために、ストレッチや柔軟運動をします。
 それによって、可動域が広がってプレーの幅が広がるとともに、ケガの防止にも役立つのでしょう。
 心も柔らかくすることで、幸せになりやすく、不幸になりにくくなるといいでしょう。

やわらかい心をもちましょう

 一つのことにとらわれている人は心が硬いと言えるでしょう。
 いろんな考え方が可能なのです。考え方を変えるだけで幸せになれる人が多いのではないかと思います。
 幸せはたくさんあるのです。柔らかい心で自分の幸せを選べるようになれば、幸せになれる人が多いでしょう。

 人生には、つらいことや大変なことや不幸もあるでしょうが、“柳に風”流のしなやかな強さを身につけることができれば、もっとラクに生きられるようになるのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月14日

2017/07/14 07:50
画像7月14日(金曜日)
誕生花は「ハイビスカス」、
花言葉は「上品な美しさ」。


【きょうのメッセージ】

『今の気分は?』

気分が良ければ、好!好!
気分が悪ければ、気分転換をしよう
気分がまぁまぁなら、好好じゃない?

できるだけ気分よく生活することを心がけましょう


気分よく過ごそう

『人間というものは、気分が大事です』 松下幸之助

(悪い)気分のせい/気分を変えよう

気分転換のヒント

『心を平らにし、気を和にす。これ身を養い、徳を養うの工夫』 貝原益軒

気分よく生活する







  7月14日(金曜日) 「廃藩置県の日」 1871年(明治4年)7月14日に、
                  藩を廃止して県を設置する詔書が出された。

 きょうの幸福のヒントは、

気分よく生活する

 「好好?(気分はどう?)」のように自分に聞くことで、その時の自分の気分に気づくことができます。

好好 かな?

 生活の中で、自分の気分に気づける人は少ないのではないでしょうか。
 「ハオハオ」を心がけると、自分の気分に気づけ、気分をいいほうに変えるきっかけになります。

 気分がいい時には、「好!好!」と確認でき、さらに気分がよくなります。

ハオ・アー・ユー?     ファイン!    好!好!

 気分がよくない時には、その時にできる気分転換法を実践する習慣をつけましょう。
 「好好(?)」は気分転換のきっかけになります。

ニイ好?    不好    ハオハオ 気分転換しよう!

 気分がまぁまぁの時には、「好好(いいんじゃないの)」と思えば、少しは気分がよくなります。

ハオにちは       まぁまぁかな       好好

 「ハオハオ(じゃない)?」と考えてみることは、「ハオハオ」の有効な使い方の一つです。
 特に考える対象がない時には、今の気分のことだと考えるようにすれば、自分の気分に気づけます。中国語の「ニイ好?」(ごきげんいかが?)を、自分に向けて「我好?」にした感じの使い方です。

気分は好好

 と、思える時が多くなれたら、と思います。



【きょうの名言】

『友人や会社の同僚による嫉妬や中傷、
嫌がらせなどはよくあることです。
こんな状態のときこそ、
もっとも必要なのが鈍感力です』

渡辺淳一 「鈍感力」より


人からイヤなことをされても、何も感じないかのように
平然としていられるようになれたらいいのでしょう


幸せのヒント 「相手にしない、鈍感力?」


 『不当な非難は、しばしば偽装された賛辞であることを忘れてはならない。
  死んだ犬を蹴飛ばすものはいないことを思い出そう』 D・カーネギー

嫌がらせに過剰反応してしまうのは、相手の“思うツボ”でしょう。

 『批評にたいしては、われわれは防御することも抵抗することもできない。
  われわれはそんなものは頓着せず、行動することが必要だ。
  そうすれば批評はしだいにこちらに頭をさげてくる』 ゲーテ

 『中傷誹謗に対する最善の返答、
  それは黙々と自己の義務を守ること』 ワシントン

嫌がらせをするような人は「相手にしない」で、
 自分がすべきことをちゃんとしていればいいのでしょう。

 『幸福に暮らすことが最高の復讐である』 スペインのことわざ

 『さまざまな不快感をのみ込み、無視して、明るくおおらかに生きる、
  そんな鈍感力を身につけた人が、集団の中で勝ち残る』 渡辺淳一

ちょっとぐらい不快なことあっても(ある意味、鈍感に)、
 明るく、幸せに暮らせるようになれたらいいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 気分よく生活する

 幸せになるためには、気分よく生活することが大切です。
 気分よく生活できること自体が幸せなことです。
 また、気分がいいと幸せを感じやすいのです。
 反対に、気分が悪いと、幸せを感じにくくなり、不幸になる考え方や行動をしやくなってしまいます。

  『不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある』 アラン

 気分よく生活できるように心がける習慣がもてるといいでしょう。
 たとえば、「気分を変えて行動する」「上機嫌の工夫」「機嫌よく振る舞う」「好い気もちで人と接する」「幸せな気分になるような態度で生活することを心がける」「音楽を使って気分を変える」「幸せな気分で眠りにつく」など、いろいろ工夫できるのではないでしょうか。

 生活していく中では、イヤなこともあるでしょう。
 一つのイヤなことで、いつまでも悪い気分で過ごしてしまうのはよくありません。
 自分のイヤな気もちに気づき、幸せになる考え方を心がけ、少しでも悪感情を小さくできるといいでしょう。
 感情をコントロールするのが難しいこともありますが、感情はある程度はコントロールできると思います。

 イヤなことが悪い気分としてあとをひいてしまうこともあります。そういう場合に、悪い気分に流されないようにし、うまく気分転換ができるようになれるといいでしょう。(仕事に行き詰まった時の気分転換、気分を上げる事から、心が沈んだ時には、歩く、悪い気分の悪循環への対策)
 気分をよくするためには、幸せを感じられることをするのがいちばんだと思います。

 自分の感情・気分を知り、うまくコントロールできるようになれたらいいのではないでしょうか。

気分は好好 でいこう!

 仕事・家事・勉強なども、気分よくやれたらいいでしょう。そのために、楽しむ工夫や楽しむ努力ができたら、と思います。
 すべてのことを「楽しもう」と心がけることができたらいいのかもしれません。(夢や目標を楽しむ、人づきあいを楽しむ、今を楽しむ、楽しんでごらん)

  『人間というものは、気分が大事です』 松下幸之助

 人間の生活の中で「気分」はとても重要なものだと思います。
 気分よく生活できない人は、日常的に幸せになることはできないでしょう。
 気分よく生活できるようになることは、幸せに暮らせるようになるための第一条件ではないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月13日

2017/07/13 10:06
画像7月13日(木曜日)
誕生花は「鉄砲百合」、
花言葉は「純潔」。


【きょうのメッセージ】

『人にイライラしない』

自分がイライラするのには、イライラさせる相手がいて、
イライラするようなことをするからでしょう
でも、“イライラ”が強くなったり、長くなってしまうのは、
自分(の考え方)のせいです

「すごくイライラするのは、自分がイライラするような
(不幸になる)考え方をしているからだ。
人にあまりイライラしないようになるために
幸せになる考え方を身につけよう」と
考えたほうがいいのではないでしょうか


人にイライラしない自分になろう

『他人に苛立ちを感じた時は、自分について知るいい機会』 
  ユング

こんな人もいる、こんな人のためにイライラするのは損だ

『人の諸々の愚の第一は、他人に完全を求めるということだ』 
  司馬遼太郎

人にイライラする原因は?

『相手を変えようとする代わりに、自分が成長する』 
  ロベルト・シンヤシキ

人にイライラしないための幸せになる考え方



 7月13日(木曜日) 「ナイスの日」 
「7(ナ)1(イ)3(ス)」の語呂合せ。
ナイスなこと、素敵なことを見つける日。

 きょうの幸福のヒントは、

人にイライラしない自分になるための幸せになる考え方

 イライラしていると気分が悪くなり、幸せに過ごせないでしょう。
 イライラしていると、つい、人にあたってしまったり、しなくてもいいことをしてしまったりしてしまいます。

イライラは ハオハオ

 イライラしてしまうのは、今の現実や、人や、自分に問題があることを受け入れられないからではないでしょうか。

現実は現実 ハオハオ  気にいらない人もいる ハオハオ

自分には問題もある ハオハオ

 現実を受け入れた上で、
 小さいことやどうにもならないことは、ハオハオと受け流す。
 大事なことは、「○○たらいいな。ではどうしたら?」と考える。

 イライラして気分が悪い時には、
 (ハオハオ。気分をよくできたらいいな。ではどうしたら?)

気分転換 をしよう!



【きょうの名言】

『愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、
愛こそが現実の社会生活の中で、
より幸福に生きるための最高の技術である』

エーリッヒ・フロム 「愛するということ」(紀伊国屋書店)より


幸せのヒント 「愛は、幸せに生きるための技術」

  技術は、実践することで身につけていくものです
  技術は、自分の経験や人や書物などから学んでいけるものです
  技術は、努力と工夫で磨いていくことができるものです
  技術は、何かの役に立てるものです

 愛の技術を磨き、幸せに生きるために役立てることができるようになれたらいいのではないでしょうか。
 幸せになる方法としての「愛」とは、「人を幸せにすること」ではないかと思います。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 人にイライラしない自分になるための幸せになる考え方

 「つい、人にイライラしてしまう」ことがあるという人は多いのではないでしょうか。
 無意識のうちに、人にイライラして長い時間を過ごしてしまっている人もいるでしょう。

 イライラする時間が長いと、それだけ幸せに過ごせる時間が減ってしまいます。
 イライラが原因で、自分にとってよくないことをしてしまうこともあるでしょう。
 イライラするのは健康や美容によくない、などとも言われます。
 イライラすることの弊害は大きいのではないでしょうか。


│ 自分を変える決意をする


 自分がイライラするのには、イライラさせる相手がいて、イライラするようなことをするからでしょう。
 でも、“イライラ”が強くなったり、長くなってしまうのは、自分(の考え方)のせいです。
 イライラさせる人に対して、「なんだコイツは」「信じられない」「許せない」などと、相手のことを(否定的に)考えているうちは、“イライラ”が続いてしまいます。

 自分をイライラさせる相手を変えるのは難しいでしょう。
 たとえ1人を変えられたとしても、イライラさせるような人は他にもたくさんいます。そういう人に出遭うたびに相手を変えようとしたら大変でしょう。
 自分を変えることで、人にあまりイライラしない自分になれれば、今後に出会う多くの人にもあまりイライラしなくてもすむでしょう。

 実際には、相手を変えようと努力するようなこともなく、ただイライラしていることが多いのではないでしょうか。
 それならなおさら、自分(の考え方)を変えたほうがいいでしょう。

 「すごくイライラするのは、自分がイライラするような(不幸になる)考え方をしているからだ。人にあまりイライラしないようになるために幸せになる考え方を身につけよう」と考えたほうがいいのではないでしょうか。
 人にイライラしたくないのなら、まず、「人にイライラするのはやめよう。そのために幸せになる考え方を心がけよう」と決意ことが大事だと思います。


│ 自分がイライラする(考え方の)クセを知る


 イライラしやすい人は、イライラする考え方のパターンがクセになっているのだと思います。同じような考えを繰り返して、日常的にイライラしてしまいます。
 まずは、「私には人にイライラする(考え方の)クセがある」と自覚することが必要だと思います。

 人にイライラしてしまう時というのは、状況が限られているのではないでしょうか。
 この人/こういう人に対して、こういうことで、イライラしやすいというのがあると思います。
 たとえば、家族、友達、職場や学校で接する人などの特定の「この人にイライラしやすい」。
 たとえば、「ルールを守らない人/マナーの守れない人にイライラしやすい」という人は多いでしょう。通勤電車の中で携帯をかける人、大きい音で音楽を聴く人、大声で話す人、ちゃんと並ばない人、ゴミを捨てる人、・・・。
 たとえば、「何かをしてくれない人にイライラしやすい」。お願いしてもいつまでたってもしてくれない、あいさつしない、謝らない、誘ってくれない、・・・。
 たとえば、「やることが遅い人にイライラしてしまう」。行動の遅い人、仕事が遅い人、飲み込みが遅い人、優柔不断な人。
 たとえば、「やるべきことをやらない人にイライラしてしまう」。サボる人、怠惰な人、頑張ってない人、努力が見えない人・・・。

 「私にはこういう人に、こういうことでイライラするクセがある」と自覚していれば、「またこの人にイライラしている」「またこの事でイライラしている」と気づけるようになれます。そう気づけば、その相手にイライラするのをストップするきっかけにできます。
 自分のイライラしてしまう考え方のパターンやクセを一つ知るだけでも大きな成果です。そのクセに気づかずに一生過ごしてしまうことに比べたら。


│ できるだけ受け流す


 「私にはこういうことでイライラするクセがある」と自覚していれば、「あ、またこのクセだ」「またやってる」「いつものクセだ」などと、その場で気づけることが多くなります。
 イライラするような考え方をついしてしまうのはしかたがありません。クセなのですから。
 その際に、「またこのクセだ。クセなんだからしょうがない。まぁいいか」のように考えられれば、そこでその考え(クセ)を中断することができます。

 クセは意識してもなかなかやめられません。「このクセをやっちゃいけない」と考えても、思わず、ふと、つい出てしまうものです。
 その上、クセが出てしまった時に「あんなにやっちゃいけないと思っていたのに」などと、自分を責めることにもなってしまいます。

 クセが出てもいいのです。それに早く気づいて「まぁいいか」と軽く受け流せればいいのです。
 また、クセというのは何度も出てしまうものです。出るたびに気づいて受け流せばいいのです。何度でも。
 自分のクセにすぐに気づいて受け流すことができるようになると、そのクセが出る頻度が少しずつ減ってくるものです。


│ 幸せになる考え方を心がける


 人にイライラしている時には、「またこのクセだ。まぁいいか」と受け流すことができればいちばんいいのですが、そうはなかなか思えない時もあるでしょう。
 そんな時には、「幸せになる考え方を心がけよう」と考えればいいでしょう。

 イライラを少しでも鎮めるような考え方があるはずです。
 たとえば、イライラさせる人がいる場合には、「こんな人もいる」「こんな人のためにイライラするのは損だ」「こんな人のことを考えるより、何かいいことを始めよう」。
 たとえば、自分とやり方や考え方が違う人がいても、「人は人(でいい)、自分は自分(でいい)(違っていていい)」。
 たとえば、「(誰かが)○○してくれない」とイライラした時には、「お願いしてみよう」もしくは「自分でやってしまおう」もしくは「してくれないのは当たり前」。

 自分がイライラしやすい状況に合った考え方や、自分らしい表現方法を工夫してみてください。
 自分なりに工夫した言葉がいちばん自分の心には効くのだと思います。


│ 時間をかけて自分を育てていく


 「人にイライラしないように、幸せになる考え方を心がけよう」と思っても、すぐには幸せになる考え方がうまくできずに、イライラがおさまらないこともあるでしょう。
 そういう時には、もう少し長い目で考えてみてはどうでしょうか。
 「人にあまりイライラしないような自分に少しずつなっていこう」「あせらずに、時間をかけて自分を育てていこう」のように考えることです。

 そう考えれば、自分がイライラする人は「いい練習相手」と考えられるでしょう。練習と思えば、「くるならこい」ぐらいの気もちにもなれるのではないでしょうか。
 このように考えることができると、自分の心の姿勢が変わり、相手に対するイライラは小さくなるでしょう。
 それでも、すごくイライラしてしまった時には、「まだまだ未熟だなぁ」と頭をかいて自分を笑うことができたら、と思います。

 「人にイライラするのはやめよう」という明確な目標をもって、幸せになる考え方を心がけ続ければ、1年後には「少しは人にイライラしなくてすむようになれた」ぐらいには思えるようになれるでしょう。
 「少しは心安らかに(幸せに)暮らせるようになれた」とも思えるかもしれません。
 「このまま続ければ、少しずつ幸せになっていける」と思えるようになれたらいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月12日

2017/07/12 07:51
画像7月12日(水曜日)
誕生花は「トルコ桔梗」、
花言葉は「変らぬ美」。


【きょうのメッセージ】

『ヘタに考えすぎない』

悩んでばかりで答えが出ないのは?
問題がわかっていない、堂々巡りしている、
これしかないと思い込んでいる、決断できない

ヘタに考えすぎないためには、
紙に書いてよく考える、堂々巡りしない、
一つのことにとらわれない、
恐れているものを覚悟して決断する


紙に書いて考える

『堂々めぐりの悩みごとも、文章に書くと、整理されてくる』 
斎藤茂太

堂々巡りはやめよう

『一つの不幸があると、その不幸で凡てのことを塗りつぶす』 
宇野千代

一つのことにとらわれないための幸せになる考え方

『恐れている物事をやってみなさい。そうすれば恐怖心は、消える』 
  エマーソン

(恐れているものを)覚悟しよう

問題解決のヒント



 7月12日(水曜日) 「人間ドックの日」 
1954年(昭和29年)7月12日に、
国立東京第一病院で人間ドックが始められた。

 きょうの幸福のヒントは、

書くことのすすめ

 生きている限り、悩みや問題はあるでしょう。
 より良く生きようと思う人は、特にそうでしょう。
 悩みや問題があっても(いい=好好)、
幸せに暮らせるように心がけましょう。

悩み苦しむのは ハオハオ   よく考えるのは 好好

 考える時には集中して考え、それ以外の時には少しでも生活を愉しみましょう。
 しっかり悩めば、自分を育てることにもつながるのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『変えられるものは変える勇気を
変えられぬものは受け入れる謙虚さを
そして、それを見分ける知恵を授けたまえ』

西洋の格言


悪いものは、変えられるのなら、変えたほうがいいのでしょう
変えられないのなら、受け入れるしかないでしょう
その見極めがなかなかできないのでしょう


幸せのヒント 「変えるか、受け入れるか」

 『他人と過去は変えられない。
  変えられるのは自分と未来だけ』 高塚猛

 『「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから
  人生は好転する』 W・ダイアー

人にイライラしてしまうのは、
 相手が変わることを無意識に期待しているからかもしれません。
相手がそのままでいいと思えるのなら、
 そんなにイライラしなくてすむはずですから。

 『人と人とのあいだに起こる問題のほとんどは、誰しもがまず
  他人を変えようとするところから発生するのです』 R・コンクリン

「人は変えられない」と、
 自分(の考え)を変えたほうがいいのではないでしょうか。

たとえば、
「こんな人もいる」と受け入れ、
「こんな人のためにイライラするのは損だ」と考えられれば、
 イライラを小さくすることができるでしょう。

過去の出来事も変えようがありません。
過ぎた事でいつまでもくよくよするのはよくないでしょう。

他にも変えられないこと、
 今の自分にはどうしようもないことはあります。

 『どうにもならないことは、忘れることが幸福だ』 ドイツのことわざ

 『禍を転じて福となす』

過去の不幸な出来事を変えることはできませんが、自分の心の中で
 「いい経験」に変えることはできるのではないでしょうか。
そのためには、まず現実を受け入れることからだと思います。

自分については、
 変えられることと変えられないことがあるでしょう。

 『“くよくよ”“イライラ”しやすいのは、
  性格というよりも、考え方のクセ』 本多時生

「性格だから変えられない」と考えるより、
「考え方のクセは努力すれば変えられる」と考えたほうが
 自分のためにいいのではないでしょうか。

 『この地上に棲むあらゆる生き物のうちで、
  人間だけが自分自身の生き方、あり方を変えられる』 ピーターソン

 『変わろうとしないのは、
  変わるのが怖いからじゃないかな』 スペンサー・ジョンソン

自分を変えるためには、
 かなりの勇気が必要なのかもしれません。



幸福に生きるヒント

日の幸福のヒント 書くことのすすめ

  日記など、自分のことを書くのはいいことだと思います。
  自分の行動を書くだけでも、生活を見直すことになるでしょう。

  自分の心の動きを書けば、自分の心を知ることができます。

  自分が感じたことを書けば、どういう時に/何をした時に、
   どういう(幸せな/不幸な)感情になるかがわかるでしょう。
  その時にどんなことを考えていたかを書けば、
   自分の思考と感情の関係に気づけるでしょう。
  自分の不幸になる考え方(のクセ)に気づけることもあるでしょう。

  「こうしたい」という、自分の望みを書くのもいいでしょう。
  望みがはっきりすれば、どうすればいいかを考えることができ、
   それが行動に結びついて、いい結果につながることもあるでしょう。

  「仕事」でも「人間関係」でも「夢」でも「人生」でも・・・
   ノートを書くことで改善が促進されることは多いと思います。

  困難な悩みや問題は「紙に書いて考える」ことをおすすめします。

  「日記を書く」というのは、自分を育てるために役立つと思います。
  日記を書くことは、心の(ちょっときつい)運動になりそうです。
  きちんと自省するのは、「心の筋トレ」かもしれません。

  そう言えば、だいぶ前(97年6月)に、
   「しあわせ日記のすすめ」というのを書いたことがありました。

  また、感謝日記をつけるのは、有効な幸せになる方法だと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月11日

2017/07/11 13:05
画像7月11日(火曜日)
誕生花は「インパチエンス」、
花言葉は「鮮やかな人」。


【きょうのメッセージ】

『自分を信じよう』

“自分を信じる”一つは、「自分(の能力)を疑わない」こと
「うまくできないんじゃないか」と思うと、そうなりやすい
そういう考えに気づいたらすぐにストップして、
「できる」「大丈夫」などと考えましょう

“自分を信じる”一つは、「うまくできるイメージをもつ」こと
過去にうまくいったときのことを思い出しましょう
イメージトレーニングや自己暗示もいいでしょう

自分の能力を十分に発揮できるように、
“自分を信じる”ことを心がけましょう


自信がないと思った時の幸せになる考え方

『才能とは、自分自身を、自分の力を信じることである』
  ゴーリキー

イメージトレーニング、自己暗示

信じる・疑わない

『信じるとは、信じようという意志である』 
  本多時生

信じることについて



7月11日(火曜日) 「世界人口デー」 
1987(昭和62)年7月11日に、
地球の人口が50億人をこえたことから、
世界の人口問題への関心を深めてもらう為に制定。

 きょうの幸福のヒントは、

自分を信じる

 自信があるのはいいこと。

自信がある       好好

 自信がない     ハオハオ それでもいい

 自信がなくてもいいのではないでしょうか。

 どうせやるのなら、「やれるだけやるしかない」
 「ベストを尽くせばいい」のでしょう。

自信がない    そんなことを考えるより どうしたらいいかを考えよう



【きょうの名言】

『為せば成る
為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり』

上杉鷹山(うえすぎ ようざん) 米沢藩(山形県)藩主


幸せのヒント 「『為せば成る』の精神」

  やればできる(可能性があります)
  やらなければできません(可能性ゼロです)
  「できない」というのは、やらないだけなのかもしれません

 一生懸命に努力してもできないこともあります。でも、『為せば成る』の精神でやってみることが大切なのではないでしょうか。
 ほとんどの失敗は「いい経験」にできるでしょう。いちばんの失敗は何もしないことかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分を信じる

 自分の能力を十分に発揮するためには、“自分を信じる”ことが大事です。
 “自分を信じる”ことの一つは、「自分(の能力)を疑わない」ことです。
 「うまくできないんじゃないか」と思うと、そうなりやすくなるでしょう。
 そういう考えに気づいたらすぐにストップして、「できる」「大丈夫」などと考えられるといいでしょう。

 “自分を信じる”ことのもう一つは、「うまくできるイメージをもつ」ことです。
 過去にうまくいったときのことを思い出せるといいでしょう。
 イメージトレーニングや自己暗示をするのもいいでしょう。

 “自分を信じる”ことができた証しは、「恐れない」ことです。
 自分を信じることができれば、安心でき、自分の力を発揮しやすくなるのです。
 「失敗したらどうしよう」「うまくできなかったら恥ずかしい」などと考えないことです。
 「失敗してもいい」「いい経験をするつもりで」などと考えるのもいいでしょう。

 「自信がない」などと考えて立ち止まっていないで、目標をもって努力する経験を続けることで、少しずつ自信をつけていけるといいのではないでしょうか
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月10日

2017/07/10 08:30
画像7月10日(月曜日)
誕生花は「蛍袋」、
花言葉は「感謝の気持ち」。


【きょうのメッセージ】

『幸せになれるように、心の働きを変えよう』

幸せとは心の状態
幸せになるためには、今現在の自分の心が大事

今の心の状態(感情)は、
現在考えている内容に大きく左右されます

人が不幸になるのは
心が何か(の欲望)にとらわれているからでしょう

何を幸せと思い、何を不幸と思うかは、
その人の考え方しだいです

心の働き(感じ方・望み方・考え方)が変われば、
幸不幸だけでなく、人生も変わってくるでしょう


幸せとは心の状態

『一大事と申すは、今日ただ今の心なり』 
  正受老人

『今感じていることは、今この瞬間の思考の結果です』 
  R・カールソン

一つのことにとらわれないための幸せになる考え方

『ものは考えよう』

幸せを感じる心、願望

考え方が変われば

『心が変われば、態度が変わる・・・人生が変わる』

心の三大要素(感情・望み・思考)、心の運転



 7月10日(月曜日) 「納豆の日」 
「7(なっ)10(とう)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

大事なのは今の心

「ハオハオ」から始まる考えを「ハオハオ思考」と呼んでいます。

「ハオハオ、まぁいいか」のように、受け流す考え方。
「ハオハオ、このことを考えるのはよそう」のように、
否定的な考えをストップする考え方。
「ハオハオ、いいことを始めよう」のように、いいきっかけにする考え方。
「ハオハオ、ホープホープ、ハウハウ」の3Hの考え方。
「ハオハオ、いいことじゃない(?)」という、ハオ好発想。

「ハオハオ」から始めよう!

 これらのように、「ハオハオ」はいい考え方をするきっかけになります。
「ハオハオ」は、自分の思考をコントロールするために役立つのです。



【きょうの名言】

『幸福は人間の生活目標である』

ヒルティ (スイスの法学者・思想家)


幸せのヒント 「幸せの目標」

  あの幸せを手に入れよう
  こんな幸せな結果を残そう
  こういう幸せな経験をしよう

  幸せな人生を送ろう
  幸せに生活しよう
  幸せに暮らせるような自分になろう

 人それぞれに、いろんな幸せの目標があっていいのでしょう。
 目標を達成できれば、大きな幸せの対象を得たり、強い幸福感を感じられることが多いでしょう。

 「幸せに生活しよう」「幸せに暮らそう」というような“生活目標”や、「幸せに暮らせるような自分になろう」というような“人生目標”をもって、日々生活することも、有力な幸せになる方法なのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 大事なのは今の心

 幸せかどうかは、その人の心の状態(感情)がどうであるかによります。
 幸せになるためには、今現在の自分の心が大事なのです。*1
 人間の心の中には、感情・欲望・思考の三大要素があることを知り、うまく心の運転ができるようになるといいでしょう。*2

 今の心の状態(感情)は、現在考えている内容に大きく左右されます。*3
 心の状態(感情)は、心の中の言葉の使い方によって変化するのです。*4
 人が不幸になるのは心が何か(の欲望)にとらわれているからでしょう。一つのことにとらわれないようになれるといいでしょう。*5
 何を幸せと思い、何を不幸と思うかは、その人の考え方しだいです。*6

 心(感じ方・望み方・考え方)が変われば、心の中の幸不幸だけでなく、人生も変わってくるでしょう。*7
 人間は弱い動物ですが、自身の考え方を変えていくことで、広大な可能性をもっているのだと思います。*8
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月9日

2017/07/09 09:16
画像7月9日(日曜日)
誕生花は「アイビーゼラニウム」、
花言葉は「真実の愛情」。


【きょうのメッセージ】

『やりたいことをやろう』

幸せに生きるためには、
「やりたいことをやればいい」のです

「やりたいことがない」という人は、
一生懸命にやりたいことを探したほうがいい

大きなやりたいことは
すぐには見つからないかもしれません

小さなやりたいことをやりながら、
大きなやりたいことを探していきましょう


『人生最高の幸福はしたいことを見つけ、それに取り組むこと』 
  J・マーフィー

やりたいことをやろう

『人間の困ったところは、何がしたいのか分からないことだ』 
  ファーガソン

自分の夢が見つからない/やりたいことがない

『たいていの人は、やりたいことを見つける努力をほとんどしない』 
  鷲田小彌太

やりたいことを見つける努力

大きなやりたいことを探すヒント、生きているうちにしたいこと

『やりたい時に、やりたいことができる、これ以上の幸せってないよね』 
  所ジョージ

やりたいことのヒント



  7月9日(日曜日) 「ジェットコースターの日」 
1955年(昭和30年)7月9日に開園した
 後楽園遊園地に日本初の本格的なジェットコースターが設置。

 きょうの幸福のヒントは、

やりたいことをやる

 「やりたいことをやる」というのは、いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『人間は、もし成功を願うならば、
それ相当の自己犠牲を払わなくてはなりません』

  ジェームズ・アレン (イギリスの作家)


成功するためには、それなりの
努力や抑制や忍耐やリスクなどの犠牲が必要なのでしょう


幸せのヒント 「得るために、あきらめる」

 『成功を手にできないでいる人たちは、
  自分の欲望をまったく犠牲にしていない人たちです』
   ジェームズ・アレン

 『No pain, No gain』

何かを得るためには、それなりの苦労も必要だし、
 何かをあきらめることも必要なのでしょう。

 『あなたが本当にほしてものは何か?
  あなたはそれを手に入れるために何をあきらめるか?』
   ハル・アーバン

 『何を求めるか決め、
  そのために何をあきらめるか決めること』 
  H・レイマー・ハント

あきらめる覚悟をすることで、
 決断できることもあるのではないでしょうか。

 『得るものより手放すもののほうが大きくなるのなら、
  そのチャンスに価値はない』 
  シェリー・カーター・スコット

どうしてもあきらめられないものがあるのなら、
 それを大切にして生きたほうがいいのでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント >やりたいことをやる

 自分がやりたいことがやれるのは幸せなことです。やりたいことをやる中で、いろんな喜びや愉しさを味わうことができます。それが自分の夢につながっていれば、なお幸せでしょう。
 一つでも二つでもやりたいことがやれているという実感がある人は、イキイキと幸せに暮らせるのではないでしょうか。

「やりたいことがない」「やりたいことが見つからない」と言う人がいます。
 そういう人は、もっと一生懸命にやりたいことを探したほうがいいでしょう。ただ頭の中で考えるだけでなく、いろんな所を探し回ればいいのです。たとえば、情報なら本や雑誌やテレビ番組やインターネット上などにたくさんあります。それらの中から自分に興味がありそうなものを見て回れば、何かやりたいこと(もしくは、そのヒント)が見つかるのではないでしょうか。
 本気になって探し続ければ、きっと自分のやりたいことが見つかるはずです。

「やりたいことが(××だから)できない」と言う人もいます。
 そういう人は、それがなんとかできるように努力するか、他のやりたいことを探せばいいのです。
 やりたくてもできないことはあります。一つのやりたいことができないからと言って、「何もやりたいことができない」のように思い込まないことです。
 他に、今の自分にできるやりたいことを探してやればいいのです。

「やりたいことがない」「やりたいことができない」と言う人の中には、大きなやりたいことしか探していない人が多いようです。
 それでは、なかなか今の自分にできるやりたいことは見つからないでしょう。
 もう少し小さなやりたいことを見つけてやったほうが、やりたいことが何もできないよりもいいでしょう。小さなやりたいことをやりながら、大きなやりたいことを探し続ければいいのではないでしょうか。

 けっこう自由にやりたいことをやっているはずなのに、「何かもの足りない」「幸せな感じがしない」と言う人もいます。「やってよかった」と思えないのではないでしょうか。
 そういう人は、「やってよかったと思えそうなこと」「人生の中でやりたいこと」をヒントに、自分のやりたいことを探してみてはいかがでしょうか。

 やりたいことがやれている人は、それだけ幸せを感じられるはずです。
 やりたいことを愉しんでやる工夫をし、「やってよかった」と思うようにし、「やれるだけでも幸せ」と考えられるようになれたら、と思います。

 やりたいことがすべてできるわけではありません。でも、今の自分にできるやりたいことはあるはずです。
 やりたくないことでもやらなくてはならないこともあります。でも、何かやりたいことをやれる余裕もあるのではないでしょうか。
 とりあえず、今の自分にできるやりたいことを一つやってみればいいのです。生活の中に、自分のやりたいことを一つ一つ増やしていけば、それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月8日

2017/07/08 07:42
画像7月8日(土曜日)
誕生花は「都草」、
花言葉は「また逢う日まで」。


【きょうのメッセージ】

『悲しい時には』

すごく悲しくてたまらないときには、
「こういうこともある」と現実を受け入れる
「悲しいのも今はしかたがない」と感情を受け入れる
「今は悲しいけど、いつかはこの悲しみもおさまる」
「長く続くものではない」という展望をもつ

あとは、今自分がやるべきことに集中する、
何か夢中になれることをする、新しいことを始めるなど、
「忙しくする」というのが悲しみへの対策

最終的には、不幸な悲しい経験も、時間をかけて
「(人生の)幸せ(な経験)に変える」ことで、
悲しい体験を乗り越えて成長できるといいでしょう


こういうこともある、まず現実を受け入れることから

『他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば・・・』
  シェークスピア


今は××だけど、いつかは○○

『忙しい状態でいること。絶望感に打ち負けないために』
  デール・カーネギー

新しいことを始めよう、夢中の時、人は幸せ

『いまの状態で何ができるかを考えてベストを尽くすことだ』 
  サルトル

不幸を幸せに変える、悲惨な体験を乗り越えて成長し続ける



 7月8日(土曜日) 「なはの日」 
「7(な)8(は)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

悲しいとき

 人生には、幸せなこともありますが、不幸なこともあります。

不幸なことは ハオハオ   (幸せなことは 好!好!)

 誰にでも悪い事・不幸な出来事は起こります。
誰にでも悲しい時・つらい時があります。
誰にでも足りないものがあります。誰でも何かしら問題を抱えています。
 自分の不幸を嘆いているだけでは、幸せにはなれません。
 現実を(ハオハオと)受け入れることができれば、
そこから幸せに向かって歩きだすことができます。

私はなんて不幸なんだ ダメだ  ハオハオ それでも、
現実から始めよう!



【きょうの名言】

『しあわせはいつも
じぶんのこころがきめる』


相田みつを


幸せは、人それぞれ
自分の幸せは、自分の心が決めるものでしょう


幸せのヒント 「自分の心を大切に」

どんなに幸せそうに見えても、
 本人が幸せだと思っていなければ、その人は幸せではありません。

 『人はおのれの好むものを得てこそ幸福であるが、
  他の人々が好ましいと思うものを得たとて幸福ではない』 ロシュフーコー

 『人間の幸福は、決して神や仏が握っているのではない
  自分自身の中にそれを左右するカギがある』 エマーソン

自分が幸せかどうかを決めるのは、自分の心です。

 『自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事』 相田みつを

 『何より肝心なのは、自分に忠実なこと』 シェークスピア

人がどう思うかではなく、
 自分がどう感じるか、どう思うかが大事なのでしょう。

 『人生でいちばん大切なのは、
  自分にとって心地よさを感じること』 ヨー・ヨー・マ(チェリスト)

 『感じることさ それがすべてさ!!』 福山雅治

自分の心が感じた幸せを
 信じることが大切なのではないでしょうか。

 『自分自身を幸福だと思わない人は、決して幸福になれない』 サイラス

 『幸せは、気づく、感じる、信じる、思う
  4つ合わせて「しあわせ」』 本多時生

「自分の幸せは自分で決める」「自分は幸せ」と
 言い切れるような心を養うことができたらいいのでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 悲しいとき

 すごく悲しくてたまらないときには、「こういうこともある」「自分だけに起こることではない」などと、まず現実を受け入れること。
 「悲しいのも今はしかたがない」と自分の感情を受け入れること。
 そして、「今は悲しいけど、いつかはこの悲しみもおさまる」「長く続くものではない」などと、将来への展望・希望がもてるといいでしょう。

 悲しい時には、なかなかそう思えないかもしれませんが、時がたてばふつうに暮らせるようになります。
 一年後に今と同じ悲しみが続いているか想像してみてください。そんなことはまずないでしょう。ほとんどのことは忘れてしまうのです。そのように考えれば、いつかは悲しくなくなることがわかります。
 時間が癒してくれるのです。

 心がある程度落ちついたら、無いものや失ったものをいつまでも嘆くのではなく、心に残った幸せや実際にまだ有る幸せを探して確認し、感謝できるといいでしょう。
 さらに、「この悲しみをバネにしよう」「いいきっかけにしよう」「いい経験にしよう」などと考えられると、なおいいでしょう。

 『悲しみのための唯一の治療は何かをすることだ』 ルーイス

 人は暇になると悲しい理由をつい考えてしまうのです。
 今自分がやるべきことに集中する、何か集中できることをする、新しいことを始めるなと、「忙しくする」というのが悲しみへの対策の一つです。
 忘れられる幸せというのもあるのだと思います。

 最終的には、不幸な悲しい経験も、時間をかけて(人生の)幸せ(な経験)に変えることができるといいでしょう。
 悲しい出来事も後から考えれば、いい経験だったと言えることがけっこうあるのです。昔話や笑い話になることさえあります。
 そうなれば、悲しい体験を乗り越えて成長できたということではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月7日

2017/07/07 08:23
画像7月7日(金曜日)
誕生花は「未容柳」、
花言葉は「気高さ」。


【きょうのメッセージ】

『自分の楽しみをもとう』

“自分の楽しみ”がはっきりわかっていると、
それを楽しみに生活でき、十分に楽しめます

1日に1回の楽しみがあれば、その時を楽しみに過ごせ、
その時は十分に楽しめ、次の日も楽しみになります

週に1回の楽しみがあると、その日まで頑張れ、
その日は十分に楽しめ、次の週も楽しみにできます

年に数回の楽しみがあると、その日を楽しみに生活でき、
その日々は十分に楽しめ、次回を楽しみに生活できます

これが自分の楽しみだと思えれば、何でもいいのです
食べる事や飲む事、趣味や娯楽や好きな事、
人や自然とのふれあい、くつろぐ事や休む事・・・

生活の中に“自分の楽しみ”があるのとないのとでは
生活感に大きな違いがあるでしょう


自分の楽しみを選ぼう

『楽しみを期待するのも、また一つの楽しみである』 
  レッシング

楽しみにする、楽しむ

心の楽しみは良薬なり

『楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ』 
   吉川英治

生活を楽しむヒント



 7月7日(金曜日) 「七夕」 五節句の一つ。
 天の川を隔てた織姫と彦星が年に一度の再会を許される日。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の楽しみをもつ

 楽しむのはいいことです。
 でも、「楽しもう」となかなか思えない人も多いのではないでしょうか。

 楽しむと、自分の目標を達成できなくなる?
 楽しむことに、価値はない? 幸せと思えない?
 楽しむことは、悪いこと?

 つらいだけの努力はなかなか続かないでしょう。
 「楽しむ」ことが、いい努力を続けることにもつながるのではないでしょうか。

 心から楽しめれば、幸せを感じることができるでしょう。

楽しむことは 好好

 もちろん、生活のすべてを楽しむことはできないでしょう。
 大変なことや、悩ましいこともあるでしょう。

 でも、「楽しむのはいいこと」「楽しもう」という気もちになれれば、それなりに楽しむことはできるのではないかと思います。



【きょうの名言】

『この道をいけばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せばその一歩が道となり その一足が道となる
迷わず行けよ 行けばわかるさ』

一休宗純 (禅僧)


幸せのヒント 「道に迷った時」


  地図を見る、人に聞く、
  方向性で判断する、自分の勘を信じる、・・・

  あまり迷わずに進む(試行錯誤する)、
  わからない道は進まない

 人生では先行きのわからない道がたくさんあります。
 知らない道の先行きをいくら考えてもわかりません。行けばわかります。
 自分の望みと方向性が合っていると思える道なら、前に進んだほうがいいのではないでしょうか。

 「いい道ならよし、苦難の道もまたよし」という心境になれたらいいのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の楽しみをもつ

 “自分の楽しみ”がはっきりわかっていると、それを楽しみに生活でき、その時には十分に楽しめます。

 1日に1回の楽しみがあれば、その時を楽しみに過ごせ、その時は十分に楽しめ、次の日も楽しみになります。
 週に1回の楽しみがあると、その日まで頑張れたり我慢できたりし、その日は十分に楽しめ、次の週も楽しみにできます。
 年に数回の楽しみがあると、その日を楽しみに生活でき、その日々は十分に楽しめ、次回を楽しみに生活できます。

 これが自分の楽しみだと思えれば、何でもいいのです。
 食べる事や飲む事(食事/甘い物/ビール・お酒など)、趣味や娯楽や好きな事(音楽鑑賞・カラオケ/テレビ・ビデオ・ゲーム/風呂/旅行など)、家族や恋人や友人との関わり(遊ぶ/スキンシップ/会話/寝顔を見るなど)、生きもの・自然と親しむ(ペットを飼う/植物を育てる/山や海や川などに行く/散歩など)、くつろぐ事や休む事(ゆっくりする/ボーっとする/寝るなど)、・・・。

 すごい事や立派な事である必要なんてありません。ごくふつうの事でいいのです。
 “自分の楽しみ”は、自分の思いこみでいいのです。

 「あれが楽しみ」と思えれば、それを「楽しみにする」ことができます。
 「この楽しみがある」と思えば、生きる張りや甲斐のようなものも感じられるのではないでしょうか。

 ちょっと大げさに書いてしまったような気もしますが、「これが楽しみ」と心から思えることが1つでもあれば、それだけでも幸せに暮らすためにけっこう役立つのです。
 もちろん、自分の楽しみがいっぱいあれば、もっといいわけです。

 生活の中に“自分の楽しみ”があるのとないのとでは大きな違いだと思います。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月6日

2017/07/06 07:22
画像7月6日(木曜日)
誕生花は「時計草」、
花言葉は「聖なる愛」。


【きょうのメッセージ】

『幸せにしたい人がいるから』

人を幸せにすることを考えていると、
やさしい気もちでいられる
人を幸せにできることは自分の幸せ

人の幸せを懸命に考えていれば、
小さなことでくよくよしているヒマはない
ささいな自分のことで悩むより、
愛する人の幸せを考えたほうがいい

愛する人のことを考えるだけでも、幸せな気分になれる
愛する人といっしょにいるだけで、幸せ
愛する人のためなら、困難も苦にならない
愛する人を幸せにすることが、自分の幸せ

人の役に立てることは自分の生きがい
人を幸せにできることは、
それだけで生きている価値がある

幸せにしたい人がいるだけでも幸せなこと

愛(=人を幸せにしようという気もち)を心にもっていれば、
いろんな幸せになる考え方ができます


人を幸せにする幸せ

『他者を幸福にすることが、一番確かな幸福である』 
  アミエル

人を愛する幸せを感じられるようになるために

人を愛することで重要なこと

『人を幸せにすることが自分の幸せと思える人は、幸せになりやすい』

人を幸せにする



 7月6日(木曜日) 「ピアノの日」 
1823年(文政6年)7月6日に、
シーボルトが初めて日本にピアノを持ち込んだ。

 きょうの幸福のヒントは、

幸福にしたい人がいるから

人を愛するのは 好好  「愛してくれない」と、不幸になるのは ハオハオ

 自分から実践することで幸せになれる「愛とは、人を幸せにする」こと。
 「(幸せにしたい)人を幸せにすることが自分の幸せ」と思える人は、幸せになりやすいでしょう。

愛する人といっしょの時は、好好 幸せを感じよう

愛する人に、好好な心で 接するように心がけよう

愛する人の幸せを考え 実践しよう

共に幸せになれる 夢や目標を見つけよう

互いの困難は 共に乗り越えよう

 人を愛する幸せを感じられるようになれたらいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】
『与えることを学ばねばなりません。
でも、与えることを義務と考えるのではなく、
与えたいという願いとすることが大切です』

マザー・テレサ 「愛と祈りのことば」より


与えることで自分が幸せになるためには、義務的ではなく、
自らの願い・望みとして与えることが大切なのでしょう


幸せのヒント 「与える幸せ」

自分が人に何かを与えることで、得られるものがあるでしょう。

 『人は、受け取ることからよりも、与えることからの方が、
  はるかに大きな喜びを手にできる』 ジェームズ・アレン

 『自分自身を分け与えれば与えるほど、より多く得られる。
  これが流出−流入の法則』 シャクティー・ガーウェイン

報酬が得られることもあるでしょうが、
 少なくとも与える喜び・幸せは得られるのでしょう。

 『この世の本当の幸福は、物を受けることでなく、
  物を与えることである』 アナトール・フランス

 『何かをしてもらおうとするから、つらくなる。
  何かをしてあげようとするから、ハッピーになれる』 中谷彰宏

自分が愛する人・幸せにしたい人を
 幸せにすることを考えればいいのではないでしょうか。

 『誰かをいとしいと思うと、その人の喜び、成長、
  幸福がいちばん大切なものになる』 レオ・バスカリア

 『愛は自分自身の愛する能力にもとづいて、
  愛する人の成長と幸福を積極的に求めることである』 フロム

 『人を幸せにすることが自分の幸せ
  と思える人は、幸せになりやすい』 本多時生



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 幸福にしたい人がいるから

   人を幸福にすることを考えていると、
    やさしい気持ちでいられる。
   人を幸福にできることは自分の幸福。
   幸福にしたい人がいるだけでも幸福なこと。

   人の幸福を懸命に考えていれば、
    小さなことでくよくよしているヒマはない。
   ささいな自分のことで悩むより、
    人の幸福を考えたほうがいい。

   愛する人のことを考えるだけでも幸福な気分になれる。
   愛する人といっしょにいるだけで幸福。
   愛する人のためなら、愛する人といっしょなら、
    困難も苦にならない。
   愛する人を幸福にすることが自分の幸福。

   愛があるから、生きていける。
   人の役に立てることは自分の生きがい。
   人を幸福にできることは、
    それだけで生きている価値がある。

  愛(=人を幸福にしようという気持ち)を心にもっていれば、
   たくさんの幸福になる考え方ができます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月5日

2017/07/05 07:38
画像7月5日(水曜日)
誕生花は「ラベンダー」、
花言葉は「豊香」。


【きょうのメッセージ】

『まず自分から』

自分にやさしくできる人は、人にもやさしくできるでしょう
自分を好きになれば、人を好きになりやすくなるでしょう
自分を大切にできれば、まわりの人も大切にできるでしょう
自分を幸せにできるようになれば、人を幸せにしやすくなるでしょう

まず自分から、始めてみてはいかがでしょうか


自分に○○してあげる

『あなた自身を好きになる。これはたいへん重要です』 
  R・コンクリン

自分を好きになる

『人間は誰でも自分がいちばん大切なのです』 
  五木寛之

自分を大切に、まわりの人を大切にする

『空腹では隣人は愛せない』 
  ウッドロー・ウィルソン

自分を幸せにする、人を幸せにする

自分との付き合いのヒント


 7月5日(水曜日) 「ビキニスタイルの日」
1946年(昭和21年)7月5日に、フランスのルイ・レアールが、
世界で最も小さい水着としてビキニスタイルの水着を発表。

 きょうの幸福のヒントは、

自分を愛する

 自分を悪く考えない、できれば良く考えるというのが「自分は好好」の第一です。

 誰にでも欠点や苦手はあるものです。
 そういうことに関する幸せになる考え方には、次のようなものがあります。
 「××もあるけど、○○もある」
 「今は××だけど、いつかは○○」

自分には問題もあるけど ハオハオ  いい所もある 好好

 多少の問題はハオハオ(しかたがない/そのままでいい)と済ませたほうがいいと思います。
 そうはいかない大切な問題で、どうにかしたい場合は「○○たらいいな。ではどうしたら?」と3Hの考え方ができたらいいでしょう。

 今の自分を悪く考えずに、時間をかけて自分を育てていこうという姿勢があれば、それでいいのです。そういう自分は「それなりにいい(好好)」と考えていいと思います。

 このような考え方ができるようになれば、多少問題があっても「自分は(それなりに)好好」と思えるのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『希望は頑丈な杖で、忍耐は旅の着物』

ローガウ (ドイツの詩人)


幸せのヒント 「希望と忍耐」

  希望は、心を支える
   希望があれば、前へ進む力になる
  忍耐は、寒さや茨から身を守る
   忍耐力がないと、傷つきやすい

 希望を抱ければ、心の中が明るくなり、生きていく力になるでしょう。
 生きていく中では、我慢が必要なこともあります。

 自分の将来への希望があれば、自暴自棄にならずに、我慢もしやすいのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分を愛する

 幸せになりたいのなら、「自分を愛する」ことができるといいでしょう。

 自分を愛するためには、自分のいい所に目を向けること(愛の基本の第一)。そして、自分を好きになること。
 愛する自分の好きなこと・やりたいことをやれるようにすること。
 自分を愛するなら、自分の繁栄・活躍を願って努力すること。自分の成長を願って自分を育てること。
 自分がつらいときには、自分を助けること。弱いままの自分を放っておかずに、自分を強くすること。
 自分を愛するためには、自分を尊重すること、自分を幸せにすること。

 自分を愛するためには、自分の人生を愛すること。
 愛する自分の大切なもの(事・人・物)を大切にすること。
 自分の体・心(感情・望み・考え)・命を大切にすること。
 自分の幸せを愛すること。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月4日

2017/07/04 07:00
画像7月4日(火曜日)
誕生花は「擬宝珠」、
花言葉は「沈静」。


【きょうのメッセージ】

『ベストを尽くそう』

何かをちゃんとやり遂げたいと思うのなら、
ベストを尽くすことが大事です
それが、よりよい結果に結びつくのです

ベストを尽くすには、今やるべきことに集中すること
そして、それを継続することです

人生の中にはベストを尽くして
全力投入したほうがいい時期もあるのではないでしょうか


ベストを尽くそう

『最善の努力をしてみよう。よい結果が得られるはずだ』
 ゲーテ

ベストを尽くす

『目標達成の秘訣は集中力、全パワーを傾ける技術』
 セロン・Q・デュモン

集中力を発揮できるようになるためには、やり続ける

『最も大切な自問。「この一瞬にベストを尽くしているか」』 
リチャード・カールソン

全力投入する時期

目標達成のヒント



  7月4日(火曜日) 「梨の日」 
「7(な)4(し)」の語呂合せ。

 きょうの幸福のヒントは、

ベストを尽くす

 夢や目標をもっている人には、3Hの考え方を心がけることをおすすめします。
「ハオハオ」をきっかけに、「夢が叶ったらいいな」「目標が達成できたらいいな」と考え、続けて「ではどうしたら?」と考えるようにすればいいのです。

ハオハオ  目標が達成できたらいいな  ではどうしたら?

 今できることがあるのなら、すぐに思い出して始めることができます。目標達成に向けて前進することができるのです。前進を繰り返せば、それだけ達成に近づけます。
 目標達成のためにアイデアが必要な場合には、「ではどうしたら?」と何度も考え続けることが、いいアイデアにつながるのだと思います。

 夢や目標を実現するためには、「(ハオハオ。)○○たらいいな。ではどうしたら?」と考え続け、少しずつでも前進すればいいのではないでしょうか。



【きょうの名言】

『書物から人生の知恵をくみつづけること、
これが読書の大きな目的である』


ジョン・トッド 「自分を鍛える」(三笠書房)より


読書の目的は人それぞれにいろいろあるのでしょうが、
自分の人生に役立つ知恵を得られたら、とても有益でしょう


幸せのヒント 「読書のしかた」

 『読書して考えないのは、
  食事をして消化しないのと同じである』 エドマンド・バーク

 『読んだものを自分のものにするには、まず読みながら考え、
  読み終えてからも考えることである』 ジョン・トッド

本をただ丸呑みにせず、噛みながら読み、
 さらによく考えて消化することで、
 自分の身につけることができたらいいのでしょう。

 『読書は単に知識の材料を提供するだけである。
  それを自分のものにするには思索の力である』 ロック

 『偉人のやり方をそのまま真似るというのではなく、
  それにヒントを得て自分の持ち味に合わせたあり方を
  生み出さねばならないと思う』 松下幸之助

自分なりに消化して、
 自分のものにすることが大事なのでしょう。

 『本というものは、僅か数行でも役に立てば、
  それだけで十分ねうちのあるものだ』 津田左右吉

自分の人生に役立つ知恵が一つでも得られたとしたら、
 その本を読んだ価値は十分にあったと言えるのでしょう。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント ベストを尽くす

 何かをちゃんとやり遂げたいと思うのなら、ベストを尽くすことが大事でしょう。
 ベストを尽くすことが、よい結果に結びつくのです。
 また、人生の中にはベストを尽くして全力投入したほうがいい時期もあるのではないでしょうか。

 ベストを尽くすことが大事とわかっていても、つい忘れてしまうのではないかと思います。
 「ベストを尽くそう」「今できることをやろう」「やれるだけのことはやろう」などと心がけられるといいでしょう。

 ベストを尽くすためには、心身の健康をキープすることと、いい心の姿勢をキープすることが大事でしょう。
 「○○たらいいな。ではどうしたら?」という心の姿勢でやり続けられるといいのではないでしょうか。

 ベストを尽くすために大切なのは、自分を信じることと、基本を大切にすることかもしれません。
 また、リラックスや開き直りが大切なこともあるのではないでしょうか。

 『人事を尽くして天命を待つ』(人間として出来るかぎりのことをして、その上は天命に任せて心を労しない」広辞苑)。
 ベストを尽くせば、落ちついて結果を待つことができるのでしょう。たとえ悪い結果になったとしても、受け入れやすいでしょう。

 ベストを尽くせたということは、自分に勝てたということであり、結果に関わらず充実感はあるはずです。
 自分に負けず、ベストを尽くすことができれば、後悔することは少ないでしょう。
 自分の能力を100%発揮できたのなら、「成功」と言ってもいいのではないでしょうか。

 ベストを尽くしても、失敗することはあります。
 でも、必ず成長はできるはずです。日々ベストを尽くすことで、成長していければいいのです。

 人生の成り行きは不確定ですが、その時々にベストを尽くすように心がけることが大事なのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月3日

2017/07/03 07:28
画像7月3日(月曜日)
誕生花は「罌栗(ケシ)<白>」、
花言葉は「忘却/眠り」。


【きょうのメッセージ】

『今ある一つの幸せを大切にしよう』

一時に感じられる幸せは一つだけです
また、幸せを感じられるのは今ある幸せだけです
今もっている幸せ、今出合えた幸せ、今やれる幸せ

今ある一つの幸せを大切に味わいましょう
一つ一つつないでいけると、なおいいでしょう


『脳が幸せを感じられるのは“今”だけなのです』 
  マーシー・シャイモフ

幸せに気づき、幸せを感じる

『今ここでこの瞬間にしか、幸福はあり得ないのである』
  ニッケルズ

有る幸せ(いてくれる幸せ/やれる幸せ)を感じ、味わう

いろんな幸せをつなぐ


 7月3日(月曜日) 「ソフトクリームの日」 
1951年(昭和26年)7月3日に、
明治神宮外苑で行われた米軍主催のアメリカ独立記念日を祝うカーニバルで
ソフトクリームが販売され、初めて一般の日本人がソフトクリームを食べた。

 きょうの幸福のヒントは、

今ある一つの幸せを大切にする

「ハオハオ」を使うことで、いいこと探し・幸せ探しができます。
「好好(じゃない)?」と考えることで、いいこと・幸せに気づきやすくなるのです。

(これも) 好好(じゃない)?   幸せ(かもしれない) 好!好!

 出会った幸せを「好!好!」と素直に喜び、続けて「幸せだなぁ」と思うことで、心の中の幸福感が確かになります。
 また、自分がすでにもっている幸せを思い返して、「好好、幸せだなぁ」と思うことでも、同様に幸せを感じることができます。

好!好! 幸せだなぁ

 自分の幸せを感謝することでも、幸せな気もちになれます。

好!好! ありがたいなぁ    好!好! おかげさまで

「幸せだなぁ」と思う習慣や、感謝する習慣をもつことができれば、幸せを実感して生活できるようになれるでしょう。そのきっかけとして「好!好!」が役立ちます。
「ハオハオ」を身につけることで、幸せを(自分の心で)充分に受け入れ・感じられるようになれたらいいでしょう。



【きょうの名言】

『人生は、地球上で過ごした年数で測られるのではない。
どれだけ楽しんだかで測られるのだ』

ソロー (アメリカの思想家・詩人)


幸せのヒント 「人生の価値基準」

  長さ  : どれだけ長く生きられるか
  快楽度 : どれだけ快く、楽しめるか
  達成度 : どれだけ夢や目標を達成できるか
  貢献度 : どれだけ人や社会の役に立てるか
  愛情度 : どれだけ人を愛せるか
  成長度 : どれだけ人間として成長できるか
  満足度 : どれだけ自分の人生に満足できるか
  幸福度 : どれだけ幸せに過ごせるか

 自分なりの価値基準をもち、その価値を高められるように生きればいいのでしょう。
 少しでも価値を高められた時には、それを幸せに感じることが大事なのではないでしょうか。

 幸せに長く生きられたら、いちばんいいのかもしれません。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 今ある一つの幸せを大切にする

 『老子』(小川環樹・訳注)をヒントに考える“幸せの道”。

「もっているものが少ない人は、それだけ得やすい。
 多くをもつ人は惑いやすい。
 幸せの達人は、今ある一つの幸せを大切にする」
  (『老子』第22章「少則得、多則惑、是以聖人抱一」)

 もっているもの(物・人・事)が少ない人は、それだけ幸せを得やすいでしょう。
 もっていない物がたくさんあるのですから、何かを得る幸せを感じやすいでしょう。
 人とのつきあいが少なければ、人との出会いを大切にできるし、他の(自分が幸せになれる)ことを大切にすることも可能です。
 やることが少なければ、自由な時間が多く、幸せになれることをしやすいでしょう。

 もっているもの(物・人・事)が多い人は、それだけ不自由になるのではないでしょうか。
 もっている物が多ければ、それを置く場所が必要だし、その管理に時間やお金がかかるかもしれません。
 人づきあいが多い人は、それだけ自由な時間・一人の時間があまりなく、そういう幸せな時間は少ないでしょう(もちろん、家族の団らん、恋愛、友達づきあいなどが幸せなら、それはそれでいいのですが)。
 やることが多い忙しい人は心の余裕をなくし、幸せを感じにくくなりがちです。

 たくさんのもの(物・人・事)があっても、一時に楽しめるものには限りがあります。
 また、一時に幸せを感じられるのは一つだけです。
 そして、幸せを感じられるのは今ある幸せ(今もっている幸せ、今出合えた幸せ、今やれる幸せなど)だけです。
 ですから、今ある一つの幸せを大切に感じることが大事なのです。そういう幸せを一つ一つつないでいけると、なおいいでしょう。

 幸せになるためには、そんなにたくさんのものは必要ないのだと思います。自分が幸せに暮らすために十分なものがあれば、それ以上求めずに、今ある幸せを大切にしたほうがいいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月2日

2017/07/02 08:11
画像7月2日(日曜日)
誕生花は「金魚草」、
花言葉は「欲望」。


【きょうのメッセージ】

『時間の使い方を考え直そう』

人生は時間の使い方によって変わります

無駄な時間を少しでも減らし、その分の時間を
幸せになるために使えるといいでしょう

時には、時間の使い方を
考え直してみてはいかがでしょうか


「時間の使い方」がその人をあらわす

『心ある人は、時間の損失をもっとも悲しむ』 ダンテ

必要な時間?無駄な時間?、非生産的なことに使わない

『一番大切なことのために、充分な時間を使おう』 リチャード・ブロディ

自分の大切なものを愛する、時間をかける贅沢

幸せになるための時間の使い方


 7月2日(日曜日) 「ユネスコ加盟記念日」 
1951年(昭和26年)7月2日に、
日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に加盟。

 きょうの幸福のヒントは、

時間を愛する

 「やりたいことをやる」というのは、いちばんわかりやすい幸福になる方法かもしれません。

やりたいことだけをやって生きよう って言ってるんじゃないよ

自分にできないことをやろう って言ってるんでもないよ

自分にできそうなやりたいことを とりあえず1つやればいいんだよ

 小さなやりたいことでいいのです。
 やりたいことを何もしないよりも、ずっといいのです。
 やりたいことをやれる幸せを感じられれば、なおいいでしょう。

 生活の中でやりたいことをやれる回数と時間が増えれば、それだけ幸福に暮らせるようになれるでしょう。



【きょうの名言】

『ナンバーワンにならなくてもいい
もともと特別なオンリーワン』

槇原敬之 「世界に一つだけの花」(歌・SMAP)より


幸せのヒント 「世界に一人だけの、貴重な自分」

  自分は世界に一人だけしかしない貴重な存在
  その人生を生きられるのは、この世に自分だけしかいません
  だから、自分(の人生)を大切にして生きましょう

 みんなそのままでオンリーワンなのです。でも、オンリーワンの自分を活かして生きることができたら、すごく幸せなのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 時間を愛する

 自分の人生を大切に愛するためには、人生を構成する自分の時間を大切に愛することが大事なのでしょう。
 人生全体を大切にすることは難しそうですが、限られた時間を大切にすることは比較的容易でしょう。その積み重ねが人生を大切にすることになるのです。

 時間を大切にするためには、時間のムダ遣いは禁物です。
 自分の人生を愛する人は、時間の損失を恐れ・悲しむのでしょう。
 怠惰は時間をムダに遣うことになります。それが習慣になると、自分の人生を大きく損なうことになるでしょう。

 時間を大切にするためには、今を大切にすることが肝心です。
 今という時間を自分の幸せのために費やせるといいのではないでしょうか(時間をかける贅沢)。
 自分にとって大切なもの(事・人・物)のために充分な時間を使えるといいのではないでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月1日

2017/07/01 07:30
画像7月1日(土曜日)
誕生花は「松葉菊」、
花言葉は「怠惰」。


【きょうのメッセージ】

『自分の体を大切にしよう』

第一は、体の問題点を見つけて対策すること
病気やケガは早く治せるように努力する
不調な箇所を見つけ、改善する方策を実施する
また、体調を崩さないように気をつける

第二は、体の弱点を見つけて強くすること
何もしなければ使わない箇所は弱くなるのです
多くの箇所はトレーニングすれば強化できます

心身の健康をキープするように心がけ、
できるだけ気分よく生活できるといいでしょう


身体の健康

『健康の維持は我々の義務である』 
  ハーバート・スペンサー

自分の体をいたわる、癒しについて

『使ったところが強くなる 頭でもからだでも・・・』 
  相田みつを

自分なりの健康法をもつ、体をつくる

運動習慣をつくろう、「心地よさ」という指標


 7月1日(土曜日) 「こころの日」 
1987年7月1日に、「精神衛生法」が「精神保健法」に改正された。

 きょうの幸福のヒントは、

自分の体を愛する

 健康なのは幸せなことです。

健康だと 気分も好好   心身の調子が悪いと ハオハオ

 気分が好いと幸せに暮らしやすく、気分が悪いと幸せに暮らしにくいでしょう。

 健康だからできることがたくさんあります。
 健康だから味わえる幸せもたくさんあります。

健康は好!好! 幸せだなぁ

 身体も好好、心も好好でいられるように心がけましょう。
 それでも、調子があまり好くない時には、ハオハオとそれなりに暮らせるようになれたら、と思います。



【きょうの名言】

『自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ』

茨木のり子 「ポケット詩集」(童話屋)より


幸せのヒント 「感受性」(物を感じとる力=広辞苑)

  美しさを感じられる力、食べ物を味わえる力、
  物事を愉しめる力、感動できる力、
  人の気もちや望みや考えを察する力、
  幸せを感じられる力、・・・

 感受性は、幸せを感じるために、とても重要なものだと思います。
 感受性を失わないためには、感じる心がけが大事なのではないでしょうか。



幸福に生きるヒント

今日の幸福のヒント 自分の体を愛する

 自分を愛するのなら、自分の体を愛するのは当然のことです。
 自分の体をもっと大切にしたほうがいい人が多いのではないかと思います。
 健康は幸せに暮らすためにも大事なものです。

 自分の体を愛する第一は、体の問題点を見つけて対策することです。
 病気やケガなどはもちろんのこと、ちょっとした不調な箇所でも見つけ、改善する方策を実施できるといいでしょう。
 また、体調を崩さないよう、ケガを防止するような対策ができることもあるでしょう。

 自分の体を愛する第二は、体の弱点を見つけて強くすることです。
 トレーニングすれば強化できる箇所はいろいろあります。
 何もしなければ使わない箇所は弱くなるのです。体力を維持するためにも運動やスポーツが必要でしょう。

 自分の体の部分一つ一つについて、「今ここに問題はないだろうか?」「ここをもう少し鍛えたほうがいいのではないか?」などと考えてみれば、何か思いつくことがあるのではないでしょうか。

 その箇所を大切にする具体的な方法を考え、実践できるようになるといいでしょう。
 たとえば、さする、もむ、伸ばす(ストレッチ)のような容易にできることでもいいのです。
 心をこめてやることが自分の体を愛することになるのだと思います。

 体調が悪いために悪い気分で長い時間過ごすようでは幸せに暮らすことはできません。
 心身の健康をキープするように心がけ、できるだけ気分よく生活できるといいでしょう。
 健康で「心地好い」と感じられるくらいになれると、理想的でしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

驢馬の戯言 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる